« No award is premature. | トップページ | When friends and lovers meet »

2009/10/11

小鳥さんみたいに

『ザ・ベストハウス123』
の収録。
 「伝説」がテーマだった。

そうしたら、審議長の荒俣宏さんが、
「伝説ならばボクにだってありますよ。」
と言った。

「なにしろ、出版社内に20年間
住んでいましたからね。」

以下、荒俣さんと、私を含む
スタジオの面々との会話。

「何歳から何歳くらいまでですか?」

「三十過ぎから、五十過ぎくらいまで
かな。」

「えっ、じゃあ、最近までじゃないですか?」

「そうですねえ。」

「奥さんはその間どうしていたんですか?」

「いやあ、うちのが来てくれたのは、最近の
ことなんで。」

「どうやって寝ていたんですか?」

「いやあ、編集部の床に段ボールを敷いて
寝ていたんですよ。」

「なんでそんなことをしていたんですか。」

「ずっと原稿を書いていましたからねえ。
編集部には資料もあるし、便利だから。」

「お風呂はどうしていたんですか?」

「夜になると、近くの公園に行くんですよ。
それで、砂場に行って、砂浴びするの。
小鳥さんみたいに。」

「えっ!?」

「上半身裸になって、砂を浴びるんですよ。
そうすると、きれいになる。」

・・・・・・(一同絶句)

「夜ひとりでねえ、そんなことを
やっていると、どうしてオレの人生は
こんな風になっちゃったんだろう、
って思いましたねえ。」

「っていうか荒俣さん、下着は
どうしたんですか?」

「一月に一度、実家に戻った時に
替えていましたね。」

「ということは、一ヶ月間同じ下着を
着っぱなしということですか?」

「普通、一ヶ月くらい着るでしょう?」

「・・・・・」(一同絶句)

創造性の背後には、
「傷」があると気付いたのは
いつくらいのことだろう。

自我がゆらぐような事態に
さらされなければ、
創造性は生まれない。

そして、そこに愛がなければならない。
宇宙を包むような、大いなる
愛が。

何よりも「自分」から解放
されなければならないのだ。

昨日のtwitterより

kenmogi
When simple things let me down, apparitions larger than the whole universe come to rescue.

先日放送されたベストハウス
「脳スペシャル」の打ち上げ。

朝倉千代子さん、笠原裕明さん、齋藤智礼さん、
舟木商策さん、神原孝さん、濱潤さん、米山範彦さん、
井上晃一さん。

ロンドンブーツの田村淳さんも
いらして、いろいろとお話をしていた。

総合演出の井上晃一さんが
自分の人生の物語を
話していた。

井上さんの人生における、
あまりにも劇的かつ
波瀾万丈な展開に、
一同あぜん。

凄腕の井上さん。

その爆発的な
創造性の背後には、傷が
ある。

しかし、それを育てるためには、
宇宙全体を包むような大きな
愛がなければならない。

そして、自分から解放されなければ
ならないのだ。

そうしたら、自分という大地から
飛び立てるだろう。

小鳥さんみたいに。

10月 11, 2009 at 09:27 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小鳥さんみたいに:

» ボクらの時代 中村江里子×杏×シリル・ヴィニュロン トラックバック 須磨寺ものがたり
パリのセーヌ川沿いを、 日本人女性2人に、 フランス人男性が一人加わり鼎談を繰り広げる。 [続きを読む]

受信: 2009/10/11 11:41:06

» アーティスト トラックバック POPO
インプットがあって アウトプットがある どう表現するかよりも どう感じるかのほう [続きを読む]

受信: 2009/10/11 23:38:24

» 梅の剪定 トラックバック 御林守河村家を守る会
急性アルコール性偏頭痛のため 本日のブログはお休み。 [続きを読む]

