« クーリエ・ジャポン | トップページ | The variable unconscious »

2009/12/19

憂愁の表情

慶應志木高校へ。
私の研究室で博士号をとり、
来年シンガポールに行く
「かものはし」こと、関根崇泰の母校。

講演前、舞台そでに行くと、
関根が「お久しぶりです」
と妙にていねいに話している。

河野文彦先生。

「先生、よく小津安二郎の映画を
見せてくださっていましたね。」

そんな過去が関根にあるとは思わなかった。

高校生に『東京物語』や『秋刀魚の味』
を紹介してくださるなんて、
いい先生じゃないか。

関根くん、君は、芸術的な感性が
育っているはずだったのだね。

そのわりには、ぼくを「トド」
に見立てたヘンなイラストを
描いているのは、一体どういうわけなんだ!

自分の話が終わった後、
学生たちが「生徒会会長選挙」の
演説と質疑応答をするのを
聴いていた。

エネルギーがある。ヤジや拍手、
笑いが飛び交う。

バンカラはここに生きていた。

慶應志木高校、実にいいじゃないか!

『ケンブリッジの卵』で著名で、
慶應大学教授と慶應志木高校を
兼任されている下村裕先生と
一緒に帰る。


関根崇泰と、恩師の河野文彦先生


関根崇泰と、河野文彦先生、私、下村裕先生


慶應志木高校の校門前を
通り過ぎた時、関根が見せた
一瞬の憂愁の表情を私は
見逃さなかった。


慶應志木高校前。憂愁の関根の横を、
後輩たちが通りすぎていく。

The Brain Club。

チェゴヤでスタート。

年内のゼミは、あと一回となった。

朝日カルチャーセンター。

ヴィトゲンシュタインの話をする。

そして、モーツァルトの天才。

誰も通っていない道を探りあてていくこと。

東京FMで仕事をして、
再びカルチャーセンターの打ち上げの
席に戻る。

今週は睡眠不足が続いていて、
ワインがちょうどよい微睡みへの
導入となりました。

まわりではどんな会話が弾んで
いたのかな。

12月 19, 2009 at 10:17 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憂愁の表情:

コメント

風邪で咳がひどく、断念しました
今年茂木先生からたくさんのものをいただきました。本当にありがとうございます。
来年の授業でもよろしくお願いします。
どうぞご無理をなさらないように

投稿: | 2009/12/21 2:01:00

茂木先生おはようございます♪


関根さんとても素敵な表情をされていますね。
先生は横で見守っていらしたのでしょうか。

画伯のトドのイラスト!むっちゃ好きなのでシンガポールからも是非届けていただきたいです。ヽ(*´ー`*)ノ


先生、連日睡眠不足のご様子。
どうか体調には気をつけて下さいましね。(≧ω≦)ゞ☆☆☆

投稿: | 2009/12/20 8:36:38

茂木健一郎さま

シンガポール、

私は行ったことないので
シンガポールは
マーライオン?

海の神様でしたか

マーライオンあります?
シンガポールといえば

シンガポール航空さんを連想が限界です

なにせ
強調します
私、高木英樹はシンガポールに行ったことないです
直近でシンガポールに?
まさか
私、高木英樹はシンガポールになど行ってません
よくスキーでもあるんです
行ったことないスキー場で高木英樹を見たと

それも私をみて
顔が違うと

強く強調
直近にでも、なんでも
私、高木英樹はシンガポールに行ったことないです。

投稿: | 2009/12/20 8:19:08

関根画伯は昔のご自身の残像を見て、一瞬ノスタルジックになられたんでしょうね~

よくその一瞬がとらえられてますね
茂木さんの関根画伯への愛情感じます♪
関根画伯の「とど」の絵大好きです♪
(^o^;)
その反骨精神?は宝です(笑)
部長プレイとか(笑)YouTubeで見て爆笑しました。
健全ですよね♪
茂木さんもお弟子さんに慕われてらっしゃるなぁって思います♪
世に美しきは師弟関係ですよね♪

あ、あと鏡の本で面白いのを見つけました~
えーと「鏡の中の左利きー鏡像反転の謎ー」吉村浩一氏著(ナカニシヤ出版)
という本です。
(・ω・)/
「な~んで鏡の中だと左右反転して見えるのか?」

考えてみたらミステリーですよね~(ミステリーハンター猫)
文字を鏡に反映させると「鏡文字」になるのに、自分の姿は「裏返し」に見えないのって不思議ですよね?
にゃあぎゃあにゃあぎゃあにゃあぎゃあ(うるさい…)
ピンカーさんも御著書で言ってましたが「心と脳と遺伝子と進化」の分野は最先端の知のFRONTIERだと思います!
茂木さんも関根画伯もワクワクドキドキですね♪
御活躍お祈りしております。

