« Expectations | トップページ | And there will be life »

2009/08/12

積分の計算

筑摩書房の増田健史さんから
メールをいただいた。

_____
From: 増田健史
To: "'Ken Mogi'"
Subject: 震源地(ちくま増田)
Date: Tue, 11 Aug 2009

茂木さま

今朝の地震で東名が崩落しましたが、
あれ、じつは僕の生まれ故郷のあたりなのです。
いまは静岡県牧之原市ですが、数年前までは榛原郡榛原町といって駿河湾と茶畑で有
名な牧之原大地に囲まれた長閑な土地で、亡くなった祖母が魚屋をやっていました。
毎年夏にはそこに大勢の従兄弟が集まって、日中は海水浴で暴れまくり、疲れ果てた
夜にはみんなで雑魚寝。
そうして、こんな大人になったわけです。
そのうち茂木さんがもう少し暇になったら、
抜群にうまい生しらすとモチ鰹を喰い
に、連れて行きたいなぁ。
旦先生とかも一緒にね。

それはそうと、先日はいろいろ失礼しました。
ただ、茂木さんの心意気、
めちゃくちゃ嬉しかったです。
どうか、存分に筆を揮ってくださいませ。

言うまでもありませんが、茂木さんは、
茂木さんのために魂の入った仕事をするだけ
で、他の誰のためでもありません。
とはいえ、けんいちろうさん、
恥をさらすようですが、
ちょっぴりHelp me!

また会って、いろいろやりましょうね。

株式会社 筑摩書房 編集局 第2編集室
増田 健史(Takeshi Masuda)

__________

昨日の地震からは、どうしても
東海地震を連想する。

もっとも、気象庁の発表によると、
直接の関係はないとのことである。

一瞬は、「これがそうか」と思った。
ついに来たか、と身構える気持ち。

何かに似ているな、と振り返って
いるうちに気付いた。

人間として避けられない老い、
病気、死。

いつかは来る、避けられないと
思いながら、実際に身体の
変調が来た時に、「これがそうか」
と思うのだろう。

プレートが滑り込み、限界に達して
弾ける。

岩盤の生理作用は、いつか訪れる
身体の崩壊に似ている。

「つひに行く 道とはかねて 聞きしかど
昨日今日とは 思はざりしを」
(在原業平)

地震で、mortalityについて
考える。

目黒の雅叙園。

MAQUIAの取材。

メイクアップアーティストの藤原美智子さんと
お話しした。

MAQUIAの島田綾子さんに、
島田・マニッシュ・綾子
というミドル・ネームができた。

「色紋付き」を着た。



「色紋付き」を着る。

麹町の日本テレビ。

「全国高等学校クイズ選手権」の一回戦。

数学の出題に触発された菊川怜さんが、
猛然と積分の計算を始めた。

菊川怜さんが、だだだだだだだんと
積分の計算をした夏。

8月 12, 2009 at 07:24 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積分の計算:

» オープンエンド トラックバック 須磨寺ものがたり
不意に何かの言葉がほしくなることがある。 そんな時、過去に読んだ本をひも解き、 ちょっと、中味にはいっていく。 [続きを読む]

受信: 2009/08/12 10:19:26

» 偶然の一致の科学 トラックバック KazKobayashi's BLOG
村上春樹氏は短篇「偶然の旅人」で、お得意のジャズの神様のエピーソードを披露している。アメリカの中古レコード屋でリバーサイドレベールのペパー・アダムズ「10 to 4 at the 5 Spot」を手に入れて店を出るときのことである。すれ違いに店に入る若者に時間を聞かれ、「it's 10 to 4」(4時10分前)と答えたあとで、偶然の一致に気がついた。短篇の主題は、ジャズレコードとは直接の関係なく、ある種の偶然の一致を手がかりに、ありえそうな物語が展開する。 グスタフ・ユングは、ある日... [続きを読む]

受信: 2009/08/12 21:05:13

コメント

茂木さんはどのようにして脳科学者になられたんですか?
 医学部は修了されましたか? 教えてください。 お願いします。

投稿: KN | 2009/08/14 23:50:25

茂木さん、Hello♪(^-^)増田さん何を助けてほしかったのですか?♪(笑)ところで、茂木さん♪部屋の窓がちょっと開いていて爽やかです(笑)(^o^)у(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/08/13 7:09:25

