« 東京大学 内藤塾 | トップページ | Turner Island »

2009/10/01

有吉伸人さんの「ぼく」だけ

新宿にて、俳句についての
取材。

いつも行っている五反田のチェゴヤは、
改装されてしまった。

夜まで長いので、しっかり
食べる。ごちそうさま。

Twitterから

kenmogi
Because all words are ambiguous, there is a space for god. The non-existence of private language ensures His omnipotence.

所眞理雄さんとお話しする。

The Brain Club。

慶應大学の数学修士一年の近内悠太
くんが数学の話をしてくれた。

星野英一がチンパンジーの行動に
ついての論文紹介。


数学について語る近内悠太くん

朝日カルチャーセンター。

『プロフェッショナル 仕事の流儀』
のチーフ・プロデューサー、
有吉伸人さんとの対談。

お話ししているうちに、
こんなことを思った。

そうか、打ち合わせでいつも
有吉伸人さんの橫に座り、
住吉美紀さん(すみきち)
の隣でゲストに話を聞き、
細田美和子さんと仕事をして、
時折第一食堂にいってかけそばに
卵を落として食べる、という
経験をしているのはこの世で
ぼくだけなんだなあ。

何についてもそうだ。
自分の
座っている場所から、周囲の
人をこんな風に見ているのは、
世界でぼくだけだ。

みんなで同じ経験をしている
時でも、見ている風景は
それぞれ違う。

瞬間瞬間に、自分だけのアングルで、
ものの配置で、身体の置き場で
いるのはぼくだけだ。

その時間の積み重ねの中で、
本当に「自分だけ」が
深まっていく。

打ち上げで、有吉伸人さんは
美女に囲まれた。

有吉伸人さんの「ぼく」だけ。


美女に囲まれる有吉伸人さん

プロフェッショナルのスタッフに、
「来るな来るな来るな」と言って
いた有吉さん。

それが効いたのか、本当に
誰も来なかった。

そのかわり、花束が来た。

お祝い スタッフより
プロフェッショナル対談 
有吉伸人様。

有吉さんの「ぼくだけ」
がまた一つ増えた。



スタッフからの花束。



講座が終わって、ぼくのリュックを撮影する
ブルータスの「フクヘン」、鈴木芳雄さん。

10月 1, 2009 at 08:26 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有吉伸人さんの「ぼく」だけ:

» 第414話 自分を創る 1 トラックバック 進化する怪物たち
おはようございます。 東側の窓から 眩いばかりの日差しを 感じながら またしても 懲りずに。 朝は 新聞を読み そして 茂木さんのブログ そして 日誌 これが 私の脳のスタートです。 「あ これ 何か感じる」と それから その言葉を 自分なりに置き換えます。 今日は 茂木さんのブログの中から  「ぼくだけ」という表現に アンテナが 動きました。 現実の世界だけの 自分だと思うと 会社に行って 学校に行って 皆 同じような1日でも その人からしか見えないものは その人だけ つま... [続きを読む]

受信: 2009/10/01 9:32:57

» ボクはボクですから・・・ トラックバック 大きな国で
わいわいがやがや とサルバドールで話をする。 日本人だけ集まって 語らう会である。 ところが 昨夜は 日本語が日本人よりうまい「デビ」という フランス人の青年が 加わっていた。 彼は お酒が嫌いで 普洱茶を飲みながら・・・ 話に加わっていた・・・ デビくんは....... [続きを読む]

受信: 2009/10/01 9:35:41

» 秋のスタンプラリー トラックバック 須磨寺ものがたり
今日から、10月にはいり、 いよいよ観光シーズンの幕あけ、 須磨歴史紀行、 秋のスタンプラリーが始まります。 [続きを読む]

受信: 2009/10/01 10:30:48

» 体調不良 トラックバック 御林守河村家を守る会
(写真は松陰幽囚の杉家) [続きを読む]

受信: 2009/10/01 12:05:30

» ぼくときみと トラックバック POPO
見つめ合って 愛を確認するのも素敵だけど 向かい合ってばかりでは お互い違う景色 [続きを読む]

受信: 2009/10/01 21:50:18

コメント

こんにちは。はじめて書き込みさせて頂きます。


「ぼくだけ」の積み重ね、とても感慨深く読ませて頂きました。

というのも、木曜日の出勤途中、通り越しににこにことスタッフの方とお話しながら
歩いている茂木さんを拝見したばかりで!あの時のアングルは「自分だけ」のもので、
この記事を読んだタイミングとシンクロしてむず痒いような、
それなのに心地よい独特な感覚に襲われます。

