« プロフェショナル 脳活用法スペシャル  | トップページ | Despised and rejected »

2009/10/21

茂木さんはあのような話が

よく晴れた気持ちの良い日。

できるだけ歩こうと、
仕事から仕事へとテクテク移動した。

新宿で免許の更新。

ICになって、本籍地の
表示がなくなった。

それで謎が解けた。先日、白洲信哉
免許に本籍地がない、さてさてはてはて
と騒いでいたが、なんだ、みんなそうなんだ。

まったく人騒がせだよ、信哉くん!
にやにや笑っているから、
何か裏でもあるのかと思った。

精養軒で小学館「プレシャス」のみなさん
とお話する。
新年号に出るのだそうです。

とても気持ちの良い取材でありました。
ありがとうございました!

不忍池を「アエラ」の大重史朗さんと
てくてく歩く。

11月10日にアエラのビジネス・
セミナーがあるのです。

http://www.aera-net.jp/bizseminar/ 

朝日新聞出版の斉藤太郎さんと英語の
話をいろいろする。

面白くなりそうだ!

東京大学本郷キャンパス。

小型衛星をつくり、打ち上げ、運用する
研究をされている
中須賀真一先生 
と対談。

小型衛星をつくる上で、動力機構や、
通信、電源などに関して
どのような課題があるか。

中須賀先生のお話は本当に面白く、
「わー」「ぎゃあ」「おー」といった
声が思わず飛び出してしまった。

人工知能や電子工学などの専門書に
加えて、アーサー・C・クラークの
SF小説や「結婚式のスピーチ」
の本が並ぶ本棚も眺めていてとても楽しく、
すばらしいひとときを過ごさせて
いただいた。

中須賀先生、ありがとうございました。

帰りに、日経サイエンス編集部の
古田彩さんが「茂木さんはあのような
話が本当に好きなんですね、意外でした。」
と言った。

そうなのです。ぼくは、ガジェットの話が
実はとてもとても好きなのです。


中須賀真一先生と。東京大学にて。

初台の新国立劇場へ。

畏友、山崎太郎さんとワグナーの
魅力についてたっぷりと話す。

新国立劇場では、今シーズン、
『ニーベルングの指環』の
『ジークフリート』、『神々の黄昏』
を上演する。

昨年、『ラインの黄金』、『ワルキューレ』
の公演パンフレットに私と山崎太郎
さんの対談が載り、
それが幸い好評だったので、
今年もお声かけいただいたのである。

何しろ私も山崎さんもワグナーが
大好きだし、今年は私もバイロイトに
初めていった、ということもあり、
話が大いに盛り上がって、
それでも話したいことの10分の1も
カバーできない感じであった。

山崎太郎さんは、中学生の時に
すでにバイロイトに行っているという
筋金入り。

毎回教えていただくことがとても多い。

新国立劇場の『ジークフリート』
と『神々の黄昏』。

本当に楽しみである。

新国立劇場2009/2010シーズン


山崎太郎さんと。新国立劇場にて。

10月 21, 2009 at 09:20 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茂木さんはあのような話が:

コメント

はじめまして。

免許の更新を誕生日の日に行かれたんですね。

実は私も茂木さんと一緒に講習を受けました。

ブログを見たら免許更新の事が書いてあったのでビックリです。

うちは家族みんな茂木さんファンなので、その時の話をしたら家族に羨ましがられました。

これからも応援しています。

投稿: みづ | 2009/10/22 16:20:26

NHKの番組観ました!!
おもしろかったです。
茂木先生の著書「日本のクオリア」を読んでから、先生の大ファンです
これからも色んなテレビに出てください

投稿: ちーちゃん | 2009/10/22 14:59:09

茂木さん、Hello♪(^-^)私知ってる♪(^o^)уI kow,♪You 脳.♪(笑)(^.^)免許証に本籍記載されてないですよね♪私も今年更新で♪それで写真撮る時(笑)何年も持っているから♪ステキな笑顔で♪(笑)ハイッ♪チーズ♪(^o^)уってするんですが♪(笑)レンズの向こう側の人が一緒に笑顔になっていました♪(笑)(^.^)ミラーニューロン?♪(笑)ドーパミン?♪きっと前頭葉とか赤くなってたのですかね?♪(笑)例えば♪(笑)私一人でおしゃべりしてて♪(笑)傍に居るだけで♪居なくても♪ワクワク♪ドキドキ♪とか楽しい気持ちになっていたら♪赤くなるのですかね?♪(笑)楽しい事はいいですもんね♪(^o^)уそれと♪「あなたにもわかる相対性理論」♪買いましたよ〜♪(^o^)у読みますねところで、茂木さん♪靴下いっぱい干してあるからって♪(笑)そんなに緊張しないで下さいませね♪(笑)私もドッキドキしちゃうヒン♪(笑)♪(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/10/22 3:30:34

おはようございます 茂木サン。 毎日何人位の方と 面談されるのでしょうか。
人と会う事はかなり エネルギーを使います。 それでも マイペースで仕事ができる 茂木サン。

強さ と しなやかさ と 柔軟さ が おありだから 出来る事と 思います。

凄いです!

投稿: サラリン | 2009/10/22 3:30:13

こんにちは

>新宿で免許の更新。

>ICになって、本籍地の
表示がなくなった。


昔、初めての免許更新のときに、「本籍」と、書いてあったので、「はて?、国籍の一種かな?」と、思い、「日本」と、書いたら、「愛媛」と、訂正されちゃいました。(^^)


>小型衛星をつくる上で、動力機構や、
通信、電源などに関して
どのような課題があるか。

>中須賀先生のお話は本当に面白く、
「わー」「ぎゃあ」「おー」といった
声が思わず飛び出してしまった。


私も、メカとか技術とかの話は大好きです。(^^)

投稿: 本籍地のクオリアby片上泰助(^^) | 2009/10/22 0:59:03

茂木健一郎さま

これが ひいき目ということでしょうか

NHKニュースの半井小絵さんの お天気解説を拝見して

あれ?今晩も口紅の色も素敵で なにもかも。

何故? 私の誕生日ですので、でも、ただ そう見えただけのこと
それは、そう第一 半井小絵さん私の誕生日など知っている訳ないし

でも ぱーっと明るい お洋服は

誕生日ケーキのロウソクの炎みたいなピン系のお洋服

まあね、年に一度の私、誕生日なので

そう見えた! ということにさせて下さい 


肝心の さて、お天気予報どうだったかな? そこまで見ていなかった
お天気予報ですよね
何を見ていたのかな私は。 

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/10/21 23:02:07

『ニーベルングの指環』のあらすじ、特に第3日『神々の黄昏』について何度か必死に自分なりに考えて見た。

世界の希望を担わされた英雄・ジークフリートはブリュンヒルデと永遠の愛を誓ったのに、何故、それを忘れてしまわなければならないのか?

思うに、ハーゲンの手により記憶を消される『忘れ薬』を飲まされたとは言え、そこまでなってしまうジークフリートの姿は、生きている時の愛の誓いが、如何にあやふやなものなのか、ということのメタファー(隠喩)であり、また、人間にとって、物事のウラに秘められた奸智と邪悪は、見破るのが実に難しいということのメタファーでもあるのだろう。

生きているうちに誓う永遠の愛なんて、悪意に満ちた奸智と謀略などの前には風の中の羽根のようなもの、息を吹きかければ、すっと消えてしまうロウソクの炎のようなもの、気が変われば何時でも誓いを破ることが出来る、そういう、儚いうたかたのようなもの。愛を永遠為らしめるには、愛する者同士のどちらかが死ぬしかない…ということなのか。

