« ホテルオークラ講演会 | トップページ | Bats »

2009/08/29

 仕事が一山越え、
もう一山、二山。

 とりわけ、大きな仕事を
始める時には、本居宣長の言う
「うひ山ぶみ」
を思い出す。

 いかならむうひ山ぶみのあさごろも
 浅きすそ野のしるべばかりも

 Because it's there.
と言ったのはジョージ・マロリーだが、
山はどうして人を惹き付けるのだろう。

 小学校5年、6年の頃、
「山と山渓社」の山の本を買ってきて、
机の橫に置いていつも眺めていた。

 人を寄せ付けない峻厳なピーク。
そのイメージに惹き付けられた。

 空気はだんだん薄くなってきて、
冷たくもなってくる。

 何よりも、生きものの気配が薄い。

 あの頃、ピッケルをもって
雪の斜面に立つ男たちの体験を
想像して震撼していた。

 山にはいろいろあって、
宣長の言う「うひ山ぶみ」は奈良
あたりの温厚な山であろう。
 
 氷雪に閉ざされた山も、
照葉樹林に覆われた山も、
 その高みによって、人を
惹き付ける。

 何よりも、眺望を得られるのである。

8月 29, 2009 at 07:41 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

» 夏休みの宿題 トラックバック 須磨寺ものがたり
夏休みもいよいよ終盤、 宿題に追われる子供のころを思い出す。 親にしかられながら、あがきつつも、、 何とか宿題を終えたものだ。 [続きを読む]

受信: 2009/08/29 11:19:47

コメント

茂木健一郎さま

磯屋さんからの方

う島に私も、二人ですが
そのベテランの方

石鯛を釣り上げられ凄い感動しました先ほどです

投稿: 高木英樹 | 2009/08/30 7:44:00

茂木先生、おはようございます☆


先生のご著書など私にとって麻の衣です! いやそれ以上です。
(☆ω☆)ノ

投稿: wahine | 2009/08/30 7:36:41

茂木健一郎さま

台風の影響でいつ撤収かは、で
大きい島だけ

釣具屋さんの
磯屋さんと同じ渡船の予約が可能の、たつみ釣具屋さんの ご子息が実は、渡船 えぼし丸船長さんなんです
その船長さんより
台風の影響で波が!との事前に詳しく説明して頂けてです、
もうじき出船です。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/08/30 4:57:01

茂木健一郎さま

山 !!

川 ???

じやないですね
それに茅ヶ崎!海です。
磯屋さんにて渡船の代金支払い、ブラブラ歩いていますとサザンビーチが、少し明るく、あれ?
みましたら
テレビ局の方々の照明でした、なにかされているか、はたまた準備かみたいです。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/08/30 4:22:29

ご多忙の中、一山二山とこなされながら
お仕事お疲れさまです。
自然の山も、お仕事の山も、
視界を広げ、眺望を得るために高みを目指す
のですね。
冒険者精神のようで凛々しいですね。

投稿: 発展途上人 | 2009/08/30 2:54:30

茂木健一郎さま

午前2時に起床の予定でしたが、目がさえて

茅ヶ崎の沖磯にお魚釣りです

祝!!

6月から通算、茅ヶ崎の渡船 えぼし丸乗船、十回目です

お楽しみ券、本日、乗船しましたら十枚目の次回は、その、お楽しみ券を提出をし無料で乗船!

半井小絵さんのお見立てでは低気圧から台風に
そこで渡船予約の磯屋さんに問い合わせますと

高木さん!!日曜日までは大丈夫!

とのことで
幾分かは半井小絵さんの解説で腰が引けている私ですが、大丈夫?との磯屋さん、で

参ります!

茂木健一郎さま

スキー場の

小樽天狗山スキー場の絶壁に立ちますと、

よっしゃー!!!

ですが、ゲレンデの
そこまで行くのには

リフトに、ちょこんと座り楽だな!リフトは!
ですので
よっしゃー!!!の、自分から直ぐに

いやー、リフトは素晴らしいな!
よっしゃー、じやないよな!リフトのお陰!

