« 暗闇トークセッション | トップページ | Wall that be »

2009/10/07

星の裏側

『エチカの鏡』の収録で、
タモリさんと和田アキ子さんが
話していたことが面白かった。

「これは放送できないだろうけれど」
と言ってから、二人が話した
かつて自由闊達だった頃のテレビの
追想が、文字通り腹を抱える
くらいに面白かった。

本当に面白いことは
簡単には語り得ないことの
なかにある。
これは公共的な事柄に
おいても、
私秘的な事においても
本当である。

「ここだけの話だけれどもね」
とひそひそ話で語られることが
一番面白い。

やがて、
そのようなテーマの上には、
雪が降り積むように、
覆いがかかってしまって、
社会の中での公知の
事実になることはないのだ。

歴史上の人物の事蹟など、
どうせ氷山の一角に過ぎない。

織田信長の人生には、語られない
香ばしい瞬間がどんなにかあった
ことだろう。

伝記なんかが、あてになるかね。

この世の真実は、永遠に隠されてあると覚悟を
決めよ。

そう思ったら、大抵のことは
大したことではあるまい。

君い、空の星でも見上げたまえ。

星の裏側はまぶしくて見えないじゃないか。

10月 7, 2009 at 07:36 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星の裏側:

» etude132 トラックバック 御林守河村家を守る会
長州からはなれて すこし虚脱状態です。 [続きを読む]

受信: 2009/10/07 7:50:37

» ここだけの話 だけど・・・ トラックバック 大きな国で
ここだけの話だけど・・・ 北京で展示された 雲南の キクが  1日で 葉が全部黄色くなっていた。 えっ。 キクが ・・・・ そんなことありえない。 キクは強い花だけどね・・・。 農薬をつけて水揚げしたか? 収穫して 1日天日にさらしておいたか? 何かしないと・・....... [続きを読む]

受信: 2009/10/07 10:01:41

» 立ち止り、足るを知る 酪農家・三友盛行 トラックバック 須磨寺ものがたり
自然と向き合う牛飼い、 酪農に心血を注ぐ、 一人の男が、その生きざまをみせる。 [続きを読む]

受信: 2009/10/07 10:52:52

» etude133 トラックバック 御林守河村家を守る会
日本でどのようなことがおこっているのか、 あるいはどのようなことがこれから起こるのかなど、 ちっとも気にとめずに ペルリは函館にいます。 [続きを読む]

受信: 2009/10/08 6:09:00

コメント

 このブログを授業中よく拝見させて頂いています。いつもこんな人に出会いたいなぁと思いながら、見ています。本の中の茂木さん、メディアの中での茂木さん、月の面の部分から裏側を創造させて頂いています。
 信長も月だけれども、茂木さんも十分月のような人だなぁと思います。過去の人に限らず、今ここにいる人でさえも月のように感じます。見えない部分にとても期待しているから、その人が輝くのかなぁと。
 いつも、勇気をもらう人を応援したくて、コメントさせて頂きました。今回の記事とはほとんど対応していない内容のコメントで失礼しました!

投稿: | 2009/10/09 14:09:57

全ては語られない
壁の向こう側

投稿: | 2009/10/08 2:21:45

茂木さん、Hello♪(^-^)最近は雨の日が続きますね(^.^)私は毎月1回は必ずヘアサロンに行くのですが♪今月はまだ行けてなくて(;^_^Aだけど♪楽しい話がしあえるっていいですよね♪(^o^)у茂木さん♪よかったですね♪(笑)そして星の裏側?♪とっても気になります♪(笑)私は昨日♪面白い看板を歩いている時に発見したのです♪足裏マッサージ系のお店の♪ユニークな看板♪(笑)何だろう?♪偶然すぎる♪気のせいかな?♪(笑)( ̄▽ ̄;)ところで、茂木さん♪「ここだけの話だけれどもね」♪(笑)What are you talking about?♪(¨)(笑)♪(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/10/08 2:19:00

「ここだけの話」という話ができるって、親しみを感じます!

それを話して、どうリアクションとってくれる。とかを考えて話すわけじゃなく、その人だから話したい。話したくなるんだと思います(^_-)

投稿: | 2009/10/08 0:37:20

個は全であり、全は個である。と思う。

ある場所で『あの絵』を書いている『ダ・ヴィンチ』に会った。

僕は彼に何故『あの絵』を描いたのか尋ねた…


…どんな質問をしても答えは返ってこない。


しばらくして教会へ向かう『ダ・ヴィンチ』に着いていった。


彼は祈っていた。


何を祈っていたのかはわからない。

ただ僕には彼が祈っている『モノ』と一つになっているように感じた。


部屋へ戻り、また彼は『あの絵』を描き始めた。


そして僕はこう尋ねた。


『その絵は考えるための絵ですか?』


すると、さっきまで無表情だった彼がにっこりと微笑みこう返した。

『その通り。考える心(思考)こそがわしが後世に伝えたいことじゃ。』と…なぜか日本語でした。(笑)

それからいつも彼は僕のおじいちゃん的存在です。僕の中に確かに彼が存在します。


長々と失礼しました。
最後まで読んでもらえたら幸いです。


僕にとって茂木さんは、

『物理学の師』
『勉学の師』
『好奇心の師』

です。素晴らしい本をありがとうございました。

心から感謝します。

これからももっと色々なことにチャレンジしてください!心の底から応援しています!

