« Flower petals in the wind. | トップページ | Deviation »

2009/10/16

ディレクターズ ノート もうひとつのプロフェッショナル

スタジオ101に組まれた
高さ5メートルの壁の上にひとり
寝転がって天を見ていた。

下からは、住吉美紀さんがゲストの
山岳警備隊分隊長、山田智敏
さんに話を聞いている声が
聞こえる。

ぼくは遭難者、という設定。

太陽のように輝く
ライトを見ながら、自然に
いろいろなことを考えた。

人生の偶有性で最たるものは、
明日自分が生きているかどうか
わからぬということである。

戦国武将たちにとっての偶有性は、
まさにそのようなものだったろう。

また、一般に、生の偶有性の
ひな型は、生と死の交錯に
あるんじゃないかな。

自分が死なないとしたら、
自分以外のなにものかが死ぬんだ。

twitterから。

kenmogi
The greatest contingency of life is whether you will see the lights of tomorrow or not.

どうやらいつの間にかうとうと
していたらしい。

後で、有吉伸人さんに
「茂木さんがすやすや寝息を立てて
いるシーンもちゃんと押さえてありますよ!」
と言われた。

ようやく、山田智敏さんが
救出に来て下さった。

山田さんが「だいじょうぶですか」
と声をかけてくださり、
脈をとろうと私の手首に
指を当てたとき、
人の温かさが本当に心に沁みた。

山田さん、ありがとう。
救いに来て下さって、ありがとう。


山本隆之さんと、有吉伸人さん


山本隆之さんと。


住吉美紀さんと、有吉伸人さん。

担当ディレクターは、名古屋放送局の
林原摂子さん。

慶應大学SFCの佐藤雅彦さんの
研究室の出身。

NHKに入って3年目の林原さんが、
プロフェッショナルの制作に
かかわるようになったのは、
名古屋放送局にチーフプロデューサーとして
栄転していった山本隆之さん(タカさん)の
推薦。

「この人はどうでしょう」と言われて、
有吉さんは、一言
「目がきれいだからいいんじゃないの」
と言ったのだそうである。


目がきれいな林原摂子さん

収録を終え、有吉さんはいつも
のように鶏の唐揚げを美味しそうに食べた。

山田さんに説明する。

「有吉さんは、奥さんに鶏の唐揚げを
食べてはいけないと言われているのです。
それで、クオリア日記を奥さんが見ると、
また食べている、と怒られるのです。
それで、有吉さんは、ぼくは鶏の唐揚げを
食べられないんです、と言うんです。
ところが、はい、有吉さん、と目の前に
鶏の唐揚げを置くと、ああ、と言って、
一秒後にはパクパクと食べ始めて、
あっという間に平らげてしまうのです。」


禁断の味。唐揚げを食べる有吉伸人さん。

山田さんがお土産で持ってきた
鱒寿司を投入。

帰る時になって、「西口に行きましょう」
と有吉さん。

『ディレクターズ ノート もうひとつのプロフェッショナル』 
の見本が出来た。
それが、西口の受付に預けてあるのだと
いうのである。

この本は面白い。本当に面白い。

プロフェッショナルたちを取材した
ディレクターたちの視点から、
その素晴らしさが語られている。

『プロフェッショナル 仕事の流儀』
が誇るディレクター陣が、
いきいきと語る舞台裏!

番組ファンはもちろん、
仕事で輝きたいと思っているすべての
人にとって、必読と言えるだろう!

日経BPの渡辺和博さんが
「有吉さん、サインください」
と言って、先を越されてしまった。

「有吉さん、サインください」

何か絵を描いてね、と言ったら、
有吉さんはテレビを描いて、
それから、ぼくと住吉美紀さんらしい
人物二人をその枠の中に描いた。


サインをする有吉伸人さん


有吉伸人さんのサイン。

10月 16, 2009 at 07:52 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディレクターズ ノート もうひとつのプロフェッショナル:

» 福音となる電話 トラックバック 須磨寺ものがたり
電話が鳴ったのででてみると、 「K女子大の~ですが」との声が聞こえてくる。 私にとって福音となる電話。 [続きを読む]

受信: 2009/10/16 10:00:56

» etude141 トラックバック 御林守河村家を守る会
にほんブログ村 [続きを読む]

受信: 2009/10/17 7:29:39

コメント

こんにちは 茂木サン 。
お久しぶりです。 お変わりなく お忙しい日々
元気そうで 良かった
いい笑顔でこちらも嬉しくなります。
また 生活の一部となりました blog よろしくお願いします

