« Imagining liberates | トップページ | A massacre of possibilities »

2009/10/26

とてもよい風情

 旅先のホテルで、
 加藤和彦さんや伊勢正三さんの
歌を聴きながら、
 「あっ、そうか」
と思った。

 この人たちの歌に
対するテンションと、学問に
対するテンションは同じじゃ
なくてはいけないんだな。

 人生のすべてに向き合い、
自分の命の有限性を引き受けて、
営みを重ねる。
 そういうテンションを持っている
学問にしか、ぼくは興味がないんだ。

 スピノザを読んでいる。
 スピノザのテンションは高いぜ。

 生きること。自然。神。
物質。意識。

 すげえな。そんなにたくさん
引き受けて。

 テンションの低い人たちの
ことはボクは知りません。

 東北芸術工科大学にて、
デザセン。

 高校生たちの熱いプレゼンに
心を動かされる。

 小山薫堂さん、赤池学さん、竹内昌義さん、
原研哉さん、藤原正義さん、中山ダイスケさん、
マエキタミヤコさん、楽しい議論と
共有の時間をアリガトウございました。

 山形の街には、とてもよい風情が
漂っていたヨ。

10月 26, 2009 at 07:37 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とてもよい風情:

» 第454話 10分だけ亀になってみませんか? トラックバック 進化する怪物たち
 「♪ も・し も・し 亀・よぅ 亀・さんよー。   世界のうちで お前ほど 歩みののろい 者はない     どうして そんなに のろいのか・・・・?♪」   どうですか 近頃は 聞かなくなりましたよね。  ひさしぶりに お城に行ったら    いっぱい見つけました。 素敵なもの  その 一部より        茂木さんも twitterの中で つぶやいていました。  日光に 癒せないものは ない・・って  時々 思うんです。  私達 人間は 意識で解決しよう... [続きを読む]

受信: 2009/10/26 7:40:31

» 忘れていることはないかな トラックバック 須磨寺ものがたり
午後から、須磨歴史倶楽部のN先生、 歴史倶楽部のメンバーのNさんのお二人と一緒に、須磨寺に向かう。 [続きを読む]

受信: 2009/10/26 9:40:35

» プレゼン トラックバック POPO
まだ小学生だった頃 一眼レフカメラが欲しくて チラシの裏に 提案書を書いて 親に [続きを読む]

受信: 2009/10/26 22:06:29

» etude150 トラックバック 御林守河村家を守る会
次のペリーは隣国から来るでしょう。だから今は、第二の幕末と私は思っている。まもなく日本の国力は衰え、やがて国民が自信を失ったころに、西の隣国が乗り込んでくるだろう。その足音は聴こえはじめている。百五十年前のハリスでさえ、砲艦外交の度が過ぎれば、国際世論の十字砲火にさらされた。現在のブッシュもしかり。コーランを踏みにじり、一国を滅ぼして、世界から非難の唾を浴びせられた。だいたいハリスが強弁した「世界の通商常識」などと云うものは、一握りの欧米列強のそれにすぎない。決してアフリカやアジアの常識で...... [続きを読む]

受信: 2009/10/27 7:46:19

コメント

幸せだと思うこと。

振れ幅が前に比べて小さくなり、幸せ。

ネットカフェに来れることが幸せ。

本を一冊読み終えて、同じ本を何度も読み返していることが幸せ。


投稿: | 2009/10/28 1:26:55

茂木さん、Hello♪(^-^)キャー(笑)マッサカァ〜♪(笑)(^o^)уスピノザ♪すんごいの?♪(笑)ところで、茂木さん♪大好きだぜっホントよ♪(笑)(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/10/27 7:50:46

茂木健一郎さま

スキーシーズンイ

狭山スキー場さまのことで

山形の天元台や月山はまだまだ

それだけ狭山スキー場さまが凄い一般スキーヤーの私に大切なスキー場
選手のようにヨーロッパのスキー場に行くなど
一般スキーヤーの私は地道にスキーです

投稿: | 2009/10/27 7:08:49

茂木健一郎さま

おはようございます

昨晩の半井小絵さん
髪型が可愛らしく恰好よく
とても素敵な女性
もちろん気象解説は的確、輝いていて本当に恰好よいです。

山形

私の場合は
山形と聞くと、米沢の天元台スキー場にも行ったことがあるので天元台とか、月山を連想します。
スキーシーズンインしてます!

