« 有吉伸人 茂木健一郎 対談 | トップページ | It's my job never to give up »

2009/09/04

あれを見れば

午前中取材3件。

PHP研究所の木南勇二さん(キャミー)
が迎えに来る。

NHK。『プロフェッショナル 仕事の流儀』
の撮影。

ゲストは、ドクターヘリ、松本尚さん。
松本さんと一緒に、改めて3Vを見る。
息をもつかせぬ迫真。

ヘリコプター出動要請の
電話がかかってくる。

生死の境をさまよう患者さんに、
松本さんたちが懸命の
処置をする。

紆余曲折。
やがて、ようやくのことに危機を脱する。

どんなに困難な状況でも決して
諦めない、本当に素敵な
松本さん。

克明に描かれるそのプロセス。

収録が終わった後の
スタジオで、松本尚さんとお話する。

「やはり、あのようなケースは
年に1件あるかないかですね。」
と松本さん。

「あのようなことが、映像に
収められたということは今まで
ないでしょう。」

待ち時間に第一食堂の喫茶で
仕事をする。

お昼を食べていない。空腹に
耐えかねて、190円のかけそばに
30円の生卵を落としたものを食べた。

食券を買い、カウンターの前に立つと、
おじさんが顔を見て、
「プロフェッショナルはいつ放送して
いるんでしたっけ?」と聞いてくる。

「火曜日夜10時です。夏休みをいただいて
いましたが」と答える。

「ああ、良い番組だね」と言いながら、
おじさんは奥の方に移動して、そばを
湯の中にいれた。

近くには、おじさんの同僚がいる。
同僚に向って、「プロフェッショナル
というのはいい番組だね。あれを見れば、
死ぬ人はいないでしょう。」
と言っている。

私は、意味がわからず、一生懸命
耳を傾けた。

そばのお湯を切り、おじさんが
こちらに来る。

「プロフェッショナルというのはいい番組だね。
あれを見れば、死ぬ人はいないでしょう。」
おじさんが、もう一度、今度は私の
顔を見て言った。

それで、やっとわかった。

長い不況が続く、困難な時代。
番組を見れば、勇気が湧く。

どんなに苦しい時でも、きっと
そのトンネルの向こうに明かりがあると
信じることができる。

だから、自殺なんかしなくなる。

そんな意味だとわかった。

ビデオのチェックを終えた
松本尚さんとともに、「二合目」へ。

長いロケの間の苦労をともにした
ディレクター、デスク、カメラマン、
音声さんと一緒に、ゲストと懇談する
場は、本当に大切な、振り返りの時間。

有吉伸人さんに、「さっき、一食で、
そばを注文して、おじさんに、
プロフェッショナルはいい番組だね、
あれを見れば、死ぬ人はいないね、
と言われたんですよ。」
と報告した。

有吉さんは、「最高の褒め言葉ですね」
と言って、それから
目に腕をあててクククと泣いた。

やがて、有吉さんは、
大好物の鶏の唐揚げをうれしそうに食べた。


生田聖子ディレクターと、松本尚さん


有吉伸人さん


有吉伸人さん、井田カメラマン

9月 4, 2009 at 04:22 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれを見れば:

コメント

茂木先生

おはようございます
久しぶりにblog拝見して
また元気いただきました

昨日 食堂のおじさんのおっしゃった内容に関係する公開講座に参加したとこでしたので
言葉がしみました

一見 悪いことに見える事柄が実はそうでなかったり そこから学ぶことにより 人生の本当が見える
と私信じてます

おじさんのおっしゃる通り 私たちは 番組から生きる勇気と知恵をもらってますよ
これからも楽しみにしています

講座の帰り道 興福寺に吸い寄せられ(笑)
一人 国宝館を拝観

仏像たちは私に語りかけてくるようでした
それは平素意識しない私の心の核の声なんだろうな〜と思いながら…

よい一日をお過ごしくださいね

投稿: たかこ | 2009/09/06 8:06:43

プロフェッショナルはホント、よい番組です。
登場するプロフェッショナルな方々には、
世の中もまだ捨てたもんじゃないと思わせてもらえます。
スタッフの静かに熱い心意気があってこそ、
人間としてのプロの生き様をかたちにできるのでしょうね。

