« (今度の土曜)ミューズがここに降りてくる! 宮本亜門さんとの対談 | トップページ | The lights corridor »

2009/12/09

メダカヘリコプター

 やることが、重なって、
 再びライフ・ゲームで言えば
「グライダー」の動きに。

 秋はすっかり冬になった。

 歩道に落ちている葉っぱの
数々も、すっかり踏まれて、
もう路面に溶け込み始めて
しまった。

 NHK。
 『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の打ち合わせ。

 小国ディレクターの初めての
仕事。

 まっすぐで、剛直な小国さんの
仕事ぶりが印象付けられる。

 思えば、人生とは旅である。

 一人ひとりが、子どもの頃から
思いを抱き、学校に進み、
夢を見て、努力し、やがて
社会の中でそれぞれの居場所を
見つけていく。

 「今、ここ」という
「スナップ・ショット」から、
来し方行く末を想像する。

 荒川格さんと、屋上で、
ロケをした。

 ヘリコプターが遠くを飛んでいる。
 小さな点となって、お腹のところが
光ってまるでメダカのよう。

 そういえば、宇久島で
タクシーの運転手さんに
イノシシの話を聞いたな。

 前はイノシシなんていなかったのに、
最近見るようになったそうだ。

 隣りの島から海をわたって
やってくるらしい。

 「猟犬に追われた時なんかに、
海に飛び込むらしいですよ。」

 「そうですか。」

 「漁師が、沖で漁をしている時に
海をおよいでいるのを見た、とよく聞きますよ。」

 「それにしても、泳ぎ着いても、
オスとメスが揃わないと繁殖できませんね。」

 「どうやら、つがいで泳いでいるらしいですよ。」

 隣の島を目指して泳ぐイノシシ。

 人生でもそういうことはありそうではないか。

 スピノザによれば、「神」はイノシシも
メダカヘリコプターもグライダーも
皆見ているはずだ。

12月 9, 2009 at 07:29 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メダカヘリコプター:

» アイディアを絞ってくれた トラックバック 須磨寺ものがたり
明日、予定している「智慧の道ウィーク」の記者発表の 事前取材ということで、朝日新聞の記者の訪問を受ける。 [続きを読む]

受信: 2009/12/09 12:09:04

コメント

茂木先生 こんにちは♪
下から見ると、確かにヘリコプターの形が、四角い長方形のようで、メダカのお腹のように見えますね。私達は川の底から、上に浮いているメダカを見ているみたいで、上空からお日様がキラキラ光り、川底まで照らして、青い大きな空に泳ぐメダカは、ほんとに気持ち良さそうですね!イノシシの夫婦は相手は一生変わらないのかしら?聞いた話しですけど、雉は生涯同じカップルで、猟をする時は、先に雌を撃つそうです。雄はそばにいて逃げないけど、雄を先に撃つと、雌は逃げたまま帰ってこないそうで!?(笑)ホンとかウソか??でも、あぁ~わかるよ・う・な…笑!雌はとにかく子孫繁栄しなくてはならないので、逞しいんです(笑)さっさと!?前の雄のことは忘れて??新しい伴侶を捜さなくてはなりません…笑!あくまでも、雉(動物)の話しですけど…笑!動物は環境に合わせて工夫してますね!私もいろんなことに順応して、しなやか、に生きなくては!と思いました…笑♪

投稿: | 2009/12/10 22:28:12

茂木健一郎様
日頃、子どもさんたちと出会うことがあるのですが、
ふと、自分も女の子になったつもりで、
サンタさんはあなたの心のなかにいつもいるのよ。
あなたもサンタさんなのよ。
とお話しています。

投稿: Yoshiko.T | 2009/12/10 8:20:50

こんにちは

> 「それにしても、泳ぎ着いても、
オスとメスが揃わないと繁殖できませんね。」

> 「どうやら、つがいで泳いでいるらしいですよ。」

松山で母親が住んでいた時、野良猫のおっぱいを飲む子供がいっぱ居たが、大きくなるといつの間にか居なくなっていた。親猫は、子猫が大きくなると、その縄張りから離れるらしい。

意外と、そのイノシシも子供に縄張りを渡し、海を渡ったのかも?

投稿: | 2009/12/10 3:01:31

茂木サン、メダカヘリコプターに 見えたような いろんな見方がありますね。


イノシシの海を渡る姿、 たくましいですね
人生の荒波を 乗り越えるには オス & メス が居る。
基本なんですね。

投稿: | 2009/12/10 1:19:15

茂木健一郎さま

半井小絵さんのお見立てによりますと日曜日、晴れの東京地域

この前の日曜日
茅ヶ崎の沖磯
大型をバラした後
今日はもう無理と
しかし
たつみさんのベテランさん

これから!

申して頂け
メジナを釣り上げました
そのメジナがスポーツ報知さまでの磯屋さん釣果報告として月曜日に
町田市の高木

茂木健一郎さま
私の性格として
スポーツ報知さまに今までも私の釣果が載っていたとの磯屋さんの女将さん

高木さん、知らなかったの?スポーツ報知さんに今までのも載ってましたよ、高木さん知っていたのかと!今までの載っていたのとっておけば良かったですね!