増田さんの生まれ故郷が牧之原市(もと榛原郡榛原町)
なのですね。
皇室に献上される美味しいお茶が出来るところなのです。

夕方下校時に大人の皆さん通学路に出て、
子供達を見守りましょうという、あたたかい地域で、
地区の同報無線の放送で、オルゴールバージョンの
「お家へ帰ろう(牧之原市出身、櫻井大介さん)」が
流れるそうです。
地元FM放送(K-MIX)で、一昨年1位になった曲です。

http://rabico.cocolog-tnc.com/gmt/2007/10/post_834a.html
http://www.city.makinohara.shizuoka.jp/asp/mc0040.asp?eno=L470341542
http://search.kashi-ism.jp/showlyrics.php?tid=8ae48cfa0a017f8668312b1f41d92710
http://blog.livedoor.jp/dai_0830/archives/2007-12.html
http://blog.livedoor.jp/dai_0830/archives/cat_50018824.html
http://blog.livedoor.jp/dai_0830/archives/cat_50035606.html

遠州灘で獲れるしらすは新鮮で、塩茹でにして
塩茹でのゆでたてそのままは「釜揚げしらす」、
お日様に天日干しにした「しらす干し」も
大根おろしとよく合って、美味しいです。

「生しらす」は、遠州灘(太平洋)で朝まで泳いでいた
その日の獲れたての新鮮なもので、禁漁期以外の
取れる時期しか食べられない貴重なもので、お好みで
酢醤油や、お刺身醤油で頂くのです。

私は、母方の祖父が若いとき、舞阪港からしらす船にも、
乗っていた漁師でした。
祖父はお祭りには、大皿に鰹のお刺身を下ろしてくれました。
皆の楽しみのひとつでもありました。
祖母の生家もしらすの工場が
あったので、子供の頃、時々親子で手伝いに行きました。
祖父母の家に、いとこや親戚が、花火やお祭りやお正月に
集まりました。
ここに紹介してくださった増田さんのメールの、
思い出のお話しとよく似ているのです。
子供時代が懐かしくなりました。

『自由とは何か』の御著書が発売されたら、
きっと楽しみに拝読します。

ご多忙の中、きっと同時進行でたくさんのお仕事を
なさって、同時に書き進められても、ひとつひとつが
その途中で、それぞれ完成を待っておられるのかも
しれません。
楽しみにいつまでも、完成なさるご本を待っています。

私も地震が来たとき「もしかしたら、これが東海地震の
始まり?!」と緊張が走りました。
正直、「これがそうか」と思いました。
何しろ小学生のときからずっと長い間、毎年全校で一斉に
地震に備えた防災訓練、避難訓練をしてきたのですから。
「ついに来たのかな」と思いました。

違って、ほっとしたような、先延ばしになって
まだ心配が続くような・・・。

地震と身体の変調が似ていることも
興味深い発見ですね。
自分の寿命が近づいて来たとき、変調を感じて、
「これがそうか」と思うのでしょう。
私もいつかは通る道なのだなと思いました。

「色紋付き」姿の茂木先生、よくお似合いです。

菊川玲さん、チャーミングな方ですね。
優秀な頭脳をお持ちで、素敵な優美なところと、
お茶目な可愛い「アラレちゃん」のようで、
猛然と計算をなさるところはまるで、
ドラマの「ガリレオ」みたいです。

長くなってすみません。
失礼になったら、申し訳ありません。
今日も良い日をお過ごしください。

投稿: 発展途上人 | 2009/08/13 1:17:41

こんにちは

>人間として避けられない老い、
病気、死。

昔のヨーロッパの偉人に、「どれだけ長く生きたかより、どれだけ良く生きたかが問題である。」と、言った人がいるらしいですよ。(^^)


増田健史さん、編集者から見た茂木さんの本でも出しては、いかが?(^^)

投稿: よく生きたクオリアby片上泰助(^^) | 2009/08/13 0:08:57

こんばんは 茂木サン

色紋付袴姿 似合いますね!
上から2番目 位の 格式ある着物ですよ
おめでたい事 でしたか?
茂木サンの 着物を着る姿を 拝見すると 日本人であることが 誇らしく 感じます。
私達も 浴衣や 披露宴の席他など 和装で出かける気持ちを持ちたいですね。

