« The school hike | トップページ | 「あっ!体験」 »

2009/10/13

プロフェショナル 村田浩治

プロフェッショナル 仕事の流儀

守るのは、働く者の誇り 
~弁護士・村田浩治~

働くということは尊い。
労働力は、単なる資源ではない。
経済の論理で、人が切り捨てられる。

そのような世の中のあり方に対する
怒り。

当たり前のことが当たり前だと
わからない世の中。

部分最適を図ることが、
人間の根幹を揺るがしていく。

弁護士、村田浩治は立ち上がる。

額に汗して働き、自分たち家族を
支えてくれた
父親の面影を胸に秘めて。

NHK総合
2009年10月13日(火)22:00〜22:49

http://www.nhk.or.jp/professional/

すみきち&スタッフブログ

虐げられる働き手を守る大局観
弁護士・村田浩治
(produced and written by 渡辺和博(日経BP))

10月 13, 2009 at 07:36 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェショナル 村田浩治:

» 弁護士の村田浩治 NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』 トラックバック アグハブログ!
10月13日のNHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』は、弁護士の村田浩治さんが出演。 [続きを読む]

受信: 2009/10/13 8:27:01

» いちばん大切なこと トラックバック POPO
人間は尊厳で生きている 自分はここに存在していいんだ という自己肯定感で生きてい [続きを読む]

受信: 2009/10/13 22:41:55

» 働く者の誇りを守る・ナニワの熱血弁護士・村田浩治さん トラックバック 星の王子様の宝箱
こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   今日 [続きを読む]

受信: 2009/10/14 0:12:01

コメント

私は在日外国人です。
日本で就職して退職に強要されました。それから、退職してしまいました。
今は、ほかの会社で働いていますが、日本の失業とサービス残業の厳しさを感じています。
日本の法律は働く人をあまり守っていなくて、悪質な会社にやさし過ぎます。特に派遣関連の会社は酷いです。
私はずっとIT業界で働いていますので、IT業界の派遣会社の悪さをよく知ります。この業界では、多重派遣の状況は特に酷いです。ですから、月勤200時間以下の時に残業代がないIT業界の派遣会社は沢山あります。現場の仕事が一時ない場合は給料がゼロになってしまいます。
仕事が失くす外国人の技術者は簡単な体力仕事をやってる人も沢山います。まあ、これは入管法違反かもしれないが、簡単に首にできた彼らは馬鹿のように帰国しますか?

私は外国人の立場で日本の厳しい現実を見てコメントを書きました。日本は美しい国ですが、不足もあります。

投稿: 在日外国人 | 2009/10/19 13:57:41

「なんでいつまでも派遣なの?!早く正社員になればいいじゃない!今までぬるま湯に浸かってたんじゃないの?!」

こう仰った方の心の根底に、愛があればそれはそれで間違いではないと思う。

しかし愛がなく、ただ単に「自分は正。他人は悪」という判断基準で高見から切り捨てているのであれば、それはその方にとっても危険な思考である。

自分で自分の首をしめかねないのではあるまいか。

ホームレスの方を見た時に
「自己責任でしょ?今まで何してきたの?」
と思うとしたら、その人は孤独な人であろう。

勿論心の中で何を考えて判断しようとその方の自由である。
しかしそういった考え方が自殺大国日本の土壌となっている可能性はないだろうか?

もっとおおらかに多様性を認めてもよいのではないだろうか?

私は今日本もターニングポイントにきていると思う。

経済においても労働環境においても。

日本の平均労働時間は年間1800時間だったと思うが、確かオランダは1300時間である。

働くのはそれ位にして、あとは個人の幸福を追求してもよいのではと思う。
人間は奴隷になる為に生まれてきた訳ではない。皆等しく大切な命なのだと思います。

投稿: 眠り猫2 | 2009/10/15 20:24:45

「声」をあげるのは勇気がいるけど、必要ですね・・☆

投稿: ふぉれすと | 2009/10/14 13:35:52

茂木さん
はじめまして・

昨日、番組拝見しました。

村田さんの、人柄や仕事ぶりを視て「すごいひとだなぁ・・」と、
無言でいたら、妻が
「何で派遣のまま何年もいたのかな?正社員になれば良かったのに!!」
「自分たちも、ぬるま湯につかっていたんじゃないの?!!」と。

私は、とやかく言うつもりはなかったのので、黙っていました。

その何年か前の派遣ブームみたいな風潮の時に
確かに、正社員が嫌で派遣社員として働くという選択をした人たちは
いたと思うんです。

でも、便利に切り捨ててしまう企業側の理不尽さは、きわまりないと思う。

もっと、ひどいのは派遣会社なのではないかと思っています。

というか・・・

日本の人権に関わる問題の低レベルさ。

労働問題にしても、医療問題にしても、根底の問題は同じなんじゃないのでしょうか。

村田さんのような弁護士の先生は、やっぱり日本には少ないのでしょうね。

権威・権力と戦っていってほしい!

