« 週刊ポスト 脳のトリセツ  | トップページ | 東京大学 内藤塾 »

2009/10/08

ダイアローグ・イン・ザ・ダーク

昨日、ダイアローグ・イン・ザ・ダーク
を経験してきました。

これはいい。本当に素晴らしいです。
暗闇の中で、さまざまな
ものを探りあて、感性が開かれていき、
深い気付きに至る。

自分の脳、心、世界に関心を持つすべての
人にお勧めします。

ダイアローグ・イン・ザ・ダークを
経験する前と後では、人生の刻一刻の
ものの見え方が変わるでしょう。

あなた自身が芸術体験として更新
されるのです。

そして生き始める。

本当のダイアローグ・イン・ザ・ダークは、
それを体験した後に始まり、
一生続くのです。

ダイアローグ・イン・ザ・ダーク 東京

10月 8, 2009 at 09:26 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイアローグ・イン・ザ・ダーク:

» 柿の種 トラックバック 須磨寺ものがたり
「なるべく心の忙しくない、 ゆっくりとした余裕のある時に、 一節ずつ間をおいて読んでもらいたい」という、 作者の願いどおりゆっくりと読み終えた。 [続きを読む]

受信: 2009/10/08 11:17:28

» 第 427話 微妙探し 5 トラックバック 進化する怪物たち
 ★ twitter 初体験    先週 二人の人から twitterを知った。    一人は ひさしぶりの友人 もう一人は 茂木さんのブログ    偶然が重なったときは 絶対なにかある! そう感じてしまう。    ブログは 現実とは別の自分を創ってくれるし 自分の発見を表現できる。    でも twitterは もっと違う感じ方かもしれない。ブログは    ペンネームだけど twitter は 実名 以外と 友人に出会えたりして。    この微妙な違いを見つけたい。 ... [続きを読む]

受信: 2009/10/08 12:54:26

» 詩的に生きる トラックバック POPO
ハウツーをこよなく愛し ランキングサイトに身をゆだね 思考を放棄する 泣ける本が [続きを読む]

受信: 2009/10/09 1:23:15

» etude134 トラックバック 御林守河村家を守る会
あたらしい本をひらくと 未知の世界から吹いてくる予感の風に 胸ふるえるほどの喜びを感じます。 [続きを読む]

受信: 2009/10/09 7:03:18

コメント

暗闇トークショー、おもしろかったです!
善光寺のお戒壇は行ったことがあるのですが、
ダイアログ・イン・ザ・ダークもぜひやってみたいと思いました。
暗闇でとなりにふっとなにかをみつける感じ。
心の幅のようなものを感じてみたいです。
茂木さんのトークもテレビとちょっと違って
学生に話すような親しみがあって、うれしかったです。
帰りのエレベーターで開閉ボタンを押したら
みなさんが口々に「ありがとうございました」ってはっきりおっしゃるんですよ。
暗闇で人はあたたかさのようなものを取り戻すのかな、と思いました。

投稿: テツコ | 2009/10/10 9:06:52

ダイアロ-グインザダ-ク
更に帰宅途中、

暗闇の恐怖、安心出来た声の温もり。それだけが頼りで。

ああ、もうこれから何があっても大丈夫だと。
敢えて恐怖に身を浸した経験は、想像では得られない凄い体験。

自宅に着けば
まるで暗闇の恐怖は現実ではなかったかの様に。
それはまるで、カ-テンの向こう側の景色になってしまった様な。

ああ とにかく物凄い体験でした。

茂木様
ありがとうございました。

投稿: | 2009/10/10 2:06:07

茂木様
初めてコメントします。失礼ながら、本日始めてこちらのブログを拝見させていただいております。
ダイアログインザダークを夏の終わりに体験しました。
わたしもとてもすばらしいと感じました。
盲目の方が案内してくれて、最初は真っ暗だとしか思わなかったものが、だんだん視力以外の感性が研ぎ澄まされたのか、案内のひとの気持ちもすこしずつわかるようになりました。
人生に一度は体験したほうがいい、というよりまた体験したいというのが正直な感想でした。私は、ちょうどフェルデンクライスをやりはじめて、気づきをふやしているので、なおさらかも知れません。とにかく、すばらしいというのは同感です。

投稿: | 2009/10/09 22:24:28

茂木健一郎様
本日、ダイアロ-グインザダ-クに参加させて頂きました。先ず電気が消えた瞬間から、予期せぬ恐怖感がずっと続いていました。茂木さんの声だけを便りに。お声を聞けば安心出来ました。沈黙が数秒でもある時は、やはり恐怖を感じ不安でした。この感じはまるで、狭くて暗い洞窟内を潜っているかの様。何故恐怖を感じる人とそうでない人がいるのでしょうか?ある一度の恐怖と別の恐怖を脳が覚えていて、更に恐怖を感じやすくなった様にも思ったりします。
両手でずっと頬を押さえていました。自分自身の笑い声でも落ち着く事が出来ました。会場を出たいと思いながらも、茂木さんのお話を聞きたい思いで会場に留まりました。色々な事を感じ考えました。只今帰宅中ですがまだドキドキしております。一生忘れない体験だったと思います。ありがとうございます。

投稿: | 2009/10/09 21:50:48

茂木先生

おはようございます
とても興味深いお知らせでした
関西で開催あれば是非体験したい!です
最近…
茂木先生の英語blogをわからないながらも
読む努力してます
辞書使わず 想像力も働かせ読んでますが
英語のblogは 更に茂木先生の感性豊かな部分が正直に出ている感じがしています
今日もよい一日をお過し下さい

投稿: | 2009/10/09 8:50:56

先生のコメント鳥肌が立ちました。今回は無理ですが体験してみたい!

投稿: | 2009/10/09 7:23:28

可能な限り 時々目を閉じ 相手の声や気配 を
研ぎ澄まし 相手へ そして 自身へ
問いかけて 受け止め 行動して行こう と思います。

投稿: | 2009/10/09 3:23:38

ダイアローグインザダーク、もの凄く面白そうですね!!
興味津々です!
でも明日行けません
残念~~!!!
(><;)

確かに視覚を閉ざして初めて見えてくるものがあると思います♪

見た目に惑わされない本質的なものとか~(心眼?)
人の魂とか?
音楽も♪

家で音楽を聴く時に明かりを暗くして耳を澄ますとその世界に入っていけますよね♪

神経が疲れた時に夜の散歩にでると癒されますし♪

先日お月見に井の頭公園まで暗い道を歩いていったら、癒やされました。

割と犬の散歩とかマラソンしてる人とか沢山いたし。
皆さん夜の散歩の効用を知っているの鴨…(^o^;)

見えるから見えなくなるもの。

見えないから見えるようになるもの。

考えさせられますネ

投稿: | 2009/10/08 17:50:51

茂木健一郎様
倉本聰さんの富良野自然塾に行ったときのことです。
目隠しをして裸足になって自然のなかを手をひいて
いただきながら歩く経験をさせていただきました。
目隠しされて何も見えない不安を感じていても、
手をひいて導いてくださるかたの温かな手、
ほほにあたる緑の薫りのするここちよい風、
自然のなかから聴こえる鳥の声、
木々の葉のざわめき、
あしのうらには様々な素材が直接
心にふれるように感じられました。
涙が流れてとまりませんでした。
このような経験は生涯忘れないものですね。
とても大事なことを知ることができた
貴重な体験です。

投稿: Yoshiko.T | 2009/10/08 13:03:01

コメントを書く