…投稿内容のコメントじゃなくてすいません_(._.)_

投稿: | 2009/10/08 0:00:46

Encouraged thank you. When it was going to look up at the star, it was heavy rain by the typhoon.
先程、初めて書き込みさせていただきましたが、本当のMailアドレス
入力してしまいました。とほほ^^;申し訳ございませんがこれも
含めて、公開はしないでいただけると幸甚でございます。ちょっと
気が弱くなっていて、、、本当にありがとうございました。わたくしはもうすぐ56歳になるおばちゃんです。ごめんなさい。

投稿: | 2009/10/07 23:55:49

Encouraged thank you. When it was going to look up at the star, it was heavy rain by the typhoon.^^;

投稿: | 2009/10/07 23:43:27

こんばんは 茂木サン 。
東京は 台風の影響は いかがですか?
何とか大雨や風の被害が ありませんように と
切に 切に 祈っております。

あまり被害なく 午後からの 回復 → を。

どんなに想像しても、星の裏側はみえない。恐れずに前に進むだけですね

投稿: | 2009/10/07 23:41:07

投稿: | 2009/10/07 23:03:50

中学の頃、夏目漱石の「伝記」を読んだことがあった。その頃は、この「伝記」に書いてある全てが「事実」もしくは「真実」と思いこんでいた。


でも、今になってふっと思うに、伝記に書いてあることなど、全てが真実、事実だとは限らぬと。

偉才たちの生きた時間は、全てが伝記に記されるわけがないのだな。

芳しき、面白き、しかし語られない一瞬一瞬が、きっとあったんだろう。そういう瞬間に限って、偉人の伝記では、スポン、と見落とされるのだろう。

TVが一番闊達で面白かった頃…つまり表現の『自主規制』とか、視聴者からの五月蝿いクレームとかがあまりなかった頃の、のびのびとしていた頃は、毎日のようにTVの前に貼りついて見ていた。

今なら放送できない面白い瞬間が、あの頃のTVには沢山詰まっていたように思う。人の人生の、芳しき瞬間のように。

「てなもんや三度笠」から始まり、「裏番組をぶっとばせ」、「シャボン玉ホリデー」、「ゲバゲバ90分!」、「時間ですよ」、「ありがとう」、「8時だョ!全員集合」・・・「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」、「オレたちひょうきん族」までTVッ子時代を過ごしていた。

おそらくはタモリさんが人気者として出て来始め「平成名物TV」など実験的な深夜放送が各局で放映されていた時期まで、TVは自由で面白かった。

何時頃からTVは面白くなくなってきたのだろう。あの頃と今とでは、何かが違ってきている…。マンネリズムか分業化か…。でもそれらは表面的なものだろう。もっと根本のところで、つまらなさが進行しているのかもしれない。

TVが面白くなっても、世の中が(表面的に)暗くなっても、隠された真実は永劫に眼に見ることが出来ないが、きっと面白くて、奥が深いものなのだろう。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/10/07 22:40:22

茂木先生 こんにちは♪
「ここだけの話」や「ひそひそ話」って、どうしてそんなに楽しい!?のでしょうか!自分だけは、真実知ってるもんね!みたいなことだからでしょうか?(笑)歴史は本当が分からないから、面白いのですね。よく歴史上のことで、問題になっている出来事も、亡くなった当人に聞くことが出来たら「あ~それ!?何か大変な問題になっちゃってる見たいだけど、ほんとは全然違うんだよね~。ちょっと、いたずらでやっちゃったのに、そんなに重要視されて、なんの意図でやったのかなんて、ほんと困ってるんだけど!」なんて意外と真実は、こんなとこかも知れません…!?草葉の陰から、当人はほんとの事を言いたくて、焦れているかも知れませんね(笑)星も裏側は裏方で、綺麗所のキラキラだけを、私達に見せてくれているのでしょう!世の中「知らぬが仏」で、うまく行ってる所は、一長一短あると思います。「真実は、他にある!」心に留めて置きたいと思います…♪

投稿: | 2009/10/07 22:32:42

星を見ようにも今宵は台風とやらで。
そんな日は上でなく下を、ってんで、地球の裏に思いを馳せりゃあ、ブラジル。南米初のオリンピックおめでとうです。
地球の中を眺めついで、真ん中は鉄の塊なのかな?磁力、重力、電子の方向、フレミングの左手改は如何なもんでしょ。
映画サマーウォーズの里、信州上田からの戯れ言でした。