スポーツ報知さま、
私、今までもスポーツ報知さまの釣果報告として載っていたのですか?

ところで
茂木健一郎さま
大型をバラして
ガックリしていた私に
これから!と
そして釣り上げましたメジナに対して
磯屋さんの女将さん
スポーツ報知さんに連絡します

え?
でした私、もし仮に
たつみさんのベテランさんが、これから!と申して頂けなかったら?

偶然の幸運を感じます。
スポーツ報知さま
釣果報告の紙面
磯屋さんで
町田市の高木

茂木健一郎さまのクオリア日記におかれまして
TOKYO / HIDEKI
同一人物の私ですので

燃えます!
沖磯には泳いで渡れません
渡船です!
えぼし丸の船長さん船員さんに感謝は常にです

日曜日、茅ヶ崎に
楽しみです

スポーツ報知さまの紙面釣果報告、これに載せて頂けるよう燃えます!

磯屋さんから予約の場合はスポーツ報知さまで
これは
凄い魅力です私は

でも今までも私、載せて頂けいた、らしい、です
さて、寝ます。

投稿: | 2009/12/10 0:25:33

隣の島を目指して泳ぐイノシシ…つがいで泳ぐ、必死な姿が思い浮かびます。

人生でもそうゆうこと、絶対あります〜(^-^)

出来ること、出来ないことあるから、その人らしくて惹かれます(*^_^*)

「神」がいるのなら、いつも全て見ているんですよね…その全てというのが怖い気もしますが。

罰当たりかも知れませんが、神がいるなら、私は私が迷わないように導いて欲しいです(><)

投稿: | 2009/12/09 23:04:36

私は、道を歩いていると、よく空を見上げる。

見るからに小さい飛行機やヘリコプターは、まるで確かに小魚のようだ。

メダカというと、洗面器に水を入れて、そこにメダカ数匹をいれ、指で水面をぐるぐる回して、メダカを整列させたことを思い出した。

あちこちでイノシシが出没していると聞くが、つがいで海を渡るというのは初めて知った。

自然が壊れて行くにつれ、人間圏以外の生物圏の住人たちが、追い詰められて必死になっている…そんな事情が察せられる。

他の生き物の生物圏を狭めると、人間圏も縮んで行く。人の未来も、生き物の未来も、同じ線の上にあるのだ。

さて、人間圏で生まれ育った我等ホモサピエンス。そんな我々は、生きること自体が、個々の人生行路においての、出会いと冒険の連続と、ぼんやりながらも考えている。

この世に生まれ出ての、両親との出会いに始まり、自分とかかわる人々との出会いをどんどん増やし、知らない世界への冒険も重ねていく…。

気がつけば、何時の間にか、「私」は「私」にとって相応しい「居場所」を見つけている…。

でも、今いるこの「居場所」は決して「最終」のものではない、終の棲家ではないのだ。

寿命が尽きる、その時の「居場所」こそが、終の棲家のはずだ。

一瞬一瞬が、その終の棲家へ辿りつくまでの、過去現在未来の連続…それを思えば、私がこうして生きる一瞬一瞬は、まさに秒速での旅なのに相違ない。

…う~ん、またも乱文になってしまいました。何卒、お許しを。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/12/09 22:10:31

いつもブログ更新
ありがとうございます


茂木さんの日記はまるで天使の日記ですね


茂木さん

いつもいつも
ありがとうございます

この世で一番大事なものは愛だと思いました

投稿: | 2009/12/09 22:03:35

「つがいで泳ぐいのしし」ロマンがありますね。

 人生、グライダーといえば・・・

 グライダーにモーターを搭載させて、日本列島をバード目線でビデオ撮影するという強者のNHKのドキュメントを思い出しました。確か、去年の今頃だったような気がします。大地を舐めるように、日本中の紅葉前線を捉えたという内容で、もっとも印象に残っていたのが、夫婦二人三脚での、恐山上空での撮影、風と乱気流で一歩間違ったら死が待っているという、決死の撮影の樣子に、思わず怖さが伝わり震えが止まりませんでした。着地地点の特定にしても、二人の息が合ってこその安全な帰還。

 そこまでして何故、彼らはこの「絵」を撮るのだろうかと、ふと、思いを馳せると、なんだか、涙が止まらなくなって、人間どこかで繋がっていて、きっと、人生の形は違えども、時を超えて、同じ想いを抱いて、植物も動物も人間も、いや、このパソコンだって(笑)、あらゆるものが、大きな生命の働きに相応して、一体となって地球を転がしているんじゃないかとふと想った次第です。

 もしかしたら、つがいのイノシシも決死の渡航であった筈。意外なところで、グライダーの夫婦と繋がっていたりして・・・。などと夢想すると、実に愉快です。

投稿: | 2009/12/09 20:05:01

コメントを書く