« Chitty Chitty Bang Bang | トップページ | Vulnerable for change »

2009/09/21

尾道

尾道で講演。

東京芸大にいた津口在五が
呼んでくれた。

本当に素敵な、津口の仲間たち。

大好きな尾道で、
これからいろいろな
ことが起こることを
確信した一日。

9月 21, 2009 at 06:45 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾道:

» 長年の勘 トラックバック 須磨寺ものがたり
彼岸大師の今日、朝からほうじ茶を焙煎する。 アナログなほうじ茶の機械は、 父の代の頃からのもので約40年近く働いている。 [続きを読む]

受信: 2009/09/21 8:36:08

コメント

尾道にまた来てくださ~い。。。(^@^)/

投稿: 尾道坂太郎 | 2009/09/24 6:27:18

茂木先生、おはようございます!

尾道にて星時間をお過ごしになったのでしょうか。

――人間の脳は、孤立していてはその滞在能力を発揮することが出来ない。他の人と向き合うことによって、異なる資質がかけ算され、お互いに高め合うことができる。―― ☆文明の星時間☆ボーア・アインシュタイン論争より☆

先生、連休もずっとお仕事なのでしょうか。体調こわされないようにくれぐれもお気をつけて下さいましね。 本日も、よい1日となりますように。
(*≧ω≦*)ノ☆☆☆

投稿: wahine | 2009/09/22 7:45:23

茂木健一郎さま

丁寧なお魚釣り

私なりの丁寧とは

沖ぎみに入れて、マキエサも、そして糸を張りながら引き寄せて、マキエサ

ウキが入った!

ん?ベラ?
意外に丁寧な釣りをしてのこれは脱力感
ですからマキエサを入れた釣れた嬉しいという単純なのが楽で楽しく

身を粉にして釣り上げるは疲れてしまう私
でもベラとは
お魚を選べないだけに
つ、痛恨

クサフグより良いかな、しかし

ウキがなかなか入らないで

じーっとウキを見てると
睡魔が自然に
漂うウキは眠りに良いみたいなの?
うーん微妙です

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/09/22 7:36:32

茂木健一郎さま

本日も今、小松島一文字沖堤防に私は座っています!
まだ夜明け前の薄暗さ
動くのは危険ですので座っています

ながい渡船さんの船長さんからの朝の安全講話

雨具の準備は万全?
片方が強い場合の早めに帰港のことについて

今日は 今のところ私を含め二名です

安全を考え、その方に少し近いところで、お魚釣りをします

いはら釣具店さんにて

3日間連続ですね!

嬉しいです何気ない一言が

徳島
ちなみに
こんど朝の連続ドラマ徳島が舞台ですよね!
ふと、
尾道は映画
徳島は連ドラ
ですね。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/09/22 5:22:54

茂木健一郎さま

おはようございます

深夜3時に起床の予定でしたが、起きます

昨日、帰りの渡船
乗り場は沖堤防の中央で乗り場となっている場所
でも、ながい渡船さんの船を見て、私が船長さんから見たら右側に移動すれば距離が最短

船首の角度方向を見て、ここ!私は動かないで、ここ!としましたら
手前で船首角度が微妙にズレて、それが、ですね
潮の流れと絶妙に船首が着いたのは私の目の前

茂木健一郎さま
小松島一文字沖堤防の潮の流れも熟知した船長さんです、ながい渡船さんの船長さん

釣り人で目上の、お方と沖堤防でお話、その、お方 クーラーボックスを見せて頂け

徳島県はマダイの鯛めし、昨年、町田市の小田急デパートに期間限定で販売され食べました私
その鯛めし!と同じ大きさのマダイを釣り上げられていて

ご存知なんです地元の皆様は
大きいお魚よりも実は小さいお魚の方が美味と

その、お方は
小さいけど持ち帰り食べるんですよ!マダイの他にも、強風の中でも釣果に凄いです
私はメジナが一匹のみ
でも楽しくお魚釣りです
ながい渡船さんに感謝

今日も1日、安全な釣行を心にで参ります。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/09/22 2:57:53

