« 把握できないほど深い場所で | トップページ | 週刊ポスト 脳のトリセツ 第20回 »

2009/11/26

文明の星時間 神または自然

サンデー毎日連載
茂木健一郎 歴史エッセイ

『文明の星時間』 第91回 神または自然 サンデー毎日 2009年12月6日号

http://mainichi.jp/enta/book/sunday/ 

抜粋

 バールーフ・デ・スピノザは17世紀の中頃にオランダで活躍した。その主著『エチカ』は、その思想が当時の神学と相容れず、スピノザの生前には出版されることがなかった。
 スピノザの「神」の概念は、「神または自然」という言葉で表される。当時の人々が神を人間を思わせる「人格神」と考えていたのに対して、スピノザは、自然法則に従って発展していくこの宇宙そのものが、「神」だと考えた。
 脳を含む私たちの身体と、私たちの心。これらの二つの「世界」は、たった一つの「神または自然」の表れであるとスピノザは考える。スピノザの考えでは、私たちの心自体が、「神」の表れであり、「自然」の属性なのである。

全文は「サンデー毎日」でお読みください。

本連載をまとめた
『偉人たちの脳 文明の星時間』(毎日新聞社)
好評発売中です。


11月 26, 2009 at 07:05 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文明の星時間 神または自然:

» 茂木さんの著作から(4) トラックバック 不合理ゆえに我信ず
茂木さんの「神または自然」(『文明の星時間』サンデー毎日2009年12月6日号) [続きを読む]

受信: 2009/11/29 22:49:34

» クオリアをめぐるhijkさんとの対話 トラックバック 不合理ゆえに我信ず
3年前の hijkさんとの hijkさんの「電魂盤」での会話を、ここに再掲させて [続きを読む]

受信: 2009/12/05 20:49:01

コメント

The mind shed tears for the article in the journal.


This also.


Thank you for wonderful.☆☆☆

投稿: wahine | 2009/12/03 9:01:04

「神または自然」拝読しました。
神“または”自然  “または”の概念と理解・・・
心と脳と、今ここにある私の意識というものが、ますます不思議なものに思えてきました。
世界の奥深さと、気が遠くなるほどの未知と。

「心脳問題に始まってスピノザに導かれる。」
どうか、導かれた先を追い求めて、星時間を駆け抜けてください。


オールナイトニッポンサンデー、おつかれさまでした。
後半くらいから聴きました。
エンディングでの
「じっくりと人の話を聴くことの大切さ」
「街で見知らぬ人に声を掛けてみよう、ほんの一言でいいから」
ゆったりと心にエネルギーを与えてもらえた日曜の夜でした。
このまま明日につなげていけたらと。

ラジオを通して流れてくる茂木先生の声、
とても素敵に響きました。

投稿: 須戸 和美 | 2009/11/29 23:51:54

また文面とは関係ないのですが


マトリックス三部作

哲学の映画なんですね

『クオリア』で解明をしようと頑張ったのですが難問でした


茂木さん
お時間があったら
解明してみてください
新たな気付きがあると思います


もうお気づきでしたら
失礼しましたm(__)m


アインシュタインお兄さんは偉大な偉大な方ですね
ボクも、大大好きな人です

投稿: 祖父 | 2009/11/26 23:52:12

文面とは関係ないのですが

『脳が変わる生き方』
購入しました!

本屋で見つけて
即購入です
とっても読むのが楽しみです

あと

茂木さん
痩せました?
あと表情から若返ったように思えます

どうせ生きるなら全てを知り全てを極めたいですね

あくまでもボクの理想ですが

失礼しました

投稿: 祖父 | 2009/11/26 23:37:56

スピノザの言うところの「神」とは、宇宙や自然そのものというよりも、おそらくはそれらを動かしている、途轍もなく大きな“力”なのではないか。

今回の連載を読ませていただきながら、そんなことを思った。

周りの自然も、星々も、我等地球上に住む生けるものたちも、その力の法則に随って、日々動いているのではないか。

我々は何人たりとも、その、宇宙万物を動かす法則から、逃れられないのに違いない。


投稿: 銀鏡反応 | 2009/11/26 22:46:15

コメントを書く