« オールナイトニッポンサンデー | トップページ | Harking »

2009/11/30

舞台に向けられた光が

エンジン01最終日。

勝間和代さんとの対談。

変革をいかに起こすか、という
熱い議論となった。

ミュージカル『「海とおりょうとピストヲル」~
龍馬は水平線の向こうに何を見ていたのか?』

私は勝海舟の役。

おりょうを演じた林真理子さんが
最後に感極まった。

会場の方々が全員立ち上がって
拍手してくださった。

土佐の心は熱い。

舞台は、「自分だけの視点」
が交錯するところ。

客席から見える光景は、
一人ひとり違う。

演じる者にとって、体験は
一つの宇宙。

自分の出番と、
他の人がやっているのを
見守っている時間と。

フィナーレで、舞台に向けられた
光が眩しかったな。

姿月あさとさんの
圧倒的な力量に、
一つの新しい世界を見ました。

みなさん、ありがとうございました!

11月 30, 2009 at 05:28 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舞台に向けられた光が:

» etude176 トラックバック 御林守河村家を守る会
ボタンを押していただければ幸いです [続きを読む]

受信: 2009/11/30 6:53:40

» 思いもかけない訪問 トラックバック 須磨寺ものがたり
一人の少年が、にこにこしながら、 母親と兄と連れだって、 私の店にやってきた。 [続きを読む]

受信: 2009/11/30 9:50:40

» etude177 トラックバック 御林守河村家を守る会
ボタンを押していただければ幸いです [続きを読む]

受信: 2009/12/01 7:56:47

» チェンジメーカー トラックバック POPO
会社人ではなくて 社会人として自立して 社会に貢献するために 若いうちは仕事を選 [続きを読む]

受信: 2009/12/01 22:17:54

コメント

茂木さん、ありがとう

投稿: | 2009/12/02 3:06:42

茂木さんの表現力は本当に無限大ですね!
一つ一つのお言葉がまるで星の輝きです


様々な色を持ったお人々

舞台上に輝く一等星達
その輝きは様々だ

赤く光る者
青く光る者
黒く光る者

流れ星
そして親玉の菷星

正義の見方真っ赤な太陽
支えるお月様

愛の結晶
光の結晶

彩り豊かな舞台上


演技が終わり、皆さん同じ色にお色直しです

夜空から見ていた流星群は一体何色に心引かれたのでしょうかね


ボクの中で茂木さんは
光の様な七色のお人です多忙な毎日だと思いますが頑張ってください(忙しい=人生充実してる)
考え方次第ですね(^^)/
体調管理には気をつけてくださいませ失礼しました

投稿: | 2009/12/01 12:29:54

茂木健一郎さま

昨晩の半井小絵さん週末の写真との
私も週末の写真
磯屋さんのホームページの釣果写真にて

磯屋さんの女将さん

高木さんは笑顔でお魚を持ってですよね、笑顔、良いですよ!と

茂木健一郎さま
イナダ、磯屋さんのベテラン釣り師の方の助っ人があって釣り上げることが叶い、自然と感謝、そして自然に笑顔にでした
磯屋さんのホームページ釣果写真、メジナとイナダを持っては、間違いなく私です。

釣りの釣り座もステージですよ!

投稿: | 2009/12/01 7:04:43

茂木健一郎さま

おはようございます

ふと
茅ヶ崎の渡船、えぼし丸に乗る時

エサは前の方に!

私の道具が入った活かしバッカンバッグに対して
つまり重いから?
エサは磯屋さんにて手配の茅ヶ崎の沖磯ではマキエサの集魚材は使用禁止ですので 磯屋さんにお願いしてます規定に合ったマキエサしか使用してません、それで
なぜ、私の道具が入ったバッグに?
重い?
酸素を入れるブクブク
ブクと言うらしいですが本体と電池を四本、チヤランボに付ける竿受け、リール、釣りが終わった後にそこで道具の塩分を洗うため釣り場にても洗う水を数リットル その活かしバッカンバッグの中にもう一つの道具を保護できる内側にクッションが入ったバッグに、それら道具類など入れて
自然に重量もあるんです
それでエサと間違って?
私、メジナ、イナダと釣り上げましたが規定のマキエサを使用してですよ
茂木健一郎さま
磯屋さんのマキエサが素晴らしくと以前、マキエサが良いからと書いてですが、あくまで規定のですし
力量でお魚を釣ってます、など書かない私は
マキエサのお陰と書いてましたけど、規定のマキエサです他の方々と同じ規定で認められているマキエサです。

