« とてもよい風情 | トップページ | 外は嵐 »

2009/10/26

A massacre of possibilities

A massacre of possibilities

150日連続達成。
昔、塩谷と河原で喋ったこと。

The Qualia Journal

http://qualiajournal.blogspot.com/

10月 26, 2009 at 07:37 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A massacre of possibilities:

» 365 トラックバック POPO
これが365番目のぼくだ 来る日も来る日も感じるままに その日のぼくを描いてきた [続きを読む]

受信: 2009/10/28 20:28:38

コメント

☆☆☆☆☆☆☆!!!!!150日間!!!!!☆☆☆☆☆☆☆
           
        == 本当にスゴイことです ==

☆☆☆☆☆☆☆!!!おめでとうございます!!!☆☆☆☆☆☆☆

        == これからもツイテきます==

(コメント遅れてスミマセン・・)

昨日は地元でショックなニュースがあって「気絶」していました。

でも、なんと・昨夜、有吉さんが「夢」にでてくれました!!!

会話は覚えてないけど、笑顔だけは目にやきついてます~☆☆☆、

すごい・どアップで嬉しかったです!!!

なので、これからも・ひき続き、頑張ります^^

投稿: | 2009/10/27 10:36:48

おはようございます 茂木サン 。
クオリアジャーナルの150日 連続更新
素晴らしいですね。

ドイツや イギリス、まさかの 竹富島! いろいろ障害を乗り越え

茂木サンの 精神の強さ、優しさ 努力家であること

知りました。


ささやかではありますが、毎日 自分も書き込みを
続けよう としてきました。(私は連続はできませんでした)
だから その大変さは わかります。

どうぞ これからも 毎朝拝見させて頂きながら

仲間に入れてください
よろしくお願いします∞

投稿: | 2009/10/27 1:40:53

茂木さん、「英語」のブログ、連続150日!おめでとう
ございます!!!!

今までにないことだったのですねー。
凄いことですね!

これからも出来る限り、続けてくださいね。

今日の「英語」は、‘選択肢’を逃すな!
ひとつのことに縛られるな!・・・って感じなのかなー?!

何かを‘選択’して生きていくことは、重要ですね。
でも、‘選択’することって難しいわー。
いつも、これで良いのかどうか~?!って、私はよくわから
ないけれど、でも、いつも自分で‘選択’をしています。

では、おやすみなさい。

投稿: | 2009/10/27 1:38:20

150日達成おめでとうございます。

クオリアジャーナル、いつも、やっとの思いで読みつつ、楽しませていただいています。英語表現に触れることで、今まで自分が持ち得なかった類の質感に対する発見に出会います。

世界に森羅万象があって、そして、心の中にも森羅万象が映し出される・・・。
私にとっては、読み続けて積み重ねるほどに、まるで心の中に全く新たな領域が生じるような感触があります。ゆっくり静かに力を与えられているような、心が耕されていくような。

魂の癒し。
茂木先生にとっての魂の癒し。
読む人にとっての魂の癒し。
日本にとっての魂の癒し。


>To live is like to experience a massacre of possibilities.
多世界、そして、今私がここにいる不思議を想います。


どうか、これからも縦横無尽に行き交ってください。
ハイテンションでどうぞ☆

茂木先生   Hooray!
切り込み隊長  Hooray!
おしら様も ・・・  Hooray!

投稿: | 2009/10/26 23:55:11

Congratulations on Mr. Mogi!!!

   〇●〇●〇●
☆☆\(*・Θ・*)/☆☆


I recalled it.
The impact received when this essay is read.

――この世界は、死んでいった可能性で満ちあふれている――
――生まれることなく死んでいった可能性たちの流す血の中を、私たちは歩いている――私たちの意識は、一度に1つのものしか選択できないし、一度に1つのものしか認識できない。だが、私たちの無意識は、ひょっとしたら生まれることなく死んでいく夥しい可能性たちに、どこかでかすかにつながっているかもしれない。だから、人は、時には癒されるために無意識へと降りていかなければならない。人格の全体性を取り戻すためには、意識の明るみを離れて、無意識の暗闇の中に降りていかなければならない。
無意識は、生まれてこなかったものたちの住まう世界なのである。――(先生のご著書『生きて死ぬ私』~生まれてこなかったもの~より抜粋させていただきました。ペコリ_(._.)_)


投稿: | 2009/10/26 23:52:34

茂木ィ先生こんばんは♪(・ω・)/

「人生は可能性の大量虐殺である」って確かに。(・_・;)

丁度今読んでいる河合隼雄さんの「影の現象学」とかぶります。

河合さんによると夢に同性が出てきた時は、それはその人のshadowで、次にその人のアニマ(もしくはアニムス)が夢に顕れて、次に元型が順番に顕れるのだとか。
私めは最近①思ってもみない怖い女性が夢に顕れ、次に②大好きな天女のような女友達が顕れました。
確かに②彼女は私めの理想なんですが~①の怖い女性が私めのshadowだとしたら、私めは今まで①を無意識に抑圧してきたことになるのです!がーん!

そして確かにそうなんです~(-o-;)

なんだかはっ!!としてしまいました。
そしてその事から色々な気付きがありました。
気付くと離れられるってことありますよね。
長々と夢の話してスミマセン。
「影の現象学」名著です♪では♪
敬愛をこめて♪

投稿: | 2009/10/26 22:45:05

150日連続バンザ~イ。英文だと少しハメ外されてるような。内容あまり理解できてませんが。。

今日の鳩山首相の所信表明演説、一部聞いただけですが好きだなぁ。アインシュタインの言葉があったり、人を思いやる(これぞミラーニューロン)友愛政治、科学ってホントは素敵なモンなんだ、と。

投稿: | 2009/10/26 22:07:26

Congratulation,Mr.Mogi!

Qualia Journalの150日達成、おめでとう御座います。英語はよく分からないながら、読ませて頂いています。

茂木さんのこの挑戦が、これからも続くことを、願っています。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/10/26 20:47:21

茂木健一郎様
The Qualia Journal150日達成、真におめでとうございます。
英語でブログを書く実験で、日本人の魂を深いところで「癒す」
ことに気づかれておられたこと嬉しく思っております。
日本の輝きをこれからも有意義に美しく伝えて行かれることを
祈ります。
塩谷賢氏が茂木さんの御親友であることがいつもしみじみと
伝わってまいります。

投稿: Yoshiko.T | 2009/10/26 14:37:23

I went on a four day trip to Southeast Asia.
I almost died of sending a report, report, report....
for COP10 (the 10th Conference of the Parties
to the Convention on Biological Diversity,
2010, Nagoya).
Miserable.


The Qualia Journal 
150日連続達成、おめでとうございます!
すごい、すごい、すごい。
(テンションが低いと置いていかれそうなので三唱!!!)
海外でも、竹富島でも、途切れることのなかった
エントリーに感謝しています。
体力を回復させ、また元気よく英文で思索することに
チャレンジしたいと思います。

投稿: | 2009/10/26 9:17:32

CONGRATULATION!!

投稿: | 2009/10/26 8:17:50

コメントを書く