« プロフェショナル 村田浩治 | トップページ | Private language of music »

2009/10/14

「あっ!体験」

北米神経科学会(Society for Neuroscience)
のポスターつくりを、
みんなでやっていた。

ぼくの前には、石川哲朗が
座っていた。

石川は、決して、はぐれることが
ないのだそうだ。

Open-Ended 

しばらく経って、ぼくは
思った。

「しかし、石川くん、あれだねえ。
ぼくは、こうやっているのが一番
楽しいねえ。」

席を立って、コーヒーを
入れにいく。

そうやって、リズムができる。

コーヒーを入れて、
戻ってくる時に、ぼくは
「あっ!」と叫んだ。

ぼくはこのところ、不思議な
認知現象に気付いていた。

仕事をしていたり、街を
歩いていたり、あるいは
ご飯を食べていたり、人と
話していたりする時に、
突然「あっ!」と叫び声を上げる。

近くに人がいると、「どうしました?」
と聞いてくれる。

事情がわかった人は、
「茂木さんまたか」と思う。

つまりは、やらなくてはならない仕事とか、
締め切りとか、そのようなものを
思い出した瞬間なのである。

To do listはつくらないし参照しない。

頭の中に、何をいつまでにやらなくては
ならないというイメージのような
ものがあって、それが時々
地底から上がってくる泡のように
浮かんでくるのだ。

「これはさあ、どういう認知神経回路の
動作だと思う?」

オレは石川に聞いた。

「そうですねえ。」

石川は考えている。

基礎データをとらなくてはならないから、
ポスターをつくりながら
記録をとった。

「あっ!」と叫んだ時刻と、
思い出した内容をメモする。


16時48分 ユリイカの原稿締め切りのこと。
16時59分 博士の予備審査のこと
17時17分 NHK出版の取材のこと。
17時23分 木村秋則さんのこと
17時25分 メールを送ること

記録をとっている間に5回。

「あっ!」と叫ぶ時間間隔は、
11分、18分、6分、2分
であった。

これはアハ体験ではなくて、
「あっ!体験」だ。

マルチタスクの過酷な状況に人を
置いて、to doを想起させるように
すると、統計性がわかるかもしれない。

ごくろうさま、とみなでわに屋に
行った。

君い、秋は日本酒がしみるねえ。

どこか遠くの方で、すすきの穂は
揺れているのかしら。

10月 14, 2009 at 07:07 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あっ!体験」:

» 第439話 茂木さんのブログから トラックバック 進化する怪物たち
今日も 1日が 自由に使える。 微妙探しのおかげで 近頃 朝から やる気満々  やっぱり 朝のスタートは 茂木さんのブログから 今日の「テーマは あ!体験」 1日の中で 「あ 思いだした」とか         「あ ひらめいた!」とか 頭の中では 何十回も 起こっている事だけど   「あ!」と声に出すところで その 脳の中に浮かんだ瞬間を   意識できる。 今日は 時間と 浮かんだ事を とことん 書いてみよう。 自分の周りの微妙探しもいいけど 何より自分の中の 微妙を見つめるの... [続きを読む]

受信: 2009/10/14 8:11:39

» 守るのは、働く者の誇り 弁護士・村田浩治 トラックバック 須磨寺ものがたり
働くひとを守るために、 困難な闘いに挑み、 「勝つまで、死ねない」と、 日夜労働問題に立ち向かう一人の弁護士。 [続きを読む]

受信: 2009/10/14 11:54:45

» 余裕 トラックバック POPO
期待に応えようと しすぎなんだ 優等生にならなくていい コントロールしようと し [続きを読む]

受信: 2009/10/15 0:46:00

コメント

「あっ! 体験」

思い出せるうちは まだ大丈夫ですか?

投稿: | 2009/10/24 13:28:02

茂木健一郎さま

おはようございます

あっ!

という間に朝!

