« 白洲千代子展 | トップページ | Stream of consciousness »

2009/10/05

田森の分もあって

山中温泉の宿を出て、
朝の空気を吸う。

旅館の裏には、川が流れている。
急な道を下りて
いったら、橋の方から大きな声がする。

男の子と女の子、それにお母さんが
遊んでいる。

「こんにちは」

近づくと、お母さんの方から挨拶した。

「何か見えるかい?」
男の子に声をかけても、恥ずかしがって
何も言わない。

「君は男の子だからなあ。橋の上に
橫になって、空を見上げるといいぞ。
トンボや、ツバメや、いろいろ飛んで
いたよ。」

前の日の夕方、私は橋の上に寝転がって、
空を行く雲をずっと見ていたのだった。

対岸にわたり、歩いていくと、
後ろから男の子が「あっちへ
行ってみようよ。」とお母さんに
言っているのが聞こえた。

あやとり橋を渡って、温泉街に
出る。

芭蕉の館のところを曲がり、
小さな路地を選んで歩く。

あっ。

数歩先に、赤みがかった緑の
かたまりが見えた。

カマキリかな?

近づくと、やはりそうだった。

羽根を広げて威嚇している。

大きく育った、立派なカマキリ。

ここまで丸々と太るには、
どれほど多くの虫を食べなければ
ならなかっただろう。

もっとよく見ようと思って
かがみ込んで、異変に気付いた。

頭がない。首のところまでは
きれいにそろっているものの、
一番肝心な、先端の頭がない。

くっと折れてしまって、
かろうじて首の先にぶらさがっている。

それでも、カマキリの身体は
まだ生きていて、
渦巻く風や、その他の気配に
感応するかのように
身体の向きを変え、
羽根を広げ、威嚇を続ける
のだった。

一体、
どうしてしまったのだろう。

よく、交尾の時にオスが
メスに喰われてしまうというけれども、
だとしたら、
どうやってこの路上にたどり着いた
のだろう。

可哀想に。
秋の日の苛烈さを思い、
そのままにそっと
して歩き始めた。

すぐ先の角を曲がる。
斑の小さな猫が
にゃあと顔を出した。

猫は、こっちを見上げて、
それから、カマキリのいた
路上の方へと駆けだしていった。

電話の着信。
滝沢さんからである。

「あっ、茂木さん、朝食準備が出来て
いますよ。703号室です。」

「そうですか。8時からだと思っていたから。
今行きます。」

ホテルに戻りながら、田森佳秀に電話した。

もう、家だった。

温泉に入ってそれから、明け方に
戻ったらしい。

田森は、髭を生やしていた。

「お前、なんで髭なんか生やしているんだ?」
と聞いたら、
「いやあ、あまりにも何回も学生に間違えられる
んだよ。エレベーターに乗っていたら、
学生は乗っちゃダメだと言われて。
だからのばした。」と言ったっけ。

田森が、明け方の山中温泉を
走っていくその様子が、ありありと
浮かんだ。

朝食の席には田森の分もあって、
そこだけぽかんと座布団が空いていた。

「食べてしまいましょうか」
と声がかかって、
温泉たまごは佐々木さん、
魚は滝沢さんの胃に無事収まった。


田森佳秀にカツラをかぶせてよしよしする。


蒔絵作家の山崎夢舟さんの愛犬と。

10月 5, 2009 at 08:10 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田森の分もあって:

» 出版ほやほやの本 トラックバック 須磨寺ものがたり
自転車に乗った一人のおじさんが、 弊店の前で止まり、 にっこりしながら声をかけてきた。 [続きを読む]

受信: 2009/10/05 10:26:41

» リッター30㎞ トラックバック 御林守河村家を守る会
プリウスの平均燃費が リッター30㎞に達しました。 [続きを読む]

受信: 2009/10/06 8:04:16

コメント

温泉街の情景ほのぼのですね。

お彼岸のときお墓で大きなかまきりに会いました。
くっ、とファイティングポーズをとられました。

田森さん...可愛らしいです。
山本ツルって何ですか。。 気になっています。

おととい歯の痛み止めを飲みました。
結構大きかったのですが、一コだったので飲めました。
小さいころは苦労ですね。。
同じく粉は苦くて..