シンプルな幸せがほしいですね^ ^

投稿: a | 2009/09/22 2:48:04

僕の生き方の苦しかったのは、空想を追わされていたとこだったと思う。 それが振り返ったら苦しかった。小さな頃から、目的があって生きている子がいるけれど、自分は相反して、ないものを追わされてきた。やっと物書きになりたいと思えた。 哲学や数学、物理学、英語、統計など関心が持てるものがでてきたように思う。 ただ、きつかった。 八年間、大学にゆく人と八年間、いろんな仕事をすることとは、自分には違うように思える。でも、家族がいて、こういう思いに至ることができた自分があるから、頑張らないといけないないと、思う。 実際、描きたいことは、労働する人だったり、旅する人だったりするから。

投稿: a | 2009/09/22 2:29:33

茂木さん、Hello♪(^-^)大好きな♪尾道での講演お疲れ様です。ところで、茂木さん♪1日の中で反省するm(__)m振り替える事を出来るだけその場でも♪その日のうちにしたいと少しだけ肌寒い中思う日でした…また楽しく優しく静かな気持ちになる為に♪(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/09/22 0:09:58

尾道に行っていたのですね。のんびりと時間が流れ、きっと素敵なところなのでしょうね(^_-)
いつか連れていってもらえるかな〜(o^∀^o)

茂木さんと尾道は、並々ならぬ縁のある場所(^-^)

そこで感じた事は、きっと今までにない経験と感動をもたらしてくれる~(^◇^)/何か新しい事を一緒に出来たら嬉しいです(^-^)

投稿: 奏。 | 2009/09/21 22:41:29

茂木健一郎さま

これは触れて起きたく

私、自暴自棄とはならずの精神力なんですが

日本には

たまたまじやないか

と、いう言葉があると、この頃、

コクドという前は国土計画

堤義明さまに、たまたまスキー場でお会いと申しましょうか
あれ?コクド本社の方は
だから英樹さん、あなたを見に堤が動いていると以前から言っているでしよ!偶然ではなく、と

でも、たまたまでしようと

洒落にならないのは

西武鉄道各駅で小田急箱根フリーパスを西武新宿への往復切符とセット販売にと私が申し上げ
それは
母方の叔父さん

英樹ちやん堤義明さまと幾度も!よかった
これで安心、英樹ちやんの命、堤義明さまも英樹ちやんの存在を認めた
英樹ちやん、一番危険だったのは小学生の時
少年野球の合宿でコクドが経営の宿泊先に、英樹ちやん、お母さんが心配して英樹ちやんの存在は隠しに隠し西武の施設には行かない、それが逆に英樹ちやんに危険
事実、あの時、食中毒に
だから、英樹ちやんのお母さん、慌てて、その後、箱根の西武の施設に、お母さんも一緒に、西武球場にも沢山、あれは、そういう経緯で
ところで英樹ちやんスキーは自然に?違うでしよ、叔父さんがスキーをすべきと、そして雫石にスキーも

英樹ちやん、知らない人から英樹ちやんに雫石に行きなさい、言われたでしよ!全部あれは決まっていたことだから
英樹ちやんの場合は生まれてくる前から存在がきちんとわかっていたので
英樹ちやんは堤義明さまの隠し子だよ

と、母方の叔父さん言い出し

え?
有り得ないのでと
だったら英樹ちやんの西武担当の方に言ってみれば分かる

え?

バカなこと言う母方の西武デパートに勤務していた母方の叔父さん

そこで西武小田急箱根戦争終結の意味で切符販売を、ただし私が堤義明さまの隠し子?ということと切符販売をセットの話としてコクド本社に申し上げて下さい
当時の私の担当のお方からコクド本社に

英樹がいうなら小田急さんと手を組もうで実現したと経緯を聞いた時

ですから!堤義明さまの隠し子?とか母方の叔父さんからの話も、なんでコクド本社に言わないんですか?申し上げると

英樹さん、きちんと申し上げましたら、答えはと
それで小田急さんと箱根のことで組んだ

と言い出され


なんか疲れて

母方の叔父さんといい
箱根の件の他にも

コクドアイスホッケー部のユニフォームをレオに、あれも実は水面下でコクドに私が、他にも
廃業しましたが札幌の真駒内スキー場のスノーボードのワールドカップも私が、あれは西武だけ!となると良くないので旭川のサンタプレゼントパークスキー場でもとしも
ニセコのリフト全山フリーパスシステムも私が