昨晩の半井小絵さんの気象解説の後、エンディングで兵庫県のスキー場のこと

神鍋スキー場でしたか

人工降雪機で今から準備され1ヶ月後にオープンとの
準備期間は、あっ、という間ではなく
地道に。

起床します窓からみる東京は町田市の空
幾分かの雲ですが晴天なりです。

投稿: | 2009/10/15 6:54:58

人の罪は、脳の罪なのか?という問題に対し、
自分なりに何か話さずにいられなかった思いだけで書いたような
拙いコメントを載せて頂いたのが、いつだったか。
脳の罪を、その人の罪とするわけにはいかない、という思いと、
たとえ脳に原因があろうとも罪は罪である、という思いが、
せめぎあっていました。
それは、子供の頃から私自身に絡み付いていたような、
今もそうであるような、問題だったからだと思います。
自分が周りの人と同じように”普通に”できない事に直面し、
そのせいで周囲が困惑したり、自分が劣等感を感じる時、
言葉にならないような感情を持ってきました。
大人になってから、それを言葉にするなら、
私には罪があるのか?ないのか?ということだと分かりました。
9月になって、思いました。
結論としては、私には罪がある、と。
でもそれは、社会人として求められる行動やマナーにおいてであり、
「人間」という、もっと大きなルールにおいては罪はない、とも思いました。

そんな夏も、台風も、とうに過ぎ去り、
先生方は北米の学会へ行かれるのですか。
それでは、明治大学での秋の講義は、まだ先ですね。


「あ!体験」の、
あ!と驚いている声や雰囲気は、
それがそうと分かるためには、
見た人の脳でも、驚きに相当するニューロンが働いていると
考えてよいのですか?
また、
どうしました?と尋ねる人と、
またか。と思う身近な人とでは、
それぞれの脳の中で、どのような違いが見られるのですか?

投稿: | 2009/10/15 4:16:49

茂木さん、Hello♪(^-^)「っあ♪」今日はちょっぴり腰が痛いのです(^.^)この休みの日に部屋の掃除とテーブル&イスを探しに行こうと私の中で前から予定していたのです♪とっても気に入ったテーブル&イスがあったので(^o^)у持ち帰り♪掃除も出来たし模様替えにもなって♪いい感じ(^o^)уお紅茶が美味しいざます♪「っあ♪」最近お肌が少しだけ乾燥(^.^)(お風呂上がりとか(笑)してきたのがわかるのです(笑)茂木さんは大丈夫ですか?♪(笑)クリームとか要らないですか?♪(笑)ホントにぃ?♪(笑)「そっか♪」(^o^)уところで、茂木さん♪「っあ♪」危なかったですか?♪ワニさんがっ♪(笑)(^3^)それでは茂木さんまた今度です。

投稿: | 2009/10/15 2:01:12

歴史がどうであっても現在に影響がないならば。すべては同時に存在していて私が過去未来という時間概念を持つならば。ニューロンの発火
その神経回路
過去を残した文献は人によって創られたものならば
なくても生きられるのに培った?
其の卵其の精子でなくても私だった?
私じゃなかった?いいえ、遺伝子が丁度呼び合う。遺伝子交雑。
たくさん種類を作らなくては。
地震、飢餓、洪水、天変地異、隕石、津波。
全ては夢、そして幻覚だよ。
お金がつきた時が私が死ぬとき。カレン。
――私は夢を見ている。
早く気付いて、あなたは死んだのよ。
死んでもなお、精神を読まれ続ける。
過去がない。未来もない。あなたはわたしの現在しか知らない。現在と現在が出会うなら、過去こそが私なのか。未来を持たないならば、

全て現在にあるかもしれない。
だが一話完結なら、儚い一回性。何かを繋いできた。遺伝子?英雄伝説?家宝?
ねぇだけどいったい何時までいつから続くストーリーを共有し、
あなたは過去と繋がりたい?
だって今一人だし、彼は過去だよ。
未来を想う、いつか包容が待っているから、金銭のための婚姻も、身売りもしないから
寂しさを埋めるために近くにいる人に触れたりしないから
悲しくても死んだりしないから
たとえ甘き死が私を誘惑しても
ずっと独りだったよ
歴史は記憶と対話する
中国残留孤児
人間から学ばない学問は…………
突き放して突き放すから進めるのに
歩けないくらい痛いのは何故?

投稿: | 2009/10/15 0:38:24

茂木健一郎さま

今晩の半井小絵さんの気象解説前

古橋さん、という方のお別れ会、一般の方々も参加されたとのニュース、流されてましたが
そんなニュースよりも

半井小絵さんの気象解説をきちんと拝見
今晩も素敵な雰囲気の半井小絵さん
そして
あ!スキー場!
人工降雪機での準備映像
私は日本水泳連盟の会員でもないしスキーなので全日本スキー連盟正会員ですのでスキー場の映像に心が弾みました

兵庫県のスキー場の映像
きちんと半井小絵さんの気象解説を凝視の直後にスキー場の話題でしたので嬉しい気持ちでした

兵庫県のスキー場とのニュース
私も兵庫県のスキー場に行ってみたいな!

