« Bunkamura 佐藤卓対談 | トップページ | Liquid in life »

2009/09/07

そんな夕べ

桑原茂一さんや、吉村栄一さんと、
シャングリラ・ホテルで会う。

dictionaryで連載中の、how to agrue。
伝説の、ボーア・アインシュタイン
論争を検討する。

いつも、最後にイラストを描く。

内容に即したものを即興で
書かなければならないので
大変だ。

茂一さんと、パリにいる
ローラン安斎の話をした。

会いたいな、と思った。

丸の内にて、イノベーションについて
短い議論。

丸善丸の内本店。

『熱帯の夢』サイン会。

たくさんの方に来ていただき、
本当にありがとうございました。

東急Bunkamura。

佐藤卓さんとの対談。

すばらしくダイナミックな
言葉のやりとりとなった。

(詳細は、英語のブログ
qualia journalに書くことといたします。

夜、道を歩いていると、
いろいろなところから虫の音が
聞こえてくる。

都会の中でも伝わってくるから、
ああ、土と草がある場所ならば、
どこでも発生するのだなと思う。

限りある命という意味では、
彼らも私たちもかわらない。

だからこそ愛おしくて、
ずっと聞き惚れていたいけれども、
現代人はどうやら何かに追われていて、
結局は足早に通り過ぎる。

ゆったりと、虫の音を聞く
そんな夕べがあればいいのにと
思う。

9月 7, 2009 at 07:01 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そんな夕べ:

» etude114 トラックバック 御林守河村家を守る会
ペルリが出航するまえに フォン・シーボルトがさかんに遠征隊への参加を求めていたことが 記されています。 [続きを読む]

受信: 2009/09/08 8:18:53

コメント

茂木先生、おはようございます!


確かにそんな夕べ。 小さな身体で懸命に羽を揺らして奏でる音楽は、広く深く闇に響いてきます。


気付けば、家の周りは虫たちの音で溢れていて、先生の記事にて意識を傾けてみました。そうやって忘れていた何かをみつけてゆくのでしょうか。


ステキな夕べを有り難うございました。☆☆☆

ほいでは本日も、お忙しくされている先生に、素敵な風が吹きますように☆☆ヽ(*・∀・*)ノ☆☆

投稿: | 2009/09/08 7:49:08

おはようございます 茂木サン 。
昨夜も月を・・・と思い 外にでましたが
雲があり あの月光は 見られませんでした。

しかし 秋の虫達の 大合唱に 癒され、ひんやりとした風は
肌に 心地よく 感じました。
目を閉じ、 毎日お忙しくされている 茂木サン や 皆さん の
お疲れが取れ ぐっすり眠りにつく事が出来ますよう
明日も 元気に 笑顔で行動できますように。

穏やかな気持ちになり 私も 眠った。


茂木サン 月光の写真 素敵ですね

先日の夜景や 月光の写真等 たくさん ご紹介頂き ありがとうございます

投稿: | 2009/09/08 6:09:14

茂木さん、Hello♪(^-^)サイン会よかったですね♪お疲れ様でした♪それと♪シャングリラ・ホテル♪(笑)ステキですよね♪いいなぁ♪私も一緒にお茶したいです♪(笑)あのアフタヌーンティーセット?♪スコーンとか色んなお菓子が段々になってるのを茂木さん達と♪ワハハ♪lalala♪しながら♪うれしくて♪楽しくて♪緊張して?♪(笑)ティーカップがカタカタしちゃうかも(夢(笑)♪(^o^)уだけどなぜだかホッと♪出来る静けさというか♪解放的で♪その静けさがリラックスになる感じで♪っあ♪トイレ行ってみましたか?(笑)男性のはどういうのか知りませんが(笑)キレイで♪おしぼりがあったりで♪至れり尽くせりでした♪明日は月に1回ある会議の為♪(初めて(笑)午後というか夕方からなのですが♪新宿に行くのでr♪(笑)あと♪日曜日に♪母さんが茂木さんのTV見たよ♪って言っていました♪英語も上手ねって♪どういう内容だったの?♪と聞くと図書館の所?♪のシーンをトコトコトコッと♪(笑)やってみせてくれました♪(笑)本か確認してるとか?♪私も見たかったです♪今日は虫の音という事で♪(笑)持っている♪a bug's lifeのDVDを観ちゃいました♪(笑)(^o^)у玉ビール♪っていうのを飲んでみたいです♪(笑)かわいいです♪ところで、茂木さん♪私の家の近くに♪私も通ってた中学校があるのですが♪体育祭の練習が始まってるみたいでした♪マイクを先生達が使ってるから(笑)私も練習してるみたいでした♪朝(笑)♪(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/09/08 3:06:23

