« Professor Higgins | トップページ | The Chicago rain »

2009/09/13

一日遅れて

 秋が深まってきた。

 『ザ・ベストハウス123』
の収録で、マツタケが出てきた。

 スタジオに匂いが立ちこめる。
本当に美味しそうなマツタケ。

 Shellyさんが食べるのを見ながら、
ふと、子どもの頃に好きだった
 永谷園の「松茸の味お吸いもの」
を思い出した。

 ああ、これが松茸の味だと、
案外本気で思っていて、
幸せだったな。

 闘病生活の末、亡くなった
三人の方のVTRを見た。

 アツシさんが、「ここに
あったものがすべてで、それ以上
付け加えることはない」と
言った。

 僕は思う。
 
 現代人は、どこか肝心なところを
我慢して生きているんじゃないかな。

 若い頃、ヨーロッパの美術館
などにいって、宗教画のセクションに
来ると足を速めた。

 何となく、過ぎ去った時代の
もののように思っていたからだ。

 今は違う。生と死についての
さまざまな思いを込めた表現に
向き合うと、現代人が失ったものを
思い出す。

 フラ・アンジェリコの描く
受胎告知をうける聖母マリアは
なんて澄んだ眼をしているのだろう。

 ベストハウスのスタジオで、
フラ・アンジェリコを思い出す。

『世界一受けたい授業』の収録。
EXILEのみなさんと問題を出した。
EXILEは、かっこよくて、そして
やさしい。

去る6月6日に、思うことがあって、
特に支障がない限り英文ブログ
The Qualia Journal)を
毎日書き続けようと決意した。
それから、三ヶ月。

論文や決まったテーマじゃなくて、
自分が経験してきたこと、世の中の
森羅万象について、英語で表現する
回路をつくる。

一度そのようなことをしなければ
できないことがあると、
はっきりとわかったのである。

私個人も、そして日本という国も。

今日は研究室の合宿のために
竹富島に向かいます。

学生たちは、もう沖縄の風を
受けているはず。

仕事があったので、私は一日
遅れてしまいました。

9月 13, 2009 at 07:09 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一日遅れて:

» ボクらの時代 雨宮塔子×江國香織×江國晴子 トラックバック 須磨寺ものがたり
久しぶりにパリから帰ってきた一人の女性と、 姉妹が屈託のない話しでもりあがり、 、爽やかな会話が展開される。 [続きを読む]

受信: 2009/09/13 17:29:49

» リッター25km トラックバック 御林守河村家を守る会
リッター25Kmに到達いたしました。 [続きを読む]

受信: 2009/09/14 7:23:12

コメント

茂木健一郎さま
本日から更に凝視の
半井小絵さんの気象解説凝視強化週間にの初日

なにせ、私のお魚釣りセットは、すでにクロネコヤマトさんの徳島ベースに到着していて今週末からの徳島お魚釣り遠征の私

午後7時のニュース前の気象予報も見て
台風情報、丸に台風の台と、そのマークが今週末、日本に?

半井小絵さんの気象解説前に予習です台風情報!
さて、半井小絵さんの気象解説、鈴虫のお話とか、直近の予報も終わり、台風情報に

私、内心、予習情報があるので、半井小絵さんが台風についてとの時、待ってました!
知ってます!それが知りたいんです台風情報!

雲の映像になり

私、なにこれ?ドデカい台風!なにこれ?
事前情報として
台風マークのこじんまりしたイメージしてなかった私

巨大な台風

ちょっと!! 四国は徳島に進路がの場合、
私、どうしたら良いん?
暴風雨の中でまさか釣りなど出来ないです

なんで連休の時に台風なの?

どうにかならないのかな!