全て体験のこと
ニセコのは
ニセコでも私が来ると堤義明さまも時期が同じでとリフトも、ご一緒にでしたけど

たまたま、でしよ事実体験の、たまたまの、たまたま

疲れるんです真面目な性格的な私は

コクド本社に電話した時、シートしたお部屋らしい方とお話、電話にて

英樹、コクド以外のスキー場に行きなさい
社員からの話を聞くと英樹、楽しそうな感じがしない、コクド以外のスキー場に行きなさい

私、英樹!英樹と

ご自身の氏名も名乗らない方から英樹!英樹とは
お名前は?

その時、怖い位、凄く

英樹!私の名前を聞いたら最後だぞ!

それ以来、コクドのスキー場には気がついたら、行ってないでした

今はコクド、もうないですので

寝ます、ながい渡船さんに明日も

ちなみに私は貧乏な、お金持ちではないのでね

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/09/21 21:50:41

茂木健一郎さま

ワシントンホテルさんの
藤田観光旭川ワシントンホテルさんに宿泊しスキーでした昔

藤田観光さんと正式名称に旭川の場合は入るんです、今もあるのかな?
当時は旭川ワシントンホテルさんという、もう一軒あって、それで藤田観光さんのは藤田観光さんと入れて


藤田観光旭川ワシントンホテルさん

昔、ゴールデンウイークの富良野でスキーの時
旭川発の一番列車で、毎朝、藤田観光旭川ワシントンホテルさんで用意して頂けた朝食を列車の中で食べて富良野に
さすがに一週間以上の、その富良野でスキー

一番列車で行くのが辛い朝、5時には起きて準備し旭川駅に行く、大変と途中で藤田観光旭川ワシントンホテルさんに申すと

高木さん、一度、決めたことは貫いた方が良いです!藤田観光旭川ワシントンホテルさんのフロントさん印象的で今でも覚えてます

ちなみに
午前5時

いまなどは平気に、ながい渡船さんの船の中に普通です

根性を養う大切ですよね。そろそろ寝ます。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/09/21 20:20:51

茂木健一郎さま

半井小絵さんの気象解説を拝見し、お天気は心配ない感じです

本日の釣果は手のひらサイズのメジナ一匹だけでしたが楽しい釣行でした小松島一文字沖堤防

ふと、半井小絵さんのお召し物、黄色いお洋服
あ!私もスキーウエアが黄色!
そして、船のことなんですが、小松島港でも見る黄色い貨物船、まさに見た目は同じ船、以前、徳島県阿南市橘町の緑地公園の波止場で、まさに同じ見た目の船を見ていたので、あれ?あの黄色い貨物船、あれ?

黒鯛であるチヌ

今まで51センチのとか何匹も徳島県で釣り上げてますが
まさに身を粉にしながらの釣行、午前3時には徳島市内の宿泊先を出て、いらは釣具店さんに寄り橘町へ、夜明け前から釣り始め日の入りも済んだ午後7時すぎまで釣りをして、やっとこさっとこ51センチのチヌをとかでした、
睡眠時間は数時間
思わず橘町の釣り場で皆様から

高木さん、宿泊先に戻らず車で仮眠してとか、深夜も夜釣りをしていても
だって徳島市内の宿泊先に戻り数時間後、
朝早く来てみると高木さん普通に釣りをしていて夜、見に来たら、あれ?高木さん同じ場所で釣り、まさか1日じゅう?次の日も夜明け前に来たら高木さん普通に釣りをしていて、あれ?寝ているの?車で仮眠をしているようにも見えないし
あれ?高木さん寝ているのかな?いつも夜明けから日の入り後まで釣りをしているので、みんなで高木さんチヌ、釣り上げて欲しい、話ていたんでしよ

そういう体験を徳島県で二年間
なんとなく根性で黒鯛、つまりチヌを釣り上げることに特に宿泊先さんの部屋に五時間しかいない睡眠時も入れた五時間

これが、なんとなく
ですから
ながい渡船さんで時間の制約 出船時間と戻りの時間が決められているので楽なんです

最後の一投で橘町で、それで51センチの釣り上げて
あれは幸運でしたが、ある意味 最後の一投でたのは幸運ばかりではなく、その後の釣行に影響
この一投で、揚がろう!いや、しかし事実、釣り上げたのは最後の一投だったじやないか!