「プロフェッショナル 仕事の流儀 」 を時々見ては、
意識して 変えて行こう! と 思っています。

楽しみは 仕事にプラスする = エンボディメント

そうそう! 嬉しくなりました
茂木サン ありがとうございます。

投稿: サラリン | 2009/10/18 16:05:33

茂木先生 こんにちは♪
有吉さん、鶏の唐揚げ食べている時、ほんとに幸せそうでいいですね~!奥様としては健康が心配だから、食べないように言うのは、仕方ないと思いますけど、好きな物を好きなだけ食べられる、と言うことは、とても幸せことだと思います。奥様は大目に見て上げてくださいね。私の母は80代ですけど、もう塩分も何も気にせず食べてます。いくら言っても聞かないので、この歳だし好きな物、我慢しないで食べたほうが、返って健康にいいのでは?と思っています。親孝行なのか、親不孝なのか分かりませんけど…!?笑。そして「目がきれいだから、いいんじゃないの」。なんて、素敵な褒め言葉でしょう!それだけで、林原さんの人柄を全部表しているような…。違う意味でも、可愛いでも美人でもなく、目が綺麗な人だから…、なんて言われたら、すぐその人のことを好きになっちゃいそうです(笑)さて、ブルーベリーの飴でもなめて、目を綺麗に!??しましょうか…笑♪

投稿: 平井礼子 | 2009/10/17 14:14:50

茂木健一郎さま

偶有性

茅ヶ崎の沖磯では
スズメダイにアイゴという餌取りが釣りをしていて多く
時期をみてました
切り札の釣り竿投入時期を
そしてチャラン棒という本来は釣り竿も掛けたりの、それを茅ヶ崎の沖磯ではスズキ島などでは釣り人の場所取りとして御法度なので磯に直に釣り竿を置いてなどで傷が
私も以前は釣り竿の傷は気にしなくでしたけど
四国は徳島で昨年、お魚を掛けた後、強烈な引き込みで釣り竿を折り
その折った部分は釣り竿で比較的強い手元に近い手元から1メートルの部分
徳島の釣具屋さん
これは釣り方が悪くではなく折れない箇所
磯などに直接置いたりで傷が入って折れですよ!
メーカーさんも同様に
釣り方ではなく傷が入ってましたね!磯などに直接置いたりしてませんでしたか?と
挙げ句、相模原の相模屋さんも、そこは釣り竿で溜める部分で強度がありますから、普段、直接置いてませんでしたか?そういう時に傷が入るんです

この教訓が
私にとって切り札的な釣り竿を茅ヶ崎の沖磯に投入を躊躇させてました

投入します切り札の釣り竿を!

偶有性です戦国武将に習いです。
勿体無いで使うの限定は本当に勿体無いですからね。

半井小絵さんの気象概況でも明日は問題ない茅ヶ崎
切り札の釣り竿で
いざ見参!

え?餌取りに返り討ち?
それは嫌だな!

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/10/17 8:13:33

茂木さん、Hello♪(^-^)茂木さんの眠ってしもうたシーン見たいです♪(笑)それと♪とってもかわいい笑顔の茂木さん(^o^)у私もニッコニコです♪(ニッコリレー(笑)そして有吉さん♪唐揚げ食べれてよかったですね♪唐揚げ食べて♪ちょっと一瞬色々忘れちゃお♪(笑)ところで、茂木さん♪バトンタッチね♪(笑)(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/10/17 7:46:42

茂木さん、Hello♪(^-^)茂木さんの眠ってしもうたシーン見たいです♪(笑)それと♪とってもかわいい笑顔の茂木さん(^o^)у私もニッコニコです♪(笑顔リレー(笑)そして有吉さん♪唐揚げ食べれてよかったですね♪唐揚げ食べて♪ちょっと一瞬色々忘れちゃお♪(笑)ところで、茂木さん♪バトンタッチね♪(笑)(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/10/17 7:11:51

茂木健一郎さま

おはようございます

偶有性
戦国武将の偶有性

さて
半井小絵さんのお見立て、週末の神奈川県は茅ヶ崎の沖磯でお魚釣り
大丈夫そうな気象概況です

戦国武将の偶有性

勿体無いないと自軍の兵力を出し惜しみでは
ふと。

お魚釣り
私の釣り竿
切り札投入!

強烈な引き込みでした謎のお魚

切り札投入!
茂木健一郎さまに感謝です
ちなみに、釣り竿だけではなくリールも切り札を投入します。

勿体無いと使わないのは一番勿体無いですからね!

