« 週刊ポスト 脳のトリセツ 第21回 | トップページ | この人はいいんです。 »

2009/12/01

Hideo Kobayashi

Hideo Kobayashi

一本の電話がきっかけで、小林秀雄の夢を見る。

The Qualia Journal

1st December 2009

http://qualiajournal.blogspot.com/

12月 1, 2009 at 09:06 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hideo Kobayashi:

» 第500話 デフレスパイラルと思考のトラップ トラックバック 進化する怪物たち
昨日から 時間の使い方について ずっと考えていました。 だって今日は 12月1日ですからね。 1年の終わりの月ともなると やっぱりねぇ。 まあ 一番頭を悩ませているのが 試験勉強の時間をどうやってとるか? 時間がないから無駄を無くして・・・・・まあ これくらいは 誰でも考える事なのです。でも ただ長くとればいいというものでは ないような気がしてくるのですよ。 まあ 年齢的に老化が始まっているわけ ですから 体も頭も。 で めざすは やっぱ メリハリBODY・・・あっちゃ  これは... [続きを読む]

受信: 2009/12/01 23:41:53

コメント

師走といっても、走り回る事もない老夫婦
夫はサイクリング、私は冬じまいの庭のお手入れなどしてすごし
今はこうして陽射しいっぱいのダイニングのテーブルで
気鋭の脳科学者と呼ばれるご本人の日記をお訪ねしています

また、先生の見られた夢の世界にまで誘われていく不思議を
感じています

ITの力なくしては考えられない時間と空間の飛躍
来世にいるのか、現世にいるのか・・はたと迷いそうな情報伝達革命

私、こんな時代まで生きていて良かったと思いつつ

いや、もしかして、ITのおかげでなく、
来世と現世を行きつ戻りつする脳の活用法を会得していたとしたら
大昔の人も既に、人間関係を脳の中で作り上げて実行していたのかもしれませんね・・・ 

自分たちが、死をもって、全ての終わりとすることに慣れ
、終わったものとの交流を知らず知らず遠のけていたのかもしれない・・などと考えたりしています

私も、おばあちゃんと孫に呼ばれているのですが、
、一人に自分に帰って、矛盾しきった夢の中のシナリオに登場し涙を流して目覚めたりすることもあります

おかげで、目覚めとともに間もなく我に帰れるので、まだこちらにいる事実にほっとしたりもします^^

思えば、生きることも死ぬことも愉快なのかもしれませんね^^
忙しく働きとおしていた時代も愉快でしたが、こうして静かな日々の中にも愉快がいっぱいなんですものね

見えない点においては、茂木先生も、あちらの世界におられたり
見える機会の折には、現世の方・・

夢か現かは、そこで何をキャッチするかが問題ですね
お孫さんと、ご友人でよかったですね^^
小林秀雄さんの微笑みに出会え、語り合う喜びの時を過ごされた・・

清らかな美しい風景に出会えたような感じを受けています
今夜、どんな夢に出会えるか、眠るのが楽しみです^^

                     reiko.G


投稿: R.グランマ | 2009/12/01 13:19:11

「僕は一度読んだくらいでわかるようなことは、書かないんだよ」と、小林秀雄氏は言われたそうですが~
なんてかっこいい~\(>_<)/
かっこよさの極みです♪
夢の中で小林秀雄さんに出会えて良かったですね♪(^o^;)

ほかほかお日様の木村秋則さん、お元気そうで何よりです♪素敵な林檎園♪

木村秋則さんのお話は舞台にもなるし、絵本にもしてほしいです(絵本なら子どもも読めるから)
いもとようこさんの絵なら最高です♪

海老蔵さんは華がありますね♪さすがです♪
茂木先生の写真はないんですか
m(..)m
それではまた~

投稿: 眠り猫2 | 2009/12/01 12:51:41

Interesting episode and dream.
After reading this writing,
I imagine the vast ocean of the unconscious.
A dream seems to be a stage that the unconscious
freely interacts with the raw incident.

I usually have an unexplainable dream,
but sometimes I can guess that some particular
impression would effect a dream like this.
How abundant the unconscious that
remains inaccessible are.
I wonder what kind of light and reflection
weave them into a fable.


Apple land からの
すばらしい写真とエピソードをありがとうございます!
なぜでしょうか、胸がどきどきします。
『奇跡のリンゴ』という本を読んでいるときもそうでした。
木村さんのお人柄の魅力も大きいのですが
わたしたちが抽出して
うちだしていかなきゃいけない Zeitgeist の
息吹がフツフツとたぎっているような...
人柄と社会と人生
生命を成りたたせるものの豊饒と疎外
ほかにもたくさん魅力が。
それにしてもおいしそうなリンゴですね。
Give me one, please !

投稿: 島唄子 | 2009/12/01 12:27:03

茂木健一郎様
茂木さんがご尊敬申しあげている小林秀雄氏に
夢の中でお逢いできたことの
喜びや微妙なさまざまな感情の機微や
感動が伝わってまいります。
お逢いできてよろしかったですね。

不思議なものです。茂木さんの講演会に
小林氏がいらっしゃってるのが
こころの位置に見えてきます。

茂木さん、小林氏が聴いておられると
思うとわくわくしますね。

投稿: Yoshiko.T | 2009/12/01 10:11:12

コメントを書く