« The lights corridor | トップページ | 文明の星時間 鼻行類と先生 »

2009/12/10

それをマネして口癖にして

 ソニーコンピュータサイエンス研究所にて、
The Brain Club。

関根崇泰がhindsightに興味を持っている
ということで、
箆伊智充が関連した論文を引っ張って
きた。

Superbowlの試合結果についての
hindsight。

ある特定の問題を、一般化すると
見通しが良くなってより普遍的な
意義がわかることがある。

hindsightも、self-esteemや
self-approvalの維持という
ことだけでなく、
cognitive processとouter eventsの
間のconsistencyや、predictionに
つながるworld modelの(事後)修正
といったより一般的なdynamic homeostasisの
問題の一部と考えて初めて
意味が出てくるのではないか。

続いて、田谷文彦が、
perceptual decision makingの一般原理に
関する論文を紹介。

DLPFCがchoiceの確信度と
相関を持つ。
しかし、specificなsensory information
そのものは、皮質の他の場所で表現
されているのである。

みんなでチェゴヤへ行って
議論しながら昼食。

コンビニに行って、買い出しをする。

このような、ごく普通のゼミの
流れとか、そのようなありきたりの
ことを、10年後、20年後には
とても懐かしく思い出すのだろう。

人生において大切なことは
ごくごく平凡なことの中に
あるような気がする。

田谷文彦と一緒に研究所を出て、
山の手線で田町へ。

田谷が今研究をしている
慶應大学のGCOEプロジェクト
を見学する。

近くにある三階建てのビルの
一階の黄色いところが、
噂の「ラーメン二郎」
だと教えてもらった。

ラーメン二郎に、あと100メートル
まで近づいた。

東京タワーの下まで歩く。

『チューボーですよ!』の
収録。

堺正章さん、枡田絵理奈さん
と一緒にキッチンで
働く。

隣りに立つ、というのは
何とも言えない温かさが
伝わってくるもの。

ぼくは、小学校1年生の時に、
堺さんが「やってやれないことは
ない、やらずにできるわけがない」
と言っているのをテレビで見て、
それをマネして口癖にして、
縄跳びの二重回しにチャレンジ
していたのだった。

12月 10, 2009 at 08:22 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それをマネして口癖にして:

» 得意料理は、野菜炒め トラックバック 須磨寺ものがたり
脳科学者茂木さんが、 TVで脳に良い料理を作る。、 さてどんな展開なのか興味があり見てみることにした。 [続きを読む]

受信: 2009/12/10 10:12:00

» 匂い トラックバック POPO
そこに入った瞬間 全身が清められるかのような お香の匂いに包まれて 心が溶けてし [続きを読む]

受信: 2009/12/11 1:49:15

コメント

おはようございます 茂木サン 。
驚異の努力家 の 誕生秘話に この口癖あり!

私も 何かあったら
魔法の言葉 にします。

投稿: | 2009/12/11 7:24:38

こんにちは

>堺さんが「やってやれないことは
ない、やらずにできるわけがない」


これこそ”hindsight”では?(^^)

投稿: | 2009/12/11 1:25:30

茂木健一郎さま

私は日本国内にいますので

半井小絵さんの気象解説もきちんと拝見
素敵な雰囲気の半井小絵さん、今晩も恰好よく解説

日曜日、茅ヶ崎の沖磯に!

過日、テレビにて
茂木健一郎さま
食事は脳が感じて、との
私の日曜日の朝食
結果的には食パン
しかし
24時間営業
平塚のラーメン山岡屋さん にしようかガストさんのステーキにしようかな?
でも、まてよ
食べて美味しいのは瞬間だったら食パンで良いな!
常に考えてましたので

茂木健一郎さま
とても、この前の番組に共感です
コンビーフを手巻き寿司の上にでしたでしょうか。

ところで
お魚釣りの帰りに見ます看板
行きの茅ヶ崎へにはなく
それは海版の釣り堀の看板
マダイが書いてあり
なんだかお魚が釣れない帰路に?と
あの看板、寒川あたりの、その看板が毎回
うーん

さて、日曜日の釣行
いかに!楽しい茅ヶ崎沖磯へ釣行、日曜日が楽しみです。
では
眠いので。

投稿: | 2009/12/11 0:23:26

実は時々、都バスに乗って等々力方面に遊びに行くことがある。

その時、慶應義塾大学のそばを通ると、あの「ラーメン二郎」の黄色い看板をよく見る。

いゃ~…通るたびに長々と行列が出来ていて、何時もすごいなぁ!と思う。

「ラーメン二郎」のおいしさとは、どんなものだろう…?

