« Watershed | トップページ | チーズケーキ »

2009/10/06

プロフェショナル 三友盛行

プロフェッショナル 仕事の流儀

立ち止まり、足るを知る
~酪農家・三友盛行~

結局、自然環境を大切にするという
ことは私たち自身の生き方を見つめなおす
ということなのだろう。
人間は愚かで、中途半端に賢いから、
部分最適を図って結局は歪みを
招いてしまう。

三友さんの静かな革命。

今、なぜその仕事ぶり、生き方に
注目が集まるのか。

そこに、「本当のこと」があるからだ。

NHK総合
2009年10月6日(火)22:00〜22:49

http://www.nhk.or.jp/professional/

すみきち&スタッフブログ

最先端でも時代遅れでもない
“真っ当な”生き方
酪農家・三友盛行
(produced and written by 渡辺和博(日経BP))

10月 6, 2009 at 08:19 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェショナル 三友盛行:

» 酪農家の三友盛行 NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』 トラックバック ねぎぽか
10月6日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、酪農家の三友盛行さんが出演。 [続きを読む]

受信: 2009/10/06 8:35:10

» 次なる社会 トラックバック POPO
農業社会は食糧が社会基盤だった 工業社会になって エネルギーが社会基盤になった [続きを読む]

受信: 2009/10/06 22:51:01

» 自然と向き合って生きる酪農家・三友盛行さんの生き方はすばらしいです! トラックバック 星の王子様の宝箱
こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   今日 [続きを読む]

受信: 2009/10/06 23:41:26

» 富山和子さん講演 トラックバック bummei harada ウォーキング Eye
水と緑の国・日本〜地球環境問題と日本の役割〜 “九条の会・岩国”が主催する環境問題講演会「水と緑の国・日本〜地球環境問題と日本の役割〜」という富山和子(評論家、日本福祉大教授、立正大名誉教授)さんの講演を聴いた。富山さんは知る人ぞ知る水の専門家でありながら、幅広く日本文化と歴史を語ることのできる評論家でもある。特に水問題を森林林業にまで深めたこと、「水田はダム」の理論でも知られ、「日本のレイチェル・カーソン」とも呼ばれている。著書『水と緑と土』は環境問題のバイブルとされ、30年を超えるロングセ... [続きを読む]

受信: 2009/10/07 13:33:47

コメント

三友さんの生き方って本当に無理せず楽せず、昔あった人間の
素朴な生活をしていらっしゃいますよね!
見ていて何だか感激でした。
今の世の中もどことなく殺伐とした雰囲気が漂っていますが、
今一度農業でも酪農でも、自然と向き合える在りし良き日をどこかに
取り戻して欲しいと思います。
「農民としてベストを尽くす」という言葉を聞いて、ああ、この人は
農民であることにこれだけ誇りを持っているんだなと思って驚きました。
これからも三友さん、素敵なライフを送られて欲しいです!!

投稿: Y.Y. | 2009/10/13 17:47:09

三友盛行さん

遅ればせながら番組を先ほど拝見しました。

三友さんの農場はそのまま理想の小宇宙ですね!

国家作りにも応用できるのでは?

自然の中で「生かされている」タオなる楽園。

三友さん、がむしゃらの全身全霊の20代があったから、御自身の理想を体現された「今」があるのですね。
三友さんの内なる「神」が体現されていると思いました。

トルストイの「光あるうちに光の中を歩め」の世界。

自然から切り離されてはいけない。
「私達は生かされている」
「立ち止まり、足るを知れ」
「農民としてのキョウジ(誇り)を守る」
心にエコーする三友さんの在り方と御言葉です。
自然に逆らってはいけないのですね。

自然の流れの中に委ねて寄り添って生きていくこと。

三友さん、素晴らしい生き方を見せていただき、ありがとうございました!

可愛い可愛い牛さん達にも感謝です♪


投稿: 眠り猫2 | 2009/10/13 2:04:51

酪農家 三友盛行サン 素敵 ですね。
温かい方です。
牛たちを 同じ生き物として 大切に育てています。牛や馬の目は かわいい。 感情は発信しているから、三友サンには 牛サンの気持ちが解るのでしょうね。

