« 君たちに降り注いだ陽光 | トップページ | プロフェショナル 藤原茂 »

2009/11/17

If you have the soul of a poet

If you have the soul of a poet

原爆ドームの前で考えたこと

The Qualia Journal

http://qualiajournal.blogspot.com/

17th November 2009

11月 17, 2009 at 07:16 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: If you have the soul of a poet:

» 立冬 トラックバック POPO
あさぼらけ 木の葉の香る みちのく路  落葉山 独眼竜の 青葉城 生牡蠣の 何に [続きを読む]

受信: 2009/11/17 23:51:41

コメント

10年以上前に 原爆慰霊祭、原爆ドーム前に立ち 衝撃を受けました。
戦争や原爆 について、広島に来て 詳しく知りました。

例え、目を背けたくなる事実であっても、知らなくては、
また 未来に 同じような事態(争い)を 回避する事は難しいと 思う。

「戦争はしない 」 と皆が決心すれば 何らかの 解決方法が
見つかるはず。

私は 広島に行って 感じました。

2000年の 9年前の茂木サン。真っすぐな、ひたむきさを感じます。
(確かに、少々痩せてますか。話はそこではない!失礼しました。)

先が 見えず 不安を 持つ事もあると 思いますが、 一生懸命していれば、
必ず 道は開ける ! 。
自分にも言い聞かせています。

投稿: サラリン | 2009/11/19 0:52:13

" Peace is a strong resolution.
It is a fighting spirit, to get rid of
the stupid brutalities. "

I am all for this phrase.
Brutality, sadly, it lurks in all of us.
If I awake to my negative pathos,
I can ask me the reason.
Peace is woven in one's mind,
and appears as a manner.
A war is, I feel, the most lack of manners.


2000年の写真。
だれかに似ていると思ったら、
今をときめく石川遼くん。
あっ。わたしは遼くんの顔が好きですが
先生の顔が好きだったんだぁ。
も、もちろん英文も好きです、はい。

高知からみかんが送ってきました。
箱の中に行儀よく並んでいますが
きっといろんな樹に咲いた花から
太陽の光をいっぱい浴びて
ふくらんで愛らしい姿になったんでしょう。
そんな気づきをいただきました。


投稿: 島唄子 | 2009/11/17 11:31:38

☆訂正☆

昨日書いたいもとようこさんの絵本は「ずっといっしょに」ではなく、「ずっとそばに」(レインボーえほん)が正しいタイトルでした。
失礼いたしました。m(_ _)m


いもとようこさんの絵本て、凄く絵が可愛いらしいのです。酒井駒子さんの絵本も好きです♪
岩崎ちひろさんも♪

絵本て大人が読んでも癒やしパワーがあると思います。


広島の原爆ドーム。合掌。。。m(u_u)m イスラエルの聖墳墓教会と重なります。(写真でしか見たことないですが)


核廃絶、実現させないといけないですよね!

茂木ィ先生もお疲れの御様子ですね?
お身体は大切になさって下さい。ふたつとないものですから!ではまた~☆

投稿: 眠り猫2 | 2009/11/17 8:33:44

コメントを書く