« 週刊ポスト 脳のトリセツ | トップページ | A picture or conversation, please! »

2009/11/19

悩んだ分だけ、大きくなるよ

内田樹さんの『日本辺境論』を
読んでいたら、
電車を一駅乗り過ごしてしまった。

「あっ」と思った時はもう遅い。

ホームに降りて、反対側の電車を待つ。

このようなときは、本当に恥ずかしい。

猫が、獲物をとろうとして失敗すると、
ごまかすような仕草をする時がある。
あれと同じ。

「あっ、あの人乗り過ごしちゃったんだ!」
と気付かれないように、何か用事が
あるようにふらふら歩きながら、
本を開いてみたり、携帯をいじってみたり。

渋谷教育学園幕張中学校、高等学校に
うかがって、生徒たちに話をした。
とてもいい子たち。

明るくて、そして礼儀正しい。

「望遠鏡」を使って、遠くを見ている。
つま先だって。耳をそばだてて。

質疑応答になったら、
「次の世代にいろいろなものを
伝える、としても、いつか地球が終わったら
すべては消える。生きることの目的は
何なのでしょう」

「宗教と科学の関係はどのようなものですか」

など、するどい質問がたくさんくる。

ぼくはすっかりうれしくなって、
真摯に、そして熱を込めて答えた。

講演が終わったあとも、部屋にたくさん
生徒がきて、いろいろ話をした。

素敵な時間だったな。

君たち、みんな、それでいい。

悩んだ分だけ、大きくなるよ。

11月 19, 2009 at 08:25 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悩んだ分だけ、大きくなるよ:

» etude168 トラックバック 御林守河村家を守る会
ボタンを押していただければ幸いです [続きを読む]

受信: 2009/11/19 9:51:58

» 天使と悪魔 トラックバック POPO
いまどき科学が万能だと 思っている人がいるのだろうか 生命はどのように誕生し ビ [続きを読む]

受信: 2009/11/19 22:30:54

コメント

茂木健一郎様

こんにちは。
実は私も、昨日、大倉山駅(東横線の大倉山駅です。ちなみに神戸にも大倉山駅があるので)で乗り過ごしそうになりました。もちろん内田樹の日本辺境論を読んでいてです。本を落とさないように、コートを引きづりそうになりながら、バックを肩にしょって、ホームに降りました。

投稿: keicoco | 2009/11/21 17:34:52

千葉に種蒔き、お疲れ様でした♪

投稿: | 2009/11/20 15:23:47

>質疑応答になったら、
「次の世代にいろいろなものを
伝える、としても、いつか地球が終わったら
すべては消える。生きることの目的は
何なのでしょう」

 これ、なんて応えたのか、凄く興味があります。

 僕は、Einstain classの存在感を世界に植え付ける事で、消滅に抗おうとしていますが、それも記録媒体有ってこそ。何かの拍子で、僕の記録も成果物も全て消滅してしまっては、何にもならない。
 結局、歴史に名を残したところで、ただの気休めだと半ば分かりつつも、人類が永遠に存在することに賭け、気休めでも構わないと思い直し、今もanveciousを燻らせ続けています。

 まぁ、そういうことは、結果を出してから考えろって感じですけどね(苦笑)。

投稿: 岡島 義治 | 2009/11/20 14:11:10

おはようございます 茂木サン 。
爽やかな朝日に 思わず
家族や皆さんに、良き事があります様に
と 願い 手を合わせました。
栗達 へ 、学生達へ と 見守る目が 温かいです。ありがとうございます。

投稿: | 2009/11/20 8:07:26

茂木先生おはようございます♪


なんやかとっても力強いのです!
先生の熱いおもい、きっと生徒さんに届いたのではないでしょうか!