ますます凝視!
半井小絵さんの気象解説凝視徹底強化週間です。

投稿: | 2009/09/14 23:37:11

茂木先生

こんばんは
このblogを読んで
やっぱりいいなぁ〜
って思っちゃいました
心がふわっと暖かくなるかんじ…
いつもありがとうございます

投稿: | 2009/09/14 20:50:52

この一ヶ月、英文ブログを毎日、プリントアウトして読んでいます。
『英語で表現する回路をつくる』でしたか。なるほどですね。
英語のまま読むという回路をすこしずつ思い出してきた一ヶ月です。
57才男性

投稿: | 2009/09/14 16:21:06

フラ・アンジェリコの受胎告知の マリア様の 優しく、 嬉しく、 覚悟をした(母になる) 表情ですね。

素敵、美しい!

茂木サンは → どこから → 受胎告知のマリア様 →
連想されたのか、お聞きしたいです。

発想が 国内のみならず海外、宇宙 過去 未来と
疾走していらっしゃいます。 (凄い!)


クオリアジャーナルは
私なりの考えですが、
日本の、日本人のよきクオリアを 世界への発信になっていることと
思います。誰かが伝えないと・・・。そんな思いだったのでは。
ありがとうございます。

最近感じるのは 島国在住の私達であっても 英語を 見聞き出来るように
と 茂木先生は やんわりと 諭していらっしゃるような。
(耳が痛い・・)
そうですね、生きて行く=成長し続ける事。

頭の中で思いが、深夜に どこかに 疾走しているようです。

投稿: | 2009/09/14 1:16:31

こんにちは

>一度そのようなことをしなければ
できないことがあると、
はっきりとわかったのである。

>私個人も、そして日本という国も。


新しい前例が生まれた、前例がある。(^^)v

投稿: | 2009/09/14 1:07:57

茂木さん、Hello♪(^-^)松茸の味お吸い物♪美味しいですよね♪幸せだったなって♪かわいい茂木さんに♪1つ♪ど〜ぞッ♪(笑)                           ´|             (  |              ||              ||              ||              ∪       ∫∫∫           (    )           \   /            ┗ ┛              〆======   ♪(笑)♪ っあ♪お吸い物は自分でね♪(笑)お湯を注ぐだけですからね♪(^o^)у(笑)ところで、茂木さん♪修学旅行の時♪そういえば♪(笑)ヘビを首にマフラーみたく巻いてる寒がり(きっと(笑)の人がいましたよ♪(笑)茂木さんは♪しめしめ♪(笑)されちゃったら大変なので♪ご自由に♪(笑)(ウソ(^.^)(笑)(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/09/14 0:54:43

【Shellyさんが食べるのを見ながら、
ふと、子どもの頃に好きだった
 永谷園の「松茸の味お吸いもの」
を思い出した。

 ああ、これが松茸の味だと、
案外本気で思っていて、
幸せだったな。】

私も実はそう思っていました。
大人になってから、本当に数回しか
食べる機会がなかったのですが、
遠くにありて思うもの、なのかなと
高嶺の花だからこそ、そう思うのかな。

『ザ・ベストハウス123』も、
『世界一受けたい授業』も、
楽しみに拝見します!
お疲れさまです。

宗教画というと、トーマス・リンドさんが亡くなってから、
レイチェル・リンドさんが住むようになって、
彼女の部屋になるまで、子供時代のアンにとって
ずっと神殿のように神聖だった客用寝室の
キリストと子供達の絵を思い出します。
想像して、端っこにいる自分に気がついてくれて
頭を撫でてくれたと想像して、アンが嬉しかった気持ち、
解る気がします。
そのキリストを生んだお母様の澄んだ覚悟を
湛えた絵なのでしょうか。
そう思って眺めると、いろいろな想像が
広がってきます。
そのような気持ちで絵を眺めてみると、
違った思いで、違って見えてくるのかもしれません。