静岡の地震は 時間の経過とともに 被害が多く なっています

地震国にいる以上 いつ どこで 地震に見舞われるか 分からない。
家族で 万が一の避難場所や 集合場所を 決めておく事が大切ですね。
災害ダイヤルのかけ方等。地震直後に電話するようにしています。
時間が 遅れると かからなくなります。
まだ余震が あるかもしれませんので 付近の皆様方 お気を付けて下さい。


菊川 怜サン いろいろな事に チャレンジして 可愛い方 です。

投稿: サラリン | 2009/08/12 23:39:16

茂木健一郎さま

半井小絵さんの気象解説を拝見後

徳島県の阿波踊りが本日から開催との

徳島県といえば9月も行きます!お魚釣り!

木曜日、甲子園では
東京代表と徳島代表が試合、それも東京代表は町田市の高校
こういうこと、あるんですね
町田市在住の私、徳島でお魚釣り

茂木健一郎さま
なぜ、私は島に?

私のお魚釣りは、ウキフカセという徳島県発祥の釣り方です、それでウキフカセ発祥の地にてと数年前からです。

徳島の阿波踊り

阿波踊り会館というビルにて阿波踊りを拝見したことがありますが
女性の踊り、かなりビシッとした感じで男性の踊りは、お酒に酔った踊りと、かで
徳島の阿波踊り、深いと
さて寝ます、では。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/08/12 23:36:33

茂木さん、おはようございます!!

幼い子どもたちの、生きていることに疑問の無い表情や、わかわかしい肌のクオリアを間近にかんじた時、私なりの「これがそうか」を感じる事があります。

今日「ナイトミュージアム2」を見ました。
私の両隣は小学校低学年の少年で、館内のほとんどがジュニアでした。
映画館内の匂いが子どもの匂いで興味深かったのと、すぐ隣にかわいらしい小さい体と肌と、うきうきしている表情を見て、いいなあ!と思いました。


「花の色はうつりにけりないたづらに
    わが身世にふるながめせしまに」 小野小町


な気持ちですが、あまりシメシメはしていません♪


地震のとき、「これがそうなのか?」と感じました。
でも、揺れている時、冷静に、棚から落ちて割れそうなモノを床に置き、地震への準備をしつつ、「いや、違うはずだ。私たちが生きている間にそんな悲劇は無い。」と冷静に信じました。

ところで、茂木さん監修のナイトミュージアム2のAH体験、私は気付けませんでした。残念!
映画ご覧になりましたか???
コペルニクス的転回!!でした(♯^^♯)♫

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/08/12 23:16:31

茂木さんの色紋付姿、なかなかに威厳があって、引き締まった印象です!結婚式の新郎さんのように見えます。

かつて、関東一帯で巨大な地震が起こった時(関東大震災)、人々はよもや自分がそれぞれ、死の淵にいきなり落ちてしまうとは、思わなかったに違いない。

阪神淡路の大震災の時も、これで自分の人生が終わってしまうなんて考えも及ばなかった人がたくさんいただろう…。

何時病にとりつかれ、あるいは死んでいくかわからないのが、私たち生き物という存在なのだ…。

勿論、老いぼれることからも逃れることは出来ない。如何に若く見せようと老いは確実に、「私」の肉体に忍び寄り来る。

いきなり心臓が止まることもある。あるいは脳血管が出血し、そこから死の淵へと落ちることがある。ガンが発覚することもある。

まさに地震といっしょなのだ、いつ何時、自分がこの世から“消えてしまう”かわからないものだと、常々思っている。

だから、と言って怖れていてもしかたがない。最終的には、老いを受け入れるしかない…!

