« バルーン郵便 | トップページ | 「ちきゅう」の上で »

2009/12/23

Paper hat

Paper hat

ホラスが紙の帽子をかぶってニコニコしていたこと

The Qualia Journal

23rd December 2009

http://qualiajournal.blogspot.com/

12月 23, 2009 at 06:18 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Paper hat:

コメント

メリークリスマス!
もてぎ先生は、理系の方ですのに、文章もとってもすばらしく、もてぎ先生の赤毛のアン体験の御本は、とってもよかったです。

投稿: | 2009/12/24 20:48:20

茂木サン、 Merry Christmas!
パーティーに参加されてのお話、楽しかったご様子
思い出は 意識して 機会や行動しないと 残らないものかも しれません。

12月に入り、毎週末は会社の通りの おもちゃ屋前は渋滞になり、
買い物をする親子連れの数が、凄いです。
みんな 家族の笑顔や 幸せを望み、を 買い求めている。 ほのぼのします
クリスマス という 家族行事で みんな幸せ
国内のみならず、世界中幸せ Happy X'mas

投稿: | 2009/12/24 3:05:28

I can imagine how Dr. Harace was charming
with the paper hat on his head.

It is a relief to have a central figure
who never neglects to amuse others
and himself with wits.
People gather naturally around such a person
as if birds do around a leafy tree.

I thought Christmas Eve was a day for lovers
for a long time for no reason.
But what kind of mercy do they need
if they love each other ?

I'll enjoy a party and a child inducer
at the seaside with everyone for coming.
We are anticipating having a giant ice cream tree.

Have a nice Christmas Eve !


わたしのおばあちゃんは
「ガジュツ」というウコンに似た
薬草を栽培していましたが
切手収集が趣味でした。
わたしたちは消印のないのばかり
競ってもらい受けていましたが
おばあちゃんは消印にこだわっていました。
今日の有吉さんの記事を読んで
やっとその理由がわかりました。
おばあちゃんがどんな歴史的事跡にこだわっていたか
知る由もありませんが
こんど帰ったら切手帳を紐解いてみようと思います。

投稿: | 2009/12/23 19:18:23

ホラティウス・バーロウって、音色に緊張がなくていいですね
名前の持つ印象は大切ですね、ついてしまったものは仕方がないですが
、出来れば印象がいい方がいいですね、
紙の帽子でニコニコなさってる感じも、素晴らしい印象!

ヴィトゲンシュタインって舌を噛みそうですものね、^^
童話を読むのが好きな、上品な天才秀才、 でも無知な私には、
哲学者の渋いお爺ちゃんを想像してしまいます、
いけませんね、どんな人か、もう少し知ってみたいです
またいつか教えてください、まだちょっとですが興味あります

先生のお名前は、分かりやすい、すっきりしていますね、
私の名前は、さて何でしょう
性は秘密^^ でも名前は本当のreiko 
残念なことに気がつけばおばあちゃんという
さえないプロフィール

姓は、結婚前より気に入っています、
姓など、どっちでもいいと思っていた私ですが、
結婚してよかったのの一つに入りますね、
そんな気持ちは、男性の茂木先生にはお解りにならないでしょうね

可笑しいですね、死ぬと仏教では戒名なる名前が付きますね
お金持ちの人はいい名前をつけてもらえるのもちょっと変だと感じます

昔、結婚したころ、芦屋近くの兜山にハイキングをし下山してきた
屋敷町に金山金蔵って名前の表札を見ました、

主人と二人、よそ様のお宅の前で目を丸くして、少しですが・・
声を出して笑ったことがありました、

住む場所、姓名があまりに似合っていて、心からびっくりしました、
未だに覚えている私のくだらない、忘れられない思い出話しです、

Paper hatから、なんでこんな方向へに脳が動いていったのでしょう・・茂木先生、脳の働きのルートの解明、自分でもできません

この記事と、私の脳の動きには、
クオリア的、偶有性は少しはあるのでしょうか、
          reiko.G


 


投稿: | 2009/12/23 13:31:38

茂木先生 こんにちわ

That reminds me I don't see a Christmas cracker so much in Japan
The form of it is different, too and.

Mostly it is chicken and champagne.
And the person going to the church feels like there not being so a lot it.

It is today this year:I heard that there were many people who finished Christmas party on 23rd.

‥It is the feeling that it seems to be far apart from an original meaning steadily, and is complicated.

Anyway, wish you have happy Christmas.

投稿: | 2009/12/23 9:07:22

茂木先生のメンターであるホラスさん、もの凄く姿勢がよくて、堂々とされてますね!
えもいえぬ威厳があります!
ダーウィンの御子孫てなんだか納得。
イギリス人って素敵ですね
イギリスの質素を好み本質的で、伝統や文化や学問や何よりも「個人」を尊ぶ気高さって素晴らしいと思います
日本は同調することにやっきになって、自分の価値観を他人に押し付けて安心しようとする気風があると思いますが、イギリスは「個人主義」なのではないでしょうか?
日本も多様性を受け入れて育てる文化に変わっていかないと、単一的な価値観のままではこのまま先細りしていくだろうなと思います。
茂木さんが仰っているように多様性=豊穣であり、豊穣な土壌が豊かな人材(世界)を生み出すと思います。
あ、漱石先生の「私の個人主義」を読まねば!と、今思い出しました。(^O^)
ホラスさんのお写真を拝見してイギリスの気品と個人主義に思い至りました♪
茂木さんも塩谷さんもイギリスの香りがいたしますね(^o^;)
とても素敵だと思います♪

投稿: | 2009/12/23 8:04:50

コメントを書く