投稿: | 2009/09/13 23:49:46

茂木さんの英文ブログは、英語で”考えるヒント”であり、英語を”考えるヒント”満載かと。

茂木さんがご著作で「英語をやろう」と呼びかけられたころ、「どうせ自分はブロークンだしな~」と思っていたのですが、数日後、「あれ、あれ?ブロークンと言えば、そもそも、自分の日本語もブロークンじゃないのか?」と思い至り、「だったら、どっちがブロークンかという、ただの程度問題じゃないのか、これは?」という訳の分からない悟りに至り、家族に「おいおい、ちょっと、悟ったよ。」と話すと、「それは、悟りじゃなくて、ただの勘違いじゃないの。」と言われたのであった・・・。

そうか、当方は悟ったと思ったのに、鬼の世間では、それを、ただの勘違いと呼ぶんだと、今日の日記には書いておこう・・・。

投稿: | 2009/09/13 23:22:01

一度、とことん行き着くところまでやってみたら、今までの人生と違った人生を歩める!


私たちは、今までと違った人生を味わう事ができる!

そんな気がします(^O^)

投稿: | 2009/09/13 22:37:22

 死んだら脳も心臓も機能しなくなる。つまり、自分が消えるんだと、言い聞かせてきました。それが真実だと。それ以外はないと。
 だから、宗教が嫌いだし、考え出すと怖いから、生死について鈍感であるように努力しました。

 そんな時、ある人の飼猫が死んだその夜、ある人がその飼猫が天国で幸せに暮らしている夢を見たそうです。
 嗚呼、嗚呼、嗚呼、この人と一緒にいれば、この人と添遂げられれば、僕は天国を信じられるかもしれない。天国に行けるかもしれない。この人のようになりたい。

 それが、今の僕の好きな人。

投稿: cosmosこと岡島義治 | 2009/09/13 20:09:26

茂木さん、Hello♪(^-^)何時も忙しい中♪ステキで勉強になる日記♪茂木さん♪ありがとうございます♪m(__)m(^.^)沖縄には♪高2の時♪修学旅行で行った事があります♪(^o^)уたしか10月頃だったと思います♪右手に見えますのが♪七色の海でございま〜す♪(笑)晴れているとたしか虹色に見える海だったと思います♪その時思ったのがホントだぁ♪沖縄の海ってきれいだな〜って思いました♪(^o^)у泊まったホテルはオリオン♪沖縄では交通手段がタクシー♪バス♪が多いとか♪沖縄でしか置いてない自動販売機のジュースはトロピカルな感じで美味しかったです♪沖縄の歴史に触れる事も出来、貴重な体験でした♪バスガイドの女性も歴史について色々話を聞かせてくれました♪バスの中で皆が何か唄って〜♪(笑)とリクエストすると♪ロマン飛行を♪上手でした♪最後の日にバスガイドの女性が感極まって涙を流していました♪感動した修学旅行の思い出です♪海にも入ったのですが♪しょっぱくて(笑)目をあけれませんでしたが♪途中雨も降ってきて皆で海に浸かりました♪(笑)そこで茂木さん♪しりとりです♪沖縄♪私♪(笑)シーサー♪(今私の携帯ストラップは兄夫婦が買ってきてくれた♪沖縄のご当地キティシーサーバージョンが付いています♪シーサーの部分がゴールドでゴージャス&クルリンとかわいい♪(笑)(^o^)уサンゴ♪ゴーヤ♪また後で♪(笑)ところで、茂木さん♪ハイビスカスかわいいですよね♪(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/09/13 17:34:34

茂木さんに、弟子入りですか(^^)(^^)(^^)

投稿: | 2009/09/13 16:30:47

茂木さん、こんにちは。
もう、沖縄入りをされたのでしょうか?!

太陽の恵み、青々とした海、人々の優しさ、「沖縄バンザ~イ!」
って感じでしょうか?!(笑)

松茸ですか~。
今年はまだ食しておらず。
早速、「秋の味覚」ど真ん中!ですねー。(笑)
何か、召し上がったのでしょうか?