私は北海道中心のスキーですが兵庫県のスキー場も同じスキーなんですからね。

独身の一人でスキー

北海道は小樽のお手頃価格の宿泊先に泊まりスキー、真面目にスキーの私です。

古橋さんとかいう方のお別れ会ニュースの時間が長いなと思いました私は。
そして半井小絵さんの気象解説に画面がかわり
恰好よい半井小絵さんを拝見の後、兵庫県のスキー場の話題でしたこと
スキーが大好きな私
本当に嬉しい話題
兵庫県でスキー!
素敵な話題でした。

なんだか嬉しい本当に
エンディングが
スキーの話題でしたことに。

あ!スキー場!

画面を見ながら私は、でした。

投稿: | 2009/10/15 0:16:30

ポスター作り、お疲れさまです(o^∀^o)
大変ですが、みんなでするから、楽しみもありますね(^_-)

私も、「あっ!」って思うことがあります。仕事中もありますが、のんびりしている時に思い出すことが多いように思います(;^_^A

思い出しては、変な時に思い出してしまったと感じ落ち込んだり、明日頑張ろう!と思ったりしています。

投稿: | 2009/10/14 23:16:43

こんばんは 茂木サン 。
サイダーの泡のように はじける。 爽やかな感じですね。

イメージがしっかりおありだから 思い出せるのですね。

多分 リスト化したら あまりの 仕事の多さに
やる気無くしそうです(私の場合)

だから システム手帳には 全部は書きません。

この頃 本屋に来年のカレンダーや 手帳が 並び始めました。

私のお勧めは

「かげ山手帳 K diary 」
です。 二千円で 色は黒と 柿色 。

一日の時間管理や チェックリスト。等 手に取ってみると その使い易さが実感!です。

もう三年ほど 使っています。来年用に今のうち購入しょうと思います。

新しい手帳に はじめに何を書くか ・・・ 楽しいですね。


茂木サン流に もっと自分の脳-力 を 信じ 鍛えましょう! ですね

投稿: | 2009/10/14 22:26:15

午後7時台に、4チャンネルを見ていたら、有名人(芸能人)秘密のお取り寄せ特集なるものを放映していて、その中に、何と茂木さんが出られていた。

ご紹介の「うなぎの山椒煮」を、お茶漬けにして美味しそうにかっ込まれる茂木さんが、元気いっぱいにご飯を食べる昔の子供に見えました(^0^)

口の横に、ご飯粒をくっつけていらしたのが何ともご愛嬌♪でした。

個人的には、山椒煮の入っていた素焼きの丸い器が気になってしかたがなかった。あれを何かに、使えないかな?と思った。

「アハ!」ならぬ「あっ!体験」、なかなか面白いエピソードですね。

やり残した用事を、フトした瞬間にパッ!と思い出すのはよくある事で、その瞬間、認知回路がどんな活動をするのだろう。

脳研究を生業にしない自分のような素人でも、すこし気になることではある。

深まる秋にご多忙を極められている先生故に、お身体何卒御自愛下さい。また新型インフルエンザが流行ピークゆえ、何卒ご用心なされますよう。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/10/14 21:14:40

茂木先生 こんにちわ

「あっ!体験」なのですね。
面白いですネェ
そう言うところも 含めて 人間の脳って
マダマダ沢山の引き出し・・それも色々なファイルやアルバムや予想図や設計図
etcが 入った引き出し が あるのでしょうね

私の「あッ!体験」は
(ッ になっている事が 違いますよ?
私は must do な memo は 取る事にしているので・・エヘ)
音楽を 聴いている時に 起こります。

どう言う事かと言うと
1つは
◆最近 新しく ウォークマンを買った事
もう1つは
◆以前から持っていた とあるアルバムの リマスター盤を 入手した事
などに くくれます

どぅ あッとなるかと言いますと
”今まで 聴こえなかった音が 聴こえる
(デジタルって スゴーイヽ(・∀・)ノ)

そして また
”とある思い出や 予想・予感などが 引き起こされ OR 湧きあがる”
のです。

・・人間って 面白いですね。
そして ヤッパリ
音楽って 素晴らしいですね

ps.ちなみに この間 その時は 私は突然目を上げたので
電車で正面に座っていた人と 目が合ってしまいました
・・私 目がおっきいので キット ビックリしたと思います

投稿: | 2009/10/14 20:10:33

茂木先生、ちょっと肌寒い夕暮れです

37分間に5回の、あっ!