受信: 2009/10/12 7:28:38

コメント

こんばんは

荒俣さんはすごいですね。
夜の公園で砂浴みをするお姿が浮かびました。。

この前の晩にBSの外国の人が日本文化について話し合う番組に出ておられ、
しょうゆをかけたアイスをペロリと平らげられていました。

この前は茂木さんと並んでらっしゃり
先生も強烈なのですが、
荒俣さんもだまっていてもすごい存在感ですね。

小鳥ちゃん...のイメージも


電車の中から銀色の
薄の穂が揺れて光っているのを見ました。

先生お疲れですか?
たまにはお休みを入れて元気をお養いください

投稿: | 2009/10/15 18:05:00

茂木先生 こんにちは♪
荒俣さん、ユニーク過ぎです(笑)出版社に長い間泊まる生活は、分かるんですけど、砂浴びにいってしまったのは、その時いったい何があったのでしょうか?そんな荒俣さんを好きになった奥様も、チャーミングな素敵な方ですね!砂場でパタパタ小鳥さんみたいに、砂浴びをしている姿を想像したら、とても嬉しい気持ちになりました。世の中いろんな人がいて、普段は全然そんなこと、想像するようなことなんて出来ないような人生送っていたりと、それでOKなんだ!と、すごく勇気をもらいました。人って自分が思っているイメージと、いい意味で違っている人って、結構いますから…。いろんなユニークなことが、あたりまえに受け入れやすい国になりますように。人生なんでもあり!と思っていますけれど、ますますなんでもあり!が深まって自信になりました。でも、砂浴びよりは、シャワーを浴びるほうが、それはやっぱり、いいですよね?…笑♪

投稿: | 2009/10/12 22:58:13

茂木健一郎さま

町田市に戻っての今です
検索で茅ヶ崎磯屋とされると磯屋さんのサイトが出ます

釣果情報をクリックして頂けますと本日の釣果

町田市の高木
私の釣果も出して頂けてます
メジナ 29センチから30センチ 6枚
小さいのも沢山釣れましたが、小さいのはリリース

超一級釣り座のスズキ島
もちろんベテランの皆様が釣り座を構えられた後に空いた釣り座にて
それでもメジナ、釣れました。

茂木健一郎さま
お魚釣りもスキー同様に最高です。

投稿: | 2009/10/12 16:32:02

荒俣さん、素晴らし過ぎる(笑
あっ、人の事、言えないや。
俺も20年近く、似た生活してる(爆

投稿: | 2009/10/12 11:11:14

出版社に20年は凄い!と思う。荒俣さんの見せてくださる豊穣な博物の世界は、著書などでも拝見しているが、そこに秘密があるのかもしれない。

宇宙は途轍もなく、果てもなく広がっている。でも、私達の心は、その宇宙を大きく包む壮大な愛をも志向できる。

…そのことを思えば、私達は未来に向かって、もっと素晴らしいものを創造する事が出来る筈だと考える。

自己執着からの解放、そして飛躍。それが仮令愛らしい小鳥のようなものであっても、私達にとっては大きなものになると思う。

強い精神力と、万物への感謝、そして大いなる愛。…これらを、もっと大切にしていきたいものだ。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/10/12 10:11:09

>その爆発的な
創造性の背後には、傷が
ある。

>しかし、それを育てるためには、
宇宙全体を包むような大きな
愛がなければならない。


こんにちわ、初めて遊びに立ち寄りました。

愛って大切ですね。自己愛も他者への愛も万物から寄せられる愛も。

(私の口か万物なんて言葉が出るとは思わなかったけれど。。♪)


>そして、自分から解放されなければ
ならないのだ。

>そうしたら、自分という大地から
飛び立てるだろう。

とてもよくわかります。人間ってなんだかこだわりが強すぎて、目的がぶれるときありますよね。がちがちに考えすぎて前に歩けない。今までずっと苦しんできた事が、この数行でさらっとクリアに^^
遊びに来てよかった!