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/10/17 7:07:12

こんにちは

「禁から揚げ中」の有吉さん大変ですね。(^^)

私も、お菓子やジュースを欲しい時に買ってきてパクパク食べていましたが、飲食リストを作ると、だんだん減ってきて、体重が15Kgぐらい痩せました。

有吉さんも、飲食リストを作って、奥さんに見せれば、から揚げを食べても、「このぐらいは大丈夫でしょう。」と、奥さんに言われるかもしれませんよ。(^^)

(携帯電話のコンツテンツで、飲食リストのアプリケーションが出来るかもしれませんね。(^^))

投稿: から揚げのクオリアby片上泰助(^^) | 2009/10/17 2:02:47

(この世は仮の宿?)
皆さんいいお顔されてますね♪
(^o^;)
茂木さんいつも禁断の唐揚げを有吉さんにさしあげて、実は遊んでませんか?!
さて本日は~国立能楽堂に~観世清和師の~「江口」を見て参りました!
(・ω・)/

江口の遊女が実は普賢菩薩の化身で、仏教の無常観と我が身の儚さを謡いながら、最後は普賢菩薩そのものとなって白光と共に西の空に帰るという、神々しくも荘厳なお能でした♪
やっぱり観世流は神憑りといいますか、底力があります~!!
シテの内面から光が差してきて、えもいわれぬ「花」が顕れるのですから。

俗から聖への昇華は「マグダラのマリア」にも通じますね♪
女性による魂の救済って、ワグナーにもありましたでしょうか??
人類共通で無意識に内包しているテーマかもしれません。

「それ十二因縁の流転は車の庭に廻るが如し、鳥の林に遊ぶに似たり、前生また前生かつて生々の前を知らず、来世なほ来世さらに世々の終わりをわきまふる事なし」(江口より)世阿弥万歳~
ではお休みなさい♪

投稿: 眠り猫2 | 2009/10/17 0:07:26

茂木健一郎さま

書籍が発売されましたら時期をみて購入させて頂きます。

今晩の半井小絵さんの気象解説を凝視、日曜日の釣行は大丈夫そう、土曜日の前日、磯屋さんに電話をして、撒き餌の予約をします一人、一人、撒き餌のブレンドは違うので私の場合は、沖アミエビ3キロに、サナギのミンチ3キロ、付け餌の沖アミエビブロックと釣り場で入れる釣り用パン粉です。

海に落水の怖さ
半井小絵さんの気象解説後の映像、過日は兵庫県のスキー場でした、今晩は、防波堤から海に落水したシカの映像でした。無事に救助されたシカ
良かっですが海に落水の怖さです。

防波堤でさえもライフジャケットは必ずと思います。

釣り竿も、今までとは一味違いますか私、強い引き込みをするお魚を今回以降からは釣り上げる気持ちで茅ヶ崎に参ります。

眠くなってきましたので就寝とします。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/10/16 23:58:22

人の温かさが、ふとした時に心にしみます。
ありがとう!って思います(*^_^*)

私たちは、一人で生きてる訳ぢゃないから…完璧にすべてやろうとすると、どこかどこかに無理がかかる。ほかでもない私も、そう。

目は、心の鏡って謂われていますから、目がきれいな人は、素敵な方なのでしょうね(o^∀^o)

投稿: 奏。 | 2009/10/16 23:40:43

ありよしさんの唐揚げもぐもぐ姿が見れて嬉しいです。
う、嬉しそう・・・!こちらまで嬉しくなってきます。(笑)
そして、本が気になるので、さっそく探して買ってみます!

そして、すやすや眠る茂木先生・・・!
司会者が眠りに落ちるというのは今まであったのでしょうか!?
自然に眠っても、先生だからとれる笑いですね。
私だったら、怒られている所です。
そしてよくも怒ったなー!って、
いつでも、自分がしたすかしっ屁をその人になすりつけられるようにと、
今頃、お芋をたくさん頬張ってる所です。

投稿: あつみん | 2009/10/16 22:15:01

「ディレクターズ ノート もうひとつのプロフェッショナル」書店に並ぶのが今から楽しみです!

今度の放送で、茂木さんのスヤスヤ寝顔も、見るのが楽しみですね♪

きょうの日記も、素敵なショットが載っているなぁ。

有吉さん&山本タカさん&スタッフの皆さんのショット、茂木さん&タカさんのニコニコおちゃめショットが素敵です!