そこで思い出したのは、昔よく近所にあった札幌ラーメンの店…それは「どさんこ大将」という店名だった…に通って、名物の味噌ラーメンをすすったこと。

特にイマドキの季節の味噌ラーメンのうまいことといったら!

また『チューボーですよ!』で思い出したが、昨日4チャンネルを見ていたら
茂木さんが文字通り厨房で「脳にいい料理」をつくっていらした映像を見た。

ランダムに食材を選び、組み合わせて…そこから新しい料理が生まれる。料理はまさに“クリエイティヴ”だということを改めて認識させてくれた。

家で料理をつくる、というのも、私達のごくごく平凡な日々のひとこまだから、そこに創造性という大切な事柄のひとつが秘められているのだなぁ、と昨日の放送を思い返しながら、感じている。

平々凡々な我々の、日々の営みの中を注意深く覗けば、普遍的で人生にとって大切な事柄が、沢山詰まっているのが見えるのかもしれない。

「やってやれないことはない、やらずにできるわけがない」…人生、万事はほとんど、まさしくこの通りに違いない。この言葉に含まれている真理は、とても深いものがあるなぁ、と思う。

さて、寒さがいよいよ厳しさを増して行くように見える年末ゆえ、健康には留意したいものですね。

p・s・今TVではバラック・オバマ氏がノーベル平和賞受賞に臨んでいるニュースが流れました。

オバマ氏の理念や行動が、世界を核なき世界へ変える、大きな原動力になることを希望したいと思います。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/12/10 23:00:05

人生において大切なことは、ごくごく平凡なことの中にあるような気がする。ということ。本当にそうですね。

東京タワーは、今の時季、クリスマスのイルミネーションが綺麗なんですよね☆
素敵でしょうね〜(o^∀^o)今の時季、町のイルミネーションを見ては、私、幸せな気持ちになります♪

そして堺正章さんのチューボーですよに出演したのですね?
何作ったんですか??

隣に立つというのは、何とも言えない温かさが伝わってくるもの。
そうですね。そうゆうこと素敵です!

隣にいる人の為に何かしたい。隣の人の喜んでいるところが見たい、とか。始めは、そんな気持ちからかなぁ(*^_^*)

やってやれない事はない。やらずにできるわけがない。という言葉。私も好きです。
大事な局面で、背中を押してくれる言葉になりますね(*^□^*)

投稿: | 2009/12/10 22:18:13

お料理してるお姿、楽しみにしております(*^.^*)小一の健一郎少年の心に刻まれた言葉、勇気が出る呪文みたいですね。

投稿: | 2009/12/10 10:58:27

茂木先生 良い朝ですね~^^

やってやれないことはない
  やらずにできるわけがない

ほんとほんと^^
私もそんな気持ちで、今日まで生きてきました^^

でも近頃、へこたれ始めていましたので、

朝一回、口癖にしておまじないのように
声に出してみます

今朝一、  やってやれないことはない
        やらずにできるわけがない!(^^)
今日も、先生もお元気で!
eiko.G

投稿: | 2009/12/10 9:28:32

茂木健一郎様
大事なことをいつもお話くださいますね、
茂木さんは。
堺正章さんのおっしゃった言葉を
座右の名にしている映画監督を知っています。
お料理もとっても上手な魅力的な人です。
いつかお酒でも楽しみながら出会っていただけ
たら幸いです。

投稿: Yoshiko.T | 2009/12/10 8:38:13

コメントを書く