« High tension | トップページ | A brain the size of Kent »

2009/09/29

古代ギリシャに戻っている

夏目漱石のことで、
松山へ。

道後温泉本館のお湯につかりながら、
青山ブックセンターの後の飲み会で
港千尋さんに聞いた話を
思い出していた。

フランスでは、大学生が
ストライキをしていて、
もう半年くらい大学が閉鎖
されているそうだ。

それで、教授と学生が
通りを歩きながら議論していて、
即席の講義が成立する。

「古代ギリシャに戻っているんですよ。
ははは。」と港千尋さん。

すっかり運命は分かれてしまった。

日本では、国が定めた
祝日にまで、大学は授業を
している。

「授業日数」を確保するという
理屈らしい。

「文部科学省の役人は、
学生を机に座らせていれば、
それに比例して賢くなると
思っているんだよ。」

私の信頼するある学究は、
そう憤慨していた。

「自由」は進化する。

精神を闊達にすることを真剣に
考えなければ、
私たちは次のステップに行けない。

フランス革命を起こした
国のあり方は、時にまぶしく、
温かい。

松山城のライトアップは、
午後11時で終わった。

夜の底から虫の声が聞こえる。

8階なのに、すぐそこから
響いているかのように届いている。

9月 29, 2009 at 07:22 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代ギリシャに戻っている:

» ワークショップ トラックバック 須磨寺ものがたり
昨日の午後から須磨区役所に出向く。 「区民まちづくり ワークショップ 伸ばしたい 須磨の魅力」についての会合があった。 [続きを読む]

受信: 2009/09/29 10:02:51

» etude128 トラックバック 御林守河村家を守る会
(写真は伊藤博文生家) [続きを読む]

受信: 2009/09/30 4:47:49

コメント

おはようございます 茂木サン 。昨日の書き込みに
「白魔術」と いう ブログ
が 気になっていました。
思いがまとまらず、ここに書き込みいたしました。

白魔術 と 言う言葉は 詳しくは 無いのですが、
西洋的な感じで 明るい事=光りや 慈愛 平和 は
宗派を越え 地球や 宇宙が 変わっていけたら 素敵と思います。
私は 仏教としての慈愛 と言う 表現が 一番落ち着きます。

それぞれの神様や 表現があっても 想いの根っこが 同じであれば
ソウルメイト です。

投稿: | 2009/10/02 0:39:10

先ほどお送りしたコメントを突き詰めていくと…いつも自分で考えては、堂々巡りしてしまっていた問いに行き着きました。

これからどうしていくか?どうなっていくんだろう?

と。答え見つけられたら良いなぁ(o^∀^o)

投稿: | 2009/09/30 23:49:00

なんだかしっとりとした日記で、心地よく読んでいました。BGMは、我が家の鈴虫の音色♪

学ぶこと…それは、自分のやる気次第で、どこでも学ぶ場になるのでしょうね。生活のスタイルが変われば生活からも学べるし、仕事でもそう(o^∀^o)

どこで、どう学びたいかを、しっかり考えて、それを目指すことが自由に繋がり、次のステップへ行ける道のりと、私は考えますo(^-^)o

投稿: | 2009/09/30 22:54:42

茂木さん、お久しぶりです。
ここのところ、ずっと稲刈りとわらの片付けで忙しくしておりました。

「自由は進化する」
どこにいても精神はその場や重力にとらわれず、自由に考えをめぐらすことが出来る、という意味でもあるのかな、と思いました。
そこで議論できる相手がいれば最高でしょうね。

何日も同じ仕事が続いていると、つい「なんでこんな仕事をしているのだろう」とか「もうイヤだなー」とか、マイナスのことを考えてしまいがちになります。そのとき、「脳を活かす生活術」の実践をします。まずは笑顔!それから楽しいことを努めて考えるようにしています。
明るい未来は誰かが持ってきてくれるのではなく、自分の頭の中にあるのだと言い聞かせて。