生徒さんから先生へのお礼のコメントを見つけて、その内容にとっても感動してしまいました。☆☆☆


先生、本日もお忙しいとは思いますがお仕事頑張って下さいね。
それでは、お気をつけていってらっしゃいませ~。
(*⌒∀⌒*)ノシ☆☆☆☆☆

投稿: | 2009/11/20 7:46:49

茂木さん、Hello♪(^-^)渋谷でのお仕事お疲れ様です♪(^o^)у悩んだ分だけ大きくなるよってステキでいいですね♪(^o^)уずっと見ててほしいです♪だけど茂木さん♪茂木さんはどんな悩みとかありましたか?(笑)私は♪幼稚園の頃に近くに住んでいる女の子に、ある日・・・ちゃんが掘り起こしたと、しても無い事をその子のお母さんにいったみたいで、家に電話がかかって来て(;^_^A何も知らない私はお母さんに連れられて、その子の家に行き、なんやら話をしてて、私のお母さんが掘り起こした?だとしたら手や爪に土が入っているはずでしょ!何言ってるの?的な事を話して見事に私を守ってくれました(^o^)у私って自分で言うのもなんですが、ここだけの話(笑)純粋で♪楽しい感じ(笑)だから、中にはそれを、妬む人もいて(--;)小学生の時にいつも普通に楽しく遊んでた子達に私の靴を隠されてしまって、先生と一緒に探してもらったけど見つからず、一人上履きをはいて家に帰った事もありました、今は上履きはけるだけ幸せ♪(^o^)уってわかってるけど(笑)次の日クラスで問題になり、きっとあの子達しかいないとわかっていて、そしたら、一緒に探そう♪とか平気で言ってきました(^.^)学校の周辺まで皆で探す大事になってしまい(;^_^A結局見つかったのか川にでも捨てられたのかはホントにわすれちゃいました。だからでも、私って昔から自分でもナゾなんですが(笑)そういう人前で泣いたりした事ない感じだったから、ますます面白くなかったのでしょうね、きっと。何かしらそれはずっと続いてて、ブサイクが相手にされるわけないだとか(笑)足も腕も全てを引っ張るという感じの時もありました(笑)いい子にしてて、お口にチャックとか言われたり(笑)楽しそうで幸せそうにしてるのが許せないみたいです。でも♪そんなに気にしない(^o^)у(^3^)♪わかってくれてる人達がたくさんいるから♪(^o^)уところで、茂木さん♪ざっとですが(^.^)♪(笑)(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/11/20 7:20:37

こんにちは

>質疑応答になったら、
「次の世代にいろいろなものを
伝える、としても、いつか地球が終わったら
すべては消える。生きることの目的は
何なのでしょう」

すべてが消えるまでに、生きる事の目的を見つければ、OK(^^)

投稿: | 2009/11/20 3:01:38

茂木健一郎様
茂木さんが子どもたちの生命力を察知されている
エネルギーをいっぱい感じて
茂木さんのパッションをいっぱい感じて
頑張れました。ありがとうございます。

投稿: Yoshiko.T | 2009/11/20 2:26:07

茂木先生 こんにちは♪
電車で居眠りをしてしまい、後ろのガラスに頭をガーン!としてしまった時に、なんとも恥ずかしく、頭をナデナデ??して、なんとなく照れてしまったりと、不審な動き??をしてしまい、友達に、そのほうが変だよ!と言われています。(そんなに居眠りするのが一番変ですけど…笑!)人生で何が影響があるかと言えば、一流で活躍されている方のお話しを、直接聞くことだと思います。中高生の皆さんは、先生のお話しが聞けて本当に良かったですね!恋愛から!?(笑)勉強まで、取組む姿勢がきっと違ってくると思います。私も朝カルで、先生のお話しを聞かせていただくと、人生これから楽しいことがいっぱいあるし、恋愛だってまだまだ捨てたもんじゃない!よ~し、頑張るぞぅ~と思いますから…笑ヒッヒッ…!
お体に気をつけて、これからもエネルギーの種を蒔いて行ってください。せっせっと、拾わせていただきたいと思います…笑♪

投稿: | 2009/11/20 2:10:12

茂木健一郎さま

今晩の半井小絵さん
とても可愛らしく
マフラーをスマートに着こなして

私など北海道の小樽宿泊の時、マフラーにぬくぬく、と外を歩いても助かりますマフラー
ですが着こなすというより、首に巻き付けて
ですから
半井小絵さんのマフラーを着こなしている姿に恰好よいのと同時、可愛らしい雰囲気
とても素敵でした。

月曜日、東京は若干、雨?
茅ヶ崎に釣行ですので月曜日なんとか、ならないかな?

