« Lights are everywhere | トップページ | 週刊ポスト 脳のトリセツ 漫画「道」の追求 »

2009/09/10

文明の星時間 社会の若さ

サンデー毎日連載
茂木健一郎 歴史エッセイ

『文明の星時間』 第80回 社会の若さ

サンデー毎日 2009年9月20日号

http://mainichi.jp/enta/book/sunday/ 

抜粋

 イギリスの歴史家、エドワード・ギボンは1776年から1789年にかけて出版された6巻の著書『ローマ帝国衰亡史』の中で、かつては隆盛を誇ったローマ帝国が没落していった理由を追及した。
 ギボンは、ローマ人の意識の変質に根本原因を求めた。繁栄が続く中で、ローマ人たちは自ら国を守る気概をなくして、外国人の傭兵たちに頼るようになった。また、キリスト教の来世に対する信仰が、現世の境遇に対するいきいきとした関心を奪ったことも、影響を与えたと考えた。
 人間がつくる社会は複雑な有機体であり、その相互作用のあり方もまたさまざまである。ギボンが指摘するローマ人社会の変質は、確かに帝国の衰退とかかわりを持つだろう。一方で、その原因のすべてを説明しているとは言えぬ。
 古のローマ人たちは、自分たちの社会に何が起きているのか、必ずしも把握してはいなかったのではないか。一人ひとりは、自分の人生を精一杯生きている。与えられた条件の中で、懸命に工夫をしている。それでもなお、社会全体としては衰退を隠せない。そこに一つの美学を見る人さえ、いたかもしれない。そうしているうちに、やがてローマ帝国は亡びた。

全文は「サンデー毎日」でお読みください。

本連載をまとめた
『偉人たちの脳 文明の星時間』(毎日新聞社)
好評発売中です。


9月 10, 2009 at 07:37 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文明の星時間 社会の若さ:

» 次なる社会 トラックバック POPO
農業社会は食糧が社会基盤だった 工業社会になって エネルギーが社会基盤になった [続きを読む]

受信: 2009/09/10 21:24:38

» 不戦の誓い トラックバック POPO
生きることは戦うことだと 心の底から思いこんでいる 好戦的な輩がいる 主義主張を [続きを読む]

受信: 2009/09/16 23:31:37

コメント

連載を読ませていただきました。

今のこの島国に住む我々は、かつてのローマ帝国末期の国民のように、自分の国に何が起こっているか把握しきれていない、というわけでは必ずしもないが、それに近い状態なのかもしれない。

高齢化が進み、諸制度が劣化し、徐々に国と社会は衰退に向かっていく…。それでも人々は、衰滅の予感を抱えつつも、懸命に今ある日々を生きている。時には、ささやかな幸せすら感じながら。

そんな状況の中で、ローマのように滅びないためには如何すればいいのか、私達一人一人が、本当はもっと深く、真剣に考えなくてはならないのではないかと常に思う。

衰滅の一つに、衆愚化がある。ソクラテスが亡くなる時代のアテネも、大衆が賢明さを喪い、社会が停滞し、やがて崩壊していったという経緯がある。

私達が賢明さを取り戻すことも、衰滅を免れるひとつの方法なのではなかろうか。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/09/11 5:45:58

コメントを書く