« プロフェッショナル 仕事の流儀 逆境スペシャル | トップページ | The power of small things »

2009/08/26

受け身に相当するもの

高校の時、一年だけ
授業で柔道をした。

相手と向き合って、柔道着を
つかみ、あれこれと技を掛け合う。

こんな風に、と思っていても
うまくいくはずもなく、
がちゃがちゃとやっている
うちに時間が経ってしまう。

ただ、一度だけ、
「巴投げ」が面白いように
すかっと決まったことがあった。

以来、自分の得意技は
巴投げだと思っていた。

16の夏の、たった一度の
出来事に過ぎなかったのだけれども。

東京に戻る。

ANAホテルにて、
田原総一朗さんと対談。

田原さんの元気の理由は何か。

「それはね、自由だからですよ。」
と田原さん。

組織を作ることにも、マネジメント
することにも興味を持ったことが
ないという田原さん。

田原さんの「言葉の差し挟み」
の技術は素晴らしい。

ストンというタイミングで
言葉を差し挟んでくる。
それで、会話のダイナミクスが
増倍する。

渋谷NHK。

デジタルラジオの収録。

一本目。
マギー審司さんと、
手品について、笑いについて、
人を楽しませるということについて
話す。

お師匠さんのマギー司郎さんは、
あまり練習をしないのだという。

「だってさ、お前、練習したら、
初々しさがなくなってしまうでしょ」
と言うのだという。

マギー司郎さんの舞台は、寄席で
何回か見たことがある。

前にも見たことのあるネタなのに、
登場しただけで、笑いが込み上げて
きてしまう。

あの独特の天然ボケの背後には、
かなりの天才的芸談があると
見た。

マギー審司さんの「耳がでっかくなっちゃった」
を間近で見る。

やっぱり面白い。

「お前ね、一つ良いネタができたら、
10年は食えるよ」と師匠さんに
言われたのだという。

何が持ちネタになるか。偶然の要素も
大きい。
芸の道は奥深い。

2本目。
内藤礼さんと作品のつくりかたに
ついて話す。

詳しくは、英語のブログの方に
書こうと思います。

人と対話することは、柔道に
似ている。

柔道の授業が始まったとき、
まずは受け身の練習からした。

重力に逆らわず、うまく倒れる。

会話においても、受け身に相当する
ものはあるように思う。

そんなことを考えたのも、田原総一朗さんの
切り込みがあったからではないか。

田原総一朗さんと。(photo by Atsushi Sasaki)

8月 26, 2009 at 08:31 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受け身に相当するもの:

» みな、どん底からはいあがってきた トラックバック 須磨寺ものがたり
4人のプロフェッショナル達が、 自らの苦境を乗り越えてきた様を、 スペッシャルとして「NHKプロフェッショナル」で放送された。 [続きを読む]

受信: 2009/08/26 10:52:33

コメント

十数年前、中学時代に柔道部に所属していました。小学校では金管バンド部でコルネットを吹いていました。楽しかったけどあまり才能はなかったな。
特に運動が好きなわけでもなかったのに柔道部に入部した動機は、先輩が美人で性格が良かったから。それだけでした。ここに居れば性格が歪まないと思えました。そういう綺麗な笑顔が道場にはあって。

練習の始めと終わりに三つの心得を皆で正座をして読んでいました。

一、柔道を学ぶ者は誠意と礼儀を重んじ心と技を磨く。

二、なんだっけ・・。練習中は集中して気をつけなさい、みたいな感じ。

三、館内は常に清潔に保ち整理整頓を心がける、だったかな。。

記憶力が悪くてすみません。

誠意と礼儀。

そこに遊び心も付け足すようになった今日この頃です。

嫉妬をかわすには、とにかく堂々としている事。向こうが勝手に逃げてゆきます。

投稿: 〆張酉 | 2009/08/28 0:38:26

マギー司郎さんも、マギー審司さんも、
手品だけでなくて、そのお話しも間合いも、
なんともほのぼのとして、ゆったりとした
面白さに溢れていて、楽しいですね。
テレビでしか拝見したことがないので、
直にごらんになった茂木先生の楽しさ愉快さが、
心地よく伝わって和みます。
おおらかな優しさと、先を見通す確かな目。
培われた独自のユーモアを大切にする気持ちと、
信じた世界への静かな信頼も感じます。

田原総一朗さんの対談番組の的確なコメント
見事なタイミングのお言葉。
お話しが盛り上がる楽しさが伝わってきました。

受身がみごとだと、怪我を防ぐだけでなくて、
その取り組み自体も、実のあるものになるのでしょうか。

聞き手が上手に聞いてくれたから、話したい事が
話せたというお話しは、インタビューでも
きっと多くあるのだろうと思います。

受身に相当するもの。
丁寧に向かい、待ち、聴き、話す。
相手を生かし、良き波動、感化を受けて、
自分も生かされる。

鍛錬されて身に付けていかれるものかもしれません。
まだまだ私は、そこまでは全然足らなくて、
修行が必要なんだと感じました。

投稿: 発展途上人 | 2009/08/27 1:28:06

こんばんは 茂木サン 。

田原総一朗サン との 2ショット すごーくいい感じ!です。
里山 の精一サンとの 2ショットも 穏やかな 笑顔 でしたよ。

茂木サンにとっての田原サンはどんな存在ですか?

お二人のオーラが 優しさに溢れています。
私達まで 笑顔に なります。


「人に対話することは 柔道に 似ている 」
そう思います!