茂木さん、Hello♪(^-^)付け足しで♪(笑)今日♪偶然♪に(笑)ガリガリ君のシャーペンを見つけました♪ソーダ♪マスカット♪グレープ(ガリ子)♪(笑)の3種類で♪ガリガリ君のアイスキャンデー♪(笑)のキーホルダーがプラプラ付いてるのでした♪(笑)どれもかわいくて買いませんでした♪(笑)ところで、茂木さん♪色んな味が出てるの知ってますか?♪プフッ♪(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/09/08 3:04:31

茂木さん、Hello♪(^-^)サイン会よかったですね♪お疲れ様でした♪それと♪シャングリラ・ホテル♪(笑)ステキですよね♪いいなぁ♪私も一緒にお茶したいです♪(笑)あのアフタヌーンティーセット?♪スコーンとか色んなお菓子が段々になってるのを茂木さん達と♪ワハハ♪lalala♪しながら♪うれしくて♪楽しくて♪緊張して?♪(笑)ティーカップがカタカタしちゃうかも(夢(笑)♪(^o^)уだけどなぜだかホッと♪出来る静けさというか♪解放的で♪その静けさがリラックスになる感じで♪っあ♪トイレ行ってみましたか?(笑)男性のはどういうのか知りませんが(笑)キレイで♪おしぼりがあったりで♪至れり尽くせりでした♪明日は月に1回ある会議の為♪(初めて(笑)午後というか夕方からなのですが♪新宿に行くのでr♪(笑)あと♪日曜日に♪母さんが茂木さんのTV見たよ♪って言っていました♪英語も上手ねって♪どういう内容だったの?♪と聞くと図書館の所?♪のシーンをトコトコトコッと♪(笑)やってみせてくれました♪(笑)本か確認してるとか?♪私も見たかったです♪今日は虫の音という事で♪(笑)持っている♪a bug's lifeのDVDを観ちゃいました♪(笑)(^o^)у玉ビール♪っていうのを飲んでみたいです♪(笑)かわいいです♪ところで、茂木さん♪私の家の近くに♪私も通ってた中学校があるのですが♪体育祭の練習が始まってるみたいでした♪マイクを先生達が使ってるから(笑)私も練習してるみたいでした♪朝(笑)それでは茂木さんまた今度です。

投稿: | 2009/09/08 2:49:09

 妻と自分。小4の長男と小2の次男。

7月29日に妻がもやもや病による脳出血で緊急手術。

生命の危機とまで言われました。

現在、脅威的なスピードで回復中です。

ヤフーのブログでもやもや病でブログ検索しますと

経過が記して在ります。

良きアドバイスを頂ければと思いメールしました。

投稿: | 2009/09/08 1:44:43

こんにちは

>都会の中でも伝わってくるから、
ああ、土と草がある場所ならば、
どこでも発生するのだなと思う。

もし、虫がしゃべったら、「おいらの祖先から、ずっとここに住んでおる、後からおまえら人間がやってきた。」と、言うかもしれませんね。(^^)

投稿: | 2009/09/08 1:07:43

茂木健一郎さま

私の部屋の外から聞こえる虫の音色

今までは音色に気がつかずでした、茂木健一郎さまに感謝です。

昨日、相模原市の釣具屋さんの相模屋さん、磯釣りエキスパート店員さんの谷内さんとお久しぶりに店内でお話が出来て
この頃、疑問でしたことをお聞きしました

仕掛けを深く入れたい私、ハリスを短く?

その場面を的確に表現できなくの私、あちやー!
意味が違う話になってしまい

それでも意味が違う話になっても、あ!そうですね!自分なりに考えが出てきて谷内さんにも感謝
私、茅ヶ崎の沖磯で今、考えているのは仕掛けの入り方、角度をみている、逆に申すと、お魚を釣りたい!は気持ちとしては、ない!とは言い切れませんが、第一には仕掛けの角度を常に考えて

ですから茅ヶ崎の釣具屋さんの磯屋さん日曜日、高木さん朝方は波の関係で烏帽子本島しか、しかし磯替えの船でスズキ島に移動して!