今回の三友サンを拝見して、
立ち止まり 考えること

自分のフィールドを改善し、大胆な切り口で 行動しょう と思いました。
三友サン、ありがとうございます。

それから すみきちサンの ナチュラル ? いえ ナチュナル ? メイクは グッド です。

投稿: サラリン | 2009/10/08 10:27:50

2009年9月28日、後発隊最後の親牛達、クリーム、さゆり、留留、光、ミイル、乃乃、美美、バウ(『24:ジャック・バウアー』より)貴子、萌を見送り、我が家では50年続いた酪農業務を終了しました。その二日後に残された子牛達、名前はミニー、ヘイリー、ポーラ、鈴(すず)ちゃんを見送りました。会社の支社長と次長にご協力とご理解をいただいて、月末にもかかわらず休暇をいただき、生まれた時からいた牛達との別れに立ち会えました。彼女達に会いたくて会いたくてたまらない中、この番組を拝見し、更に会いたくてたまらなくなって・・
私は牛達には一頭一頭、名前をつけていました。画数まで考えて、出来るだけ病気もせず長生きしてほしくて、気合い入れて付けていました。
茂木さん、牛を間近でご覧になられたことがありますか・・?あの黒い目に見える牛の瞳は、深く蒼く・・宇宙のような色なんです。不思議な瞳・・。その蒼さは深く深く澄んでいて、牛の首を掻いてあげながら、じっと静かに見つめて見つめ返されて・・豊かな時、永遠の一瞬の心地よさにずっと救われて来ました。
出勤の時に振り返り振り返り行く私をずっと見送って鳴いて、帰宅する私の足音に子牛の迎えの声に牛舎からも一斉に親牛達が鳴いて・・なんと豊かな日々だったことかと思われてなりません。彼女達がいてくれたから、弟は東大へ行くこともできました。
時代の流れだとも思いますが、水より牛乳が安いなんて・・。
三友様には彼女達のためにも、いつまでもお元気でいてくださらないといけませんね!!
茂木さん、酪農というテーマを今回選んでいただき、ありがとうございました。

投稿: 薄紅の花咲く頃 | 2009/10/07 22:47:38

茂木先生、こんばんは
あんなコメントを掲載してくださってありがとうございました!

一週間に一度の注射、それも咽喉仏の横から、星状神経節という神経の束になっているところにブロック注射を受けて半年が経過、

今日からそれが2週間に一度でよくなりました(*^_^*)
何という幸せ! バンザ~イ!

活かされている喜び、みんな気がついてないだけで
本当はみんな活かされてるって知ってるんですよ・・
てれちゃっていえないのね、凡人は、
小庭の開拓をしている私、三友さんは尊敬の人
憧れは知性の人、現代人の哀しみでしょうか

茂木先生が、一つ言葉にいちいち反応しないで
淡々としておられる所にも、ちょっと ほの字!

こんなコメントを娘が盗み見したら
また、何といわれるか・・

もう、暗闇セッションに行ってみたいです、
しかし、グランパがいるので、そういうわけにもいかない

諦めも早い私、 そうよ、自分で灯りを消して
暗闇の中で、テーマを見つけよう・・

そして、私の新たな風の人茂木先生だったら、
何と答えられるかしら・・ 短い言葉で・・
なんて考えています  わあ~ 楽しい!

ばばになることは、実に自由です
NHKの終了したつばさの様にめんどくさくなく

私の翼は、老いて心の中を自由に羽ばたいています
究極人の心は一人のもの、暗闇に行きたくなり
集ってっ見ると何が見えるのでしょうね・・・

私なら暗闇の中の☆になって
唄を歌ってみたいです、歌声は・・
さあ~ 美しい娘さんでしょうか
清らかな天使でしょうか・・

光は闇の中で輝くといいます、
そんな光に会いたい!


投稿: R.グランマ | 2009/10/07 19:59:50

茂木先生 こんにちは♪
番組の内容とは関係ないことで、申し訳ないのですけれど、すみきちさんのファンデーションって、「ナチュナル」に書いてあった、おNEWのですか?…笑。いつもの感じと違うように見えたのですけれど…!?。すみきちさんは素肌が綺麗なので、何つけてもOK!ですね。女性は化粧品を変えると気分も変わり、リフレッシュ出来るし、新しいメークアップ用品は、気持ちを前向きにさせてくれます。
さて、ナチュラルメークの練習でもしますか!…笑♪

投稿: 平井礼子 | 2009/10/07 12:52:00

ずっと、じ~んってしながら、拝見しました。

投稿: ふぉれすと | 2009/10/07 8:36:07

茂木さん、Hello♪(^-^)見たかったですm(__)mところで、茂木さん♪牛♪(笑)白♪(^3^)(笑)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/10/07 7:06:50

茂木さん、番組を拝見いたしました。
三友さんの「マイペース酪農」は、実践哲学そのものですね!

ひとことひとことがとても重く、心に残るものでした。

地域の中で、三友さんが行なっている酪農は、いわば経費削減型
の小規模と言えるもので、ある時、ふと立ち止まり見えたもの、
それは牛の命を支える草を始め、風景、そして「牛」の健康状態
までもつぶさに見えるようになってきた。

そのことによって、「心の風景」までも変わった!とおっしゃっ
ていましたね。
牛の頭数を減らす=「量産型」から‘クオリティ’の高さを追求
されるように変わっていかれた。

三友さんは、多くの酪農家が効率化を考えて「穀物」を与えると
ころを、敢えて牛を放牧し、牧草を食べさせる。
時間も労力も惜しまれずに、なかなか出来ることではない!って
思いました。
また、牛がイエイヌやイエネコの様な‘愛おしい存在’である様
に、スキンシップを大切にしながら接しておられるところに、
自然・牛・人との共生と深い愛情が感じられました。

動物と言えば、私も犬を飼っていますが、牛も犬と同様に「美味
しい」、「不味い」がわかるんだー!というのが意外でした!