心の老いさらばえ以外ならば。


ところで、増田さんは牧の原ご出身なのですね。心からお見舞い申し上げます。

何時か茂木さんに有閑の日が訪れ、新鮮な生しらすとかつおをいただけるとよいですね。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/08/12 21:01:46

茂木さま
大変色紋付お似合いだとお思います。

先日のご友人の結婚式のお話ですが
私の娘も昨秋結婚いたしましたので、
なぜか、その時のことを思いだした次第です。

やはりお祝い事は良いものですね。

最近の傾向は、最後に両方の両親が並ぶ場面で
新郎、新婦は自分が生まれた時の体重の
テディベアーを両親に手渡すというイベントも
あります。

なんだか忘れかけていた体重の重みを
その時感じたのを覚えております。

”化粧する脳”読みました。
無意識の垂れ流し、の言葉に我がオバさんとしては
反省すべき点を改めて
感じました。

いくつになっても、少し隠せるいい女で
いなくてはいけませんね。

自分に問いかけるよいチャンスを得ました。

投稿: 京町萌香 | 2009/08/12 20:52:06

茂木先生は今頃バイロイトへ行く飛行機でしょうか~長年の夢が叶うって素晴らしいですね♪
今日は久しぶりに黒猫太郎くんに職場で会いました
(・ω・)/
高知の実家に帰っていたそうです。
「そゆえば実家にSさん(私)がいましたよ」
「えっ私?!」
「そう、あの蚊取り線香入れるピンクの……」
「だ~れ~が、蚊取り線香入れるピンクのブタやねんっ!!!」
バシーン!!!と恒例のご挨拶していました(・ω・)/
でもあの蚊取り線香入れは可愛いですよね?うむ。まっいっか(笑)(^o^;)
笑いは大切です♪
在原の業平さんもいいこといいますねェ(*´Д`)=з
本当に誰も自分が死ぬなんて思ってないです。死と太陽は凝視できないのです(誰かエライ人の言葉)
地震の時は良寛さまの「災難に遭う時は災難に遭いなさい」って言葉が浮かびました~(・ω・)/
良寛さまは達観していたと思います。
「裏を見せ表を見せて散るもみじ」
良寛さま
達観してますよね?良寛さま
では茂木先生も素晴らしい時間を過ごしてきて下さいね♪

投稿: 眠り猫2 | 2009/08/12 20:46:05

茂木先生 こんにちわ

増田さんの夏の想い出の様子 楽しいですネ

地震は突然来るので
もしも 命を・・となると
次第に死に近づいていくと言う意識を持てないのが恐ろしく
自然の上で生かされていると言う事を改めて感じます

この夏 すさまじく暑いと言う事はないのに
制作作業での身体のリズムが うまく取れません
集中する為に頑張らないと。
アクティブな茂木先生を 見習おうと思います・・が・頑張ろう・・

投稿: Lily | 2009/08/12 17:17:42

茂木健一郎さま

私は仕事で参れませんでしたが

妹のご主人の案内にて

東京大学に私の両親を含め見学に

東京大学から東京大学院を卒業されている妹のご主人の案内ですので迷うことはあり得ません。

赤門

私はテレビや写真でしかみたことはない、ですので想像
東京大学の赤門の実際のクオリア 凄い存在感かと。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/08/12 12:16:15

茂木健一郎様
茂木さん、袴姿お似合いです!!
早く、画面上でも拝見したいです。
知のアスリートたちに不断の勇気と喜びを感じさせて
あげてくださいませね。 
夢や理想を語れる菊川さんとのペアは期待大きいです。
今こそ、大事なことはなにか、この番組で発信してくださいね。

増田さんとの仲がまるで従兄弟さんのような良さお察しします。
茂木さんに、Help me!!なんて言えるところ、
増田さんの未来に乾杯です。

茂木さん、今日も素晴らしい日を祈っています。

投稿: Yoshiko.T | 2009/08/12 9:51:37

私も『これがそうか』の感触を味わいました。
揺れる天井の照明を見ながら…あぁ、このまま…という事もあるのだ、と。
誰しも…明日どころか、たった今の保証もない。いつか必ず来るのだなぁ、と。
まぁ、
すぐに目前の日常に戻っていったのですが。

投稿: 土屋圭子 | 2009/08/12 9:33:33

茂木健一郎さま

集中力

小沢征爾さまの

まさにクオリアの次元が凄いです。

物事の、ひとつ、ひとつの事柄のクオリアに瞬時に、それが集中力と

野辺山スキー場で感じましたのは、まさにクオリアです

小沢征爾さま、リフトご一緒にの私、当時から感謝です。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/08/12 7:45:06

コメントを書く