このスパイラル

ですから渡船、本当に良いです実感です

尾道

お魚釣り、チヌはどうなのでしょう尾道は

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/09/21 20:03:51

茂木さんが大好きな尾道で、津口さんを通じてそのお仲間の方々
とのよき出会い、ご縁があってよかったですね!

これから、尾道へ出向かれる機会も増えていくのかもしれませんね。

昨日の‘講演会’での感想・コメントが幾つかありますが、皆さん
元気づけられたご様子。

とても良い‘講演会’だった様ですね!お疲れ様でした。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2009/09/21 16:45:59

見ている夢が変わったように思う。
蜂に刺される夢を見た。 腕にたくさんの蜂。

あわてて、飛び起きた。

二、三日に一回。 ひどいといとほぼ続けて。 おびえたようにして飛び起きるようになった。

投稿: a | 2009/09/21 14:08:41

昨日の講演会、打ち上げに参加させて頂いた者です。今朝は早くに次の仕事に戻られたのでしょうね、疲れていませんか?
小学生の頃の文集に好きな言葉として「自由」と書きました。昨日の講演を聴いて、今まで自分が考えていた自由とは違う新しい自由を知って、閃いた感じです!また尾道に来てくださいね!何か面白いことが一緒に出来たら嬉しいです。

投稿: T.M | 2009/09/21 11:23:13

はじめまして(・∀・)
島ッコです。

昨日はありがとうございました!

茂木さんのお話を聞かせていただき、新しい知識と言葉に出会えたことに感謝します☆

現在の自分の状況に重ねて、とても痺れました(*゚∇゚)b

自分が何者であるかを決めつけず
flowであることで無限の可能性を得て
勇気を持って行動していきます!

本当にありがとうございました!


ところで、夕日は間に合いましたか(・∀・;)

投稿: 島ッコ | 2009/09/21 9:40:42

続きです。
 ゛自分で書けば発見しますよ。゛白洲正子さま。

 おのみち 
 さかみち 

 確信のいちにち


 充実と素敵な出来事にクオリアされますように。

投稿: ぶらんか | 2009/09/21 9:29:48

茂木先生おはようございます。
 尾道といえば、映画゛尾道3部作゛を思い出します。
 今朝一番にテレビをつけたら、なんと、あの人に会いたい~白洲正子でした。
 初めて動くお顔とお話される声を聴きました。かくれ里の旅、真空地帯。
小林秀雄と青山次郎、人生の師、こわい先生2人にならったの。やっぱりおしゃべりしちゃだめね。一番言いたいことは、思いを持ち続けて、言わないで 書いていると、読者が感じとるの。あとはおまかせしますと思って書いているの。
 
 尾道の旅、ボン・ボワイヤージュ!

投稿: ぶらんか | 2009/09/21 9:22:11

茂木健一郎さま

小魚が多く

しばし小松島一文字沖堤防のテトラポットの上で休憩の今です

日差しが サンサンと

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/09/21 8:25:35

茂木健一郎様
茂木さんが、小津安二郎監督の「東京物語」を
観て、いてもたってもいられなくなった尾道との
ご縁が生まれたのですね。
そういうものなのですね。

投稿: Yoshiko.T | 2009/09/21 8:11:50

おはようございます 茂木サン

尾道へ
いってらっしゃい
素敵な 出会い&時間を

それぞれの場所にて
皆様が お力を発揮されますように

投稿: サラリン | 2009/09/21 7:58:34

尾道…といえば、小津映画の舞台でもあり、坂道のある町でもあり、ところどころに猫たちがいるところ…というイメージが、自分の頭の中で定着している感がある。

尾道…といえば、瀬戸内の柔らかで穏やかな空気に包まれた場所、のイメージも浮かぶ。

きょうも先生は、そんな尾道の穏やかな空気に包まれておられるのだろうか。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/09/21 7:16:45

コメントを書く