黄色い液状のもよく飲まされましたが、あちらも甘いのにものすごい味がして困ってしまいました。

暗闇のお話会とても興味深くて参加したかったですがきょうは行かれません。 めったにない機会ですね。残念です。

先生がお医者さん役の映画が見たいです。
よかったらお知らせください。

きょうはわりと温かですね。
ときどきはお休みを入れてがんばってください

投稿: M | 2009/10/09 12:41:13

数学の暗記モノが気になるなら、自分でとことん調べれば良いだけの
話ですね。 
 
解決です。

投稿: 匿名希望。 | 2009/10/07 0:43:40

まとまった。

数学的文章の参考書があると、是非、読んでみたい。

また

物理的文章の参考書があると、是非、読んでみたい。

そう思いました。

投稿: 匿名希望。 | 2009/10/06 23:25:31

茂木健一郎さま

雨にも

叩きつける雨と

本日のような静かでながら
いろいろですね

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/10/06 8:03:30

茂木さん、おはようございます。
お仕事を兼ねてではありますが、先日の「道後温泉」に引き続き、
今回は「山中温泉」に入湯できて、よかったですね。

温泉地では地元の人々との触れ合いもあれば、観光&入湯をされ
る人たちとの出会いもあったりして、よいものですねー。

そう言えば、カマキリって生命力が強かったですね。
でも、交尾の時にオスがメスに喰われるって、凄いですね!
そして、猫ちゃんが現れるってことは・・・淘汰されてしまうの
かしら~?!

田森さんの面白エピソードは幾つか覚えていますが、そう言えば
田森さんは、「童顔」ですね。

でも~、どうして「カツラ」があるのでしょうね???(笑)

このわんちゃんは、ボーダーコリー犬ですね。
フリスビーやアジリティーなどなど、人と一緒にスポーツが楽し
める犬種ですね。

賢くて、カッコいいわんちゃんですねー。

茂木さんが調教師に見えなくもなく、なかなか素敵なお写真です
ね。(笑)

今週は雨が多いようですが、雷雨を始めどうぞ、お気をつけくだ
さい。

では、また後ほど・・・。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2009/10/06 7:05:08

茂木健一郎さま

おはようございます

分もあって

エレベーターにて、間違えられるから、ヒゲを

言い分の分があって、
でも本質的には良くて

朝食の分もあって

茂木健一郎さま
プロフェッショナル仕事の流儀さんの公式ブログに

牧場 との

牧場、まきば

牧場、ぼくじょう

び、微妙とお洒落
と考えていたんです数日前から

そうこうしてましたら茂木健一郎さま
分もあって!

日本語のお洒落な感覚と私は

昨晩の半井小絵さん、紫色のお洋服、そういえば恰好よかったです落ち着きも恰好よい雰囲気ですね。

10月
狭山スキー場、毎年、10月からオープンと

私の誕生日も茂木健一郎さまのお誕生日の次の日の10月です。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/10/06 6:57:05

あと、できそうなことは(前向きなオタク)として生きること。

工夫すること。

自分で、文章の中で工夫できるようになること。

こんな感じです。

投稿: 勝手にまとめると | 2009/10/06 2:54:41

茂木先生 こんにちは♪
田森さん、外見も内面も、いろんな意味で可愛いからですね(笑)カマキリ、三角形の頭をクネクネさせて、いかにも首が細く取れそうですもの!首が取れても、そのまま威嚇し続けているなんて、自然界は、それだけ厳しい世界だなぁ~!蜘蛛の巣にかかったトンボを助けて、トンボはまだ飛べて助かったけど、次の日、その蜘蛛が下に落ちて死んでいた。蜘蛛にしたら、やっと餓死する寸前にトンボ(エサ)が、掛かったのに、私のせいでエサが食べられずに、餓死してしまったんだと思う。自然界に手を出したのは、私の傲慢です。トンボは可哀想に思ったけど、蜘蛛の気持ちは考えられなかった。下に落ちて死んでいる蜘蛛は、私に自然界には、決して手を出してはいけないことを、教えてくれた。首の取れたカマキリは、猫に食べられて、また命が繋がった。人の社会は命は取られないけど、心を取られる!どちらの世界も生きて行くのは、おんなじに大変だ…♪

投稿: 平井礼子 | 2009/10/06 2:16:38

おはようございます 茂木サン 。
山中温泉の散策も なかなか自然豊かで いいですね。

田森サンは 童顔でいらっしゃるから 確かに? 学生に間違えられる?

