« Youtube | トップページ | 文明の星時間 落語の癒し »

2009/08/04

祭り

 夏になり、日本各地で祭りが
行われている。

 祭りという文化伝承のすごいところは、
ごく一般的な人でも、祭りの
方法、手続きに従って
参加していると、自然に様になり、
美しい光景を呈することだろう。
 
 天才や、目利きが必ずしも
いる必要はない。古から積み上げられた
智恵に従っていれば、型ができる。

 参加することで、自然に
そのようなことを学んでいく。

 祭りの学習効果。

 仙台へ。

 ソニーの仙台TECにて、
脳と創造性についてお話させていただく。

 仙台TECの特徴は、研究、技術開発と
生産が同じ場所で行われていることと、
北島久嗣さん。

 講演終了後、北島久嗣さん、斎藤光信さん、
小川勉さん、玉田仁志さん、清水純さん、
川名隆宏さんと懇談。

 心から、楽しい時を過ごした。

 仙台駅に着くと、七夕祭りの飾りがある。

 道行く人が、親切にカメラのシャッターを
押して下さった。


 (左から)玉田仁志さん、斎藤光信さん、北島久嗣さんと。

 おじさんが東北に住んでいたので、
子どもの頃訪れて、両親や妹と
一緒に仙台の七夕を見たことがある。
 
 通りという通りに、大きな飾りが
下がっていた記憶がある。

 あれは、小学校に上がるか上がらないか
の頃だったろうか。

 強く、深い印象があった。

 祭りは、順送り。
 
 私はすっかり大きくなったが、
今もまた、小さな魂が、仙台の街の
あちらこちらで七夕の飾りを見上げて
いるに違いない。

8月 4, 2009 at 07:05 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祭り:

» 悪戦苦闘の連続 トラックバック 須磨寺ものがたり
「う~ん、うまいこといかんなあ!」と、 頭を抱え、パソコンに向かう。 [続きを読む]

受信: 2009/08/04 10:05:44

» 花火 トラックバック POPO
花火は 灰が降るほど 打上げ場所の近くで 寝ころびながら 見るのがいい おなかに [続きを読む]

受信: 2009/08/04 10:52:34

» デカルトの脳サイエンス序説 トラックバック KazKobayashi's BLOG
ルネ・デカルトは近代哲学の父と呼ばれている。その功績は、1つには、物心二元論の導入により、大宇宙と小宇宙の人間は照合しているとする、中世からルネサンスまでのオカルト哲学を終焉させたことである。物と心を分離したことで、物だけは一気に、客観的科学的に取りあつかうことができ、いわゆる近代科学の礎となった。nbsp;nbsp;もう1つの功績は、「我思うゆえに我あり」である。あらゆるものを疑う方法的懐疑の結果、「自己の精神に明晰かつ判明に認知されるところのものは真である」とし、人間... [続きを読む]

受信: 2009/08/04 20:37:58

コメント

コメントを書こうとしたのですが、長くなりすぎましたので
ブログの方にアップさせていただきました。

http://blog.goo.ne.jp/tilia-linden/e/0aa86c3f0b22fb6abac2129f129a1cbf?guid=ON

もし、問題なければ掲載してくださいませ。

投稿: Oceangreen | 2009/08/05 7:01:35

はっ!! おはようございます。
茂木さんは大阪で花火をご覧でしたね!

夏の風物は出だし早めがいいですね♫✲✲✲
各地の夏を味わえていいなぁ♪

投稿: | 2009/08/05 6:57:43

茂木健一郎さま

夏休み!

私は、一応、お盆休みをしますが夏は日帰りでお魚釣りの予定

お盆休みにお魚釣り?
生き物を?

お魚釣りが上手い方は
まずい?でしようが
なにせ
お魚釣り初心者のような私、お魚があまり釣れない図式の私、お盆休みにお魚釣りでも、それは
と、ふとです。

宿泊してお魚釣りは
来月の9月の連休
四国は徳島に
小松島港から出ます渡船
永井渡船さんに乗り小松島一文堤防でリベンジ

ゴールデンウイーク、大物を幾度もかけましたが、テトラポットの中に逃げられ

お魚釣りの名手
松田 稔さんのDVDを拝見し
糸は、巻かないこと、出さないこと

ピーンと

小松島一文堤防で実践すれば!私の心にです

二年年前、9月、徳島で台風の直撃を体験

東方向から?西でしよ普通!

