« 脳とこころを考える 『脳と冒険』 | トップページ | クーリエ・ジャポン »

2009/12/18

Portable texts

Portable texts

「持ち運べる音楽」から「持ち運べるテクスト」への嗜好性の変化について

The Qualia Journal

18th December 2009

http://qualiajournal.blogspot.com/

12月 18, 2009 at 07:06 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Portable texts:

コメント

We chanced to talk about availability
of foreign plays today.
It was hard to get them about twenty years ago.
Except classics like Shakespeare,
modern plays seldom arrived in Japan
by the time they made a hit in traslation.

As my friends didn't know Amazon Kindle in detail,
I talked fluently about it, which had been told
through your blog and the internet.
Thank you for a mine of information.

We also hope that we can not only subscribe
but also promote Japanese plays in English
on Amazon Kindle.
" Portable texts " may revolutionize the art scene
as well as literature and thought.


福山さんは楽曲をほとんど自分で作詞作曲するので
大好きなアーティストのひとりです。
" It's only love " がいちばん気に入ってます。
甘い顔よりあの野太い声がいいな~

投稿: 島唄子 | 2009/12/18 18:09:43

今日は風が強いですね~
冬将軍さまの到来です!

私めは外ではwalkmanで音楽を聴きますが、確かに電車の中はノイズが多いから繊細な音楽は聴こえないですよね!

でも一度ヴィヴァルディの「スターバト・マーテル」を電車の中で聴いていたら、その場がまるで「教会」のように聖なる空間?に変わった事があり~それ以来電車の中でrequiemとかマタイとか聴くのやめました~(我ながらホームに落ちたら危ないと思ったので)(,,)←落ちかねない…(こける族です)
あ、茂木先生、モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」って曲ご存知ですか?\(^_^)/
物凄~くきれいなんです♪
アレグリの「ミゼレーレ」も♪
「ミゼレーレ」はバチカンの秘曲だったのを、モーツァルトは一回聴いただけで覚えちゃったんですよね♪
モーツァルト天才!
「聖母マリアの夕べの祈り」は目白の聖カテドラルに友人に誘われて聴きにいったのですが(二十歳位の時)あの時の「時空間」は忘れられないです♪
話飛びすぎ~
福山雅治さんはかっこよすぎですね!!龍馬も!!
でも坂本龍馬っていろは丸事件とか考えると、もしかしてもしかする?と思う時があります(笑)
人は深いぜよ。

投稿: 眠り猫2 | 2009/12/18 11:52:25

コメントを書く