あまりお魚釣りの力量については素人の私

ただスズキ島にて
釣り座が確保できない中で、お魚が掛かるタナを探りウキが斜め下に入ってアワセましたが掛からず、タナを合わせるウキ止め糸を調整
ウキが斜め下に入った
アワセないで見てましたら、今度はウキが平行移動、え?

普通、斜め下にウキが入ってウキが消えていくのに、ウキが水中で平行移動
あ!そうか!そのお魚の生息のタナ!補食のタナから生息のタナに
すごく範囲が狭い

本来はどんなにやってもバンバン釣れる時にワザとウキ止め糸を移動させワザとです、そうして気づくことですが、なにせ釣り座の良いの確保できなく
渋い釣り座で、少ないアタリから、あ!そうなのかな!と
その後の釣行の日曜日

平磯にてメジナとイナダ
お魚釣りの技術としては
補食のタナを合わせる気持ちとウキが斜め下に入るようオモリの調整

オモリの調整も変われば、おのずと浮力が変わりウキも交換
オモリも使いますし水中ウキも使用、メジナは水中ウキを使い釣りました
マキエサは規定内の使用です
なぜ私はメジナとイナダを
磯屋さんのベテラン釣り師の方がイナダをタモアミに助っ人して頂け

私は事実を書いてます

スキー同様にお魚釣りも感性の部分が楽しいです
さて、起きます!

投稿: | 2009/12/01 6:41:31

こんにちは

>勝間和代さんとの対談。

>変革をいかに起こすか、という
熱い議論となった。


最近、私もツイッターを始めたのですが、登録した時に自動的にフォローされる登録の中に、勝間和代さんのツイッターもあります。

茂木さんと和代さんが対談する時、ゴレンジャー等の戦隊モノ番組に仮面ライダーが、仮面ライダーの番組に戦隊モノが出てくるような、奇妙で不思議な感じがしました。(^^)

投稿: | 2009/12/01 1:52:24

おはようございます 茂木サン 。
たくさんの方々の前で 緊張は ありませんでしたか?
まぁ 茂木サンのことですから、 例え心臓バクバク! でも 脳の刺激=楽しみ と思って
舞台では 弾けていそうです
感動の舞台は 大成功!。スポットライト と 拍手 と 感動が 伝わったら、
凄いエネルギーを頂いたことでしょう

投稿: | 2009/12/01 0:25:57

茂木健一郎さま

今晩の半井小絵さん
いつものように笑顔が素晴らしく、紅葉のお写真も、さりげない自然の美しさ、でした。
日曜日、雨? 日曜日って雨が降りません?心なしか。

昨日の磯屋さんにて
揚がってきた後
釣りの磯は別のところでした常連の方より
イナダを釣ったのは貴方?と私に、ハイそうです、お答えしながら足元に視線、左足の靴が濡れていて素足にされていらしたのが心に留まりました。

茂木健一郎さま
ゴールデンウイークの四国は徳島
小松島市の渡船
永井渡船さん
東京から一人で?
沖磯ではなく途中の防波堤で降りて!
永井渡船さんの船長さん
そんな体験もの私
イナダが釣れましたのは周囲の方々のお陰です、その常連の方にも素直に事実を申し上げました。
スキー
私、神奈川県スキー連盟に登録してます
お魚釣り
茅ヶ崎も神奈川県

神奈川県にも感謝です。
さて、眠いので、寝ます。

投稿: | 2009/12/01 0:10:08

茂木さんも舞台に立ったんですね!