黒鯛をターゲット

でも、今の私は仕掛けの角度しか興味はないんです、お魚が釣れるのは結果であり答えであるので、その意味は
本質的に
仕掛けの角度が、私なりに考えての角度で入っていくこと、それで釣れることが、嬉しいんです

茅ヶ崎の沖磯の場合は場所なんです黒鯛が釣れるポイントは少ない

徳島の場合は降り立った場所で黒鯛、つまりチヌが釣れるやも!あるんです、魚影が濃いのでチヌは徳島では桁違いの魚影
茅ヶ崎の沖磯では平等にチャンスがあるのはメジナと私なりには考えて


嘘ではないけど真実でもないということの意味

茅ヶ崎の沖磯で黒鯛を釣り上げるは、私の体験した少ない経験からですが
誰でもってチャンスが平等ではない気が個人的にはします

誰でも釣れるメジナ
でしたら小さいだろうが
メジナを釣り上げることが茅ヶ崎の沖磯での私なりの楽しみとして、そして徳島お魚釣り遠征の練習として仕掛けの入り方、これしか考えてない私
ですから釣れちゃった
ではなく釣った!と
前向きにです。

月曜日のお魚釣り番組、ケーブルテレビ
釣りビジョンさん

丹羽 正さんの激磯

私、丹羽 正さんの番組、激磯が大好きで
事実
地磯での歩き方!
荷物は海側の肩に。
でないと荷物が磯にぶつかりバランスを崩す!

番組の始まりの部分から凝視。

丹羽さんが磯でのシーンで、
深く仕掛けを入れたい時、ハリスを短くして!とテレビで解説されていて
ちようど今の時期の
つまり
あ!名手の丹羽さんと考えが同じ!
嬉しいな!と番組を見てますと
丹羽 正さん

俺らのように仕掛けを入れたり出来なくても自分なりに考えて釣れたら楽しいじやん!

そうなんですよね

茂木健一郎さま

お魚釣り
自分なりに考え釣れる
これが私くらいのお魚釣り初心者みたいなのでもお魚釣りが楽しい!理由なんです

お魚釣りの名手
丹羽 正さまもお魚釣りを通してクオリアを感じ取られているのでは!

ふと、思いました

さて寝ます。

投稿: | 2009/09/08 0:21:56

丸善サイン会、そして、Bunkamuraでの佐藤卓さんとの対談、お疲れ様でした!

どちらもご盛況のようす、日記の文面を通して伝わって参ります。

茂木さんは、何処へ行かれても、我々の心をぐっと惹きつける、魅力溢れる多面体のような人なんだなぁ・・・と常に思う。

博士とは違うけれども、多面体的な人間に変わるには、いったい、如何すればいいのだろう。やはり、色々な所に出かけ、さまざまな人間と出会い、交わり合うしかないのかもしれない。・・・といっても、今はそのチャンスにに恵まれない。

というわけで、なかなか出来ないけれど、少なくとも今の自身にとっては、一番必要な宿題なのかもしれない。

ところで、最近は、秋の草叢でひそやかに、限りある命を燃やして、切々たる愛の歌を、虫たちが奏でているようだ。短い命の最後の炎を、伴侶を得る為に歌として捧げている。

>限りある命という意味では、
彼等も私達も変わらない。

そうなんだよなぁ、と納得せざるを得ない。凡そ物事というのに「永遠」はホトンド存在せず、こんな表現で申し訳ないが、生き物たちも無生物も、何時かは「賞味期限・耐久期限」が来てしまう。

虫もイヌもネコも、人も、生命の耐久期限がくれば、死ぬ。永遠に死なずば、いとおしさは沸かない。生命は尊いもの、という概念が作られない。

生命は永遠ではないからこそ、この無限の宇宙で、もっとも貴き宝であり、もっとも尊ぶべきもの。

現代文明が醸す「何か」に流されて、その尊さを、我々は忘れてしまいそうになる。

虫たちと私達の生命は等価と、心得ることを忘れまい。ついでに無生物も。

乱文・長文にて、失礼致しました。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/09/07 22:20:06

茂木さんに会いたいナって思われるローラン安斎さんとは、どんな方なのかしら?羨ましい(/。\)


たくさんの人に来てもらえ、いつも見守っていてもらえる…支えてもらっていると感じられること。
素敵なことですね(o^∀^o)

どんなところであっても、二つが揃っていれば、良いんです(^_-)

一つではなく、二つ!