それでも落ち込み勝ちなときは好きなアイスクリームを食べています

投稿: つばさ | 2009/09/30 16:15:13

茂木さん、Hello♪(^-^)今日♪しっとりといいですね〜♪(笑)優しい雨ですね〜♪(注:傘やカッパは自分でね♪茂木さ〜ん♪クッションここと♪(笑)隣に♪持って来て〜♪(プフッ(笑)温泉いいな〜♪(笑)茂木さん♪よかったですね♪(^o^)уお風呂の思い出と言えば♪(笑)4、5才の頃だったと思うのですが♪音楽番組がやっていて♪そしたらデーモンさんが唄ってたのですが刺激が強すぎたみたいで(笑)(^.^)その後よりによってその日は一人でお風呂に入らないといけないし怖いよ(笑)どうしよ?♪と思った結果♪シャンプーとリンスを混ぜちゃえばいいんだと♪(^o^)уひらめきまして♪停電した時とか♪何だか怖い時はそうしていました♪茂木さんは♪そういう事ありますか?♪ところで、茂木さん♪湯♪(笑)浴衣♪着たのですか?(笑)(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/09/30 2:44:27

こんにちは

クラウドコンピューティング技術(文部科学省クラウド等)を使えば、高校生ぐらいまでの学習教育はパソコンで自動的に出来ると思います。先生は補助すれば良い。

政権交代でコンセプトが変わるが、GDPを上げて国民の生活を良くするコンセプトは、まず変わらない。

会社に入れば、会社や社長のコンセプトは変わるが、売り上げと利益を伸ばして、自分も含めた社員の給料を上げるコンセプトは、まず変わらない。
(スタートレックの時代のように科学技術が発達すれば別ですが・・・(^^))

この事について、大学の先生方に、学生がもっと要求しても良いのでは?


ところで、愛媛県は私の地元、道後温泉本館にも行った事がありますよ。(^^)

投稿: | 2009/09/30 1:47:18

↓追記

夜の底から虫の声が聴こえるって詩人です~(^^)v

まるで耳元で聴こえるようなリアルな感じですよね?
m(u_u)m?
(私めも先日同じようなことがあったと思います♪)

今は馬場あき子氏著「源氏物語と能」(婦人画報社)を拝読しておりました。(読書千夜一夜継続中……)
馬場あき子様は歌人でいらっしゃるせいか、日本語がもの凄く綺麗です。
端正で、優しい月明かりのような文章で引き込まれます。

その御著書の中で源氏物語の美しい文章を見つけました

「はるけき野辺を分け入りたまふよりいとものあはれなり。秋の花みなおとろへつつ、浅茅が原もかれがれなる虫の音に、松風すごく吹きあはせて、そのこととも聞きわかれぬほどに、物の音ども絶え絶え聞こえたる、いと艶なり」(賢木)
千年の時を超えて、ある風景が浮かび上がりますよね?
この風景の中に行きたいです!
源氏も絶対に原文で読もうと思います
\(^_^)/
紫式部も和泉式部も万歳~
茂木サンの漱石の御著書も楽しみです♪
ではお休みなさい~(*v_v*)zzZ

投稿: | 2009/09/30 0:30:02

茂木健一郎さま

寝る前の歯磨きをしながら
松山の坊ちゃん列車の客車、なんで架線に客車から?数年前、雑誌にの
おぼろげに

レールのポイントと関係があったような気がします

松山、行ってみたい!

乗ってみたい坊ちゃん列車に

投稿: | 2009/09/29 23:00:12

茂木健一郎さま

古代ギリシャといえば

ビーナス、ですよね

ビーナスで想うのは
半井小絵さんです。

今晩も内面からの美しさがキラキラ輝いて恰好よい半井小絵さんの気象解説
本当に素敵な女性です半井小絵さん

松山も四国ですよね。

私、四国は徳島にしか参ってませんが、四国、大好きです。

松山、行ってみたいんです
私、スキーと、お魚釣りが好きですけど、プチ鉄ちやんです幼い頃より
鉄道模型は今でもです。
松山の狭軌道の鉄道
坊ちゃん、にも出てくる鉄道ですが、数年前に鉄道雑誌を読んで、坊ちゃん列車、機関車の外見で動力源はと、なんでしたか、石炭ではない環境に配慮の、たしか、えーと、これがプチ鉄ちやんですね。
でも覚えている限りのこと、転車台は必要なく
クルリと方向転換ができる技を備えている機関車
あと、客車に、なぜかな?確か上の架線から電気を?あれ?違うかな?
なにせプチ鉄ちやんですので詳しくはない私
ただ
行ってみたいし乗車してみたい坊ちゃん列車

ところで今も健在なのでしようか、坊ちゃん列車
情緒という風情が贅沢な時間の流れを醸し出していることに
それは虫の音色にも

恰好よいと想うんです
虫の音色は、実に自然なので
風景にされても視界に入っていながら気に留めないでいる自分、同じように虫の音色に気がつかない、確かに虫の音色はしていて耳に届いているのに聴こえてない、気がついてない
意外に私など、ふと
あれ?虫の音色!