高木さん、まずい!東方向からの雲は勢力が凄いから早く撤収!
徳島の阿南市橘町の堤防で
その後、風に雨にと凄い
半井小絵さんの昨年、気象解説で徳島のこと

このように台風の雲が東から渦をまいて、と解説に

あ!これ!

半井小絵さんの解説でようやく理解でした徳島で東から雨雲の凄いのが、その意味が分かり半井小絵さんに感謝。


お魚釣りに行くお金があるの?でしたら、

茂木健一郎さまの書籍を購入するお金、あるじやん!自分!

お盆休み、お魚釣りと現段階で決めつけず
もしかしたら
書店さんに、やも

この頃のお買い物は
相模原市の釣具屋さんの相模屋さんしか、ですので

意外に釣りのハリ、単価はお安くても、結果、毎回、使うので
台風直撃ならぬ、お財布直撃

でも、お魚釣り、楽しいです。

投稿: | 2009/08/05 6:28:11

こんにちは

日本の祭りの中心は、子供と若者である。そのため文化伝承が続いてきたのでしょう。(^^)

投稿: | 2009/08/05 6:26:09

↓(つづき。何度も申し訳ありません)茂木先生~(><;)
大変です~!!
クララシューマンの映画が、渋谷Bunkamuraで上映されてます!!ってご存知かしら?(ご覧になりました?)
私めは今日気付いたので善は急げと?早速今晩見てきちゃいました♪o(^-^)o
クララシューマンの映画をずっとずっと待っていたのですが、予想通りの素晴らしい映画でした♪
シューマン、痛かったです。あたたた…(>_<)
私は判官贔屓なので?シューマンになりきって見ていたら、涙がでてきました。(T_T)
シューマンはブラームスもクララも心から愛していて、自分は二人の幸せには要らないと思いこんじゃったみたいです。
無意識で色んな声が聴こえてきちゃったんですよね(泪)

ブラームスもシューマンもクララも大好きデス~(><;)
クララはまさしくミューズですね♪
三人の天才が巡り会う奇跡の物語なので、クラシック好きな方にはオススメの映画だと思います♪

音源も映像もドイツ語も非常に美しく、詩的でいてピュアな世界でした。
ちなみにサウンドトラックのCDも買いましたが、センス良いです♪
ブラームスのピアノ協奏曲第一番、一度聴いたら忘れられませんね♪では♪

投稿: | 2009/08/05 0:04:11

茂木さん、Hello♪(^-^)付け足しで♪ええ(笑)まだ電車中です♪(笑)しかもけっこう混み上がってる(笑)お祭りって♪ワッショイ♪ワッショイ♪って何からきたんですかね?♪私♪ワッショイ♪ワッショイって好きです♪(^o^)уところで、茂木さんは♪わたあめ食べた事ありますか?(^3^)(笑)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/08/04 22:56:25

仙台もひと月遅れの七夕なんですね(^_-)
私が住んでいる所も、そうです。商店街に飾ってある七夕かざりを見ると、何とはなしに笑みがこぼれます(o^∀^o)

お祭りは順送り!必ずやってきます\(^O^)/

その「時」のために、今出来ることをして、私も「その時」に臨みたい(^-^)ゝ
その時が来たら迷わないように…(*^_^*)

投稿: | 2009/08/04 22:52:38

茂木さん、Hello♪(^-^)昨日は携帯持ったまま(笑)寝てしもうた(^.^)(笑)今は仕事帰りの電車中♪(笑)仙台に行ってたのですね♪お疲れさまです♪お祭りは昔から好きです♪(^o^)у 何だかやたら高級なキャラクターのお面(笑)♪浴衣も♪わたあめ♪輪投げ♪かき氷♪水風船♪それと目がウインクしたりするかわいらしい抱っこちゃん?♪(腕にからませる♪(笑)盆踊りや♪花火♪楽しいですね♪最近はお祭りも花火も行ってないな(T-T)行きたいな♪屋台のかき氷を作ってみたくて(笑)12才位の時に♪屋台のお姉さんやお兄さんに声かけて(笑)作らせてもらった事があります♪楽しかったです♪(笑)お祭りは魅力的ですよね♪ところで、茂木さん♪髪切りましたか?(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/08/04 22:41:04

茂木さんっ、おはようございます!