考え思考する

宗教というのとは違いますが
ある意味、宗教も安全基地の要素もあるやも
そして私の場合
茅ヶ崎の沖磯 渡船
えぼし丸に乗船
これも私には安全基地
茅ヶ崎の沖磯も安全基地
心に余裕を持たせる
安全基地という発想
大切にしています私

茂木健一郎さまの書籍も私には安全基地の要素があると、ふと。
さて、寝ます。

投稿: | 2009/11/20 0:11:32

「悩んだ分だけ、大きくなるよ」ということで、昔よく放映されていたTVCMのフレーズを思い出した。

「みんな悩んで、大きくなった!」


ふふ…。ところで茂木さんでも、一駅乗り過ごすことがあるのですね(微笑)

自分も電車に乗って、うとうとしたり本を読むのに夢中になったりすると、よくやるんですよ…。(苦笑と汗)で、そんな時は迷わず、最寄駅の方面へと電車が向かうホームに向かって行くのです。

内田樹さんの御本『日本辺境論』是非、読んで見たい。


渋谷教育学園幕張中学・高校での講演、お疲れ様でした。

生徒の皆さん、質問が本当に鋭いですね…。生きることについて、また地球の将来など…について、日頃から真剣に思いを廻らせているのでしょうね。

中学生や高校生の頃、というと、若いゆえにさまざまな悩みにぶつかり、時には歓び、時には沈み、またあるときは荒れることもある…。
(それゆえ、悩みを打明け、相談できる相手がいることが大事なのはよくわかる)
人によっては、人生の荒波にそろそろ、向かい始める年代でもあるし…。

そういえば、自分もあのころは、大小いろいろと悩みが多かったなぁ…。うっかり他人に相談するのを躊躇う、キツイ悩みもあったりして(汗)

茂木さんとディスカッション出来た生徒の皆さんはとても幸せだと思う。


「悩んだ分だけ、大きくなるよ。」
こう言ってくれる大人が、最近とても少なくなっているように感じるのは、私だけなのだろうか。

人間というのは、一生、結構大小さまざまな悩み=煩悩に頭を囲まれ続けているものだ。

でもその煩悩こそが、その人の「人間」としての成長の大きな糧になるのだから。悩みは即ち悟りと一体、と仏陀の教えにもあることだし…。

よく、悩みなんかないほうがいいなんて言われるが、悩みがまったくなければ、人間的に豊かに『大きく』なれずに、『小さく』て、平板な人間になってしまうように思える。

偉才たちも悩みに悩んで、それらを乗り越えて、“大きい”人になったことを思うと、悩みがないというのは、一見いいことずくめに見えるが、長い眼で見ればろくなことがないなぁ…。

イマドキを生きる私達。各々一個の人間として、お互い同士では分からない悩みを抱えながら、この世知辛くなる一方に思われる世の中を生きている。

そのなかで、茂木さんのように…私達よりもおそらく、さまざまな大きな悩みを抱えておられているに違いないのだが、決してそれに沈むことなく、前向きにダイナミックに生きている人を見ていると…それは毎日のこの日記でも感じられることでもあるが…。

私達も煩悩の海に沈むことなく、常にそこを前向きに泳ぎきり、力強く生きていこう!という気にさせてくれる。

煩悩の海は、きっと偶有性の海と一体なのだろう。偶有性を抱えて生きると言う事は、悩みながら前に進み、人として成長していくことと同義なのかもしれない。

曇天の苦悩をつき抜けた後に、快晴の歓喜に至る。人はそれを繰り返して生きて生きて、彼岸の時まで生き抜いていくのが本道なのだろう。

長文乱筆、何卒お許しを。寒くなる一方の日々ゆえ、くれぐれも御自愛下さい。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/11/19 21:46:11

茂木さん、こんばんわ!