2人の者同士の愛は、どちらか一人が死ねば、残されたほうが相手を忘れぬ限り、続く。そこでやっと愛が永遠のものになるのだろう。

兎にも角にも、邪悪と奸智に満ちた世界によって、ジークフリートは葬り去られてしまう。これは彼が実は世界を救済できる真の英雄でなかったことの現われである。

残された妻のブリュンヒルデが、ハーゲンに夫の弱点を教えてしまった悔恨と共に、彼への愛を叫んで、指環をラインの乙女たちに返し、ジークフリートを荼毘に付している炎に飛びこみ、愛に殉死していく姿は、あらすじを読むたびに一種のやりきれなさと共に、崇高なものを感じる。

そしてこれが実はブリュンヒルデこそが世界を救済する“真の英雄”だったことの現われだったのだと思わせる。

世界の希望を担わせられた挙句、邪悪によって葬り去られた英雄に成り代わり、世界を焼き払い、死せる彼と共にヴァルハラを焼き尽くす炎となり、堕落した神々を葬り去るシーンは、彼女こそが真に世界を浄化し、堕落した神々から世界を救済し、次の時代を作る人間が生きる、新たな土壌を用意した真の英雄であったことを示しているように思われる。

『神々の黄昏』を知るたびに思うことは、奸智や邪悪から逃れるのは、並では難しいが、それを打ち破り、堕落した世界を転換させるのは、自己犠牲をも厭わない、ある意味崇高な、命がけの勇気なのに違いない。ブリュンヒルデのいまわの姿は、そのことを示してくれているように思えた。

もちろんこれはひとつの解釈に過ぎない。見る人によって色々な見方が出来るのが『ニーベルングの指環』という楽劇なのかもしれない。

今の現実世界は、経済原理ばかりが先走りし、人間が置いてけぼりにされがちになり、そこから貧困や格差など、いろいろな問題が噴出している。その根底には、人間のもつあらゆる欲望が蠢いているようだ。

あらゆる人の欲望が噴き出し尽くしたあとに残るのは、崇高な愛と明日への希望だけ…。『神々の黄昏』はそれを教えてくれる楽劇のように、自分には思えてならない。

長々としたコメント、何卒お許し下さい。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/10/21 21:53:18

茂木健一郎さま

今晩も半井小絵さんの気象解説を拝見

ピンク色のお洋服

昨年の10月21日も色はピンク色のお洋服でしたので
偶然とはいえ ピンク色のお洋服も素敵だなと思いました。

10月21日は私の誕生日ですので きちんと覚えているんです。

ワーグナーといえば

パルジファル!! です私は。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/10/21 21:48:37

こんばんは。ちょっとびっくりしています。昨日、福武ホール、上野公園の近くで食事会をしてきたものですから。今日は、若冲の鳥たちに感動してきました。こんなこともあるのですねぇ。

投稿: ぶらんか | 2009/10/21 21:02:18

茂木さん、昨日は‘免許’の更新だとか、お仕事だとか、
お忙しい一日だったのですねー。

オペラが大好きなのですね、茂木さんはー。

昨日、TVに指揮者の「大野和士さん」がご出演されて
いて、「私たちの身近にあるオペラの世界」と言った様
な内容で、と~ってもわかりやすく、面白くオペラの解説
?!をしていらっしゃいました。

11月には、ゲーテの‘若きウェルテルの悩み’を題材に
した‘ウェルテル’というオペラが催されるとか・・・。
茂木さんは、ご覧になるのでしょうか~?!

では、今日も一日、お健やかにお過ごしください。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2009/10/21 12:54:02

茂木さん、こんにちは☆
小惑星探査機の通信運用の凄さは、私も先日、小惑星探査機はやぶさ/全天周映画『HAYABUSA-BACK TO THE EARTH』(http://hayabusa-movie.jp/)を観て初めて知り、日本の技術の素晴らしさに感動しました。でも、政権が変わり、宇宙開発への予算がちょっと心配になってきました。

ガジェット・・・・男の子にとって、血沸き肉踊るほどワクワクする世界なんでしょうね☆


投稿: おちょん☆雀 | 2009/10/21 12:40:53

コメントを書く