茂木健一郎さま
山岳信仰と同じ感覚と西武グループさまの公式ブログに小さい写真ですがリフト待ちでの私も写真で、ですと
狭山スキー場さま!
です大切に思うのは
でも茂木健一郎さまが日曜日に山岳信仰と記述して頂け、あ!と気づき

茂木健一郎さま
とても感謝です。

映画
八甲田山
昔、観た時とスキーで冬のスキー場の雪を体験を経た今と拝見の感覚が
リアルさは今の方です

自分の感覚が映画作品を鑑賞の基本になると昨晩、ふと
最後までは、さすがに時間的には
しかし凄い日本映画
八甲田山
超大作、再認識です。

起きます元気よく。

投稿: | 2009/10/27 7:03:37

今日 『スピノザ』 を発注致します。 

         其のこと 本日在ることの意味   営み半ば

               今日の ここ

   

投稿: | 2009/10/27 6:28:42

こんにちは

茂木さんの本の中に感覚学習と運動学習と言う考え方がありました。

作曲の運動学習が高まれば、感覚学習で、自分で自分を音楽を学習し、創造し楽しむ事になります。感覚学習と運動学習の間の弦のテンションが高まれば音が鳴る事になると思います。


> そういうテンションを持っている
学問にしか、ぼくは興味がないんだ。


茂木さんの場合、英語とか、第二、第三のテンションがあるかもしれませんよ?(^^)

投稿: | 2009/10/27 2:19:43

茂木健一郎さま

映画
八甲田山

ケーブルテレビにて拝見してましたが今
最後まで観ていては
途中ながら寝ることに

月曜日の半井小絵さん
髪型が可愛らしく、それでいて恰好よくでした

沿岸は波が大変なので必要以外は絶対に近づかないようにとのことです

八甲田山もそうですが
自然の力は想像以上ですもの。

テンション、私は心のテンションはいつでも活きています。

さて寝ます

投稿: | 2009/10/27 0:33:42

お久しぶりです城壁を乗り越えて戻ってきました

とてもよい風情
ボクもそう思いますとても素敵なクオリアありがとうございます


気色に音をのせてドライブしよう音で全ての気色が色をかえる

そして愛をのせてドライブしよう全ての気色は絶景にかわる

音と色と愛がなかったら。
そこはどんな宇宙だろう。
メロディーと絵画に言葉と気色を付け足して

その声に耳を傾けて

そしてボクはすべてのモノに伝えよう自分なりの表現で

ボクはあと何秒いきられるかなぁ


茂木さんは凄い勢いで走っていきますねボクも地平線の先へ――走っていきたいと想います

投稿: | 2009/10/26 22:24:29

茂木先生

こんばんは
魂が感じる言葉がいっぱいつまったblogでした 今を生きている意味に気付いた時が
ほんとの人生のスタートなのかなと…
もちろん今まで起こったことになにひとつ無駄はなく…
今週、興福寺の阿修羅に会いに行く予定です
何を感じるのか楽しみです。秋の奈良はいいですよ

投稿: | 2009/10/26 22:23:33

学問と歌…どちらか一方ではなく、学問に対するテンションが出来ていれば、歌に対するテンションも、きっとできているって事でしょうね(o^∀^o)

真剣に、そして素直に。
でも…出来ないと悔しいです。。
そして、違ってしまった事が分かると、ど…どうしよぅと(頭、真っ白な状態)なります。

どちらかというと、猪突猛進な私はどちらか一方に偏りがちですが、バランスよくを目標にしています(^-^)

投稿: | 2009/10/26 21:35:43

茂木健一郎様
ここ数年、お出逢いとともにお話が気持ちよく
できるかたが、スピノザを話されるので、
読んでみようと思っていたところ、
茂木さんが読んでおられるのですね。
スピノザですね
また、心からの楽しみがふえました。
ありがとうございます。