世の中に良い影響を与えている番組に間違いないです。
善行とは目立たないもので、それはまたその人たちに
そんな気も無いからなんでしょう。
それは自ずと自然に見えます。

スタッフの皆さんにはいつもご苦労様と言いたいです。

投稿: pteron | 2009/09/05 22:19:12

茂木さん、おはようございます。
昨日の夜、「高校生クイズ」を拝見いたしました。

とても同じ人間だとは思えぬ。(笑)
しかも!彼らはまだ‘高校生’だというのに~。

数問しか答えられず、あはは・・・。

茂木さんが出題された問題は、かなりレベルの高いものでしたねー。
「あれを見れば」自分が如何にな~んにも知らないかがわかります。

恐らくどのクイズ番組よりも一番、難しいのではないでしょうか?
学問だけではなくて、雑学も知らなければ勝ち残っていけないです
し、凄かったですねー、どの子も。

本当に彼らは「知のアスリート」だと思いました。

悔し涙を流していた子がたくさんいましたが、み~んな真剣そのも
ので、よく頑張っていました!偉い!!!!

私は問題がわからなくて、ヘラヘラと笑っていましたから~。
情けない・・・もっと、お勉強をしよう!(笑)

では。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2009/09/05 7:58:42

茂木先生、おはようございます!


有吉さんの涙に感動です。☆プロフェッショナル☆本当に勇気が湧いてくる番組だと思います!
決して諦めぬ精神。(`ε´)ノ

早く火曜日が待ち遠しいのです!


先生、本日もお身体に気をつけて行ってらっしゃいませ。(*⌒∀⌒*)ノシ☆☆☆

投稿: wahine | 2009/09/05 7:28:39

 ・・・・・ 新幹線に乗車時 いつも思う!

   車窓 途切れることのない  民家 。。。 

屋根を外せば 家族(茶の間) そこには テレビ 


          テレビの役割 (有吉さん タイトニ!!

                ☆

投稿: 一光 | 2009/09/05 6:43:10

茂木健一郎さま

えぼし丸船内より

大平という磯へ

お楽しみ券
ホチキスで留めてくれないと!船内にて言われ

すみません!

素直に
なにせ

無料で乗船ですから本日

投稿: 高木英樹 | 2009/09/05 5:39:48

おはようございます 茂木サン
9月8日、 9日は、しっかり 手帳に書き 早めに帰り、みます。

楽しみです!


さて 本日 「熱帯の夢」 をようやく買いました。
蝶への思いや
色鮮やかな虫や鳥達が 納められています。

ゆっくり 読んでいこうと 思います。


最近の 茂木サンの 写真の お顔が 穏やかで 爽やかで

私達も 幸せを 感じます。
ありがとうございます

投稿: サラリン | 2009/09/05 5:16:46

茂木健一郎さま

あらためまして

おはようございます

茅ヶ崎の沖磯に行く準備、朝食の食パンを食べながら

ファイヤー バード

究極の根底はファイヤーバード!

どうにかしよう!

有吉さま、ご入局の段階で、すでにプロフェッショナル仕事の流儀への道筋にお立ちでした事実です

どうにかする!

本質的な流儀

派手な番組ではないプロフェッショナル仕事の流儀

日常に密接な部分でありながら実は人知れず
そこを本質的に鋭く

最重要ヘリコプター

ドクターヘリ

ファイヤーバード

私は本気で思います

ドクターヘリは

ファイヤーバード、です。

投稿: 高木英樹 | 2009/09/05 3:00:41

「あれを見れば、死ぬ人はいないね」
とのおじさんのお言葉、同感です!
そう思える番組を、拝見できていること。
奇跡のような有り難いことだなと思います。

気を落としているときにも、もう少しパワーを
必要なときにも、見て聴いて、感動して泣いて、
力強いエールを受け取って、私も明日からまた
頑張ろう!と勇気が湧いてくる。
火打石をカチカチッと鳴らしてもらえるような、
静かに気力が満ちてくる番組ですね。
熱い熱意が伝染するのかなと思いました。

