« 文明の星時間 ターナー賞の叡智 | トップページ | 100年経ったらそんなこと »

2009/09/16

週刊ポスト 脳のトリセツ 脳は一流の「遊び」を目指す

週刊ポスト 

2009年9月25日・10月2日号

脳のトリセツ 第11回
脳は一流の「遊び」を目指す


http://www.weeklypost.com/091002jp/index.html

9月 16, 2009 at 06:34 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週刊ポスト 脳のトリセツ 脳は一流の「遊び」を目指す:

コメント

おはようございます 茂木先生 。

脳は 一流の遊びを 目指す !

スッキリ 言い切ったお言葉。
心に 感じます。

数年前に 人生を振り返り生きるって どうゆう事なのかな? と考えました。

そしたら、 自分の人生の時間を どう使いたいのか
何をして 過ごしたいのか

その事を 先に考え 生きていけば
自分らしく 前向きに
できれば 楽しく 後悔なく 生きる事が 出来るはず と

気がつき、 今は行動の選択肢が 変わり
自分らしくなってきた と思います。
(気がつくのが、遅い!笑)
脳 = 考え = 人生 と
置き換えて
一流の遊びを目指す!

納得! 共感! いたします

投稿: | 2009/09/18 7:37:29

茂木さん、今日は本屋さんへ行くことが出来ませんでした。
だから、明日にでも。

ただ、この「遊ぶ」というのは、私もよくよくわかりますョ。
と言うのか、私はこれまでの自分の仕事で「仕事だ!」と思って
取り組んだのは少ないかもしれません?!(笑)

な~んだか、遊びの感覚ってありますねー、常に。

時々、ブライダルなどでも新郎・新婦から、「当日まで後少しで
ドキドキ!してしまいます。」って言うことを聞くから、「当日
は、馬車に乗ったシンデレラと王子様と思うくらいで丁度よいの
だから、一緒に遊ぶ感覚で楽しみましょうョ。」って言うのです。

現実と非現実の世界ですからね、結婚式なんぞはー。(笑)

物語りのナレーションにしても、どこかそんな感じで私は仕事を
してきました。
何かしら、遊ぶ感覚は常にあると思うのです。
時々、余裕のない時もありますが~~~。(笑)

結局、私の仕事は「本番・当日」よりも「お打ち合わせ」などの
方が大変ですねー。
茂木さんは、いかがでしょうか~???(笑)

では、また。
おやすみなさい。

投稿: | 2009/09/17 1:37:09

コメントを書く