この季節は、「松茸ご飯」に「栗ご飯」などなど、炊き込みご飯が
美味しいですね!

永谷園の「松茸の味お吸い物」は、私も食したことがあります。
よく出来ていると思いますが、友人の家でパーティーをした時、私
が「和風パスタ」を作ることになり、隠し味として「昆布茶」が欲
しかったのだけれど無い。
その時、食在庫を見ると永谷園のそれがあったので具材を抜いて使
ってみると、これが素晴らしくて。(笑)
お出しの「味」がしっかりとついているのですね。

「これが松茸の味だと思っていて幸せだった!」
案外、そういう時のその感じって、「幸せ」なのかもしれませんね。
大人になると、一つ一つの物が「ホンモノ」「より本格的」「最上」
などなどがわかってくるのだけれど、う~ん・・・幸せって、何を
もって幸せなのかは、微妙な感じがありますか~?(笑)


「EXILE」の歌は、私、好きです。
ドラマチックな歌詞ですね。

「一度そのようなことをしなければ出来ないことがある。」?!
これは、決意をして毎日のこととして「継続」する、そういうこと
をおっしゃっているのでしょうか?!

私も何かを続けよう!と言う時には、「決心」しています。
でも、気持ちがゆるいとどうしても続かない、続けられないもので
すね。
お引越しなどがあったから、途中、投稿していないこともありまし
たが、クオリア日記は続いています。

では沖縄の風と水と新鮮な空気を身体いっぱいに吸い込んで、元気
にお過ごしください。

投稿: | 2009/09/13 15:08:14

 英語のブログに関して茂木先生には感謝してもし足りないです。私が年を重ねることができて、本当に良かったと思うことの1つは、科学技術のおかげで、インターネットで自分を見極めながら、しかも好き勝手に外を取り入れつつ自らの世界を構築し続けることができるようになったということです。学校教育の現場では全然出来なかったことです。今でもボーダレスは基本的に禁じられていますから、それはできないでしょう。そもそもこの国の教育の理念がよく分らない。人間理解をしたいと思っているのか、面倒なことは思考停止でやりたいのか、全然よく分らない。やっと大人になれたのだから自分でやりたい。だから養老先生と茂木先生に本当に感謝しています。しかし、ちょっと自分もほめよう。(笑)養老先生に開眼したのは文芸誌の回覧板?!コーナーと2冊のめちゃ面白の2冊の日経サイエンス対談本。茂木先生に感動したのは、当時創刊されたばかりの季刊誌。猫だって考えるもん!
 

投稿: | 2009/09/13 14:09:07

おはよう御座います。

生死について“さまざまな思いを込めたもの”と向き合うことは、私達が失おうとしている「何か肝心なもの」を取り戻すよすがになるのかもしれない。

昨日、Youtubeで、「Siegfried feneral March」を視聴した。

何故か聴くのを躊躇っていた曲。

一人の人間の死、もしくは一生にまつわる種々の感慨が、あの重々しくも哀しく、かつ力強い音律に集約されていることを感じながら聴いていた。

フラ・アンジェリコにしてもヴァーグナーにしても、藝術を創り出すことを生業としている人達は、やはり生死と魂に関わるさまざまな思いと向き合うことを余儀なくされるのではないか。

藝術家が、生死の問題を避けていたら、本当に見るもの(聴くもの)の心を打つものは生まれないのだと、つくづく思う。


英文ブログのご執筆、も3ヶ月になるのですね。

今まで自分が持っていた回路だけでものを見るだけでなく、1度違うことをして、違う見方でものを見る、ということの大切さ。

難しいかもしれないが、メタ的な見かたを鍛える為に、挑む価値はあるかもしれない、と思った。


実は私も子供の頃、あの「松茸の味お吸いもの」を飲んでました!・・・今思うに、あの味は、本物とは違う“フェイク”だったんだなぁ。

以来、本物の松茸の味わいには、なかなか巡り合えない。時々、TVのグルメ番組で松茸料理が出て来るのを見て、おいしそう~!というイメージは沸くのですが…。(苦笑)