投稿: Yoshiko.T | 2009/10/26 20:53:46

こんばんは。

雨の東京、台風から影響される前線の影響ゆえ、朝からしっとりすぎた、新しい1週間の始まり。

そんな気候のなか、スピノザのように、生命や意識、他もろもろを引き受けられようとしている茂木さん。

有限の人生を生きる中で、生命や意識や物質などの「意義」を引き受けることは“多面性をもつ可能無限の開拓”なのかもしれない。

ひとりの人生は有限にして、開拓すれば、多面的なものが幾らでも沢山出て来る。

人生の全てに向き合う、ということは、思うに、有限の人生の中で無限の開拓を繰り返すことだ。

何時終わりが来るか分からない、偶有的にして限りある人生の中で、おっしゃるように自分の人生の有限性を引き受けつつ“可能無限”を拓き続けることだ。

きょうも帰りの電車にて、今に生きる人々の営みを思う。中吊り広告を見る。「何々大学」とか「なんとか株式会社」とか、要するに名のあるいい所へ行くにはこういう方法がありますよ、なんていうアドヴァイスの見出しが目立つ。

仮令、名などなくても、有名大学にいかなくても、その気になれば(ハイテンションにすべてに向き合えば)、凡々たる人間であっても優れた偉才となろう。

有名な会社の社員でなくても、ハイテンションに人生と向き合えば、落ちこぼれを怖れなくなるだろう。

そういう人生の営みをすることを、一生貫けば、何を恐れることがあろうか…。そんなことをきょうの日記を読みつつ、めぐらして書かせていただく。

東北で茂木さんが出会った高校生達の熱いプレゼン…!

乱世の今を生きる若い人達の中にも、ハイテンションに学問に燃える人たちがいることに、何処か大きな希望の光を見出したような気がする。

彼等には、何が合ってもそのテンションを落とさずに、有限の一生の中で可能無限を拓いていって欲しいと思う。

乱筆乱文何卒お許しを。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/10/26 20:42:28

茂木さん、スピノザを読まれていらっしゃるのですか。スピノザは「エチカ」を私も数日前から

投稿: | 2009/10/26 20:33:44

茂木先生、お寒うございます
秋の雨はしっとりという言葉が似合いませんね・・・

私には秋の雨はことのほか身に沁みます、
朝から少しばかりの悲しみを増幅し、ロウテンションを
雨のせいと押しつけて怠惰に午前中を過ごしました

壁面にピンで貼った、
ラインの交錯する先日の脳の写真、前頭葉のピクチャーを
眺めていたおかげで我にかえりました、
先日の番組の効果ですね(^^)NHKと茂木先生ありがとうございます

未来、住吉帽の様な何かをつけて、脳の中をのぞき見したり、されたり・・出来るようになるとしたら、、
言葉にできない美しさ・・とか、心象に風情漂う、という表現はうまく使わないと、未来の子供には理解できなくなるかしら・・
見えない心の風景なんて全く受け付けなくなるかしら・・淋しですね~

触覚嗅覚視覚聴覚味覚・・まだあるかしら・・
脳を刺激する感覚の何処に何が作用すると、痛覚が目覚めるのでしょう
心の痛みの発症原因に、肉体的痛みをおこす似通った何かはないのでしょうか・・
脳神経や脳科学の分野のフレッシュさに興味を抱き始めています

デザセンの学生さんとの交流の様子、日記から
光を創造する健気さを、眩しく感じています
少年老い易く学成り難し・・ 
誰でも知ってる言葉が浮かびます、
フレーフレー若者! やっかみも半分ですね(^^)

秋の雨は痛いほど、限りある人生の時間を感じさせます
重い辞書を開き、アルファベットを拾っていると
亡くした時間が、蘇って来るようにも思えますが・・
深いため息も出ます

神が作りたもうた、本当の自然の風情の中に帰依していきたい
想いに駆られたりします、そんな心の危険領域を越すラインを、私にはないと言い切れる人がいるのでしょうか・・ 
加藤和彦さんの死を、優しく痛く、抱きしめるように味わっている私です アンチエイジングなんて、明るくつらいな言葉に、脳が言葉を受け入れるときの仕組みの不思議を感じています、

行ったことのない山形の美しい風情に
蝉時雨のお福さんの心を重ねて、
先生の風情の言葉とともに、しんみりとなっています

投稿: | 2009/10/26 16:23:00

偏微分がたくさんあるよ
わかったつもりになった相対性理論

サインくらはい
お金…でテンションが下がりかけました

うるうる
それゆえ
瞑想型学問
そういうのは
インド系なんかなぁ

投稿: | 2009/10/26 9:07:25

茂木健一郎さま

私は見た目からおとなしい、らしいですけど

魂のテンションは高いです私は。

投稿: | 2009/10/26 8:49:13

おはようございます!
ますます触発されました!!
ありがとうございます!!!

投稿: | 2009/10/26 8:09:38

コメントを書く