« The true roots | トップページ | Shock discovery »

2009/08/22

一般化されてはじめて

日本IBMで、フェローの
浅川智恵子さんにお目にかかる。

浅川さんは、中学生の時の事故が
原因で失明し、
大学の英文科を出た後、
コンピュータ技術に
興味を持って勉強し始めた。

誰でも情報に触れられるよう
ようにユニヴァーサル・アクセス
の技術を研究する浅川さん。

お話していて、みんなの
問題なのだと気付かされた。

目が見えない人が、
ウェブページを音声化して
理解しようとする時、
関係のない情報が多すぎる。

リンクや、項目や、雑多な情報を
経過しないと、本質的な情報に
至らない。

視覚ならば、ある程度並列的に
検索して、その結果要点だけを
見ればよいと思うかもしれない。

しかし、聴覚は、基本的に
逐次的に読み取らなければならない
から、そのようなわけにいかない。

現状のインターネットの低いSN比が
障害となるのだ。

なるほどと思ったのは、スパム。

私のところには、今、意味のある
メールの20倍くらいのスパムがくる。

パターン認識で、意味のあるメールを
見分けて拾う。

ところが、浅川さんの場合には、音声読み上げで
一つひとつタイトルを確認するしかない。
「一秒くらいで、勘でわかりますけれども」
と浅川さん。

しかし、たとえばAbout last nightのような
紛らわしいメールの場合はやはり困るだろう。

いかにエッセンシャルな情報を
磨き、SN比を上げるか。

視覚障がい者にとっての問題が、
ネットにアクセスする時のみんなの
問題に一般化される。

一般化されてはじめて、問題の本質が
見えてくる。

フジテレビお台場スタジオ。
「イケタク」SP。

春風亭小朝師匠の話術と見識に
感銘を受けた。

すばらしい収録だった、と
朝倉千代子さんに言うと、
神原孝さん がキャスティングから
すべて作ったとのこと。

ここにもひとり、目利きの「職人」がいる。

8月 22, 2009 at 08:41 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一般化されてはじめて:

» 対岸の火事ではない トラックバック 須磨寺ものがたり
久しぶりに提出書類の一つに必要なので、 阪神淡路大震災の時に受けたり災証明書を、 探し出し、手にすることになる。 [続きを読む]

受信: 2009/08/22 10:05:17

» なんにもない トラックバック POPO
つけっぱなしのテレビ 斜め読みの雑誌 タンスに入らない服 物置と化したソファ 欲 [続きを読む]

受信: 2009/08/23 0:01:26

コメント

茂木さん、Hello♪(^-^)1秒で判断♪すごいですね♪私も見習いたいと思いました♪今日は♪贅沢な事ですが♪日頃のうっぷんプン(笑)を忘れてそこでお茶しましょうねと前に約束を仕事仲間の一人としていたので♪仕事帰りに外に出て♪近くのホテルに行ってきました♪シャンデリアがキレイでした♪エレベーターの手すりも♪かわいい感じで♪キラキラしてました♪ハーブティーがあったので♪(笑)(^o^)у頼みました♪小さなお皿にクッキーと洋酒を使ったチョコレートも美味しかったです♪ティーポットがこれまたステキで不思議の国のアリスに出てきそうな感じでワクワクしました♪28階から見る夜景も楽しかったです♪色々な場所で沢山の人達が居て♪どんな事に自身が痛み、どんな事で自身を?♪とか思い返したり♪思ったり♪昨日の夜は日頃の色々がお腹の痛みとして(>_<)暑くもないのに顔に汗が…(/_;)神様♪仏様♪御先祖様♪分かった事は♪色々あってもイライラしないでとらわれない♪(^o^)у身体の悲鳴が痛みとして現れるだけ(T-T)ハーブティーと色々な優しさを思い出して癒されました♪(^o^)уところで、茂木さん♪ハーブティースキですか?(^3^)(笑)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/08/23 6:44:19

パソコンの画面が点字のように凹凸する、もしくはプリントアウトすると点字に変換されて印刷されて出てくる、そんな技術を一瞬想像しました。

投稿: | 2009/08/23 2:49:54

今さっきまで世界陸上ベルリン大会の男子マラソンを見てました。

ほとんど40キロ付近から見たのですが、佐藤選手が41キロ地点辺りから走り方が変わって、凄い勢いでダッシュして二人抜いていったそのシーンが目に焼き付きました。

なんだか佐藤選手の魂が、パーッと白く輝く瞬間を明らかに目撃した感じです
( ̄○ ̄;)
大体41キロからダッシュかけれて二人追い抜けるって凄いことですよね!!
アスリートはみなさん研ぎ澄まされていて美しいです!

