« Forerunner of logic | トップページ | 『脳の饗宴』 »

2009/08/27

『熱帯の夢』刊行記念サイン会

『熱帯の夢』刊行記念サイン会

『熱帯の夢』
の刊行を記念して、
9月6日(日)に丸善・丸の内本店で、
サイン会を行ないます。
みなさま、ぜひおいでください!

詳しくは、丸善HPにて!

詳細


8月 27, 2009 at 09:09 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『熱帯の夢』刊行記念サイン会:

コメント

茂木健一郎様
ようやく『熱帯の夢』を読ませていただいています。
茂木さんの発想されることには、
あ、そういうことなのだわと自分ではとどかなかった
感覚や意識に深くとどくように教えてくださったり、
目からうろこのようなどきどきする
感動をいただいたり本当に感謝しています。
『熱帯の夢』読み始めたばかりで、
目が潤んでばかりです。
茂木さん、あらためて、
この世に生まれてきてくださって
ありがとうございます。
本を書いてくださってありがとうございます。
生命を鮮やかに生きて、クオリアを実感して
生きてくださり届けてくださって
ありがとうございます。

投稿: Yoshiko.T | 2009/09/10 22:01:06

茂木先生、続きと訂正です。
 只今、クオリア再構築を、写し書きしていましたら、゙今度のラ・フォル・ジュルネは、とても楽しみ、だって、ショパンだもの~何が聴けるかなぁ~゛などと 今、書いていることに感じ入りながら、2重奏みたいにうかんできて、そうしましたら、゛あっ!゛と気が付きました。        クオリア日記におじゃまさせていただいたのは、ラ・フォル・ジュルネがきっかけでしたから、5月からでした!    そして、眠っている間に整理された思考を書き出したのが、コスタリカの頃からでした。  でも、脳の中の植物的な過程を・・ゆったりとしか進まないプロセスを、外から見ればうごいていないとしか思われない、内なる切実さに寄り添って、脳の中のネットワークで、目に見えない華麗なパス回しを続けてこられた・・・のかしら?と うっすらとかんじたりしています。  はっきりと意識していたわけではないので・・・。
 さて、今朝の脳整理から、2つ。 
笑いながら走ってなおる゙細胞のほほえみ゛ 
美しき記憶の香りドーパミン゙脳のほほえみ゛

投稿: ぶらんか | 2009/08/27 16:00:28

こんにちは。
 クオリア日記におじゃまさせて戴いて、1年たちました。コスタリカの頃からですので、記憶が鮮明です。ケツァールを知りたくて、アクセスして、コスタリカの音楽と一緒にケツァールの写真を見つけて、絵を描き、かざってあります。
 それから、毎朝、目がさめたら、一番最初に浮んできた思考を、忘れないうちに、ともかく、紙に書くことを習慣にして、365日、できました。効果は、はかりしれません。
 眠っている間に脳も整理されていると、茂木先生が教えて下さったからです。 知識を得て、実践する事が、力になる。  本当ですね。 有り難うございます。   さて、熱帯の夢を探しに本屋さんへいかなくては。

投稿: ぶらんか | 2009/08/27 14:59:21

『熱帯の夢』読了しました。良かったです!

私もケツァールは、茂木先生にお別れに出てきて
くれたのだと思いました!
滞在の最後の最後にまるで見送りに出てきてくれた
みたいに最後、夢がまたひとつ叶いましたね。
思いは通じましたね。
本当に美しい鳥ですね。

中野義樹さんのお写真も、文中の世界を
より鮮やかに映し出してくれるもので嬉しいです。
美しい蝶の姿も、生き物も、自然も人も景色も。
まるで映画の一場面を切り取って、その中でも
一番きれいな絵を見せていただけたような、
臨場感溢れる、幻想的な、そして貴重な
一瞬一瞬を捉えた一枚一枚。

5歳の少年と、40年の時間を超えて一体となって、
全ての実りとともに、この旅の記録が本になった
のですね。
凄いことですね。

お天気の良い日に、緑多い公園で
風に吹かれながら、また読み返したいです。

一昨年、バス旅行で家族で、初めて
三鷹のジブリ美術館に行けた時に、
井の頭公園を少しでしたが、歩きました。
テニスコートでラリーを楽しむ人たちもいました。
広くて緑豊かで、とてもいいところですね。
散策したり、読書にも素敵なところだなと思います。

あとがきの一番最後も、嬉しかったです。
三角缶を身に付けた「虫屋さん」がそこにいました。

投稿: 発展途上人 | 2009/08/27 14:42:39

コメントを書く