« 講演会 | トップページ | 季語 »

2009/08/05

Sun, moon, mountains and water

Sun, moon, mountains and water

5th August 2009

The Qualia Journal

http://qualiajournal.blogspot.com/

8月 5, 2009 at 07:36 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sun, moon, mountains and water:

コメント

茂木健一郎様
Sun, moon, mountains and water
この屛風が拝見したくなりました。
生きる意味を深く知ることができますでしょうか。

投稿: Yoshiko.T | 2009/08/06 0:11:05

おはようございます!!

本物の前に立ちたいです。
写真でも心に満ちてくるものがあります。

一つ、思い浮かんだ曲がありますが、
茂木さんはどうですか?

わたしは本物を味わって無いので何とも言えませんが、
ドビュッシーの『Clair de Lune』月の光です。

…なんだかたくさんお話したくなってきましたが、
次に会えた時までとっておきます♫✧⋆☄

投稿: | 2009/08/05 23:01:29

茂木先生 こんにちわ

There are deep taste and depth so as not to think that
the two-dimensional art of Japanese old times is two-dimensional
When I went to Kyoto,
a heart was able to hold onto the pizazza to see
some real thing when it was astringent juice.

A method totally different from the Western technique.

That reminds me the Chinese ”Suibokuga” feels
fresh surprise in the same way

I think that this screen, I who had Professor Mogi teach it want to look

投稿: | 2009/08/05 12:18:57

最初ボーイブーって何かと思いました(笑) (≧▽≦)

日本の屏風絵は素晴らしいですよね♪
今回アップしていただいた日月山水図屏風もいつか拝見したいです♪

茂木さんは「日本のクオリア」で等伯の松林図屏風を取り上げられていましたが、あの松林は等伯の故郷、能登にある松林らしいです?(テレビをつけたら丁度そんな番組をやっていました~)

あの屏風絵はまさに子に先立たれた親の虚空だなぁと思いましたが…(霧雨のような声なき涙が、風に乗って吹いてくる感じ)
等伯の息子の久蔵だって、下手したら殺されてる可能性だってゼロじゃないですし…φ(.. )
警察のある現在でも色々事件が起きるわけで、安土桃山時代やいかにです。
(久蔵の桜図はまさに日本の宝です!)
屏風絵で思い出しましたが、信長が狩野永徳に安土城を描かせ、少年使節とともにバチカンに渡ったとされる屏風絵はどこへ消えたのでせう? 見つからないかなぁ~

投稿: | 2009/08/05 10:19:20

コメントを書く