投稿: | 2009/10/12 9:44:32

茂木先生、おはようございます♪

本日も先生にとって素晴らしい1日となりますように☆☆☆\(*´∀`*)/☆☆☆

投稿: | 2009/10/12 8:38:03

茂木さん、Hello♪(^-^)夜の砂場で砂浴び(;^_^A聞いてるだけで寒い感じがします(笑)砂浴びの間隔は?(笑)それとダンボール♪審議長さんの伝説はすごいですね♪ところで、茂木さん♪砂風呂だったら体験したことあります♪だけど怖がりだから少ししか砂をのせられなかったです(^o^)у(笑)♪(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/10/12 7:06:20

茂木健一郎さま

茅ヶ崎の渡船

えぼし丸船内より

スズキ島に渡れそうですが、ベテランの方々がいらっしやるので

釣り座は、その方々からと

気配(けはい) お魚釣りの場合
私の場合ですが
その超一級釣り座に私が構えても釣れない場合
ベテランさんが構えたら釣れたではね
ですから釣り座は私の場合、皆様が決まった後に
スズキ島の場合も、黒鯛が釣れるポイントは渡る全員が知ってますからね
やりくり私の心の中でです
やりくりして、空いたスペースでお魚釣りです
スズキ島に渡れるだけで嬉しいです。

投稿: | 2009/10/12 5:43:26

茂木健一郎さま

茅ヶ崎に到着し礒屋さんで渡船代金と餌代金
あわせて7400円を支払いお散歩

渡船乗り場の潮位も低く全ての礒に渡れそうです。
礒屋さん賑やかな雰囲気
渡船の方々が本日も大勢みたいの私も、その一人。
スズキ島に渡りたいですが人気の礒ですので逆に渡る方々が少なそうな礒に渡ろうかなと思います。

礒屋さんの女将さんに9月は四国の徳島へ行ってと話しましたら

そうでしよ!こなかったので、これは遠征しているのかな!でしたとの

気配(きくばり)と気配(けはい)

なんとなく、何気ない会話にも事実あります実感です。

ライフジャケットを着たりなどなど準備します。
半井小絵さんの気象解説、本日、祭日ですが月曜日、半井小絵さんの気象解説を拝見しますので自宅にて帰りは道草をくってないで帰宅します

安全第一での礒釣り

久しぶりの茅ヶ崎でのお魚釣り

釣果の以前、安全第一です特に本日のように波も穏やかな日は油断大敵です自然の中でのお魚釣りですので。

投稿: | 2009/10/12 4:57:30

茂木健一郎さま

おはようございます

お魚釣り、久々です 9月の四国は徳島以来です。

偶有性 

磯でのお魚釣りが私には、まさに偶有性です。

茅ヶ崎の沖磯へ準備万端 支度をして3時30分前には出ます

半井小絵さんのお見立て通り連休のお天気よさそうですね。

投稿: | 2009/10/12 2:51:31

こんにちは

荒俣宏さんはすごいですね、石の上に三年と言いますが、出版社に20年。それは、何か生まれるでしょうね。(^^)


>しかし、それを育てるためには、
宇宙全体を包むような大きな
愛がなければならない。

>そして、自分から解放されなければ
ならないのだ。

>そうしたら、自分という大地から
飛び立てるだろう。

>小鳥さんみたいに。


鳩山総理婦人は、飛び立った事があるらしいですけど・・・。(^^)

投稿: | 2009/10/12 2:42:51

茂木健一郎さま

祭日の月曜日、予定通り 神奈川県は茅ヶ崎の沖磯へお魚釣りの私

ふと、今、目が覚めたので 午前2時起床予定でしたが 後は仮眠ということで起床予定時間まで その前に

広島・長崎オリンピック招致

平和の祭典 オリンピックをなんとしても!という純粋な思いを記者会見にて真意を感じました。

茂木健一朗さま

東京がオリンピック招致に失敗は残念でしたが

石原都知事さまのご意向として招致活動に

皇太子様をオリンピック招致の中心にとのご意向でしたが

10月2日のIOC総会に皇太子さまご臨席の場合

10月3日より空路にてお入りになられる長崎県での公務に差し支えがあるとのご事情で皇太子様は公務優先とされ長崎に参られ
雲仙普賢岳の被害に見舞われた島原市にも参られたこと とても印象的でした私には。

広島・長崎と世界では 
人類によって、もたらさられた核兵器投下の被爆地 広島・長崎
ですが
その人類の
平和の祭典オリンピックを広島・長崎で開催でしたら
被爆地ということだけではなく平和の象徴、平和の祭典オリンピック開催された二つの都市という、平和への尊さをも全世界の共通認識にかと。