それにしても 二人の関係は 小学生の幼なじみのような

よしよし されるままの田森サン と
久しぶりの 幼なじみに会い うれしさいっぱいの よしよし 茂木サン 。

仲良き事は 幸せ ですね。

投稿: サラリン | 2009/10/06 1:39:40

こんにちは

フリスビーをキャッチする山崎夢舟さんの愛犬を見るとうらやましい、家で飼っていた愛犬は、ボールを怖がるですよ。愛犬で遊ぼうとして、100円ショップでボールを買ってきて、ボールを転がすと、怖がる、がっくりしました。

茂木さんが出会ったカマキリは猫と格闘の跡では?(^^)

投稿: 猫とカマキリのクオリアby片上泰助(^^) | 2009/10/06 1:07:23

茂木さん、Hello♪(^-^)Please♪(笑)(^.^)田森さん学生に間違えられてしまうのですね♪(笑)だけどカツラ♪田森さんの変身グッズですか?♪(笑)とっても似合ってますね♪ところで、茂木さん♪温泉肌♪でステキですね♪(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/10/06 0:22:57

↓追記(ルール違反でしたら削除願います)

シューベルトの「死と乙女」で思い出しましたが知人(可愛い女の子)がコンサートに出演します。
☆ムジークフェライン室内楽団☆

曲目
①メンデルスゾーン 弦楽八重奏変ホ長調
②ブラームス
ピアノ四重奏曲第一番ト短調
③シューベルト
弦楽四重奏曲第14番死と乙女ニ短調

日にち
2009年10月25日日曜日
19時開演
場所
練馬区文化センター小ホールつつじホール(練馬駅西口徒歩一分)
代金500円
早稲田と慶応のオーケストラのコンサートマスターや首席奏者を中心に今年結成された模様です。
清新で初々しい演奏です♪
ご近隣の皆様、もしお時間ございましたらどうかよろしくお願いいたします

茂木先生は早稲田の先生もなさっていらっしゃいました? そのご縁でどうかコメント欄貸して下さい~(←殴っ!いつも関係ないこと書いてるくせに~)
φ(.. )
ではまた

投稿: 眠り猫2 | 2009/10/06 0:16:41

田森さん相変わらず可愛いですね(^o^;)
さて本日は紀尾井ホールのメニコン目の愛護デ~スペシャルコンサートに伺いました♪
(ノ^^)八(^^ )ノ

navigatorが茂木さんで~東京フィルハーモニーの弦楽アンサンブルと聴いたら、絶対に行きたくなりますよね♪

曲目が大好きな曲ばかりだったので、ビックリしました!
(茂木さんの選曲ですか?)
バッハの「G線上のアリア」「主よ人の望みの喜びよ」でウットリし、シューベルト「死と乙女」でドキドキし、チャイコフスキー「弦楽セレナーデ」でほっと和らぎ、グリーグ「ホルベアの時代より」で北欧の春の野に遊ぶかのような爽やかな気分に満たされました♪
東京フィルの弦は、清冽で気高くて最高です!!
ファンになりました♪
グリーグの「ホルベアの時代より」は特に第四楽章のアリアが大好きでいつもピアノバージョンを聴いているのですが、弦楽バージョンのCDを明日探しに行きます!茂木さんお薦めのプッチーニの「菊の花」は初耳でしたが、甘美で絶美?でした♪探さなきゃ!!
茂木さんのトークも最高に楽しくて会場がひとつにどっとわいてましたね。
メニコン様、茂木様、素晴らしいコンサートをありがとうございました。