と言ってもシンクロを感じているのも本当に「自分だけ」。

たまたま記事を拝見してさらに「自分だけ」深まったのですね。

投稿: | 2009/10/03 5:49:00

一人ひとりの人と話、同じ時間を過ごすにつれて、だんだんと関係が深まります。
そんな中で、その人たちが、こんな顔を見せてくれるのは私だからだ〜って、思ってしまう瞬間があります(^_-)
なんだか嬉しい~(^◇^)/


時が経つにつれて、あの人が言った事を何度も自分の中で反芻して、想うこと…ありますよね?o(^-^)o

その想いを大切にして、進んでいます(*^_^*)

投稿: | 2009/10/02 20:43:08

茂木先生 こんにちは♪
有吉さん、目元に優しさ、人柄の良さが表れてますね。人だけに限らず、生きてる物すべてが、自分だけの「ぼく」ですね。遊びに来る猫から見た私、エサ、まわりの繁み、空!すべてその猫ちゃんだけの「ここ」ですね!結局、行き着く所、「命」は一つ!誰も代わりは二度とない。と言うことですよね!?そう思うと毎日、自分だけの今が続いて、生命が保たれているなんて不思議です。みんなの「ぼく」が集まって、それぞれの対角線が交差して、素敵な空間、ひとつの対談を共有出来たこと、ほんとに素晴らしいと思います。それぞれありますけど、思う所は多少違っても、同じ方向は向いていたと思います。先生から見た私は、先生だけの私!??私から見た先生は、私だけの先生!なんちゃって~、そう考えると、照れちゃいます!あっ!だいぶ、それてますでしょうか(笑)なるべく、いろんな場面の自分が、先生の「ぼく」と重なるような場面にあると、嬉しいと思います…笑♪

投稿: | 2009/10/02 15:01:11

茂木先生おはようございます!


記事に習うならば「私だけの」星時間でありました☆☆☆有吉伸人さん、本当に想像以上に素晴らしいお方だと実感させていただきました。 笑顔も本当に可愛らしい。先生が゛チャンスを掴む人はカワイイ人!゛と仰られ゛なるほどー!(゜o゜) ゛と思ってしまいました。


体系的ではなかったのかもしれませんが?プロフェッショナルに対する有吉さんと先生の熱い思いが逆に伝わってきました。伝える伝わるというのは言葉を超えているのでしょうか。


先生、有吉さん、是非とも第2段をヨロシクお願いします。


コメントまとまりませんが(>_<)

本日もよい1日となりますように(/*⌒∀⌒*)/☆☆☆

投稿: | 2009/10/02 7:58:29

茂木さん、Hello♪(^-^)相手の考え方や今の気持ちなどを瞬間瞬間で感じ取る♪時間をかけて感じ取る♪考え直したり変わらなかったり♪合わせる合わせてもらう事も必要だったり♪そこから見えない事♪何かがわかったり♪奥が深いですね♪(笑)私は考えすぎちゃう時が多かったりします♪そんなに気にしていたら生きていけないよと(¨)(笑)でも大丈夫です♪忘れる事もあります♪(笑)それが私です♪(笑)(^o^)уところで、茂木さん♪やばい♪(笑)急がなきゃいけないし♪(笑)シザーハンズ♪(わりとスキな映画)♪づづく♪(笑)(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/10/02 7:12:35

こんにちは

今現在、63億の、ぼくだけ、私だけ、がある。凄い。(^^)

投稿: | 2009/10/02 5:33:43

有吉さんは想像以上に魅力的な方でした…。
あれほど愛嬌あふれた方とは、なかなかお目にかかれない
気がします。
あのちょっと はにかんだ笑顔で頼まれたなら、
男性でも女性でもイヤと言えなくなるのでは

ご一緒の写真もアップして頂いて嬉しいです。
こんなにも自分が柔らかな笑顔をしていたとは、驚きでした。

有吉さんが「これでいいのだ、と自分のやり方を固定化してしまうと
いつの間にかマンネリ化につながり、誰も見てくれなくなるのが
一番怖い」と仰っていました。

本当の敵は、昨日までの自分に安住してしまう自分…
という事なのでしょうか。

常識や思い込みにとらわれがちな私ですが、
昨日までの自分を打ち破るべく 日々を重ねていきたいと思います。

投稿: | 2009/10/02 2:22:12

こんばんは 茂木サン 。
有吉サン お疲れ様でした。写真の有吉サンは ホッとした いい笑顔
いつもは 裏方でのプロフェッショナル の方が
たくさんの方の前にて 緊張されましたか。更に
美女に囲まれ・・・。
しかし この光景前にも 確か 知る限り5〜 6回は
みたことがあるような。皆さん(茂木サン含み)モテモテ ですね。