庶民を守ってほしい!!それが、プロフェッショナルなんじゃないかな?
と、思いました。

毎週、視てますのでがんばって下さい。

投稿: pippi1011 | 2009/10/14 11:17:15

番組拝見致しました。
法律はもっと、社会情勢に合わせて改訂が必要ではないのでしょうか?今この21世紀、人間が安心して暮らしていけるためには何が出来るのでしょうか?方法は無いのでしょうか?諦めるしかないのでしょうか?
経済を走らせ続けるのではなく、もっと違う方向は無いのでしょうか?

投稿: m | 2009/10/14 7:05:05

茂木さん、番組を拝見いたしました。
全ての働く人たちを守りたい、守る為の「弁護」をしておられる
方なのですね。

「村田浩治さん」は、弁護士になられて20年のキャリアの方。
大阪の生野区という街は‘町工場’がとても多くて、しかも世界
に向けて製品・部品などをた~くさん生産していることでも有名
なところです。

村田さんのご両親もまた、そうした「工場」でコツコツとお仕事
をしておられた方だったのですね。

「働く全ての人が尊ばれるべき!」
「正しいと思うことは貫く!」
幼い頃、ご両親の背中を見て育ち、その頃に思ったことが今の
村田さんの仕事道へと繋がっている。

この頃、労働組合の「ユニオン」の活動も取り沙汰されてきては
いますが、まだまだ、過酷な労働条件やら嫌がらせ行為、不当な
解雇などなど後をたたない状況がたくさん!見られるのですねー。

中でも「業務偽装」なんぞは、本当に悪質だと思えますし、この
点では「法律の制度」は急務なのかもしれませんね・・・。

それにしても「働く」ということが‘商品扱い’になっているの
はおかしいとおっしゃっていましたが、本当にそうだなー!って
思いました。

冒頭で‘違法派遣’についておっしゃっていましたが、私も長い間、
‘派遣’の仕事を受けながら仕事をしてきたものです。
一番、印象に残っているのは、大阪で広告代理店が行なっている
事務所では、大先輩たちが「組合」なるものを内部で作っておられ
たこと。

これは、ギャラ明細を明確にしていただくことやその他にも大きな
意味があったようです。
時々、集うことがあり、とてもよいことだ!と感じていましたが。

村田さんの「信念」とも思える「働く人、全てが尊ばれるべき!」
ということは、正社員の側からも派遣社員の立場からも!本当に
全ての人がそうあってほしい!と思います。

ピンク色のノート・パソコンには目がいきました。(笑)
困難なお仕事に立ち向かっておられる「村田弁護士」だからこそ!
の色合いと思うといい感じがいたしました。

「法」との厚い壁もあり、本当に大変なお仕事だと思いますが、
働く人、全ての為に!これからもご活躍していただきたい!です。

では、おやすみなさい。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2009/10/14 1:48:06

拝見しました。

すみきち&スタッフブログも拝読し、
深いお言葉に触れました。
村田さんの思いが、詳しくさらによく解りました。
読んで良かったです!ありがとうございます。
リンク先の文章も拝読し、
大切なことが伝わりました。
勉強になりました。ありがとうございます。

【全ての働く人は尊ばれるべきだ。】

【真面目に頑張る人たちがきちっと報われることが基本。
違法事実を積み上げ、共感を持って聞いてもらえる
資料をもって、助けないのはおかしいと客観的に
気付いてもらう。
折れそうな気持ちを支える。
日本には、偽装派遣がみつかっても、直接雇用や
再雇用を義務付ける法律の制度が無い。

声を上げ続けなくてはならない。
“正しい”と思うことは貫く。

頑張っているのに報われない、
不当に退職を迫られたりして、傷ついた気持ちを
誰にも癒されないのはおかしい。

村田さんにとってプロフェッショナルは、
こだわりを持つ。こだわりを追求する。
見つけたテーマを追究する人。】

働く人は尊い。
その尊敬の念がずっと確かに根底にあって、
その頑張りが正しく認められないのはおかしいと、
それをぶれずに持ち続け、支え続ける。

全ての生きる人は尊ばれるべきだ、という
人間愛のようにも感じました。

大人の世界が今雇用問題も含めて
大きくギクシャクしているから、
子供の世界も不安定で、ぎこちない危うい感じがどうしても
してしまう。
子供も大人も一人一人頑張って生きています。
安心して生きることが難しくなっていると
感じます。
警戒しあいながらの世の中は苦しい。
頑張りを労い合い、辛さを判り、感謝しあって、
頑張ってよかった報われたと感じる。
大人もこどもも。

助け合いながら支えあいながら、お互いに
生かされています。
それが、見えにくくなっている。

大人の社会の労働問題を含めた生き辛さの要素が、
世の中全体に影を落としているように感じる。
本当はそれだけじゃなくて、人と人との温かい
心強いつながりも、そこここに、きっとあるはず。
それぞれの努力のおかげで、それが存在するのもきっと事実
だと思うのですが、見つけるのが貴重なほどに、
今の日本で、もしも希少なものになっているとしたら・・・。