そんな心境にです

そうこう、してましたら
午前1時30分も過ぎの今

お魚釣りでも見て午前2時にベッドから起きます
遊びの時、私、目覚めが良すぎです。

投稿: 町田市の高木英樹 | 2009/08/30 1:39:15

おはようございます 茂木サン 。
山のような存在 でしょうか。

「ちょっと 小休止・・」と 弱音を吐いたら、

笑顔で 「はい、行きますよ〜」 と 言いながら、

ゆっくり と 前を歩いて 頂いているような イメージ です。

ありがとうございます

投稿: サラリン | 2009/08/30 1:36:34

茂木さん、もうおやすみでしょうね?!
日付が変わったので、昨日のことになりますが、白洲さんのサイン会
には行くことが出来ませんでした。

愛犬が目を突いてしまって、取り置きの目薬が僅かしかなかったので
動物病院へ行ったのです。
ところが昨日は土曜日で12時までの診療でね、結局、長蛇の列に並
んだのですが、1時過ぎまでかかってしまって・・・残念でした!
お客様はたくさん集まられたのでしょうか?!
行きたかったのですが・・・。

この山は、本居宣長でしたら奈良の大和三山あたりをイメージされて
でしょうか?
ふと、自分の育った九州の山々と言っても、大分や熊本の阿蘇の辺り
になるのですが、どんな山だったかなー?!って考えてみました。

阿蘇は多くの方々がご存知の通りの活火山ですが、久住連山はとても
穏やかな山ですが、九州だけに何だか明るい印象があります。
鶴見岳や由布岳は少し山形が見られ、別名‘豊後富士’とも言われて
いて、美しい山です。

湯布院(又は由布院)は、‘霧の湯布院’とも言われ、幻想的に山が
浮かんでいるように見えてと~っても綺麗です。
茂木さんは行かれたことがありますか?

険しい山も穏やかな山もありますが、登山の楽しみはいろいろとある
けれど、達成できた時の喜びは何とも言えないものがありますね!
仕事も人生もよく‘山登り’でたとえられますが、下山する時の方が
難しいものなのかもしれません。

旅の途中で出会うもの・・・そんなにたくさんの出会いは必要があり
ませんが、美しきもの!心打たれる感動!はしっかりと胸に刻んで、
生きていきたいものです。

茂木さんの「大きなお仕事」って何でしょう?
楽しみですねー。

では。(これは出されなくて結構ですので。

投稿: 茂木さんの崇拝者より | 2009/08/30 1:26:06

こんにちは

イデア空間の山登り、山の頂上に行けば、今まで見えなかった次の高い山が見える。

そういえば、刑事ドラマで、事件のことを「山」と言いますね。(^^)

投稿: イデア空間の山のクオリアby片上泰助(^^) | 2009/08/29 23:54:50

茂木さん、Hello♪(^-^)山って魅力的ですね♪茂木さんは♪おにぎりの具は何がスキですか?♪(笑)ところで、茂木さん♪最近♪ICE AGEのDVD買って♪(笑)観ました♪(笑)どんぐりがポップコーンになってました♪かわいかったです♪(笑)(^3^)♪それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/08/29 23:21:32

人生、山あり谷あり、と喩えでよく言われますが、当方、物理的にも30代前半まで、時間を見つけては山によく登っていました。北アルプス中心で、剣岳がハイライトで単独行でした。あそこは自分のペースを守るためにも命を守るためにも、単独行しかないと判断しました。速いペースの人には付いていけないし、遅い人(弱った人)を救う心の余裕を持つことを完全に拒否する急峻でした。う~ん、自分とは何と小さな心の持ち主よ。自分とは何と小さな存在よ、と思い知らされる山でした。

当日は雨、カニのタテバイ、ヨコバイで握っていた鎖の手が滑る!一巻の終わりかと思いました。それに、立山縦走から入って剣山莊を基点とするルートでしたので、一服剣を登ったと思ったら、また、降りて、次の前剣を攻略したと思ったら、また、降りなければならず、ラストに剣岳山頂登頂、という文字通り、山あり谷ありのステキな(精神的にも肉体的にもツライ)山でした。ずうっと雨だったのに、山頂は見事な晴れ。360度のパノラマを15分くらい楽しみました。この15分のための苦労と言っても過言ではなく。

さ・て・と。最近は山を離れていますが、人生、山あり谷ありに変わりなく、でも、真っ直ぐに敷かれたアスファルトの道路より、こっちのほうが楽しくていい。あとは、少しでも大きな心をと・・・。


投稿: 砂山鉄夫 | 2009/08/29 22:47:03

茂木さん、おはようございます!