私も兼業主婦の若いママのころは
目覚めると、眠るまで、あっ!あっ!あっ! 連続でした
きっと、パパより、記憶をモーラしておかないとやっていけない
家庭運営の責任者のママは、あっ!が必然だったのですね、

37分に5回の気付きは、羨ましい脳の回転
あっ!選手権なさると 面白いかも知れませんね
応募者が理解できればですが・・・
どんな統計が見えるでしょうね

あ~~  は~~  へ~~  ほ~~ になると
アドレナリンは穏やかに放出されるのでしょうね・・
私、瀬戸際です・・(^^) 

ミヒャエル・エンデの モモ 子供達と読んだ日が懐かしいです
古代の円形劇場の廃墟にちょこんと座ってたモモ
何処となく風貌が茂木先生と似てるような・・

どんな少年でいらしたんでしょうね、天才少年?
空を見上げてるような少年・・?

芒の新しい穂がゆうらりゆうらり・・
夕陽に光っていましたよ・・

芒の春は秋なんですね・・


投稿: | 2009/10/14 18:01:01

これだけ見ると、「あっ!体験」を意識し始めると、「あっ!体験」に関係する神経回路が活発化して、頻繁に「あっ!」ってなるようになっていっているように感じますね。
今度は被験者に知らせず、こっそりメモを取ってみる必要がありますね。

投稿: 岡島 義治 | 2009/10/14 17:54:16

こんにちわ。今日は少し元気です。

投稿: | 2009/10/14 10:15:32

とっきっき~の郷にすすきは揺れていますよ茂木先生。

「お買い物メモ」「やること一覧」「明朝やることメモ」・・・
メモしておかないと不安で、メモがあれば安心!間違いない!!とメモ
る事に頼り切っていましたが、NHK収録の日を境にいっさいやめました。
潔くやめてみたらアラ不思議!
ちゃんと浮かんできます!ぽっぽっと。
思い出そうという意識が無いのになんとなく結構良いタイミングで
『あっ』と。
実は私、このアッと思った時のドキッする感じが風船が割れた時にドキドキする感じに似ていて苦手だったのですが、脳をぴちぴちに保つ為ならパックだと思って頑張りま~す

投稿: | 2009/10/14 9:56:49

おはようございます♪

今朝も爽やかな朝ですね♪

茂木さんの「あっ」は神さまのお告げみたいです(≧▽≦)ぷぷ。

緻密なスケジュールが全部頭に入ってるなんて凄いです

でも最近新刊の紹介はブログでされなくなっちゃったんですか?(・ω・)/?

本屋さんに行くといつの間にやら茂木さんの新刊が出ていて~ちょっと不意打ちです(笑)

昨晩は林望先生の「帰宅の時代」(新潮社)を寝る前に読みました♪

林望先生も知的に本質的で、「ああまさしくその通りだな。ウンウン」って共感しながら拝読しました。

林望先生もピーンと筋が通っていらして、「しなやか強い」方だなぁと思いました。意志貫徹!

やっぱりこんな時代だからこそ、「しなやか強く」ならないといけませんね♪

茂木さんが「セレンディピティの時代」で仰っていた「8勝7敗」精神で!
(セレンディピティの時代は読むと元気になります♪)

秋はお酒が美味しいですね♪
「白玉の歯にしみとおる秋の夜の酒は静かに飲むべかりけり」でしたっけ?

牧水はいいですよねぇ……しみじみ
では今日も良き日を…♪

投稿: | 2009/10/14 8:11:52

あっ!の瞬間て、本当に不思議です。
タイミングよくきてくれるのも不思議です。
頭の中って、本当に不思議です。
どうなっているのかなあ~・・?

投稿: | 2009/10/14 8:04:46

すすきの白穂がゆれています。
月明かりの中であわく輝く生き物のように
ゆれています。

夜の写真は撮れませんから
晴れた日に写真を撮って
ブログにUPします。

投稿: 河村隆夫 | 2009/10/14 7:41:03

コメントを書く