« A brain the size of Kent | トップページ | 数字に正確だなあ »

2009/09/29

プロフェショナル 進藤奈邦子

プロフェッショナル 仕事の流儀

新型インフルエンザを食い止める
~WHOメディカルオフィサー・進藤奈邦子~
WHOの進藤奈邦子
さんが再登場。

懸念される新型インフルエンザに対する
人類の闘いの最前線に立つ進藤さんの
姿を追います。

新型インフルエンザについての
情報も満載。

必見です!


NHK総合
2009年9月29日(火)22:00〜22:49

http://www.nhk.or.jp/professional/

すみきち&スタッフブログ

Nikkei BP online 新型インフルエンザとのグローバルな戦い WHOメディカルオフィサー・進藤奈邦子(produced and written by 渡辺和博(日経BP))

9月 29, 2009 at 07:24 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロフェショナル 進藤奈邦子:

» 人類への警告 トラックバック POPO
異常気象も 世界経済危機も 新型インフルエンザも 人類への警告 何を優先順位とす [続きを読む]

受信: 2009/09/29 22:02:01

» 人類のためにウィルスと闘う進藤奈邦子さんに感謝 トラックバック 星の王子様の宝箱
こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   今日 [続きを読む]

受信: 2009/09/30 22:58:03

» 新型インフルエンザを食い止める WHOメディカルオフィサー・進藤奈邦子 トラックバック 須磨寺ものがたり
ウイルスと人類との闘い、 未知のウイルス新型インフルエンザの猛威に、 敢然と立ち向かう一人の女性を追う。 [続きを読む]

受信: 2009/10/01 9:31:35

コメント

グローバルで、全人類の生命的危機に関わる新型インフルエンザの問題。

その問題に、四六時中、常に最新の情報を受け取り、適切かつ真剣な対応をされている進藤さんやWHOのスタッフの懸命な姿には、頭が下がる思いだ。

番組の最後で、ウィルスの全容について進藤さんからお話があった。考えていたような変異したものではなく、個体として安定したものであり、かつ感染力の非常に強いものだといわれていたのを、シッカリと頭に入れることができた。

予防は、やはり、毎日の手洗い、うがいの励行に超したことは無さそうだ。しかし、街中を歩くに、マスクをしている人がトテモ少ないのが気に掛かる。

それにしても、この新型の感染力の強いのには、旋律を覚える。海外への渡航歴もなく、持病もない健康な人があっという間に重症化し、亡くなってしまうのだから。これからピークだと言われている時期に入るが、時期が過ぎても油断は禁物だ、と思う。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/09/30 5:40:43

茂木さん、Hello♪(^-^)途中からでしたが見れました♪(^o^)у手洗い♪うがい等♪大切ですね♪ところで、茂木さん♪中継バージョン初めて見ました♪(^3^)それでは茂木さん、また今度です

投稿: 水饅頭 | 2009/09/30 2:44:53

こんばんは 茂木サン 。
進藤奈邦子サン 拝見しました。
新型インフルエンザの流行の中で 奮闘されているお姿が 頼もしいです
感染を食い止めー死者数が激減しますように。

家族の存在が、ありがたいですね。
お体を大事にされ、益々の活躍を 願っております。

私達も自己防衛。
手洗い、うがいや 早目の 診察! と安静 で、
二次被害を 出さないょうに していく大切さ

投稿: サラリン | 2009/09/30 1:29:38

茂木さん、番組を拝見いたしました。
WHOメディカル・オフィサー「進藤奈邦子さん」、世界の中に
あって、‘ウィルス’と闘う、たいへん優秀なドクターでいらっ
しゃるのですね。

私たちには、まだまだわからない‘ウィルス’がたくさんあるの
でしょうけれど、「サーズ」、「エボラ出血熱」、「鳥インフル
エンザ」とこれまでにもたくさんの‘ウィルス’の原因究明にあ
たって来られたのですね。

内科、薬学、救命救急医などなど、世界の知が集結するWHOの
中でメディカル・オフィサーとして、とても責任の重いお立場で
日々、睡眠をとられる暇も無いほど、お仕事をしておられる。
優秀で素晴らしい日本人女性がいらっしゃるものですね。

育ち盛りのお子さんたちのママでもあり、お忙しい合間には家事
もこなされ、凄い女性だと思いました!

