« やなちゃんと、ブルーマウンテン。 | トップページ | 朝日出版社 座談会 参加者募集 »

2009/12/30

Full of life!

Full of life!

生命でいっぱいだ!

The Qualia Journal

30th December 2009

http://qualiajournal.blogspot.com/

12月 30, 2009 at 08:57 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Full of life!:

コメント

偶有性の自然誌を拝読しました。

文章を読みながら、様々な観点に触れさせていただき、知らなかった新たな世界をに気づかせていただきました。また、茂木先生の思考と論理の積み重ねの層の厚さに大変感動して、哲学というものに対しての知的好奇心が高まりました。

・自由意志について。
・説明原理としての神。
・神を含む宇宙(宇宙を含む神?)に対する概念、論理、そしてあがき。
・無限を想うことができる脳の不思議。
・有限の存在である人間が、クオリアにあふれた意識を生み出すことができるのはなぜか。
・有限の立場に置かされてこそ、無限を夢見ることができるのはなぜか。
・そもそも“自由である”という状態は存在し得るのか。
・生の中のパラドックス、パラドックスに満ちた生。そして煌き。

自分なりにですが、心に抱き続けて大切にしていきたいと感じています。


茂木先生、今年も大変、ありがとうございました。
日記やクオリアジャーナル、それに御著書から多くの感動とを学びをいただきましたことに、大変感謝しております。


お正月休みには、録画しておいた「チューボーですよ」を見ます。
フフフ・・・

投稿: | 2009/12/31 8:10:16

韓ドラ見てたら(犬とオオカミの時間)、またアインシュタインさんがヒョッコリ出てきたの!!ホントにびっくりしました。        2010年がますます良い年になりますよう、お祈りしています。

投稿: | 2009/12/30 22:43:41

Full of life in the saliva, surely !

Sorry for my absence.
I know you don't like making an excuse.
I would like to write my present condition,
so please give me a little space.
I am working as a private secretary from nine to seven
and return to my primary work in the dramatic field.
The latter made me hard to have even split time.

I hope to read the qualia journal and sometimes
write a comment.
I also hope to ask you for advice on our
dramatic project from now on.

Have a nice New Year's Eve
and a Happy New Year !

投稿: | 2009/12/30 18:49:01

茂木せんせい!!
本当に生命って神秘的ですよね!
私たちの体は60兆の細胞(七割水分)でできていて、その細胞の核の中にある染色体が30億個もの塩基配列からなるDNAの二重螺旋になっているなんて、驚異的です!センスオブワンダーです!(間違ってたら失礼)
古今東西昔も今も「わたし」と全く同じ意識は存在しないのです!すご~い
ひとりひとり「奇跡的」で「代替不可能」な存在なのだから、そのことを考えると「ただあるだけ。それだけで」って茂木せんせいのお言葉にはじぃぃぃんとなります
人間であるだけで、どの人もこの人もあの人もその人もみんなみんな大変な中を生きていますよね~
そのことに思い至ると神秘的な気持ちになります♪
存在の神秘性って、もっとメディアでアピールしてもいいと思います♪
「センスオブワンダーを取り戻せ!年の瀬キャンペーン」です♪(意味不明!)

投稿: | 2009/12/30 18:01:09

今もみたかにあるのでしょうか、その場所
叫ぶ様に、生命がいっぱいだ!の声

普通暮らしている中では、あまり聴けない言葉ですね
渦中にいると・・

当事者からふと我に返る瞬間に、脳が驚くのでしょうか・・
芸術は、爆発だ! って感じで・・

まったく存じ上げない学者の方、
きっと寡黙で、極めて学問的に脳が働いておれれる方なんでしょうね、
たとえば、電車の中、祭りの人波、

投稿: | 2009/12/30 13:31:43

感情が口角泡を飛ばす勢いで爆発している感じですね、
芸術は爆発だ!的な熱情からは、離れたところにあるのでしょうけど、命との激しい出会いの瞬間・・・、私も、そこにいたかった気分です、でもびっくりですね、
学生の頃のリーダーの先生のニックネームが唾姫でしたね・・
懐かしいです^^ 

  生命でいっぱいだ!   そのあとに言葉にならなくとも 
  
  すばらしい~~!って  続くはず、

先生のお近くには、宮本さんも置いてきぼりくらいの、
生き生きした感性の方であふれていますね、

昔、カウンセリングの学びを、ほんちょっとばかりしたことがありました、ロールプレイとか何とか言ってましたが、・・

なんだか不思議な感覚に襲われたのを思い出します

脳は頭がい骨で覆われ、皮膚にへアーがあり
ヘアーはデザインされて、外見、その人となりを顕しているのに、

時がたつにつれ、徐々に脳がむき出しになって来る・・
私は、穏かな表現が好きなので、
学びをやめてしまった経験があります

でも、今思っていますが、穏やかな感性を好みつつ、
何処かに、今生きているという、
生命への激しい憧れを、るつぼから出て何かの形で顕したいという
気持ちが隠れているのも感じています

今なら、生命でいっぱいだ!って叫ばれた時の
唾が少しかかったとしても、びっくりはしないかもしれません^^
                    reiko.G

投稿: | 2009/12/30 13:22:43

コメントを書く