すごいなぁ。見てみたい☆
舞台に立つのって、どんな感じでしょうか。
演じているのは、自分だけれど、ほかの違う人。

変革。どうやって起こすのでしょう?

投稿: | 2009/11/30 23:03:43

この島国ほど、本質的な変革、革命が待ち遠しく思われる場所は地球の何処にもないのかもしれない…エントリーの最初を読んで、ふとそう思った。

それはそうと、人生初のミュージカルに御出演されたんですね!(喜)

>演じる者にとって、体験はひとつの宇宙。

演劇にはあまり詳しくないけれど、登場人物を演じることで、その時代に生きた人の思いなどを、初めて追体験しているのかもしれない…。

舞台の熱気と、お客さんのスタンディングオベーションの光景が浮かんできます。

演ずる人々も、またお客さんも、あるいは感極まり、あるいは歓喜し、一体化して熱く燃えているさまが目に見えるようだ。

何時かは土佐の地を訪れ、龍馬の心と人の熱い思いに触れてみたいなぁ。

来年は龍馬で熱く盛り上がる1年になりそうですね。

茂木さんも龍馬のように熱く燃え、怒涛のように明日への道を開き続ける人の1人なのだ、と改めて思った。

そんな茂木さんや、変革の志ある人々と一緒に、私達も熱き思いを抱いて、明日の為の変革・革命を望み続けていたいものだ。

そして、志ある若者たちが、陸続と立ち上がり、屍のようなこの島国社会を根っこから変えてくれることを期待したい。

その変革の「夜明け」は、ひょっとしたら、土佐の地から始まるのかもしれない。

茂木さんをはじめ、エンジン01に参加された皆様が、何時までも“遠くを見つめて足下を開く、燃える革命児”でいてほしいと願っています。私達も力の限り…がんばりたい!

投稿: 銀鏡反応 | 2009/11/30 20:36:13

「脳が変わる生き方」を読みました。読んでいくうちに涙がでてきて泣いてしまいました。なんだかとても美しくて真摯な文章だったので。  宇宙の深淵を勇気をふりしぼって独り覗こうとしている人を、遠くからただ見ているしかないような感じ。なんともいえないおいしい水を飲んで細胞のひとつひとつに生気が沁みわたっていくような感じ。    静かな研ぎ澄まされた場所に、しばらく佇むことができました。   ありがとうございました。

投稿: | 2009/11/30 18:41:05

読み終えました! 青空みたいにスカッとしました!^^ 読み返しますネ。

投稿: | 2009/11/30 14:30:33

エンジン01お疲れ様でした!!

講義も堪能させていただき、直接茂木先生に声をかけることができて、感動しました!!

そして、茂木先生と同じくらい、中尾清一郎さんのことも大好きになりました。

素敵な2日間ありがとうございました。
茂木先生の舞台、はらはらしましたが、心配無用にとってもお上手で、感心致しました。

私は、千日修行で仕事とブログを続けていこうと思いました。

本当にありがとうございました。

投稿: ホゲット | 2009/11/30 14:07:57

本、おもしろいです! 茂木さんホントにノーベル賞百個とったらいいじゃないですか。^^

投稿: | 2009/11/30 13:11:16

  雑記・生活も拝読しました

  繫がり・コメントしたかったのですが

  システムが無く、戻ってきました

  先生の範疇はおひろいですね!

  寒くなりました、「お大事に」 ミョー

投稿: | 2009/11/30 13:02:51

勝間和代さんとの対談やミュージカルなどを見に行きました。
本当に楽しく、いつまでも終わってほしくない気持ちでいっぱいでした。
ありがとうございましたm(_ _)m

投稿: | 2009/11/30 12:24:17

(脳が変わる生き方)、読みます!

投稿: | 2009/11/30 12:16:16

土佐の心は熱い!!(いいですね~・・☆)

投稿: | 2009/11/30 10:43:29

茂木健一郎様
勝海舟とは、龍馬を導いた師でいらっしゃいますね。
さぞかしお似合いだったことと思います。

投稿: Yoshiko.T | 2009/11/30 10:03:41

コメントを書く