竹富島に赴かれるとの事、合宿での日々が充実したものになり、かつ研究室の皆さんが、御無事で過ごされますように。エピソードを楽しみにしています。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/09/13 11:21:12

おはよーございます!
静かな日曜日の朝ですね(・ω・)/
今日は色々片付けなきゃデス(汗)

茂木ィ先生は、美ら海沖縄ですか~
沖縄は神の島々ですね♪
いってらっしゃいませ(^-^)ノ~~
やっぱり日本のサンクチュアリだと思います。

松茸おいしそう♪私めは土瓶蒸しが大好きデス♪たまには食べたいデス(笑)
あとキノコご飯とか~秋ナスも♪今年のさんまはなかなか美味しいですね♪梨や柿も大好きデス♪実りの秋デスね♪ワクワク♪
(ノ^^)八(^^ )ノ

フラアンジェリコの「受胎告知」はフィレンツェのサンマルコ美術館でひとりフラフラ拝見いたしました♪
清澄で静謐で純粋なフラアンジェリコの世界に陶酔した記憶があります。
ダビンチの「受胎告知」のマリア様も愛らしくて清純ですよね♪
フィレンツェはもう一度行きたいな♪

はっ!!( ̄□ ̄;)!!
茂木さんのフィレンツェRenaissanceレポートがとてもとても読みたいデス!
(・ω・)/
きっと素晴らしい内容になると思います!フィレンツェと言えば、ダビンチにミケランジェロにフラアンジェリコにボッティチェリにダンテにマキャベリにっぴぃぴぃぴぃぴぃぴぃ(アイガモか…)退場?!はい(笑)

投稿: | 2009/09/13 9:59:10

茂木健一郎様
多様なお仕事をお疲れ様でございます。
宇宙全貌を地球の隅々まで見つめられる瞳は、
芸能界のお仕事をどのように見つめておられるの
でしょうか。
フラ・アンジェリコは茂木さんですか?
日記を読ませていただくことで生まれる
回路だけでなく、表現する回路を生み出す
ことが大事なのでしょうね。
沖縄の風のなかで、茂木さんが開放された
笑顔を見せてくださるのを楽しみにしています。
うれしいことがたくさんありますように
祈っています。

投稿: Yoshiko.T | 2009/09/13 9:19:13

英語の日記を3カ月毎日、、、思っていても実行するのは難しいと思われるのに、それをお忙しい中毎日なさっている茂木先生はやぱりすごいと思います。時々読ませていただいています。

竹富島は私もすごく好きな島です。2度行きました。
そんなところに合宿所があるなんて素敵ですね
私の一番のお気に入りは「竹富小学校」、それから塔からの眺め、
星の砂ビーチです

竹富島は「夏」なのでしょうか。考えていると私も行きたくなりました。実りある合宿になるようお祈りしています。


投稿: | 2009/09/13 8:39:38

茂木さん、おはようございます!

フラ・アンジェリコが描いた
聖母マリアの「眼」美しいですね。

現代人が失ったものは
生と死を、見つめなくなった事で

死について考えなければ
生は輝かないのだと思います。

沖縄の風を、満喫して来て下さい☆


英文ブログを読むことで、
わたしも勉強させていただいています。

英語能力が乏しくて
むずかしくて、わからない時も多々ですが。汗。


投稿: 月のひかり | 2009/09/13 8:12:03

おはようございます 茂木サン 。
いってらっしゃい
たくさん いろいろな事を感じ 、 受け取って
更に 元気になって来て下さい 。

きっと いい潮風が 吹いています。

本日 私も 海の町へ行きます。
いい潮風を 感じてきます。

投稿: | 2009/09/13 8:01:32

コメントを書く