って、御挨拶できること、嬉しく思います。

七夕祭り、素敵ですねぇ☆
三井記念美術館”TAOISM ART 道教の美術”で少し学んだのですが、七夕って、生命誕生の日なんですね!
かなり原始的であり、ロマンチックです。
神にも親しみを感じます。

8月6日(木)は神宮外苑で7:30~8:30に花火大会がありますよ♫✲✲
茂木さんは花火見ましたか??
花火したいですね♫!✲✲✲

投稿: | 2009/08/04 22:00:46

本当に、日本の夏は祭りの季節ですね。秋田の竿灯祭りも昨日、始まったようです。

皆さんの後ろ、七夕飾りの豪華さは、眼を見張る者がありますね!

両親の郷里・青森では名物の“ねぶた”が行われ、浴衣を着た「ハネト」がラッセラー、ラッセラーと掛け声を上げながら、飛び跳ねるさまは、津軽地方の夏の風物詩となっている。

地域によって、青森では、武者人形ねぶた、弘前では扇型の大きな行灯に武者絵を書いた「ねぷた」(弘前では“ねぷた”という)。

太宰治の郷里では、大きな“立ちねぶた”が復活したという。

伝統として受け継がれた様式の中に、老いも若きも、男も女も、1つにつながり、互いの絆を深めていき、見知らぬ者同士も、一時なれど仲良くなれるのが、祭りのいいところなのかもしれない。

それでいて、祭りは、神聖な祈りと、深く繋がっている。

でも、最近は、街を歩いていると、「安売り祭り」(家電販売店)とか「連発祭り」(パチンコパーラー)とか、結構街中で商売の為に「祭り」という言葉を使っているようだ。

祭りは、本来の意味を外れて、色々な所に、拡散しているような気がする。

5月あたりに見た、おみこしを担ぐ神田の祭りも、威勢のよさと人とのつながりの中に、祈りと繋がっていた。

そこに、祭りの本来の姿があったように思う。

茂木さん、仙台の七夕祭り、十分に楽しまれたことと思います。

みちのくの人々の、熱い息吹きが踊る祭りは、いいものですね。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/08/04 18:21:12

わたしが生まれた場所にはスケートリンクがなかった
だがスケートリンクかあることは知っていた
三回転半ジャンプしてみたいなぁ
彼女はスケートリンクではなく地上で訓練ができることまではその時思いつかず世界をせめた
だが本に出会った
君は天才児だから一人でできるだろう
ラマヌジャンやアインシュタインや漢字の白川さん
好きだからもとめるんだろう
もとめよさればあたえられん

わたしは舞台上で踊らされてるんじゃない
この身体が舞台に適さなくて演じたい役を演じられなくても
あぁ夢の中ならうまく踊れるのに
生きたいな
そして彼は年齢という時間を壊した
時間がなかったんだ
ずっと
夢は見るものではなく生きるもの
わたしは今夢を生きている

投稿: | 2009/08/04 16:59:59

茂木先生こんにちは。
私の親戚も仙台にいて小学生のときよく行って、七夕見てニュースに写りましたよ!

先日のスパイラルホールでの公演ありがとうございました。
脳で旅する日本のクオリアのお話だけでなく、とてもためになる雑談まじりのお話すんごく面白く聞けました。
今年1月、作家の佐藤賢治さんとの対談の時も当たって、2回も先生のお話それも一列目で聞けて、ほぼ目の前でなんてラッキーな私だと思ってます。
これでピアノのレッスンにますます力がはいります!