それにしても、な~んにもなかった‘原野’をコツコツと土をお
こされ、牧草地にされたのですが、東京ドームの13個分の広さ!
とは気が遠くなるような作業ですし、フロンティア・スピリット!
を感じました。

「生きる!」というよりも「生かされている!」という言葉は、
大きな自然を相手にお仕事をされている方だからこそ!のひとこと
の様に思えました。

三友さんの‘生きざま’から、多くの「知恵」と「教訓」を得る事
が出来ました。
素晴らしい方ですね!!

では。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2009/10/07 0:01:37

゛人生なんて寄り道と道草だよ゛
゛おこぼれをちょうだいして人は生きていく゛
゛立ち止まることは停滞ではない゛
゛ベストを尽くし、そして受け入れる゛
そして
☆立ち止まり、足るを知る☆
増やさない、無理をしない、身の丈の中でやっていく,,数々の言葉にハッとし、何度もそうか!と思いながら拝見させて頂きました。
行き詰まっている友人がいたら見せてあげたい。

そして、牛の笑顔を見ることが目標、牛の期待になれる親方になりたいと仰られれていた三友さん何てステキな方なのだろう!と思いました。

エンディング、大きな干草がコロコロ転がって出てきた時、何故だか私もニンマリしてしまいました。(*´ω`*)ヾ

投稿: wahine | 2009/10/06 23:55:33

数年前まで、実家が酪農をしていました。
冬の為に、乾草もサイロも、
映像は 懐かしかく、
名前を呼ぶと、犬のように駆けて来る子牛も居て
可愛かった事も。
大自然の中で 育った経験は
今では、とても有難く想います。
牛乳や手作りチーズの味は 忘れられません。

農業のためにも 牛が大切だそうです。
牧草のためにも 木が大切だそうです。

投稿: ちぐさ | 2009/10/06 23:45:37

拝見しました。

自然の恵みがいっぱい詰まった天日干しの
干草が無事出来上がったとき、
良かった!と思いました。泣けてきました。
牛たちもきっと喜ぶと思いました。
三友さんの信念と祈りが通じて
良かったと思いました。

立ち止まり、足るを知る。

弱い自分を知り、自分の適正を知り無理をしない、
自分の周りの全てに感謝したいと思いました。

生きるという強い熱意ではなく、
生かされているという深い感慨と感謝のもとに、
変わらない繰り返しの日々の中に、
新しい創造と発見が出来る人。
三友さんの最後のお言葉を、かみ締めたいと
思いました。

大切なことを学びました。ありがとうございました。


投稿: 発展途上人 | 2009/10/06 23:23:51

放送、ジックリと見させて頂きました。

(牛さんたちが、とても可愛かった!)

「立ち止まり、足るを知る」…今回の三友さんのありようを見て、この生き方こそが、本当の農民の生き方なのだと得心せざるを得なかった。

大規模な拡大なぞ、目指さない。常に生き物、緑、空、水…と言った自然を「同胞」として共に生き、生かされていく。あるべき酪農の姿は、三友さんの「マイペース酪農」とそこへたどり着くまでの、不屈の生きざまと重なるように思える。


牛さんたちに「おはよう!」と挨拶しながら、スキンシップされる三友さんや、緑の農場を元気に駆け出し、青々とした牧草をもぐもぐ食べる牛さんの顔がとても穏やかなのも印象的だった。

本来ある自然環境を壊す事無く、自然からお零れをもらうという謙虚な意識は、農業世界だけでなく、硬質な文明に取り囲まれて毎日を生きている自分達の生きかたにも通ずるのだと、まさに思った。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/10/06 23:08:40

毎週素敵な番組をありがとうございます。三友さんは、いままでの素敵な方々の中でも、一段と輝いているように思いました。
茂木さんの質問も、私が聞きたいことやそれ以上のことを聞いてくださいました。対談者への敬意も、うわっつらの持ち上げじゃなく、三友さんの哲学を引き出し、理解し、きちんと確認の合いの手を入れる。
茂木さんだからこそ、この番組は成り立つ。

「ベストを尽くす。そして受け入れる」「景色が違って見えてくる」
「生かされてる中で、創造ができる」「足るを知る」

老荘そのままじゃないですか。

投稿: 山根一人 | 2009/10/06 22:51:03

いつも楽しく拝見させていただきます
今日のプロフェッショナル是非観させてもらいます

茂木さんのブログを私のブログの中で引用させていただいており、その中で自分なりに考察をさせていただいております。

ブログを読んだり、番組を見るといつもなぜか安心させられたり、はっと引き戻してくれるたり、勇気をもらったりいろんなプラスの感情をいただくことが多くあります。

これからも楽しみにしております

投稿: JAZZ GARDEN | 2009/10/06 10:07:01

コメントを書く