« 立ち止まること | トップページ | 一つの蝶が、心の中に生き始める »

2009/09/11

朝日カルチャーセンター 脳とイメージ

朝日カルチャーセンター

脳とイメージ

本日第3回。

詳細

9月 11, 2009 at 07:22 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日カルチャーセンター 脳とイメージ:

コメント

○「遊び」について
○ ゲ-ムと言う概念はもっと広いものだ
コメントを読んで講義の内容を知りました。受講出来なかった事が悔やまれます!

投稿: m | 2009/09/12 10:12:10

申し訳ありません、追伸です。

先ほど、申し上げ忘れました。
昨日の講義もとても良く、只今、勉強にとても苦しんでいるのですが、遊びの境地になれるまで頑張ろうと、とても励まされました。
私とは異なる分野の勉強をしているお友達と、頑張ろうね!と共に思いを新たにした夜でした。
ありがとうございましたm(__)m

投稿: 楠 | 2009/09/12 8:36:30

昨夜の講義、大変にお疲れ様でした。


「遊びをせんとや生まれけん、戯れんとや生まれけん」・・・この言葉を聞くたびに、“衆生所遊楽”という法華経の一文句がまざまざと浮かぶ。

我々はまさにこの世に“遊びに来る”為に生まれたのだ・・・。

個人がその、個人としての人生を生きる上で味わうさまざまな苦悩、葛藤、歓び、悲しみ、怒り、・・・それらは全て、「遊び」の中に入る。

茂木博士は、講義で、ゲームという概念はもっと広いものだと言われていた。全くその通りだと思う。「TVゲームだけがゲームではない」と。

それを聞いて、ゲームを敵視するような論調やマスコミの喧伝が、ゲームに対する私達の認識を何時しか狭いものにしていることに思いを馳せた。

講義終了後、帰宅する時に、新宿駅のホームに向かって歩くとき、河の急流のように、沢山の人々が押し寄せてきた。

人波をよけながら、一瞬、次のようなことを考えていた。

この人達は、個々の人生をどんな風にとらえているのだろうか。

「遊び」と「真面目」をきっちりと分けて考えてはいないだろうか。

人生そのものが遊び(衆生所遊楽)ととらえている人は、決して多くはなかろうと。

「真面目≒苦労、苦闘」も「遊楽」ととらえる人生でありたいと改めて思う。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/09/12 5:48:21

茂木さん、おはようございます!!
昨日は本当に、ありがとうございました。

わたしの生きている中で、最高の授業でした。
とても刺激されました。
雷に打たれた感じです。
本当に楽しく感じて、興奮しました。

本当に、わたしは何も知らないんだなぁと
またしても、思いました。
これからも茂木さんの授業を受けたいので、
もう、勉強するしかありません。

茂木さん、私は本当に無知です。
だから、自分の考えがきちんと形成されるまで、
日本や世界のいろんな考え方、業界の存在やしくみを知りたいと思っています。
もちろん、やるべきこと、自分のバブルを一番にしてです。
周辺視野は広い方がいいと思います。


茂木さんにはもどかしく思えるほどの私の視野ですが、
すこしずつでも賢くなります。

だって、宇宙は茂木さんとの出会いを与えて下さった!!!!

茂木さん、次回も楽しみです!!
また一番前に陣取ります!!
ありがとうございます!(♯^^♯)!♫☆⋆

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/09/12 2:11:01

今日は仕事と重なり、授業に参加できず、本当に残念で沈んでおりました

今朝もクオリア日記を拝見し、また元気をもらいました。私と同じように多くの人に元気を与えてくださっている茂木先生のご活躍を今日もお祈りしています。

最近、夏にPHPから出されたCDを購入し聞いております

投稿: ウエタ | 2009/09/11 21:01:11

茂木健一郎さま

私の場合は

他の方は分かりませんが
きちんと深夜の投稿でも、その時に書いてです
それは私の流儀

書いたのを保留していて、ただボタンを押して投稿してではなく
朝のとか深夜、お魚釣りのために深夜起床の時も
寝起きすぐ書いて投稿事実です。

人それぞれなので考え方は特に縛られることはなくですけどね。

投稿: 高木英樹 | 2009/09/11 10:23:15

コメントを書く