投稿: 眠り猫2 | 2009/10/05 23:54:49

茂木健一郎さま

今晩も半井小絵さんの気象解説を

台風が接近
本日の神奈川県は茅ヶ崎の沖磯、渡船予約の磯屋さんの女将さんのブログ
うねり、で、年配の釣り人の方々、お昼前ということは予定の戻り時間前に帰港のようなご様子
ただ、安全第一というのは年齢とは関係ないと私は思います、年配の方々だから安全第一で帰港というのは

同じく渡船予約の、たつみさん、のサイトを見て
波で烏帽子岩本島にしか、で、烏帽子岩本島のみとのことで、かなり厳しい釣行としか

茂木健一郎さま
ところで、渡船が出る朝方に、烏帽子岩本島は見えませが、えぼし丸船長さん、乗り場の潮位
乗り場の右側、段階状の位置があるんですが、そこの潮位と満潮の時間、波の港内でも聞こえる波の音などなど風も含め
これは待機時間、二時間ありました時に説明を受けて、でしたので
その後の茅ヶ崎沖磯への釣行で、どの磯に降りるかなど自分なりに、本日、渡れるのは烏帽子岩本島だけかな?とか、実際そうでした

自然は計り知れない、当たり前の気づきです。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/10/05 23:45:20

以前、竹内薫さんの本を読んだが、飛行機がなぜ飛ぶのかは

分かっていないらしい。

だとすれば、車から飛行機になるプロセスが正解、と考える

こともできる。。。青ざめる。


投稿: 匿名希望。 | 2009/10/05 23:45:15

茂木さん、山中温泉のこ〜んなゆったりとした一時も素敵ですね~(^◇^)/
(実際は、忙しかったのかしら?)

日記を見て、私も行ってみたい!同じ雰囲気を感じたいなって思います(><)…だから、行くのは一人じゃイヤで〜す(^-^)

ん?田森さん。髪の色が違う(゜-゜;)
と、ビックリしちゃいました。

朝方早くに帰った田森さんの分の朝食。それと先日の満月の日記。
いるべき人がいない。不在。という感じがして、なんだか寂しい感じ。
どうすれば、その感じがなくなるのかな?
何かをする事で、この感じがなくなるのなら、何はさておき私は、それをします(^_-)

投稿: 奏。 | 2009/10/05 23:29:18

数学的文章が、少し分かるようになった。

統計をとった結果の数字。 日常の数字。

意味が分かる。

これから、覚えた方がいいのかどうか分からないのが、

暗記モノの数学。

覚えるべきなのでしょうか?