それが一番大切なことですもの。

大丈夫ですよ!
叶います(^^)v

投稿: | 2009/09/07 21:59:02

秋の虫の夕べの音楽会は、素敵ですね♪
茂木先生にもそんなお時間ができますように…

そぅ、先日禁断?の図書カードを作ってしまいました♪
(・ω・)/
今まで図書館は閲覧だけにとどめていたのですが、これからは本も借りちゃいます♪(活字中毒に拍車が~ァ。ああぁ)(><;)
一番最初に借りたのは小林秀雄氏の評論の朗読CDでした♪
「美を求める心」「當麻」「無常といふ事」「生と死」(講演から)等が収録されていて、朗読で聴いても素晴らしかったです。
その「生と死」の中の一文
「春はやがて夏の気を催し夏より既に秋は通ふ」
が印象的でした。
ほんとに、何事もそうなんですよね~~(-o-;)

徐々に変わるのではなく、重なりながら変化していくのです。
さらに凄いのは「死は前よりしも来らず、かねて後に迫れり」の言葉でした。
φ(.. )

いやまさに本質的とゆーか、白刃煌めく名文ですね!
小林秀雄氏の「本居宣長」も読みたくなりました♪

茂木さん、教えて下さりありがとうございマスm(_ _)m

帰りにサンテクジュペリの「夜間飛行」(↑竹内薫氏推薦なので)とヘッセの「シッダールタ」と漱石の「行人」を買いました♪(^o^;)
読書の秋なのです

投稿: | 2009/09/07 18:20:27

茂木先生 こんにちは♪
だんだん秋に近付いて、昼間から虫の声とセミの声、一ヵ月位前までは、前の小さな林でウグイスが鳴いてました。ウグイスとセミの声が一緒になると、なんだか違和感があって、歯のかみ合わせが合わないような、パズルがキッチリはまらないような、変な感じがして、調子が狂ってしまいます(笑)生態系も変わって来ていますね。子供の頃は、ガチャガチャやスイッチョンもうるさい位鳴いていたし、虫達の大合唱が聞こえてました。今はコオロギも少なくなり、いろんな音色がせず、ほんとに寂しくなりました。だんだん涼しくなる秋の夜、虫達の声も少なく、か細くなって、最後まで頑張っていた一人(一匹)の声も聞こえなくなると、あぁ~死んじゃったんだぁ~。と、なんともシンミリしてしまい、見えないけど、私の中では大事な友達、音楽になっています。いつまでも虫達が鳴ける場所は、たくさん残しておいて上げたいと思います…♪

投稿: | 2009/09/07 13:38:52

虫の声 ほっとしますね。我が家は杉並ですが 古い日本家屋です。お座敷の戸を開けていると 小さな庭から 虫の声が聞こえてきます。私のオサボリで草がたくさん生えてしまいまして、どうやらそこが虫達の楽しい住家になってしまったようです。

投稿: | 2009/09/07 13:27:39

茂木様
虫の声でとても癒されますね。人間はやはり、自然に大自然に囲まれた日常が無いと、バランスを崩すのだと感じております!

投稿: | 2009/09/07 11:23:17

茂木さん、おはようございます。
桑原さんたちとのお仕事で、最後には即興でイラストを描くとは?
何だか大変そうですが、そのイラストは著書か何かで拝見できるの
でしょうか?

茂木さんが描かれたイラストはわが家に二つあります。
大阪にいた頃、サイン会でいただきました。
ひとつは、「赤毛のアン」に因んだもの。(私へ)
もうひとつは、クジラの爆発だぁ~!の絵。(夫へ)

大事にしています。

イノベーションは、大切。
いつも自分で関心をもったこと、興味をいだいたことは出来ること
ならずーっと抱き続け、追いかけていけるとよいですね。
その一方で仕事において、また生活面でも、常に「変われる」そん
な柔軟性は忘れたくはないものですが、それには人の話しをよく聞
いて、時代を読むことも大事なのですね。

サイン会に対談、後で皆さんのコメントを楽しみに拝見したいと思
います。
昨日は足を運ぶことが出来ませんでしたが、有吉さんとの対談は行
けそうなので今から楽しみにしています。

虫の音に限りある命・・・田舎では虫が大合唱していて元気一杯!
ですけれど、都会でも緑のあるところでは聞こえますね。
現代人は足早に通り過ぎるのですか?
う~ん?!
そうですか・・・私は虫の音にじっくりと耳を傾けていますが、忙
しくないからかなー、今はまだ。

愛犬とお散歩をしていて、時々、愛犬の目線で小さな虫たちをじー
っと眺めたり、見つめたりしていると意外な発見があって驚かされ
ることがしばしば~。(笑)

では、今日も一日、お元気にお過ごしください。
今日の「英語」は、また後ほど読ませていただきます。

投稿: | 2009/09/07 8:27:44

茂木健一郎さま

虫の音色

人も、それぞれ

虫も、それぞれ

ホタルの音色は
輝くことで代弁している
町田市在住の私
今年は参らずでしたが
町田市は小野路にて、自然のホタルを

茂みから出てくるホタル生息地は湿地なのかな?
ふと、思い出しました

ホタルの光の音色を。

投稿: | 2009/09/07 8:04:01

コメントを書く