村田さんたちのお仕事は、とても大きな意味を
持っていると思います。
人間の尊厳にも関わる忘れてはいけない姿勢、
大切な芯だと感じます。

皆、生きている意味がある。
生きている意味の無い人なんて誰もいない。
命の重さは皆同じ。働く重さも同じ。
皆大切にされるべきだから、働く場から
不当に切り捨てられるのは、おかしい。
皆、より良く生きたいはずだから。

村田さんが、相談者の方と一緒に、
労働組合の方に語りかけたこと、伝えなくてはならない
問題と思い、労働組合の方にも伝わっていてほしい。
一緒に考えて働きかけてほしい。

派遣社員で社員の方と同じように頑張り続けて
いらした「働く仲間」の思いを
「こんな不当な扱いはおかしい!」と
共感し始めてくださったようで、良かったです。
その思いが集まって、大きな力になるから。
根っこの思いが、熱く伝わり、
「客観的に見ても助けないのはおかしい!」と
根っこの気持ちを、動かしたのだと思いました。

働くことを諦めないで相談する方の、
心強い支えだと思いました。

村田さんとお仲間の皆さま、お身体をお大事になさって、
これからも心強い支えるお仕事、頑張ってください。

大切なことが伝わった放送でした。
ありがとうございました。

投稿: 発展途上人 | 2009/10/14 0:24:50

こんばんは、茂木さん。今日の放送は他人事ではないので見ました!!
僕も派遣切りをされた後に失業保険も切れてしまいました↓(泣)
もう派遣では働きたくはないのですが、正社員の応募は書類選考で落とされまくりなので、絶望的です× 実力がなくて、落とされるのは理解出来ますが、実力を証明する実績も有り復帰しても利益に貢献するアイデアがあるのに採用されないのは理解不能です!?
経費削減だけだと売上も利益も増えず下降トレンド一直線です↓

投稿: ケン | 2009/10/13 23:28:49

こんばんは 茂木サン 。
弁護士の 村田浩治サンの 労働者の立場を 守るために 頑張っていらっしゃる姿

勝ち負けの結果 と 叫び続ける意味 がある!

弁護団の方々と共に ご尽力頂きありがとうございます。お力が発揮出来ますよいに

どんな仕事でも 働くことは 尊い。
そう 思います!

投稿: サラリン | 2009/10/13 23:25:21

今回の放送を拝見して、懸命に真面目に働く人達こそ、本当に尊ばれなくてはならないのに、それが成されず、ただ使い捨ての道具のように扱われ、働く誇り、ひいては生きる希望さえ、踏み潰される企業が大多数を占める…そんなような社会は、何年後か、何十年後かわからないが、何時か根底から崩れ、必ず完全崩壊、滅亡するように思えてならない。

ますます深刻化する労務条件偽装、派遣切り、正社員切り…それを行う企業はもはや“企業”ではなく、言うなれば単なる『人間消費機関』と化している。そして司法も、その違法性に立ち向かう事無く、それらの機関の横暴を野放しにしている。今回の村田さんの闘いを見ながら、この現実に腹の底からまたも怒りを覚えた。

仮令今の法律で守られなくても、働く人達の誇りを踏み躙る輩の不法行為は断じて許しては成らない。

番組でもあったように「正しい」と思ったことは最後まで貫く、叫び続けることで、労務者として、また人間としての生きる誇りと希望を踏み躙られ、孤立無援に置かれている人々を一人でも救われることを、村田さんは心の底から願っているのだな、と思った。

私も一応正社員だが、何時なんどき、罷り間違って、彼等のようなめに合うか、分からないものだ。その時、もし、村田さんのようなすばらしい弁護士がいれば、どんなにか助かることであろう。

村田さんの闘いが何時しか実を結び、不法な会社追放に泣かされてきた多くの働く人々がその誇りを取り戻し、幸せに職場復帰できるような世の中に、1日でも、否、一秒でも早くなってもらいたいものだ。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/10/13 23:06:08

番組、しっかり拝見したく思います。

今、世の中で横行している“派遣切り”“正社員切り”など、経済論理オンリーで働く人間の切り捨てのニュースを見るたびに、怒りを覚えると共に、何か底知れぬ、深い病理を感じざるを得ない。

人間を、使い手がその気になれば何時でも交換可能なパーツと見做し、自分達と同じ地の通った人間と見なさない、その風潮に、空恐ろしいほどの病理が見え隠れする。

その病理こそ、働く者から誇りを取り上げ、精神的荒廃の果てに、犯罪や自殺などに走らせる、恐るべき元凶なのではないか。

村田さんのような、人々の「働く者としての誇り」を守る為に、その病理と真っ向から闘う『法の戦士』たちの奮闘に、番組を見ながら喝采を送りたいと思う。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/10/13 20:57:18

コメントを書く