まったく、分からなくなった。 青ざめる。

投稿: 匿名希望。 | 2009/10/05 23:27:14

昨日は東京も久方ぶりの秋晴れとなりて、清々しい秋風が道行く人達の間を流れていった日。

週が明けて、月曜日、雨は午後に入り、徐々に本降りとなり、夕方からはシトシト引っ切り無しに降っている。


茂木さんが偶然出会われてしまった、あの可哀相な首折れカマキリはどうなってしまったのだろう。

ひょっとしたら、メスに頭を食われかかり、九死に一生を得た奴かもしれないし…。

ちなみにオスは、メスに頭を食われてしまっても、交尾をし続け、思いを遂げる。その執念や恐るべし。

カマキリくん、あれからすぐに、猫にイタズラされて、死んでしまったのだろうか。それとも…。

普段、我々は、油断しているから気付かないが、注意深く見れば脚もとの草叢にも、野生の者として生きる厳しさ、弱肉強食の逃れられざる掟が垣間見得るものですね…。

昔、都内の公園で、よたよたになったカマキリを捕まえたことがあった。

そのカマキリは、薄い黄緑色で、後ろ足が1本欠けていた。秋もだいぶ深くなった、よい天気の日であった。

カマキリは陽射しが暖かだったと見えて、わりと元気に動き回っていた。
あんまりいじると可哀相なので、そっと植えこみの下の草地に逃がしてあげた。

普段自分達は、油断しているから気付かないけれど、ふと足元の叢に注意を向けると、小さな草叢も、天然の、弱肉強食の逃れられざる掟が厳然とあるのですね…。

カマキリは、首が皮1枚で繋がった状態でも、脚が1本欠けていても、案外元気に暫くは、生きていられるのだろう。

そんな生命力旺盛な彼等も“弱肉強食”という、自然が与えた枷からは逃れられないのだから…。

カマキリよりも、遥かにデカイ脳を獲得し、言葉と道具と複雑な思考と意識とを、進化の過程で次々と手に入れた、我等人間もそんな掟から、一見、自由になったように見える。

が、戦争という“宿業”を未だに克服出来ないでいるのは、ひょっとすると、我々の中にその掟の「呪縛」が残っているからかもしれない…。


それはさて置いて、橋の上に寝転がって、流れる雲を眺めるなんて、茂木さんは、やはり詩人的な人なんだなぁ…。

俯いている少年に「空を見上げて見よう」なんて、温かさを感じてしまう。

哀れなカマキリにも優しい眼差しを向けられるし。

田森さん、本当に愉快ですね。学生に間違えられるのでヒゲを生やされた、というエピソードには思わず笑ってしまいました…!

お2人のツーショットも、不思議にほのぼのしていて味がありますね。

…台風18号が猛烈なる勢力を保ったまま、本州に上陸するやも知れません。くれぐれも用心為さってください。

今夜は長々と失礼しました。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/10/05 21:10:53

茂木健一郎さま

そうなんですよね、カマキリ 異性に食べられちゃうんですよね。

ところで ワンちゃんのこと

ウチにいた柴犬はボールでした黄色い硬式テニスボール

ウチの柴犬、もう亡くなっていません

逃げられると大変なので
きちんと長い鎖でつないで さて、ボールな!!
投げると 喜んで取りに行き、戻って来ることは来るんですが
ボールを離さないんです

うっかり犬の立場からすると うっかりボールを落としたら落としたで
前足でボールをキープしようと おいおい
なんだかな でしたが

そんな日ばかりでもなかったことも事実
気分良さそうに口からボールを離し私が投げると 急いで取りに行く
戻ってきてボールを渡してくれて ウチの柴犬は私を正面にして見ていてボールを投げる瞬間にクルリと方向を変えて ダッシュ!!

ボール遊びの切り上げタイミング 
投げたボールを ゆっくり歩いて取りに行くウチの柴犬
そのタイミングで終了でした。

犬もダッシュばかりでは オレ、何をやってんのかな?
だったのかな?

でも、犬ってよく走りますよね嬉しそうに、何気に。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/10/05 18:38:58

茂木健一郎様
とても大らかなお気持ちで自然に身をゆだねて
過ごされていたこと、よろしかったですね。
その色のかつらをかぶせて田森さんをよしよしされて
茂木さんは本当に不思議な楽しいお人なのでしょうね。

投稿: Yoshiko.T | 2009/10/05 11:57:11

 君は最後の瞬間まで、他の命でできた身体で必死に生きて、それでも力尽きてしまったときには、蟻や鳥や猫が、君の背負った魂と一緒に、君を背負って生きていってくれるんだろう。

投稿: 岡島 義治 | 2009/10/05 10:33:58

おはようございます、R.グランマです
欠落の魂 のコーナーで、先生の、その言葉に反応したR,グランマです、  私のコメントが何故か つばさ という送信者のものとして
掲載されています、開くと、私ではありませんでした!

 私のブログは・ たそがれの日々に爽やかな風を 
という名前で、yhooブログで2006.11.3より送信しています
ご訂正宜しくお願い申し上げますね、
おまけに私の名前は、玲子といいますので、reikoの送信者にも・・これも私ではありません、
あれれ・・っと思いました面白いことがありますね
もちろん私は、reiko ではなく、本当の名前は玲子と申します、

 かまきり・・  あわれなかまきりの
         悲惨な光景
         私がその首なしかまきりだとしたら、、
         食べられてしまいたかったでしょう、
         猫に一秒でも早く食べてもらいたい
         摂理とはいえ・・ 
         当たり前とはいえ、
         
         その時登場した猫は優しかった、
           
         そんな人にあってみたい                                  R.グランマ
         
         

投稿: reiko | 2009/10/05 10:11:09

コメントを書く