投稿: | 2009/12/20 7:45:34

こんにちは

慶應志木高校へ。
私の研究室で博士号をとり、
来年シンガポールに行く
「かものはし」こと、関根崇泰の母校。


シンガポールは、国力をつけるため、研究者を集めているらしいですね。日本も、国力をつけるように戦略的に、研究者を集める必要があると思います。(^^)

投稿: | 2009/12/20 4:28:08

茂木健一郎様
あららららら・・・この表情の関根さんを
拝見させていただいたら
目があつくなっています。
茂木さんは表情を読みとる
天才でいらっしゃいます。

茂木さんのセミナーを拝見できる日に
めぐりあえるのを楽しみにしたい
なんて思ってしまいます。

投稿: Yoshiko.T | 2009/12/20 2:40:03

茂木さん、おはようございます!!
ぐっすりお眠りになりましたか?

寒いですね!!
茂木さんできるだけ、長生きしてくださいね!
健康診断にもたまには行って下さいね!

今日もいい一日になります様に!(♯^^♯)!✿♫✷

投稿: | 2009/12/19 22:56:08

茂木さんも、今週は睡眠不足だったんですね。実は私も、夜中の決まった時間に起きて、それから眠れません(;^_^A

ワインが茂木さんを眠りに誘ってくれて、良かったですね(^-^)

飲み会の席のお話もワイワイ盛り上がって楽しいですが、そうゆう仲間に囲まれてワイワイしてる雰囲気も私、大好きです♪

投稿: | 2009/12/19 21:28:53

下村じゃねぇか…
早くNASAに逝け!
しかし…
笑える~

投稿: | 2009/12/19 17:28:53

茂木先生の講義大変面白かったです。
特にもてる方法ry

来年も是非きてください!!

投稿: | 2009/12/19 14:26:03

おはようございます、茂木先生^^

ヴィトゲンシュタイン って、貴公子
でも日本にお住まいでしたら、ほとんどの方が変人と思ったでしょうね

変人の規定はどこにあるのでしょう・・
あの人ってと変よね・・
あの人変わってる・・
あいつは実に変人だなんて、普通の会話で使ってるのを聞きますが

変人の定義ってあるのでしょうか・・^^
前からちょっときっかけで、関根さんという方に
おばあちゃんは興味を抱いておりました
憂愁の表情なんてお聞きすると、よけいに気を惹かれます^^

若い日の場所を訪れるとき、決して懐かしいばかりじゃないですね・・
忘れてきたいろんな思いや、今ある自分のスタート地点がここにあった
事実とか、現実への確固たる事実の反対の感情にふと気がつかされたりうやむやな感情というのでしょうか・・・

結婚にたとえるのも変ですが、マリッジブルー!?
人間は、いつもどこかに憂愁を潜ませながら笑っているのかもしれませんね・

知性の魅力は、そんなものがなかったら、外から見ても素敵ではない気がします、憂愁の感情を持つのはいいことですよ、
人間のロマンはそんなところから生じてきますものね・・

シンガポールにいらしたら、まず、戦争博物館で、衝撃を受けて下さるといいですね、 心がしっかり定まったりする可能性ありです

日本人の遺伝子には、知らずに焼きつけらている、負の感覚
どうしようもない意識に対処する自分に気が付きますよ、
知っていると、対処法も見えてきます、普遍の愛の感情かも知れません

それから、シングリッシュの理解でしょうか
パーフォーマンスでしかお話しできないイングリッシュバカの私でも
シングリッシュの方々の優しさと、教育された知性を通しての愛には
助けをもらえます、

長女は、シンガポールへ行く前、慶応志木高校の通りを挟んだマンションに住んでおり、初めての子供を授かりましたが、
慶応志木を目指せない偏差値の素敵な子に成長、^^本当にかわいらしい心音を感じる好奇心旺盛な子供ですが・・ 変といわれます

ママにしかられながら、トイレのふりをして隠れてまで本を読むのが好きな子
クリスマスには、鰹節削り器と、できれば本がつをを一本ほしいというような不思議な子です、チャッツワースでも挙動不審の可愛い子供、
日本に帰ったら、なぜか 変!とか、とろいとか言われているようです

振り出しに戻って、変とは、 変人・とはどういう理解から出てくる言葉でしょうね、 個性を超えてる・・ってことかしら?
個性とは、私の理解では全ての人が、個性そものだと思うのですが
変とは、変ですよね^^
                   reiko.G

投稿: | 2009/12/19 12:31:37

コメントを書く