もとソニーの長島さんが主人の目の前で働いてるんですよ!本田。
今度は宇都宮にも来て下さいね

投稿: | 2009/08/04 15:17:09

おはようございます 茂木サン
昨日は 仙台まで いらしていたのですね。200Km 圏内ですね〜!
残念では ありますが、
何故か 頬が緩む(本人的には微笑む?) 感があります。

仙台は やはり 七夕が綺麗 で 市民も 七夕を大切にして 受け継いでいますね。
祭りは見るより 参加する事が 一番の楽しみ
茂木サンは 仕事先のお祭りをご覧になり 多彩なお祭りが あるものですね。
そこに 当時の人達、家族や 情感 が 織り込まれ
思い出として 脳に記憶される。
ぜひ 子供達には たくさんの 素敵な祭りや 思い出を 脳に記憶し 、 明るい 前向きな未来を
受け継いで欲しいものです

投稿: | 2009/08/04 10:22:32

茂木健一郎様
子どもの頃はお祭りをどこかさめた気持ちで見ていた子ども
だったのですが、今では、お祭りがどれほど多くの人たちの
心を晴れやかにしているかと思うと、心が騒ぐようになりました。 
こんな時代だからこそ、お祭りですよね。
茂木さんの輝き効果は皆さんを幸福にします。
茂木さん、私の地域にもいらしてくださいませんか?

投稿: Yoshiko.T | 2009/08/04 8:19:32

参加することに意義がある

        クオリア参戦? かれこれ 数年

    思いもよらぬ  変歴に・・・   われ 驚愕

 様にもならず 型にもはまらず    冥途の土産 一直線

      前世の因縁  科学の範疇  ・・ ?

                今日もまた 宇宙の端  受諾

投稿: | 2009/08/04 8:19:30

茂木ぃ先生、おはようございます♪
(・ω・)/
仙台は芭蕉の詠んだ松島を見に、数年前に行きました♪
ほんとに素晴らしかったです。
\(^_^)/
東北は日本のサンクチュアリだと思います♪
日本の宝石エリアデス~o(^-^)o

「脳で旅する日本のクオリア」の中では、私も西表島と伊勢神宮と奈良京都は行きました~(・ω・)/
(京都は何度行っても毎回新鮮です)
伊勢神宮は神に打たれる聖なる衝撃がありました。
もう一度行きたいです。
記載されている所に全部行きたくなりました♪
日本だけでも行きたい所は沢山あります。
このご本は岡倉天心「茶の本」に通じると思います。(茶の本は美術史の先生が勧めてくれて読みましたが名著ですよね)
はっ!茂木さんて、もしかして天心の生まれ変わり?!
なんだか佇まいとゆーか、クオリアが似ていらっしゃいますよ?

私めはこよなく天心様を愛しております。\(^_^)/
だって素敵なんですもの~(笑)
ゆかりの五浦もお墓も行っちゃいました。
リアルにお会いしたかったです♪

ところで茂木さん、最近急にやせちゃいました?大丈夫ですか?なんか無理してませんか?大丈夫ですか?ちょっと心配です~
では!

投稿: | 2009/08/04 7:58:47

茂木健一郎さま

書籍からの記述よりです
安全基地
私の場合
お魚釣りでのこと、茅ヶ崎の沖磯でお魚釣り、えぼし丸に乗船してです
そして磯屋さん

日曜日、手のひらサイズのメジナ、自宅から私、持参のビニールの中の氷と一緒に

私、氷の方が重いなあ!
磯屋さんの親方さん女将さんも笑い出し

そして
昨日、江ノ島で釣りにて
ライフジャケットを着てない方々に愕然

磯から落ちたらアウト

浮いている最低限のことは救助などの際
ご迷惑をおかけする皆様に最低限の、と
あくまで私の考え方ですので

江ノ島の磯スタイルが、それならば、そういう江ノ島スタイルも
ただし
私は江ノ島でもライフジャケット着装です

投稿: | 2009/08/04 7:27:15

茂木健一郎さま

おはようございます

参加し学習していく
私の場合は茅ヶ崎の渡船 えのし丸に乗船してお魚釣り

あ!! そんな感じ感覚です

お祭りに参加する感覚に近いです渡船に乗る時の気持ち

よい伝統は自然なかたちで継承 この頃、実感です。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/08/04 7:13:25

コメントを書く