投稿: 発展途上人 | 2009/09/04 22:43:24

茂木先生 こんにちわ

(´;ω;`)ウッ…有吉さん スゴイ プロフェッショナルなのですね。

『・・あれを見たら、死ぬ人はいないね。』
あぁ 本当に有吉さん 嬉しかった事でしょうね。
魂に ず~んと来ますよね。

思いは 言葉にしないと 時として 伝わらないのだと思いました。

有吉さん これからも 身体に気をつけて(難しいでしょうけれど)
知らない世界を 私たちに見せてくださいね

茂木先生や 住吉さんの後ろに
沢山の 有吉さん的なヒトが居る事を 忘れずにいようと思います

投稿: Lily | 2009/09/04 21:43:49

プロフェッショナル仕事の流儀…コクアの歌うプログレスも、じ〜んときます。

一歩先へ!
その先を見たい\(^O^)/

仕事の流儀は私にとって…出会いです☆

縁があれば、何度でも。
今、大切にしたいのは出会いから生まれる絆(^_-)

投稿: 奏。 | 2009/09/04 20:56:27

茂木さん、Hello♪(^-^)松本さんみたいに、命にかかわる仕事をされている人達が世界中に居らっしゃる事の感謝♪話しは変わりまして♪(笑)私が居た所の社食では♪かけそば♪かけうどん♪は200円でした♪(笑)薬味のネギが上にのっていました♪(笑)今は社食がないので外のコンビニで買ってからか♪どこかで買うか等々です♪(笑)因みに今日のランチメニューは♪(笑)コンビニのおにぎりと♪買った♪大好きな鳥の唐揚げ3個でした♪(笑)(^o^)у美味しかったです♪ところで、茂木さん♪レモンはかけますか?私はかけたいです♪それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/09/04 15:28:11

茂木さん、こんにちは!

今年の夏、20歳の息子が北アルプス標高2900mので遭難しそうになりました。今だから笑い話として話せますが一晩、命の狭間を彷徨いました。

ヘリで町の救急救命病院まで運ばれて、そこまで迎えにいきました。
看護士の、どちらから?という問いに、関東です。
『お近くてよかったですね。遠いとご家族は大変なんですよ』と。

大人になりきれない子供であった息子は、死に直面してちょっとだけ大人になったようです。息子の今後の生き方がどう変わるのか?楽しみでもあり怖くもあり。

放送を楽しみにしています。

投稿: 匿名☆ | 2009/09/04 15:24:01

茂木健一郎様
PHP「いい言葉、いい人生」を本屋さんで見つけました。
音楽の微笑みを教えてくださりありがとうございます。


投稿: Yoshiko.T | 2009/09/04 11:21:07

>プロフェッショナルはいい番組だね、
あれを見れば、死ぬ人はいないね、

自分だけが苦しいのではない、というのは自分も含めて多くの人にとって救いになります。
あの番組を見ると、「成功している(ように見える)人も実はこんなに苦しんだんだ、だから頑張ろう」と自分のなかの何かがそう感じます。
これからもプロフェッショナルを楽しみにしています。

投稿: nammu | 2009/09/04 8:58:54

素直に、その言葉の意味がわかる気がします。
プロフェッショナルを観ていると、仕事の流儀のみならず、生き方上手な人の生きるコツを学べますから。ただの人生の成功例の羅列ではなく、人生の苦難の乗り越え方が巧みに描かれていると思います。
拝見していると人生をよりよく『生きたくなる』なんですよね。どんな人間も傍目には見えない苦労があり、楽して成功を手にしている人間などいないことに気が付かされます。
今の自分を越えなければ、変化などもたらされない。小さなことから試行錯誤して積み上げていくしかないんですよね。
現在、私は子供(中学生)との関わりにおいて、何かと衝突が多いのですが、『今』がすべてではないと思っています。衝突を恐れたら相手の本音など聴けやしない。衝突しあいながらも、気持ちを受け止め、互いの理解を深めていけばいいんだと今は思ってます。
大事なのは、他人の目なのか、自分の信念なのか。
そんな原点に戻れる番組なんだと認識してます。
これからも、様々な職種に就く方々の生き方を楽しみに拝見し続けたいと思います。

投稿: ゆみっち | 2009/09/04 8:49:40

おはようございます。。
自分だけがつらいと袋小路に迷い込んだ人たちに見ていただきたいですね。

投稿: 青空229 | 2009/09/04 8:35:42

いっしょに喜びあえる仕事場、すてきです。

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/09/04 8:21:07

茂木さん、おはようございます!