「・・・だけ」 独占欲や 物欲は きりがないので

あまり そういった表現はしないですね。

投稿: | 2009/10/01 23:26:26

【『プロフェッショナル 仕事の流儀』
のチーフ・プロデューサー、
有吉伸人さんとの対談。】

会場が温かく盛り上がったことが、
皆さまのコメントの、熱いレポートから伝わって
想像できました。
ありがたかったです。

スタッフの皆さまからの花束、きれいですね!
有吉さんへの皆さまの温かいお気持ちが
届いて本当に良かったですね。

【みんなで同じ経験をしている
時でも、見ている風景は
それぞれ違う。

瞬間瞬間に、自分だけのアングルで、
ものの配置で、身体の置き場で
いるのはぼくだけだ。】

本当にそうですね。
自分に見えている風景が、みんな同じように
見えているかどうかは、わからない。
感じ方が様々で、それぞれ違うから
自分の見えている世界は、
世界で一つだけの自分が感じる世界。

それぞれ独自の自分の世界を持ちながら、
その世界が集まって、多様な見え方の大きな世界が
出来ているのかもしれないですね。

茂木先生のカバンの中身のお写真、番組のように、
まさに「プロフェッショナルの七つ道具」ですね。
貴重なものを見せて下さって、ありがとうございます。


投稿: | 2009/10/01 23:15:42

茂木健一郎さま

今晩の半井小絵さんの気象解説

半井小絵さんに心、救われました元気が出ました私

半井小絵さんが概況を読まれている時のお手元にの原稿、普段は映らない
私、それで元気にでした
今日は、なんだかな、ということで元気がなかったので
半井小絵さんにとても感謝の私です。

投稿: | 2009/10/01 22:09:40

人間って、何時もその人にしか持っていない「ぼく」だけ「私」だけ、のアングルでものを見ているものなんだなぁ。

ただ見ているだけじゃなくて、その人の人生を生きている。

有吉さんには有吉さんだけのアングル、茂木さんには、茂木さんだけのアングルで、ものを見つめ、ものを考え、ことを実行し、人生を生きている。

人間、自分だけのアングルの中で、他から来るものを感じるけれど、個々人によって物事の感じかたはさまざまなのだ…。


ところで、自分は、ものを見る時、自身の眼が「テレビカメラ」になっているように感じることがある。

人を見るのも、ホンを読むのも、まるで機械的な視点のようだ。

小学生の頃から、そう感じていた。小さい頃からTV好きで、その影響もあるのかもしれないが…。

最近は「TVカメラ」を通り越して「防犯カメラ」になったような気分になることもある。

人間らしい生々しい視点でものを見られるのは、何時の事やら。ひょっとしたら生涯、この視点で生きていくのかもしれない。

有吉さんを迎えてのアサカル対談、おそらく大盛況のうちに終わったかと思われます。

有吉さん、そして茂木さん、本当にお疲れ様でした!

「フクヘン」の鈴木さんが茂木さんのリュックをカメラに撮ってらっしゃるスナップショットが、なかなかいいですね。

結構沢山入ってらっしゃるのに、驚きました。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/10/01 21:58:55

茂木さん、昨夜はお疲れ様でした。

有吉さんとの対談、普段テレビを観ない私ですけれども、大変面白く拝聴させて頂きました。
長い収録時間やロケの編集の仕方、ノイズのカット、番組自身やテーマソングのできるまでと、笑いたっぷりの対談の中にいろんな情報が散りばめられていて、なるほど~、と思うところがたくさんありました。

プロフェッショナルの収録は、有吉さんの長い年月で鍛え抜かれ、身に付いた的確な指示とセンスに支えられているのですね。

素敵なひと時をありがとうございました。
温かくてお優しい有吉さんが作られる熱い番組が、ずっと続いていくことを。。。

投稿: | 2009/10/01 15:09:58

有吉さん・・☆
 お姿を拝見できて、とっても幸せでした、ず~っと目がハートだったと思います、本当に念願かなった気分です。
 茂木先生のおっしゃるとうり、「♪かわいい♪」が前面にでていて、だけど、隠しきれないチーフ・プロドューサーのお顔もあって、その表情の変化に見入ってしまいました。
 これからも、大好きな唐揚げをパクパクお召し上がりになって、時には、ゆっくり睡眠タイムがあるといいですね・・☆