力を誇示する人には 半身交わしたり、 相手の動きや 呼吸を感じ 前に出たり 後ろに回ったり。

この事に気がつくまで
うん十年かかりました!(笑)

勝負する必要はなく、
今は 相手の事を 理解出来るように 。
と 思っています。

かなり 痛い思いもしましたが、 これも 青春! でしょうか

投稿: サラリン | 2009/08/26 23:56:25

茂木健一郎さま

私も高校生の時に授業で柔道を

そうだ!

今晩も半井小絵さんの気象解説を拝見

その、そうだ!とは
半井小絵さんの気象解説を拝見しました、という時は TOKYO / HIDEKIとしてではなく町田市の高木英樹と以後は、と

週末、雨? お魚釣り、どうしよう

ところで、です高校時代の授業にて柔道を私も

必殺技と申しましょうか、全員、同じ必殺技なんです、なにせ授業で初めて柔道を

妙な緊迫感、なにせ技はスキをみて同じ技をかけたい訳です
オオソトガリ?背負い投げ? あと、なにかあったような記憶ですけど

柔道着の新品の匂い
あれは、なんと申しましょうか、ローソクの匂いみたい

クリスマスケーキのローソクの匂いと高校時代の授業で使用、新品柔道着、私は似ているな!と当時、ふとでした。

剣道も、そういえば授業にて、頭にドーンと響く面というんですか?
ただ
柔道着とは違い剣道の場合、授業ですので
体操着に防具という
ちよっと微妙な出で立ちでした。

高校時代

組み体操というのも
あれは危険だなあ
今、振り返りますと
組み体操、タワーとかいうの、あれは怖かった
体育祭でやりましたが
なにせ
基本的に授業で
つまりクラブ活動ならまだしも、ごく普通の生徒が筋トレとかしないで普通に組み体操でタワーなど、あれは微妙に危険でしたかと、でも

そうそうピラミッド!
最後、瞬間、宙に浮いて潰れる
あれ浮いてなんですよね一瞬、なんとも言えない、ふわっと
よく怪我人が出なかったかと。

組み体操は大変ですよ実際、本当。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/08/26 23:51:26

茂木さん、Hello♪(^-^)今♪帰りの電車中♪茂木さんが♪こんな風にと(^ ^)(笑)がちゃがちゃ柔道してたのですね♪かわいくてまいりましたm(__)m(^.^)(笑)因みに中学の時♪数学の先生がよく♪計算問題など解く時に♪ノートに沢山ガシャガシャ♪(笑)しなさいと皆に言っていました♪ガシャガシャ先生♪今年の2月に中3の時の全クラスの同窓会がありまして♪久しぶりに皆に会いました♪先生達も全員参加されていて♪懐かしく♪うれしかったです♪(^o^)у今度は5年後♪ドッキドキッ♪ところで、茂木さん♪Audio Playerが今電池切れみたいな感じになっちゃいました(苦笑)イヤーフォンかな?針か何かでリセットボタン押さないと♪(笑)(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/08/26 22:47:36

会話において、受け身に相当すること。
力まない。流れにまかせる…という事かな?って最近分かってきました。

対話…奧が深いですね(^-^)

投稿: 奏。 | 2009/08/26 22:40:34

田原総一朗さんの存在をはじめて知ったのは、たしか20年以上前の「朝まで生テレビ」だったか。

その頃から、鋭い突っ込み、というか、言葉のさしはさみかたが、印象的だった。

日曜の昼、時折「サンデープロジェクト」を見るが、議員たちの主張に間髪入れず、“絶妙のタイミング”で鋭く突っ込むのは、「朝まで生テレビ」の頃と変わらないなぁと思って見ている。

ところで茂木さん、一時期、柔道をやっていらしたのですね。巴投げを得意としていらしたとか。

「柔道一直線」のテーマが頭の中で鳴り渡っています。(微笑)

「巴投げ」をテーマにした柔道漫画も、かつてあったと記憶しています。

昔講道館の傍を何度か通ったことがあるが、柔の道で身につくことのひとつは、とても柔軟な「受け身の精神」なのかもしれない。

重力にしたがう「受け身」とは、何処かアウンの呼吸に通ずるものがあると直感した。

人生には、攻めも大切だが、何かあった時の受け身も、大切なことかもしれない。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/08/26 21:51:14

茂木先生 こんにちわ

自ら アレコレと説明しない事の 重要さ。

田原さんの 自由である事の コツ。

どちらも 参考になります

投稿: Lily | 2009/08/26 11:55:38

茂木健一郎様
貴重なことを多様に教えてくださりありがとうございます。

投稿: Yoshiko.T | 2009/08/26 10:49:22

今日は1日きっと長いです

柔道はまず受け身が大事だそうですね?と、柔道やっていた美人の親友も言っておりました
(・ω・)/

沢山投げられると怪我もしないし、上手に倒れられるとか。
私も柔道とかで精神力鍛えれば良かったなーっと、時々思います。
スポーツって絶対後から様々な面で応用がききますよね?

授業で剣道はやりましたが、みんな本気で相手にしてくれず、「面っ」て、ちょこんと頭竹刀でさわられる位でした……(今思うと情けない…)(><;)

そゆえば剣道で段持ってる女友達は、今でも切れがよく勇気凛々としております。
うーむ、ヤッパリスポーツって凄いんですねぇ。
茂木先生も走るのお好きだから、精神力が強いと思います♪
スポーツと芸術は大事ですね♪
では!

投稿: 眠り猫2 | 2009/08/26 10:28:33

コメントを書く