「新型インフルエンザ」対策のガイドラインの様なものが少しだ
けでも見えつつあって、番組を拝見しつつ、少しホッ!といたし
ました!

世界の国々で、結局は「医療対策」による対処の遅れから見られ
る症状の差異によって、この‘ウィルス’の重軽症の度合いのバ
ラつきがある!ということがわかったことはよかったですね!

「新型インフルエンザ」は、伝染病だから一刻を争うものであり、
その対処法が急務となるのですが、なによりも‘臨床データ’が
大切で、治療の遅れが患者の運命を左右してしまうという、本当
に怖いことだ!と思いました。

現場の「声」に耳を傾けられ、その原因究明に必死になって取り
組まれている「進藤先生」・・・素晴らしい。
タミフルやリレンザで抑えられるのか、また「基礎疾患」がない
人の症状が重くなるケースは・・・まだまだ解明されていない事
、わからないこともあるかと思いますが、「進藤先生」たちが、
多くの‘症例’をご覧になって、データを基に研究してくださっ
ていることを知り、また、大半の人は軽症だということもわかっ
て、安心いたしました。

進藤先生は「自分が病気になってはいけないから」とおっしゃっ
ていました。
本当にくれぐれもお身体にはご留意なさっていただきたいと思い
ます。

私たちは、感染を拡大しない様に小まめに‘手洗い’や‘うがい’
をしないといけませんね。

今回の放送では、「新型インフルエンザ」の現状を知ることが出来
てよかったです!

では、おやすみなさい。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2009/09/30 0:50:20

拝見しました。

すみきちさんと茂木先生のお言葉に、
答えられた進藤先生の笑顔と頼もしいお言葉。
心強さを感じました。
ありがたいと思いました。

弟さんがきっとこの瞬間、すぐお傍に
いらしたと思いました。
「お姉ちゃん。僕も応援しているよ。ありがとう。」
と声が聞こえるような気がしました。

「あなたたちの所に来られて、この患者さんは
ラッキーでしたね!」と
進藤先生が仰ったとき、タイの病院のスタッフの方は
嬉しそうな笑顔で印象的でした。
「あなたたちにしか、救えない」
インフルエンザに立ち向かう気持ちを、後押しする
温かい言葉。的確なアドバイス。混乱の現場の方の
自信と意欲を、力強く取り戻されたのではないでしょうか。

ご多忙の中、ご家族ともお仕事にも
フル回転で頑張っていらして、いつ休息をお取りになる
のかと思うくらいです。
本当にお疲れさまです。
これからも眠さとお疲れとも戦いながら
日々大変な激務と思われますが、
どうぞお身体をお大事になさって、
「全人類のために頑張ってください!」
私たちの誇りです。
ご家族にとっても、そして
きっと弟さんにとっても誇りだと思います。

○鼻をかんだら、すぐティッシュをゴミ箱に捨てて、
手指の清浄をする。
○飛沫感染を防ぐため、せき・くしゃみは
必ず防ぐ。触ったら、手指の清浄。
○免疫力低下を防ぐために、無理をしない。

貴重な放送、拝見できて良かったです。
ありがとうございました!
新藤先生、すみきちさん、茂木先生、
皆さまシックな装いで素敵でしたね。

投稿: 発展途上人 | 2009/09/29 23:30:55

プロフェッショナルみました。非常に早いインフルエンザの拡大に、あらためて恐怖を覚えました。一方で進藤さんたちの働きに安心感もあります。
やはり1人1人がしっかり、手洗いや、疲れないなどの対策が必要と思いました。
茂木先生も、十分気をつけてくださいです。
では失礼しました。

投稿: テルキ | 2009/09/29 22:54:58

コメントを書く