« クオリア再構築 | トップページ | Forerunner of logic »

2009/08/27

至近距離でのテニスのラリー

 ソニーコンピュータサイエンス研究所

 Brutusの取材。
プレーステーションや、
PSP。
 人間の生にとっての、
遊びの意義について。

 チェゴヤで、昼食。

 脳科学研究グループの会合、The Brain Club。
 9月からロンドンのUniversity College London
のSemir Zekiのところに留学する
石津智大くんが来て、研究について
talkしてくれる。

 顔知覚、物知覚、身体知覚の差異に
ついて、MEGでの計測。

 Journal Club。

 石川哲朗が、
A Key Role for Similarity in Vicarious Reward 
を紹介。

他人が成功するのを見て、自分も歓びを
感じる。

その際、その他人のtraitsをあらかじめ
manipulateしておいて、likeability, similarity
を変化させる。

すると、likeability, similarityと、
ventral striatum や anterior cingulate cortexの
活動の相関が出る。

ぼくは、likeabilityがpublicなtraitとして
設定されている点に興味を持った。

そこには一種の「多数決」原理が
働くはずである。socially undesirableな
traitを持っていると自他ともに認識している
人から見たら、どのような結果になるか。

田辺史子は、
Spontaneous confabulators fail to suppress currently irrelevant memory traces
を紹介。

 Spontaneous confabulatorsは、事実では
ない作話をしてしまう症例だが、
その話の内容の多くは、過去の
実体験に基づいている。

 Spontaneous confabulatorsに記憶
課題をさせたところ、
 今現在の課題にかかわる記憶
以外の、irrelevantな事項についての
記憶を適切にsuppressすることが
できないことがわかった。

 田辺史子は、面白い論文を
選んでくるセンスが良い。

 世田谷のレモンスタジオにて、
「さんまのまんま」の収録。

 明石家さんまさんと、一時間
たっぷり話す。

 すぐ橫に相手を見ながら
疾走を続ける感覚。

 あるいは、至近距離でのテニスの
ラリー。

 実に刺激的な時間でありました。

8月 27, 2009 at 09:08 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 至近距離でのテニスのラリー:

» 須磨楽景(すまらっけい) トラックバック 須磨寺ものがたり
先日、須磨区役所にて、 須磨楽景(すまらっけい)選定委員会が開かれ、 委員の一人として、委員会に出向く。 [続きを読む]

受信: 2009/08/27 10:00:23

コメント

茂木さん、Hello♪(^-^)昨日♪リセットボタンを♪ヘアピンがあったので♪そしたら直りました♪(^o^)у(本当です♪(笑)段々外が明るくなってきました(中継です♪(笑)さっき目が覚めた時♪時計を見たら♪8時15分かと思ってビックリしましたがその逆でした♪(^.^)(ホッとした話♪(笑)カァーカァーと言うカラスはカラスにしか分からないカラス語?♪チュンチュンと言うスズメはスズメ語?♪どの場所に居ても?♪(笑)言葉や話には色々あって深いですね♪水族館(行ってみたいなぁ♪(笑)前にTVで見たのですが野生のラッコは眠る時♪海草等を体に巻き付けて流されない様にするみたいですが♪そこでクイズです♪(笑)水族館ではどう眠るのでしょうか?♪(全てのラッコがそうするかは知りませんが(笑)わっかるかなぁ〜♪(笑)当ててミソッ♪(笑)にゃんだろねッ♪(笑)それでは♪茂木さん♪答えを♪どーぞッ♪(笑)











答えは♪♪♪ラッコ同士手を繋いで眠る♪です♪かわいかったです茂木さん♪いかがでしたか?♪(笑)ところで、茂木さん♪水族館の中の生き物で何がスキで今見たいですか?(笑)(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/08/28 6:28:52

こんにちは

>他人が成功するのを見て、自分も歓びを
感じる。

>その際、その他人のtraitsをあらかじめ
manipulateしておいて、likeability, similarity
を変化させる。

>すると、likeability, similarityと、
ventral striatum や anterior cingulate cortexの
活動の相関が出る。

>ぼくは、likeabilityがpublicなtraitとして
設定されている点に興味を持った。

>そこには一種の「多数決」原理が
働くはずである。socially undesirableな
traitを持っていると自他ともに認識している
人から見たら、どのような結果になるか。


うまくすれば、主人公に感情移入しやすい、映画、TVドラマ、漫画、ゲームの制作につながるのではないでしょうか?


>Spontaneous confabulatorsは、事実では
ない作話をしてしまう症例だが、
その話の内容の多くは、過去の
実体験に基づいている。

> 明石家さんまさんと、一時間
たっぷり話す。


明石屋さんまさんのTV番組で、ゲストの話に「あるある」と乗って、自分の体験を言うが、嘘っぽく、ゲストからつっ込まれ、「私、嘘を申しておりました。」と、謝ると言う、トーク展開がよくありますよ。(^^)

投稿: TVのクオリアby片上泰助(^^) | 2009/08/27 22:20:22

至近距離でのテニスのラリーとは、また…緊迫感?緊張感かな?がありますね。
他人が成功するのを見て共感する(*^_^*)
では、自身もそうなるには、どうすればいいのでしょう?(^-^)

投稿: 奏。 | 2009/08/27 21:39:35

茂木健一郎さま

半井小絵さんの気象解説を拝見

そうなんですよ
半井小絵さん
私、ビビッドな黄色が大好きでスキーウエアも今晩の半井小絵さんがお召しのビビッドな黄色なんです。

土日と東京周辺は雨との半井小絵さんのお見立て
茅ヶ崎の沖磯に渡船
6月から週末、現在九回目

渡船の、えぼし丸の船内で頂戴する、お楽しみ券が九枚目
なにを意味するか、それは半井小絵さんが雨が降ります!お見立てでも、強行!茅ヶ崎の沖磯に
それで
あー!、半井小絵さんの、お見立ては正しかった
これが九回の渡船で幾度も事実

今週末、半井小絵さんのお見立ては雨

お魚釣り、半井小絵さんのお見立てに従い、お魚釣りはお休みします

半井小絵さんは雨と解説だけど、もしかしたら!
で、お魚釣りに茅ヶ崎の沖磯に、竿先を不用意に痛めたりでした、事実

半井小絵さん、大陸からの雲の動きを観察されているので凄いんです実際に!

投稿: 町田市の高木英樹 | 2009/08/27 20:14:55

茂木健一郎様
実に感慨深い考察に自己の言動を振返ってしまいます。
有難うございます。
さんまのまんまの対話、
楽しみにしています

投稿: Yoshiko.T | 2009/08/27 15:06:44

The Brain Club の皆さまが、興味深い論文を
探し発表なさり、皆さまとの交流で、さらに
様々な視点からの着目とともに、
興味深い脳科学の知見の世界が広がって、
交流から思考がさらに豊かになって。

豊かな思考が膨らんだあとに、
豊かな機敏な会話のラリーの応酬が行われたことで、
より新しい見方のお話しに繋がっていきそうで、
言葉と思考と意識、世界は繋がり広がり・・・
相乗効果はきっと大きいと思います。
素晴らしいことだと思いました。

投稿: 発展途上人 | 2009/08/27 15:06:20

茂木先生 こんにちわ

”さんまのまんま”に ご出演されるのですね。

いつが オンエアーになるのでしょうか?
それ位は チャント 書いてくださらないと
・・ダッテ 深夜なので 起きていませんから Rec.しないとなのです。

ところで・・もぅ さんまの季節到来になりましたよね?
(ぇ?まだ?)

投稿: Lily | 2009/08/27 11:50:14

コメントを書く