« twitterはスケーラビリティにおいて | トップページ | マグネット »

2009/10/02

He really means it!

He really means it!

タイガージェットシンのこと

The Qualia Journal

2nd October 2009

http://qualiajournal.blogspot.com/

10月 2, 2009 at 07:34 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: He really means it!:

コメント

越谷体育館前の10才のとしかず君とけんいちろう君
最高に かわいい

本人達は 目を合わせないように、
でも 見たい!
このジレンマに どう行動したかを 想像しただけで
ほほえましい! です。

としかず君(サン)も きっと強くて 優しい大人に
なられたことでしょう

投稿: | 2009/10/04 0:18:48

彼は本当のつもりなんだ!

私が10歳だった時、私はその当時の親友の嶋村としかずさん
に、プロレスの試合を見に連れて行ってもらった。
アントニオ猪木とタイガージェットシンとの間の戦いだった。

私たちは、越谷市体育館の前でレスラー達が到着するのを
待っていた。
としかずさんはレスリングの大変なファンだった。
彼は、このジャンルの鑑賞に向かって多くのアドバイスを
私にくれようとした。

私たちが大きな期待とともに立っていたとき、
としかずさんは私に警告した:

“他のレスラー達はただ見せかけに過ぎないんだ。
タイガージェットシンは、ただ一人だけ、違うんだ。
彼は本当のつもりなんだよ!
もし君が彼の目と合ったら、彼は必ず君を攻撃するよ。
だから決して君は彼の目を見てはいけないよ。
僕は君の命のために、このことの助言者だよ。”

それで私は、タイガージェットシンについて真剣に不安を
持った、彼自身がマイクロバスから出てきて
体育館に向かって荒々しく入るのを。
としかずさんが私に警告したように、彼は
“ほんとうのつもり”のように思われた。
彼の顔つきは威嚇的だった、彼の口元の
彼のトレードマークのサーベルとともに。

私は振り返ってみたとき、私は何故、彼の行いが
日本の芝生を侵害しないのか、そして銃は法律を
管理しないのかと不思議に思った。
確かに彼は(規則・協定などを)破っていたように見えた。

画像:タイガージェットシン、
   彼のトレードマークのサーベルとともに。


難しかったです。
おかしな訳で失礼になったらすみません。

目が合うと本当に攻撃される。命を守るために
目を合わせてはいけないよ。
真剣な忠告を聞いたら、恐ろしくなりますね。

サーベルを持っていて、荒々しくて、
小学生の男の子でなくても、その場にいたら
怖くて緊張が走ります。
凄い迫力のプロレスの試合を直に見ることは、
テレビ中継で観戦する以上の緊迫感があるのだろうと
思いました。

投稿: | 2009/10/02 23:20:16

健一郎さま

Good evening. Let me talk.

I heard Twitter in your blog. So, I began Twitter today.
My user name is locusmichi ( It is a strange name ).
I am week in English, too. But, I try writing English.
Besides I may fail in various ways because I am a beginner.
If my English is clumsy and wrong, please forgive it.

Please forgive various rudeness, too.

Thank you very much. Your sincerely.

美知代

投稿: michiyo | 2009/10/02 23:00:18

タイガージェットシンて可愛いですね?
私も会ってみたかったです(・ω・)/
プロレスラーに悪い人はいません。(根拠なき自信~)

ところで茂木さん、河合隼雄さんに会いたくないですか?
\(^_^)/
河合さんが語りかけてくる凄い本見つけました!(最初の一冊目ですが~)
「人の心はどこまでわかるか」(河合隼雄氏著/講談社¥740)です。

いきなりずっしりくると同時に、愛情深い河合隼雄さんの存在を確かに感じました。
茂木さん、河合さんと出会われているんですもの。
素晴らしい「めぐり逢い」だと思います。
臨床家だけでなく全ての人の人間関係の悩みとか育児とかでヒントがある本だと思います。

茂木さんと河合隼雄さんでの御著書もあるのですよね?
探してみます。
拝読するの楽しみです。
では♪

投稿: | 2009/10/02 19:29:25

 タイガージェットシンって茂木先生のお話に何度かでてきて、その存在を知らない私にはいつもマジナイみたいに聞こえるものですから、どんな文脈で使われたのかさっぱり覚えていません。
 この写真なんだかすごいなあ。茂木先生の厚みはこういうところにあるんだなあと感心しきりです。それにしても男子のポケットの方が、明らかに人生や世の中に近いんじゃないか、なんて、早々と白旗上げると女子からも外れてしまうのかなあ。
 けれどその痛み、お産と同じくらいかも。白旗は上げられない。やはり共同声明がいいですね。ということで世の中ピンクリボンになるのかな。
 

投稿: | 2009/10/02 11:18:04

茂木さん、今、読ませていただきました。
茂木さんはー、本当に「タイガー・ジェットシン」がお好き
ですねー。

いきなり!乱闘の方、でしょう?(笑)

今日の「英語」は、難しいのだけれどー(笑)、闘うには
タイミングだとか、相手の「心構え」だとか、確かめて!
って事が大事だとは思うのですが、タイガーさんはそうじゃ
ーない?!(笑)

誰の目から見ても~、反則?!常にルールなき挑戦者!な
のかなー???
困ったお人ですねー。(笑)

今日は一日中、雨なのでしょうか~?
いつもなら、愛犬とのお出かけがし辛くて嫌だなって思った
りするのですが、この頃、一日中、雨が降るというのも少な
いから、今日の雨は「恵みの雨」ですね。

では、今日も素敵な一日となりますように・・・。

投稿: | 2009/10/02 11:16:06

I finally understood.
Some boys came to school with willow branches
in their mouths at one time.
They must have made believe
they were Tigers.
They lifted the flexible swords
with strange voices
" Hattu! Hattu! Hattu! ".

A happy childhood...someone's warning
seriously colored the world.
Instead of that, I must be still dyed
and made believe by my favorite.


twitter は短詩形、
それからダイアローグやモノローグの一節のようですね。
わたしはまだ follower になっていませんが
登録して主体的につぶやくのは勇気がいります。
たぶんぐずぐずして読者で終わるんだろうなぁ…

投稿: | 2009/10/02 10:42:32

茂木健一郎様
茂木さんがタイガージョットシンさんのことを著書や講演会で
お話されているのを初めて知ったころは、なぜか茂木さんと
プロレスのイメージがしっくりこなかったのですが、このように
ご覧になりはじめたのですか。私はタイガージョットシンさんの
瞬発力を茂木さんのお話のなかに感じて、私は茂木さんのお話の
しかたを学ばせていただきました。
このタイガージェットシンさんのお写真は恐いです。
けれど、このようにjournalを描いていらっしゃる茂木さんは
エネルギッシュなのだと思います。
今日も素晴らしい日をお過ごしていらっしゃいますように。

投稿: Yoshiko.T | 2009/10/02 9:39:46

おはようございます。

眠り猫2さま
 
眠り猫2さまが、書いてくださったこと、
私が思っていること、でも上手に書けなかったこと
そのものを、きちんと書いてくださっていて、
驚いて、嬉しくて、とても共感しました。

それで、いてもたってもいられず、
お礼を伝えたくて書いています。
本当にありがとうございます!

「深い河(ディープ・リバー)」昨日注文しました。
届くのを楽しみに待っているところです。
教えて下さって、本当にありがとうございます。

茂木先生と皆さまが、今日も一日どうぞ良い日を
お過ごしでありますように。


投稿: | 2009/10/02 9:07:08

コメントを書く