そうそう(;^_^A
私も乗り過ごしてしまった事がありますが、慌ててしまいますし、恥ずかしいですよね(><)

質疑応答で生徒から出た「生きる目的」と「宗教と科学との関係」について、茂木さんはどんな答えを皆さんに話したのですか??(o^∀^o)

悩んだ分だけ、大きくなるよ。…この言葉を胸に、進むぞ〜~(^◇^)/

投稿: | 2009/11/19 20:43:06

茂木先生 こんにちわ

生きる意味・宗教と宇宙の関係
そんな 答えにくいアンサーに対して
真摯に 答えてくださるなんて

嬉しいだろうなぁ・・

>悩んだ分だけ、大きくなるよ。

ウーン 本当に そうなって欲しい・・
中学生の年齢じゃなくなっても 悩む私は 心から 思います

投稿: | 2009/11/19 20:09:06

私の場合は勉強がしていても進まないことや
ぎりぎりではいったのに校内の
上辺の人と同じようにみられて困ったこととか、
高校受験で苦戦したので大学受験まで時間があるようで
ないのがわかっていてどうしようとか
そういう悩みはあったけど
人生哲学はもうしてませんでしたね。

投稿: | 2009/11/19 13:33:38

こんにちは。
今、生まれて初めての海外出張中です。@Chicago
グァムやハワイには行ったことがあるんですけど、
アメリカ本土は初めてで、毎日が刺激的です。

上司は4年くらい、シカゴで働いていたので、最初は
ずっと後についていました。でも、だんだんつまらなく
なってきて、今晩は一人でぶらぶらシカゴの町を眺め、
ショッピングも楽しみました。
頭をフル回転させて、つたない英語をしゃべりながら、
いろいろチャレンジしてます。

> 「次の世代にいろいろなものを
> 伝える、としても、いつか地球が終わったら
> すべては消える。生きることの目的は
> 何なのでしょう」

いいですね!
こういう本質的&根源的な疑問について、真剣に話が
できるのは、高校の同期だけです(-"-)

東工大でDoctor向けの講演をされていたとき、参加しました。
その時は気おくれしてしまい、直接お話しができません
でした。
また、機会を見つけて参加します。その時こそ、直接お話し
したいです。

投稿: 渡邉光行 | 2009/11/19 13:14:24

お寒うございます~ 茂木先生^^

不思議なご縁で伺い始めたこのクオリア広場・・そう呼んでしまいたくなる様な、懐かしさの漂い

そういえば、ヨーロッパの街には歴史を重ねた
名だたる広場があちこちにあったな・・っと思い出します

うろうろと街中を歩いていると必ずの様に、街の広場に辿り着く
そしてそこには、さまざまな人たちが自由に集っている・・

クオリア日記をお訪ねするようになり、朝の一杯のコーヒーのように
なくてはいけない、訪れたくなるそんな場所になってしまっています

広場の主からのメッセージは、個人に対するものではないのに
清々しい美味しい空気のように心に入ってきます

世の中には、組織という集団を頂点に、お隣近所から
何かのつながりの仲良しクラブ、最小単位の家族という集団まで
広場はあっても、そこに集いつつ   あぁ美味しい^^っと思えるような空気を深呼吸できる機会はそんなにはない・・・

今朝のクオリア広場には、香りのよい青い風が流れ、
訪れた私の古びた心の中にも爽やかさを残して通り過ぎていくようです

つま先立ち、耳をそばだてる少年に、少年のころの茂木先生の姿が重なり、老いていく私に生気がよみがえってくるような気持がします

ここに、来ることができて良かった・・・^^

                  reiko.G


投稿: | 2009/11/19 10:34:19

子どもたち、茂木さんに出会えてよかったね。

投稿: | 2009/11/19 9:20:27

コメントを書く