ヒロシマ・ナガサキ 原子爆弾投下された人類史上最悪の被爆地である事実
そのヒロシマ・ナガサキ がオリンピックという平和の象徴を全世界に発信 そのチャンスを日本オリンピック組織委員会さま
IOCさまバックアップして頂きたいです。

皇太子さまをオリンピック招致に
ご協力をお願いされる時は
早い段階から 日本でオリンピック開催への主旨をご説明され
皇太子さまにオリンピック招致のお願いをされるべきです早い段階から

例えばです
広島・長崎オリンピック開催招致は平和の祭典を被爆地であります広島・長崎でなんとしても2020年に開催したく
皇太子様におかれましては招致活動へのご理解を賜りますことは公務を最優先されつつ

皇太子さま中心に
日本の平和に対する想いを全世界に示し広島・長崎オリンピック招致活動は世界平和の想い一筋に。

広島・長崎 オリンピック2020年開催は人類のために 開催されて欲しいです。


茂木健一郎さま
午前2時起床予定時間まで しばし仮眠致します。

投稿: | 2009/10/12 0:48:13

傷を持つとそれにとらわれ、かえって自分に執着しがちですが、そこで手放せるから創造できる、または、創造するエネルギーが傷にプラスのパワーを与えるのでしょうか。
私も、私にしかできないものを創造したいです。
茂木さん、パワーをありがとうございます。

投稿: nico | 2009/10/11 22:12:55

今日のブログは面白くて何度も読んじゃいました♪
荒俣宏さん、大物ですね(笑)
ある意味凄いです。
茂木ィ先生がご自身から解き放たれたら~さらなる「智の巨人」になると思います♪\(^_^)/
生意気ですけど♪
本当にそう思います。
私茂木さんに「人間は何度も脱皮するんだ!」って言われましたよ?いつだったか夢で(笑)
不思議です~
(・_・;)

今「脳はいかにして神を見るか」を読み出しましたが……ヤバいです!これ!
面白いです~
( ̄○ ̄;) ホェ~
こんな智の世界があるんですね♪
未知なる大海です!神秘的合一体験の時に脳の方向定位連合野の活動が低くなる…つまり「自己」と「非自己」の区別がなくなる?
なんだか面白くてドキドキしてきました。では~

投稿: | 2009/10/11 21:18:51

茂木さんこんにちは。

「小鳥さんみたいに」と告げる荒俣さん
ちょっとかわいいぞと思いました。

傷つくばかりでは倒れてしまうし、
かといって愛に浸かりっきりでは
その優しさ、あたたかみを忘れてしまう。

傷と愛。その繊細な感触を忘れない人になりたいです。

投稿: YSaitoh | 2009/10/11 19:27:41

宇宙全体を包む愛も、始まりは身近なところから。

今の私は、こう信じられます。生きていく中であった、いろんな事も…愛により癒されていくと。

だから今なら、小鳥のように飛び立てるかなぁって思います(*^_^*)

投稿: | 2009/10/11 18:51:22

茂木先生 こんにちわ

>創造性の背後には、
「傷」があると気付いたのは
いつくらいのことだろう。

ココ 最初に 噴出してしまいました

とりあえず 茂木先生の おっしゃる事を 信じることにしよう。

傷と愛は 私には もう揃っている。
そして あとは
自分から開放されることを自由に出来るようにするだけだ。
ZONEを 自由に出入りできる イチロー選手のように・・

・・砂浴びは しないけれどネ

投稿: | 2009/10/11 18:01:09

 傷と愛と解放ですか…

 傷は生きてる限り、幾らでもつきますが、愛を育てるのは本当に難しい。
 愛は学ぶものか、育てるものか、悟るものなのか????

 そこからして、僕は分かってないんだなぁ…

投稿: cosmosこと岡島義治 | 2009/10/11 16:31:55

こんにちは 茂木サン 。
荒俣 宏サン と 井上 晃サン凄まじい人生を 拝見。究極の生活行動に びっくりと同時に 微笑ましくも感じます。

やはり 漫画家の赤塚不二夫先生の 「天才バカボン」の ママ が 理想です。
優しくて おおきな愛です。

投稿: | 2009/10/11 13:19:05

いやぁ!荒俣さんの「伝説」、凄いですねぇ…!