茂木先生の「熱帯の夢」拝読いたしました♪
私はこの本に掲載されている99ページの茂木さんの顔が一番いいなぁと思いました!(・ω・)/
茂木先生、キリッと凛々しいです!

素晴らしく美しい熱帯の写真と共に、コスタリカの熱帯の夢が堪能できました。
西田さんコスタリカでひと月300ドル生活って地球の宝の中で時間を過ごしていらっしゃるんですもの、豊かで贅沢なことだと思います!
熱帯はルソーやゴーギャンも憧れたんでしょうね♪
私も地元の植物公園内にある熱帯植物園はお気に入りです♪ケツァールは茂木さん見送りにきたのだと思います♪

投稿: | 2009/08/22 22:15:43

淺川さんが視覚障害に負けずに取り組まれている、ユニヴァーサル・アクセスの研究、大変にすばらしいことだと思う。障がいのあるなしに関わらず、みんながウェブを使えるようになっていくことは、ネットソサエティの未来を大きく開くことになるだろう。

ウェブでは、大多数の場合、如何しても、情報を得る時はやはり視覚が中心になりがちで、視覚を喪った人がウェブを利用する場合、仰るようなSN比の低さの問題など、情報取得の為にクリアしなくてはいけない問題が出て来てしまうのか。

他の分野でも、障がい者だけの問題にしていてはいけない諸問題がたくさんころがっている。

限られた人達だけの問題のままになっている、たくさんのことを一般化して、その本質を明らかにしていくことは、不確実性に満ちた未来を、異質な他者と共に生きていくためにも、とても必要なことだと痛感している。

その為にもウェブを含めたあらゆる分野で、一種の優れた「目利き」が要るのではないだろうか。

浅川さんのご研究が1日も早く実用化されるように、心からお祈り申し上げます。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/08/22 21:04:33

昨日とは、うってかわって涼しく過ごしやすい一日でした。
夕方の風には、秋の気配がしました\(^O^)/

メールを送るのにも、どこまで送る相手の人を思えるか。

それによって、初めて伝わる想いもあると思います(o^∀^o)

投稿: | 2009/08/22 20:22:17

茂木先生 こんにちわ

日ごろ 便利だとしようしているツールも
視覚などに障害を持っている方達には
乗り越えなければならない 邪魔がある事に 気づきました。

健常者・・と言って良いのかどうか わかりませんが・・にとっても
しばしば 違うサイトを 経由してからでないと
リンク先に辿りつけない事があるのに
さぞかし ご苦労がある事だろうと思います

視覚・聴覚に 障害を持った人達にも便利だと思ってもらえる事
それが出来て初めて 便利なツールだと 言えるでしょうね。

いまだ 人間の生み出したものの中で
良かったと”ほぼ”言えるのは 私にとっては 音楽だけなので
それに続く 発明が生まれる事を 願います

投稿: | 2009/08/22 16:50:52

こんにちは 茂木サン 。

耳から入る音(言葉) と
目から入る文字(言葉)

それぞれの特徴がありますね。
音・・ 声に感情がはいって 思いが伝わったり 勢い 等が 身体で伝わる感じ です 。

文字・・は 音ほどの 感情 は伝わらないが 言葉の 深い意味 を表現出来る ような 脳で よく噛み 砕き 理解するような 感じがします 。


最近 深い理解を求める 時には 相手を見ず
言葉や 音に
耳に入ってくる事に 集中しています。

すると 凄くよくわかります 。
目からの情報は 時には 雑念 になるようです。

声からの 相手の姿が
感じ取れるように
会うことは また 大事な事です 。

投稿: | 2009/08/22 12:59:04

コメントを書く