今も自宅の外から聴こえてきてますが先ほどまでは気がつかずの私

微妙な虫の音色は
私には心の静寂の音色と感じます

見たいテレビがあるんですが火曜日の今時分

でも今は自分の心の静寂に時間を過ごしたく

特に力を入れ心の静寂!ではなく、ゆっくりした気分、 眠いだけかな?
そろそろ寝ます。

投稿: | 2009/09/29 22:48:38

【それで、教授と学生が
通りを歩きながら議論していて、
即席の講義が成立する。

「古代ギリシャに戻っているんですよ。
ははは。」と港千尋さん。】

歩きながら議論して、歩きながら考えて、
歩きながら何かが見つかる。

古代ギリシャの哲学者たちの散歩しながらの
議論、逍遙学派の時代に戻っている、
本当に素敵な発見ですね。
歩きながら話すって楽しいのは、古の時代も今も
きっと同じなのでしょうね。

「坊ちゃん」を思い出します。
虫の声が良く聞こえる静けさ、穏やかさ。
松山の静かな空気がありがたいですね。

投稿: | 2009/09/29 21:38:40

今晩は。
 ヴィヴァルディの四季・の映像と音楽を聞いていたら急にフト思いました。
 虫の声?  蝉の声?  リズムは同じだけれど・・・書いた文字は、蝉・・・  でした・・・。  この頃訂正が多くてすみません。     また、ちがっていたりして・・・。 ちょっと恥ずかしいです。

投稿: | 2009/09/29 20:48:16

少し辛口のコメントになる事を、何卒お許しください。

祝日にまで授業…それも日数の確保の為…。何とナンセンスな。

如何も、日本のアカデミズムは古代ギリシャの時代から遠くなりつつあるみたいですね…。

古代ギリシャの学究と学生たちの間に交わされていたのは、茂木さんが言われるところの「高貴なる野蛮」の躍動する光景だったに違いない。

日数を重ねるだけじゃ、闊達に学問する心は絶対に育たない。日本の大学の現場には、そのことがわかっていないんじゃないか。

机に学生をただ座らせていても、本当の意味で賢くなんかなりっこない。

単に「教科書」の丸暗記しか出来ない、自分の頭脳で物事の本質について本気で考えない者が出来上がるだけなのではないか…といった事を思い浮かべてしまう。

進化する自由、特に学問する自由は、まさに闊達なる精神から生まれてくるのだとやはり思う。

また、闊達なる精神は、高貴なる野蛮を自ら求める筈だとも思う。

その精神を持っている人は、組織や世間体にとらわれない、自在闊達の魂を持つ人だと思う。例えば茂木さんのように。

本気で学問を究めようとする、柔らかで自在に動く、それでいて鋼のように力強い精神をみなぎらせた、そのような人が、きっと、この島国のナンセンスな学問世界を根本から革新できることだろう。

私も微力ながら、そういう精神の人に1厘でも成長したいと思う。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/09/29 20:08:45

茂木先生、本当に、お忙しいですね(笑)。茂木先生のお忙しさを、垣間見ながら、先生の「ものすごく忙しく勉強している」と言う言葉を思い出します。
虫の声、もう秋ですね。風邪などひかれませんように。
プロフェッショナルは必ずみます!(拳)

投稿: | 2009/09/29 19:28:35

今日はお昼にテレビをつけましたら、「徹子の部屋」で白洲信哉さんが出演されているのを発見いたしました!
(・ω・)/

白洲さんはとてもシャイな感じで、茂木さんとそのシャイな感じ?が似てらっしゃるなぁと思いました♪(^o^;)
(茂木さんは負けん気が強いから時々確信犯的挑発的発言されますけど~?最近はそこが個性なんだなぁと認識してます?)

白洲信哉さんは眼差しがこの前テレビで拝見した白洲正子さまとやはりどこか似ていらして。

なんだか正子さんが生きていらっしゃるようで嬉しいです♪白洲正子さんもきっと「居つかない」西行や明恵を愛していたのだろうなぁと思います。

「白洲スタイル」も拝読して、簡潔で本質的でそれでいて美しいものに囲まれた素敵な生活をされていらっしゃるなぁと思いました。

今日はきっと「しらふ信哉さん」でいらしたのでしょう??しらふ信哉さんでない時は…???