投稿: | 2009/10/07 22:27:57

私も、そうおもいます、  ひそひそ話しのどこかには、小さな罪のにおいがしますね・・・ ちょっと首を傾げあってくすくす笑ったり

後で思い出して、ね、こんな話知ってる・・っていいながら言わない、
可笑しさには秘密も似合いますね(^^) 

おかしみ のある人、そんな人に会いたいです、タモリさんって可愛いですね、なんだかおかしい、

☆の裏側のお話し、
茂木先生、もしかして落語のシナリオこっそりお書きになって見られませんか、できたら・・ こっそり教えてください、脳科学者の書いた落語、、ペーソスのある現代落語 模擬研作 ☆の裏側つきの横顔 なんていかがでしょう~~(^^) 

年寄りの脳として、私は変なグランマでしょうか・・?
自分の脳の裏側も表側もまだ知りません、
こんなに長く生きているのにです

今夜は、うれしい日でしたので、砕け過ぎてすみませんでした

投稿: | 2009/10/07 20:29:33

私が君くらいの時、初めて人を本当に恋をした。涙もろい人でよくなくし、おばかさんだけど医者になりたいとか言ってて、そのくせ復習しないで変な文章ばかり書いてた、同い年の私などから数学を習っていた人。

(悲劇しか知らないからさ)

その人は亡くなってしまったんだよ。私はその時彼女を思いやることができなかった。人の人生なんて本当に無意味なのに、なぜ生きているのだろう。彼女は私の中で今でも芳香を放つ花なんだよ。

あの人の中にどう存在しているか、見えなくてわからない。どう存在したいかは、何時までも芳香を放つ花として存在したい。

近寄ると花は不気味な要望を晒し、生殖のための装飾はほかの生命を侵し、実を結ばない花は消えて土と化すのに、あなたの人生に私は存在できたからそれだけで幸せなの。

年を経るごとに私の存在が深くなるだろう程、あなたのなかにわたしを刻印しよう。

投稿: | 2009/10/07 15:13:21

すばらしいです。
☆の裏側のことなんかいったい誰がはっきり捕まえたでしょう。しかも、まぶしいからだなんて。   発想力に脱帽です。
 伝記はねぇ。そうだとはうすうす感じてはいたけれど。ぼんやりかすんでた私の脳に息吹を与えたまえ?☆★

投稿: | 2009/10/07 14:16:58

☆・・☆ぞくぞくします☆・・☆

投稿: | 2009/10/07 13:54:27

はじめまして!
いつも楽しく茂木さんのブログを拝見しています!
よく考えてみると、星の裏側の事なんて気にも止めていませんでした。
知らないから知りたくなるって感じはなかなか楽しい事ですね‥

投稿: | 2009/10/07 12:57:09

はじめまして!
いつも楽しく茂木さんのブログを拝見しています!
よく考えてみると、今まで星の裏側の事なんて気にも止めていませんでした。
知らないから知りたくなるって感じはなかなか楽しい事ですね!

投稿: | 2009/10/07 12:49:22

素敵です。
本当にその通り“星の裏側は見えない”ですね。
その裏側に想いを馳せています。

投稿: | 2009/10/07 9:39:45

茂木さん、おはようございます。
タモリさんと和田アキ子さんの「ほんとう」のお話しは、本当に
面白いのでしょうね。(笑)

でも、そういうお話しは、「オン・エアー」されない。
お聞きしたいけれど。(笑)

歴史上の人物の‘武勇伝’の裏側には、たくさんの「星の時間」
があったことでしょう!
知る由も無いけれど、そういうものなのでしょうね。

自分なりの「キラキラ時間」をもって、楽しく生きていけたら
よいですね。
それは、人によっては「仕事」だったり、「家族」や愛する人
との時間だったり、「趣味」だったり・・・その人が、至福の
時を過ごせる時間ってことですね。

茂木さんにとっては、何なのかなー?!

どうぞ、今日も素敵な「星時間」を・・・。


投稿: | 2009/10/07 9:23:26

茂木健一郎様
私は「世界はなんて素晴らしいのでしょう」
「この世界はなんて美しいのでしょう」と
言ってくださるかたがたに出会えるととても
幸せな気持ちになります。
そのかたがたの生命を賭けて生きてこられた
日々にこの世界とはそういうところなのだと
思います。


この世の真実は、永遠に隠されてあると覚悟を
決めよ。
そう思ったら、大抵のことは
大したことではあるまい。
君い、空の星でも見上げたまえ。
星の裏側はまぶしくて見えないじゃないか。


茂木さんありがとうございます。
はい、この世界は素晴らしいと実感して
生きて行けるようでありたいと思います。

投稿: Yoshiko.T | 2009/10/07 9:06:34

コメントを書く