« ザ・ベストハウス123 脳スペシャル | トップページ | 東京大学 安田講堂 講演会 »

2009/09/09

深夜の音楽会

深夜の音楽会

中村紘子さんと対談いたします。

2009年9月9日(水)
26時29分〜27時29分

日本テレビ系列
番組表

9月 9, 2009 at 07:17 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深夜の音楽会:

コメント

茂木さん、録画していた番組を拝見いたしました。
ピアニスト、「中村紘子さん」との対談はとても素敵な内容で、
対談の後には、中村さんの素晴らしい演奏を聴くことが出来て
満足いたしました!

全般的には、芸術(家)とは?
名ピアニストとは?

と言うテーマでのお話しになっていたかと思うのですが、その
問いに対しての中村さんのひと言ひと言、そのどれもが印象に
残るものでした。

中村さんは、「ピアノは2~3歳から始めて、12~15歳で
完成を見なければならない。自分の血となり、肉となり、自分
の言葉になるには50歳近くになってから。」とおっしゃって
いました。
途中で茂木さんが、中村さんの心の中にある‘モンスター’は?
とお訊きになりましたが、やんわりと言葉をかわされた後に、
「100%に近い修道僧の様な献身と修行が必要。」とおっしゃ
っていました。
これが、中村さんのピアノの演奏家という「道」を究められた方
の心の中にある‘モンスター’なのかなー?!と感じ、ストイッ
クなまでに練習を積んで来られた方のとても重いひとことであっ
たと思いました。

どこまでも!真っ直ぐに!ただ、ひたすらに!修行を積まれた方
の言葉なのだと受け取れました。

名ピアニストとは、「その人だけの世界を持っていて、その人で
なければ味わえない感動というものがある。」とおっしゃってい
ました。
それは、人と違うものを持って生まれた才能であったり、日常生
活では味わえない様な異様な体験をしていたり・・・。
人はただただ美しい!という芸術よりもどこか人を狂わせてしま
う様なもの、また、理性と感性のバランスが良すぎても面白みが
なくて、その際どいところ、微妙なラインと言った様なご発言が
あったかと思いますが、美しさの中に潜んでいる「悪魔の一滴」
がある!それが「芸術」だといった様なお話しでしたね?!

ピアノの演奏もさることながら、この表現に見る!中村さんの凄
さ!がありますねー。

そして、「何を伝えたいかが大切!」というお話しであるとか、
感情移入しなければ、ピアノは丸暗記でも弾くことが出来る楽器
なのだけれど、正確に音を出し、指も速いなどというピアニスト
はたくさんいるから!というお話しにもこの「道」の厳しさ、難
しさが伝わって参りました。

大衆の心に響く、届く演奏家というのは、中村さんがおっしゃっ
ているこの様な要素を持ち合わせた方だということなのでしょう。

自分の仕事にも当てはまることが幾つもあり、考えさせられまし
た。
道を究めようとしていて、まだまだ山の頂上は見えぬ位置におり
ますが、中村さんの言葉を心に刻んでおきたいものだ!と思いま
した!

素晴らしい!!

茂木さんの中村さんに向けられたご質問がどれもと~ってもよか
ったです。

では、おやすみなさい。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2009/09/11 0:52:17

茂木さん、Hello♪(^-^)昨日はチャンネルを合わせておいたけど♪眠ってたから見れなかったです(^.^)ところで、茂木さん♪ピアノを弾くなら何の曲がいいですか?(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/09/11 0:13:47

録画が時間が違っていたのか
録れていませんでした。残念です。
皆さまのコメントで教えていただけたら
ありがたいです。

投稿: 発展途上人 | 2009/09/10 21:25:45

番組早朝に拝見いたしました♪

中村紘子さん、ピアノの女王の風格ですね。素敵です♪

「才能とは一種の厄災である」
「音楽には悪魔の一滴が必要。その一滴に人は狂う」
さすがです。唸りました。
芸術家とは、そう、一種のシャーマンだと思います!

神性が降臨してヒョウイして、音楽や絵画でその神性を顕すのが本物の芸術家だと思います♪

中村さんが仰った、エフゲニーキーシンは、私は二十歳位から来日するたびに必ず聴きに行っています。
彼は凄いですよ~

間近でその音楽に生で接した時の衝撃は、神に打たれた感じがいたしました。
( ̄○ ̄;)
キーシンさんはリストをひく時はリストの顔、シューベルトをひく時にはシューベルトの顔に、似ます。
ああ、この人は作曲家の魂と一番近い所で交流しているなと感じました。
それはきっとピアニストにとっては命がけな演奏だと思います。
ピアニストだって、魂をさらすのだから命がけです。
うまく表現できませんが。
音楽は現代人の最後のshelterですね。
少なくとも私には。乱文お許し下さいませ。

投稿: 眠り猫2 | 2009/09/10 12:45:52

録画予約しました。
楽しみに拝見します!
ありがとうございます。

投稿: 発展途上人 | 2009/09/09 23:53:59

私は1歳の時にヘルペス脳炎にかかり、右半身不随になりました。
運動面も言葉も麻痺が残るだろう。といわれていましたが、必死のリハビリで日常生活には支障がないくらいまで回復。子どもの頃は毎日エレクトーンを弾きまくってました。
高校の時には音大を目指すまでに動くようになりました。
しかし、小学校高学年の頃にてんかん発作が再発。そのため、なんでも発作のせいにして目標をもたなくなってました。
脳に後遺症があるからか、英語の授業をうけても単語すら覚えられませんでしたし音楽もエレクトーンは弾けても、音楽用語や理論は覚えられませんでした。
結婚して子どもが生まれて、毎日弾く事をしなくなったら、右半身の麻痺も元に戻り始め、言葉もドモリが増えてきています。
自分では脳や体がどうなっているのか、全く分かりませんので、茂木先生に私の脳がどうなっているのか調べてほしいものです(^^;)
なぜ日常生活がおくれているのか。右手足が使えるようになったのか。普通に高校まで卒業できたのか。結婚前と後で体調が違うのはなぜか・・・

投稿: みんと | 2009/09/09 22:48:46

見ました!
私は1歳の時にヘルペス脳炎にかかり、右半身不随になりました。
運動面も言葉も麻痺が残るだろう。といわれていましたが、必死のリハビリで日常生活には支障がないくらいまで回復。子どもの頃は毎日エレクトーンを弾きまくってました。
高校の時には音大を目指すまでに動くようになりました。
しかし、小学校高学年の頃にてんかん発作が再発。そのため、なんでも発作のせいにして目標をもたなくなってました。
脳に後遺症があるからか、英語の授業をうけても単語すら覚えられませんでしたし音楽もエレクトーンは弾けても、音楽用語や理論は覚えられませんでした。
結婚して子どもが生まれて、毎日弾く事をしなくなったら、右半身の麻痺も元に戻り始め、言葉もドモリが増えてきています。
自分では脳や体がどうなっているのか、全く分かりませんので、茂木先生に私の脳がどうなっているのか調べてほしいものです。(^^;)
なぜ日常生活がおくれているのか。右手足が使えるようになったのか。普通に高校まで卒業できたのか。結婚前と後で体調が違うのはなぜか。
番組を見て思いました。エレクトーンを弾く事はやめたらダメなんだ!と。

投稿: みんと | 2009/09/09 22:46:45

コメントを書く