プロフェッショナル、深い言葉であります。
茂木さんをはじめ、すばらしい師匠がいてくださるから、いっぽでも前に進もうと思えます。

茂木さんが著書でおっしゃっていた
「どれだけ効率を求めてもいい。(人間関係以外では。)」
が最近立ち止ったときに浮かんでくる言葉です。
効率を求めることで自分も楽になれます!
精神的に切羽詰まらないで、効果的にもできるので、作業することがとても楽しくなります!!

へへっ!

ありがとうございます!!

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/09/04 8:19:44

おはようございます 茂木サン 。
お早いですね (更新も)
食堂のおじさんのお言葉 うれしい ですね。

是非 これからも 心の宝物の言葉 として 生きたいですね 。

私も 不意に 温かいお言葉を頂く事があり、
頑張っていて よかったと しみじみ思います 。
また 今日から 笑顔で 力こぶ なのだ !

今朝、 「誰ひとり、いらない人なんて いない。
みんな 大切な存在。
そして また歩んできた道も 大切な糧になってきたはす゛。
だから、必ず 先に何が 待ち受けていても
明るい気持ちで 諦めずに。 自分だけでなく、 ちょっと回りも 見ながら

そして 自分の良いところを 思いだし、 その部分を発揮してみる。

未来に きっと 続いている。 」

だから 大丈夫 。

そんな メッセージを 頂いた ように 思います。

投稿: サラリン | 2009/09/04 6:31:10

『プロフェッショナル』が、毎日を懸命に生きているおじさん達にも、この世知辛過ぎる時代を、前向きに生きる『勇気』を与えているのだなぁ。

とにかく、何時、不況が終わるのかわからない。ずっと真っ暗なトンネルの中を行くような、果てしのない閉塞感に包まれている。今はまだまだ、そんな時代だ。

弱い立場の人ほど、追い詰められ、死を考えてしまうような時代だ。

わたしも毎週のように見させていただいているが、ギリギリの限界まで挑み、また奈落のどん底に落ちたとき、自ら死力を振り絞り、奈落から這い上がって光を見出した、各界の真の「プロフェッショナル」の姿を見て、

“嗚呼、この暗黒の世にも光はやはりあるものだ、よし!私もきょうからまたがんばろう!”

という気にさせてくれる。

この島国で、毎年増えている自殺者のことを考えると、自殺を思いつこうとしている多くの人々に、出来る事なら、是非この番組を見て、死ぬことを思いとどまってもらいたい。

今度の『プロフェッショナル』はドクターヘリの松本さんなんですよね。1秒一瞬を賭けて、瀕死の命を救うその活動を、シッカリ見たいと思います。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/09/04 6:20:21

こんにちは

>長い不況が続く、困難な時代。
番組を見れば、勇気が湧く。

>どんなに苦しい時でも、きっと
そのトンネルの向こうに明かりがあると
信じることができる。


わたくし、経済オタクとして、責任の一片を感じるしだいです。

「病気は気から」と、言うように、「景気は気から」と、言う所があると思います。


>どんなに困難な状況でも決して
諦めない、本当に素敵な
松本さん。

不景気と言う困難な状況、決してみんな諦めなければ、みんなが経済の救急救命士になれると思います。


>やがて、有吉さんは、
大好物の鶏の唐揚げをうれしそうに食べた。


景気も、最終的に唐揚げのように、カラット揚がると良いですね。(^^)

投稿: 唐揚げのクオリアby片上泰助(^^) | 2009/09/04 5:17:07

コメントを書く