毎回『プロフェッショナル』の製作に取り組まれる皆様は、本当に笑顔が素敵な方々ばかり…真剣な中にも、和気藹々といった現場の雰囲気が浮かんでくるようです。


>twitterの和訳(おかしな訳になっていたらお許し下さい)…人生の最も大きな偶有性は、貴方が明日の光を見られるか、あるいは、そうでないかである。<

…今こうして、PCに向かってタイプしているけれども、この途中で心臓が麻痺してしまうかもしれないし、寝ているときにも呼吸か心臓の鼓動が止まったりして、明日の太陽を見る事無く、布団の中で冷たくなって死んでいくかもしれない。

まさに縄の如くあざなえる“生と死の交錯”の中に、私達の人生行路が組みこまれているのだ。

今は経済的に貧窮し、それがもとで死んでいく人も後を絶った験しがない時代で、現代の我々も、戦国武将が引き受けてきた、厳しき生死の偶有性を退きうけざるを得なくなってきたに違いない。

なんにせよ、人はこの偶有的性質から、完全に逃れられはしないことを覚悟して、出来れば比較的前向きに生きるに超したことはない、と思わざるを得ない。

…茂木さん、住吉さん、そして有吉さんはじめ「プロフェッショナル」製作チームの皆様、これからも見るものに深く温かい感動を与えてくれる番組造りを期待しています。

くれぐれもお身体には気をつけて、頑張って下さい…!

投稿: 銀鏡反応 | 2009/10/16 21:51:18

茂木先生、無事救助,生還おめでとうございます(^^)

遭難を経験するなど、めったにできないことです

それも遭難中、テレビドラマのシーンの
寝るな!寝てはだめだ!眼を覚ませ~~~!っと
叫ぶ光景が目に浮かびます

仮想とは言え、そこですやすやと眠る遭難者茂木先生
やはり、わたしの想像とおり、茂木先生は大人のモモ!?

またですが、私がもし神様だったら、
起きるまで寝かせてあげたいとおもっても、やはり
まだ死なせられないからと、優しい声で起きなさ~い
めざめなさ~いとの合図をおくるでしょう、

私は、春先から頚椎と脊椎の神経節に何かの原因があり、
肩~手の指までの激痛に襲われ
、入院後、半年療養の後、現在80パーセントほどの回復状況です

ペインのベットで注射を喉に打ちながらの日々でしたが、一番ひどいとき個室に遭難状態でした、

遠くで・・・・さ~ん・・・・さ~ん
聴こえま~~か、大丈夫で~~すか、どんな感じ~~すか~~って
声が聞こえます

私は先生の声かけに半分死に半分この世にある状況を、つきたてのお餅の上に寝かされて、身動きができませ~~ん起こしてくださ~い、
起こしてくださ~いと、小さな声で言い続けていたそうです

脳科学について、まったくの無知な私、
偶有性の理解もできない私ですが、生と死の交錯の経験は

眠りと目覚めの繰り返しに私達の心に認識され
目覚めの時の、ああ、生きていて良かった、という
単純で謙遜な喜びを感じさせてくれるのかもしれません

温かなあなたの手のぬくもりに救われたのだという
実感を味わっているのかもしれませんね~~
遭難者の体験は、もしかして実体験かもしれませんね

茂木先生の御生還を、心よりお祝いします、ホホホ・・(*^_^*)

投稿: R.グランマ | 2009/10/16 19:08:37

私は茂木健一郎先生のこと心から愛しています。例え今先生に嫌われていたとしても…。
私は今36才です。でも私は死ぬまで先生のこと愛し続けます。例え生涯先生と会うことができなくても。
来世は女性に生まれ変わって絶対先生のそばにいます。

投稿: 藤本俊彦 | 2009/10/16 19:00:11

茂木さんこんにちは。

北アルプスの救助隊の皆様には、今年の夏、白馬岳で熱中症(重傷)と高山病にかかった息子がお世話になりました。(白馬/永井分隊さんだと思いますが)

無計画な計画を立てた息子のチームリーダーをこっぴどく叱ってくださった隊長さん、迅速な応急処置をとってくださった白馬岳山小屋医療チーム/昭和大学医学部の皆様、街の病院までヘリで運んでくださった松本消防署の皆様には一生、足を向けて寝られません。

過去の事故例によると、1日治療が遅れていたら死んでいたかもしれなかった。

死と向き合った者は人を変える。

この一件を機会に、イキがっていた愚息は、可愛い反抗期を終わらせました☆

この愚息ですが、20年前、産まれた時に夫婦で大ファンの椎名誠さんのご子息の『岳』を命名しようとしていたのですが、祖父母に猛反対されやむなく断念せざる得なかったエピソードを持っています。

投稿: 匿名☆ | 2009/10/16 15:15:29

元気にパクパクな有吉さん、よかったですね~・・☆
サインも素敵です、拝見できて感激~・・☆
これからも、お仕事がんばってくださいね~・・☆

投稿: ふぉれすと | 2009/10/16 11:00:47

茂木健一郎さま

NHKテレビさまと言えば
半井小絵さんとプロフェッショナル仕事の流儀さまです

年末年始
小樽のお手頃価格の宿泊先
ヴィブラントホテル小樽さんの地下の部屋に泊まりスキーの私
独身で一人ですから地下の部屋でも安いのが助かります
書籍、小樽でも買えますよね!

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/10/16 8:29:23

コメントを書く