« 晩秋の大三角形 | トップページ | どうbootstrap するか »

2009/10/24

Masahiko and Katherine

Masahiko and Katherine

マサヒコとキャサリンについて

The Qualia Journal

http://qualiajournal.blogspot.com/

24th October 2009

10月 24, 2009 at 08:46 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Masahiko and Katherine:

» 笑いを生みだすための習慣 トラックバック ユーモア、川柳、名言
 ユーモアのカギは意外性だ。そのためには、常識をくつがえす必要がある。常識はセットになっている。そのセットを変えるのだ。 セットを変えるには、①変わった組み合わせに気づく、②常識と違う解釈をする、③想像で組み替える、④パターンに当てはめるという方策がある。こ... [続きを読む]

受信: 2009/10/24 23:41:26

コメント

くまさん はじめまして(^^)
Reko・G ともうします
聖日の日曜の朝、ここで、お若いくまさんのお会いし、うれしく存じます
この場をお借りして、くまさんのご闘病の日々に、何もできない私ですが、今日の一日が少しでもいい日でありますようにと祈る、くまさんを憶えている人がいる事をお知らせしたいと思います

半年前、腕の激痛で入院しておりました、

リハビリ大変でしょうが、どうぞ、お励みくださいね、、
希望をもって、一歩一歩心と体の回復の歩みを続けてください!

私はおばあちゃん、あなたはお若いくまさん、
困難な中でも、こうして、このような出会いの場所が用意されているのですね・・茂木先生より先にコメントをさせて頂いた失礼をお赦しください(^^) Reiko.G

投稿: R.グランマ | 2009/10/25 9:05:22

はじめまして。
今は24歳で1年2ヶ月前に脳幹出血で倒れました。
後遺症はたくさんあります。主に四肢麻痺らしいけど今は右半身が動きません。顔面麻痺こうおん障害ぜっか障害があります。知的障害はたぶんないと思います。今は退院して週2日リハビリしてます。

投稿: くま | 2009/10/24 15:08:54

茂木先生、初めまして。
今日の日記のコメントではないのですが…。

先程「さんまのまんま」を拝見させていただきました。

とても楽しく時間を過ごすことができました

今日はそのトークの中で気になった事があったので、僭越ながら日記のコメントとして質問しました。

先生は「脳はコントロールできない」とおっしゃいましたが、

私は天井の壁紙の凹凸を意識して反対に見ることができます。

これは間違い…この天井の模様は凸凹のはず!
と思うと、模様が凸凹に変わったように見えます。
勿論、そのまま凸凹を触って確認すると、一瞬で凹凸に戻ります。

これは脳をコントロールしたことにはならないのでしょうか?

ただの錯覚なのでしょうか?


これだけのことだけなのですが、長文失礼いたしました。

投稿: 雪 | 2009/10/24 14:53:04

茂木さん、今、読ませていただきました。
人間は失敗をすれば、また‘生まれ変われる’・・・そうですね。
それと、‘失敗’をしない様にもう一方では「努力」をしていく
ことも大切ですね。

自分が思いを込めて突き進んでいきたいこと、したいこと、そんな
何かが‘複雑’な様相を呈していると大変ですね。
それでも、人は何とかハードルを越えたいと思って右往左往するの
でしょうけれど、そこに‘失敗’とやらがあったりするものなので
しょう。

人生の岐路みたいなものは、いつまであるものなのでしょう?!
私の人生は、妙に落ち着いている様に見えるのだけれど、変化があ
るのは、お引越しくらいなものでね。(笑)

う~ん、‘失敗’を恐れてはいけない!とは思うけれど、‘失敗’
は誰しもしたくない!って思いますよね?!(笑)

何かあれば‘軌道修正’をしながら、柔軟に生きていけば良い!って
ことかなー???

では。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2009/10/24 12:09:11

茂木健一郎様
The garden party
人生が素晴らしいことを感じさせてくださる日記に
いつも感謝しています。
この人生を生かしていくことを誓えたらと思います。

投稿: Yoshiko.T | 2009/10/24 10:26:38

コメントを書く