どうなってしまわれるのでしょうか(笑)\(゜〇゜)/
仲良しなお二人のご活躍をお祈りしております♪o(^-^)o

茂木ィ先生は今日もお忙しく活動されてるんでしょうね♪

風のごとくに。

ではまた♪

投稿: | 2009/09/29 17:38:03

精神を闊達に・・
夜の底から虫の声

しずけさや 岩にしみいる 虫の声

フランス革命、1789,火縄燻るフランスはバスチーユ・・と丸暗記したのは、中2の頃。

しずけさや・・を毛筆で習ったのも、中2の書写の授業。夏だった。


回想法は脳の修復と血流の活性化に本当に良いようですね。実感が伴ってきました。

さて、今回の秋は、というと、白洲スタイルに感化されて、緑茶をゆったり愉しんだりしています。ずっとあせってきたようなのがちょっと一息です。

さきほど、散歩中にあまりにきれいな緑と黄色のぎんなんが ころりころりと天から恵みのように草の上におちているのを見つけて、拾って帰りたくなったけど、散歩はてぶらが快適なのでこまっていたら、川辺に烏がたくさんいて、その中の一羽が、クレラップを嘴に咥えてピョンピョンしてるのがみえました。歩いていったら、サーッと烏たちが渡びさっていったので、クレラップありがとう・・といって、ぎんなんを楽しく拾って帰ることができました。

いい事があったあとのお茶は、格別においしく身体にしみ込みました。

投稿: | 2009/09/29 12:19:39

> それで、教授と学生が
通りを歩きながら議論していて、
即席の講義が成立する。

>「古代ギリシャに戻っているんですよ。
ははは。」と港千尋さん。

うらやましい限りです。
私は現在大学院生ですが、
正直言ってそういったものは排除されています。
そんな空気を出しただけで、
すぐに「意味ないじゃん」
という空気が作り出されます。
空気とは恐ろしいもので、
私自身それに屈してしまいます...。

この感じは教授よりもむしろ学生側に強いです。
「大学」を「就職のための場」としか考えていない
学生がいかに多いことか。
(私も学生ですが)

また大学側は(儲かるために)、
キャリアセンターの充実や就職率の高さを誇張し、
さらに「新時代の学びです!」とかいう
よくわからないスローガンを掲げ
新学部や新学科を設置する。

もはや大学は学びの場ではなくなっているのが
現状ではないでしょうか。

投稿: | 2009/09/29 10:39:09

茂木健一郎様
道後温泉にいらしているのですね。
お楽しみでいらしたら嬉しいです。
そこは私の両親の出身の市ですので、私にとっては
子ども心の第二の故郷です。
夏目漱石のことは、故郷に縁のあるかただから
いろいろと聴くことがありました。
愛媛のものは素朴かもしれませんが、
お食事、お菓子も美味しいと思います。
思索のあいまにでも、おくつろぎのそえに
なるかもしれません。

投稿: Yoshiko.T | 2009/09/29 10:19:16

型にはめた解答のある決まり切った知識を机にすわり姿勢をただし受けることが勉強だと考えられているのか?日本の右脳開発で統合脳?めざしたいですね。 学びはどこにでもある! 意識があるかないかにより変わりますね。 どんなことにも真っさらなココロで対面すれば見えてきますよね。 ギリシャの議論は生きた学び いや 説法か?茂木さんのご活躍ますます楽しみです。 私もクリエイティブ フューチャープルを実現する研修にこのたび事前図書を求められ茂木さんのひらめき脳を必須 参考に感動する脳などに頼りました。 見えないところで助かってます!

投稿: | 2009/09/29 10:14:04

おはようございます 茂木サン 。
松山 道後温泉 行かれたのですね 。
つかの間の ゆったり感
よかったですね 。
松山城の ライトアップ
いにしえの文化が そこに浮かび上がる。
そこにいること また素敵。

夏目漱石サン関連の出版 予定ですか。 楽しみです。

人生を楽しむ と思えば
表現できない位 意味は深くて 広い。

ものいわぬ物も 命あるものも 大切で 慈愛に満ちていると 思います。

これもまた 善し 。

投稿: | 2009/09/29 10:13:07

おはようございます、茂木さま。

今日から朝勉強はじめました。ちょうど子供が5時に泣き出して、寝かしつけたら、こっちのめがさめちゃって、そこから始めました。今非常に眠いけれど、勉強はかなり、はかどりました。

時々無性に勉強したいと思う時があります。

投稿: | 2009/09/29 8:59:00

コメントを書く