茂木先生・・☆
 茂木先生にお目にかかるのは、今回で2度目ですが、やっぱり素敵、ますます素敵・・と思いました。
 有吉さんの魅力が自然と引き出されていて、恐縮ですが、さすが番組キャスターって納得の展開でした。
 脳科学とドキュメンタリーのつながりに、じ~んとしつつ、だからこその「視聴者」でいられることに感謝しております・・☆

最後になりますが・・☆
 お二人の、強くて温かみある信頼関係に触れることができて、すごくいろいろなものを頂けた気がしました、本当にありがとうございました、とても楽しかったです。
 これからも、「プロフェッショナル 仕事の流儀」のメッセージが、沢山の人々の心に届いて、残りますように・・☆

 

投稿: | 2009/10/01 14:52:20

小さな頃から知ってる近所のおばあちゃんが、遊びに来ている。 1年くらい前から、ほぼ毎日のように来てくれる。 そこのおじいちゃんは、2週間ほど前に、亡くなった。 ここは、年寄りがとても多い町だから。

投稿: | 2009/10/01 14:40:36

落葉樹螺旋の時を映す道
って素人ですが。落ち葉が風の形を作っているのをみて…。俳句勉強しようかな。

投稿: | 2009/10/01 14:09:39

茂木健一郎様
茂木さんの「ぼくだけ」をたくさん読ませていただいている
わたしたちの「わたしだけ」のなんと深まることでしょう。
どんどん幸せを感じるかた元気になるかたが増えて行きますね。
なんて素晴らしいことでしょうね。感謝しています。

投稿: Yoshiko.T | 2009/10/01 11:58:37

茂木さん、こんにちは。
昨日もお忙しい一日だったのですね。

昨日の「有吉さん」との対談は、とても楽しく拝聴させていただき
ました。
「それぞれが同じ体験をしていても、見ている風景はそれぞれ。」
ですか?・・・ごもっとも!ですね。(笑)

昨日の「私」の席からは、「有吉さん」のお顔しか拝見できません
でした。
茂木さんが立ち上がった時に、「あ~、見えたっ!」って感じでし
たがー。(笑)

音声上の「リップ・ノイズ」を消すというお話しや映像においては
言葉で伝えにくいものは、映像で表現を!といったお話しは興味深
く聴かせていただきました。

Q&Aの時に最後の方のご質問は、なかなか楽しくて。
「チャンスをものにするには?」と言った様なご質問でしたね?!
茂木さんは、「チャンスを掴む人っていうのは、可愛い人。だから
有吉さん、可愛いでしょ?!」みたいな事をおっしゃっていました
ね。(笑)
「そつが無い人よりも・・・。」と言う表現もされていましたが、
それはそうかも~!って思いつつ、当の「有吉さん」は、ご謙遜さ
れていました。(笑)

現役のプロデューサーの方の「ものの見方」、「考え方」の一端を
知ることが出来てよかったです。

たいへん楽しく拝聴させていただきました。

投稿: | 2009/10/01 11:56:12

茂木先生 こんにちわ

お久しぶりです
ヤット 課題提出が 終わりましたので
また これからボチボチと
茂木先生のブログへの コメントを 送信させていただこうと思います


ウーン 本当に そうですね。
1つの点の上に 2つが立てないように
今 この時を どぅ過ごすかも 自分次第。


茂木先生の おっしゃるとおり
>”自分だけのアングルで、
ものの配置で、身体の置き場で
いるのはぼくだけだ。

その時間の積み重ねの中で、
本当に「自分だけ」が
深まっていく。”

・・本当に そうかもしれませんね。


それを感じると 行動や 習慣などを
これからは 気づいた時だけでも
無意識ではなくて 慎重に選ぼうかしらと思います

人間って 面白いナァ。
生きていくって 面白いです

投稿: | 2009/10/01 10:44:14

茂木さん、おはようございます。
今日のブログを見て、以前写真家の方に“みんなで1つの同じもの見ていると思ってるけれど、実はみんなそれぞれ違うものを見ているんだよ”と言われたことを思い出しました。
1日一緒に行動して、同じ風景を見、同じものを食べても、なにひとつ同じ経験はしていないのですよね。それぞれのオリジナリティー、大切にしたいと思います。

8日にプロフェッショナルの観覧に伺います。楽しみにしています。よろしくお願いします。

投稿: | 2009/10/01 9:51:45

コメントを書く