無事、山を制覇しつつありますでしょうか??

茂木さんは5・6年生の頃にはもうそんなにも想像力が豊かでらっしゃったのですね!!
さすがでございます。

眺望めざして、わたしも励みます!

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/08/29 21:33:58

茂木さん、今お仕事で新たな局面を迎えているのでしょうか(*^_^*)

仕事だけでなく色んな事を始める時の緊張感。

それでも、そこに、辿り着きたい、いきたい未来がある。

山登りで、頂上までの道程がどんなにキツくても、頂上から見た風景が、それまでのこと全て吹き飛ばしてくれる(^_-)

私も、その眺望をみたい!

投稿: 奏。 | 2009/08/29 21:33:09

きょうの、このエントリー、お仕事の大変さが、伝わって参ります。

お疲れが溜まっておられはしないかと、心配です。

何故山に惹きつけられるのか?といえば、自分が思うに、人は冒険と死の誘惑と、えもいわれぬ美しさの混じった神秘のクオリアを、山に見出し、感受してしまうのではないか。


よく聞く話に「何故山に登るのか」「そこに山があるからだ」という問答がある。山のタナトスを秘めた神秘に惹きつけられ続けるからなのだろう。

絶景の眺望を見るまでは、諦める事無く、命がけの登攀を続ける。仕事も登山もよく考えれば、物凄く似ている。

楽劇『ニーベルングの指環』の第2夜「ジークフリート」で、英雄と運命の出会いをする乙女ブリュンヒルデが眠らされていたのは、命がけの登攀が必要な、峻厳なる岩山だったことを思い出す。

山頂を登りきったときに出会う眺望も、仕事をすべて為した達成感も、岩山で神秘の少女に出会うことも、全ては、不安と苦しみを越えた時の歓びに通じている気がする。

何はともあれ、無理を為さらず、仕事の山々が無事越えられますように。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/08/29 20:18:38

本当に、息を切らして山登りをして、たどりついた頂上から見る眺望はなにものにも代え難い喜びがありますね♪

茂木先生も、毎日山登り状態かも?

タフでござんす。

そゆえば昨日「脳の饗宴」買いました♪(・ω・)/(条件反射なんだなぁ笑)

本が今枕元にてんこ盛り状態なので、太ったけむしくんのように、がじがじがじがじがじがじ食べてます。
(未読本が20冊はある……)

そうだ島田雅彦氏の「彼岸先生」も昨日買おうとしたのですが、いつもとても親切な書店員さんに「これは絶版であと他の店舗に一冊だけ残っている模様です」と言われ、「わーっ、それ、すぐおさえてくださーいっ」とあわててしまい笑われました。

げに恐ろしきは流通の世界よ。

「クオリア再構築」で島田雅彦氏を知りましたが、とてもユニークな方だと思いました(今拝読中です。もったいないので少しずつ笑)

では(・ω・)/

投稿: 眠り猫2 | 2009/08/29 12:35:59

茂木健一郎様
今、から奈良に行ってきます。エネルギーを

投稿: Yoshiko.T | 2009/08/29 10:21:35

お山がないと、寂しいですよね、あると、安心~☆

投稿: ふぉれすと | 2009/08/29 9:14:16

スッキリ眺望   善いのでは!!

         見晴らせば  雲海  その下に家並み


         全ての 視界  善いのでは !!

投稿: 一光 | 2009/08/29 8:27:11

茂木健一郎さま

おはようございます

山といえば、この前テレビで、剣山?でしたか
頂上への最後のハシゴ

あれは、テレビでみただけでも、大変
あのハシゴ、頂上が渋滞の時、あのハシゴにて待機?かなり凄いと思いました。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/08/29 7:54:31

コメントを書く