私も日記を拝見して、余りの凄さに何も言えませんでした。

著書も持っていますが、あの不思議にマニアックで面白い「荒俣ワールド」は、その「伝説」の賜物なのかもしれませんね。


人生の中で起こる、自我の揺らぐ危うい事態が“創造性の父”ならば、“母”はやはり、その宇宙を包むほどの大いなる愛なのだろう。

何もかも包み、癒してくれ、創造の源を与えてくれる壮大な愛…。

創造性を発揮するには、「自我」の鎖を断ちきる為の力がなくてはならず、その力を与えてくれるのは、宇宙の全てを包みこまんとする、無限・無償の愛なのに違いない。

ところで、今朝、道を歩いていたら、道路脇の花壇の「七変化」という花の周囲に、蝶たちが元気よく舞い飛んでいた。

秋晴れの温かい陽射しを浴び、元気いっぱいに羽ばたく蝶たち。

キチョウ、アオスジアゲハ、イチモンジセセリ、紋白蝶がひらひらと可愛らしく舞っていたが、そのなかに、自分の近所ではめったに見ないツマグロヒョウモンを見かけた。

後ろ羽根が切れて、少し「黄昏た」風情のツマグロくん…。彼にもきっと自分の存在が揺らぐ、危険な事態があったのだろう。それとも…。

自己の創造性を発揮させ、宇宙を包む愛は、人間だけの占有物とは如何しても思えない。

野に生きる動物には、創造性を発揮する力はないかもしれないが、それでもその大いなる愛に包まれているのに違いない。弱肉強食という峻厳なるサイクルの中で生きていかねばならない彼等にも、宇宙より大きな愛の包容はあるはずだと思う。

いわんや、創造性を獲得し、発揮できる人類においてをや…。自己の寄って立つ基盤が、何かによって“揺らぐ”時、創造性の芽吹きは用意されているのだろう。

これから連休も中日(なかび)だが、ささやかで平凡な日々でも、懸命に生きなければならぬ…自我の鎖を解き放ち、少しでも豊かに生きる為にも。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/10/11 13:00:11

茂木先生、おはようございます

ヨークシャーテリアのアリスちゃんと散歩をしてきました

見上げると、空の遠くの天が見えるほど澄みきた ペールブルー!

天国はもしかしたら温かではないのかもしれないね・・っと
アリスに話しかけると、澄んだまなざしで、じっと私の眼を
見つめています 

こんなに、生き物の目に見つめられることもないし
見つめることもない・・  なんだかおかしくなって声を出して
笑ってしまいました

荒俣さんって、 妖精の様な方ですね・・・ テレビで時に拝見しますが、テレビとはいえ、最後まで魅力的なかた!・・
でも結婚はたぶん無理!  

真剣に考えたわけじゃないですが・・ 小鳥とは仲良くできても一緒に砂浴びできないですもの・・・・、一日中絶句しているとなれるのかな・・・ 奥様・・  不倫の申込まみされたわけでもないのにグランマがそんなこと言うのも変ですね(笑) 
 私、でもそんな人が大好き?!
                 茂木先生の真似、(^^)

投稿: | 2009/10/11 11:31:27

茂木さんて詩人ですねえ。

投稿: | 2009/10/11 9:53:28

宇宙からの愛って、どんなのですか?
具体的に教えて下さい。

投稿: | 2009/10/11 9:41:44

茂木健一郎様
茂木さん創造物に感謝しても感謝しきれないでいます。
宇宙も茂木さんをいつも包んでいることを信じていたいです。

投稿: Yoshiko.T | 2009/10/11 9:40:32

茂木健一郎さま

台風の影響で飛ばされていた雀
あの速さは凄かったことは
人生でもあるような気がしますブログを拝読させて頂きまして、実感です

投稿: | 2009/10/11 9:39:29

コメントを書く