« And we follow the light. | トップページ | Colors »

2009/08/19

海老蔵さん

 NHK。
 『プロフェッショナル 仕事の流儀』
のうちあわせ。

 しばらくぶり。

 有吉伸人さんが、久しぶりに
白いフリスクを食べた。
 ここのところ、黒ばっかりだったのである。

 住吉美紀さん(すみきち)も、
 山口佐知子さん(さっちん)も、
久しぶりにあったクラスメイトのよう。

 担当は、荒川格ディレクター。
 
 自らビデオをかまえて撮影し、
宮崎駿さんの創造の秘密に迫るなど、
 「NHKのマイケル・ムーア」
とも呼ばれる荒川さんの撮って
きたVTRはやはり素晴らしかった。
 
 細田美和子さん、
「へっへっへっ」の粟田賢さんと
打ち合わせ。

 新橋演舞場。

 市川海老蔵さん、
市川團十郎さんらが出演する
『石川五右衛門』
を見る。

 先日対談で海老蔵さんにお目にかかった
時は、台本をまだ検討中だった。

 そこから、どのような魔法が
かかったのだろう。

 すばらしい出来。
 
 團十郎さんとの親子のからみは
大いに見せた。
 
 また、花道での六法は、
文字通りイキの良いエビのようで、
ぴちぴちと跳ね、しなやかにしなり、
人間以外の何かになっていく
気配がした。
 
 あっぱれあっぱれ。
 実に、堪能しました。

 五右衛門は、海老蔵さんの当たり役に
なるのではないかと思う。

 終演後、楽屋に海老蔵さんを訪ねる。

 海老蔵さんは、足にアイシングを
しながら、にっこりと笑っていた。

 身体を張って芸術をしている。
 その姿は美しい。

 27日の千秋楽まで、どうぞ
お元気で。

8月 19, 2009 at 08:02 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海老蔵さん:

コメント

茂木さん、Hello♪(^-^)昨日は携帯ピコピコ♪(笑)したまま寝てもうた(^.^) 海老蔵さん身体をはっていらっしゃるのですね♪その舞台はきっとパワー♪やハラハラ♪迫力がある作品になるのですね♪そして日々♪心と身体をケアしながらいたのです♪ね♪(^o^)уところで、茂木さん♪仕事に行く途中♪乗り換えの駅前で久本まさみさんをお目にかかりました♪身体をはっていらっしゃいました♪それでは、茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/08/20 12:16:03

茂木先生、おはようございます!


久し振りのプロフェッショナルだったのですね。
海老蔵さんきっと素敵な方なのでしょうなあ。


先生、今年は遅い夏本番、 まだまだ暑い日が続いております。どうぞお身体には気をつけて下さいませね。(/≧ω≦)/☆☆☆☆☆

投稿: | 2009/08/20 7:58:44

こんにちは

>NHK。
 『プロフェッショナル 仕事の流儀』
のうちあわせ。

↓ ↓ ↓

> 細田美和子さん、
「へっへっへっ」の粟田賢さんと
打ち合わせ。


むむむむむ、番組内容がわからない!?!?、「1Q84」方式でしょうか?(^^)

投稿: | 2009/08/20 0:53:33

こんばんは 茂木サン 。

来週から 「プロフェッショナル 仕事の流儀 」が
始まりますか?

楽しみです。
9月は もう一つ 楽しみですね 。

投稿: | 2009/08/19 22:29:45

海老蔵さんの舞台…う~ん、1度その素晴らしさを、この肉眼で見て見たい…。

と、思いつつも、自分にはなかなかチャンスが訪れない。昨年も、平成中村座の舞台が赤坂であったのに、行きそびれてしまった(@´~`@)

今度チャンスが出来たら、是非!見に行きたい。

『プロフェッショナル』の再開が実に楽しみです。スタッフの皆様もお元気そうで、何よりです。

歌舞伎やオペラの舞台などを、なかなか生で見られない。ので、NHKの教育テレビの「藝術劇場」にて、今は観劇するしかなく…。

2ヶ月前に同番組で見た「マルクス資本論」の舞台化(東京ヴァージョン)は実に現代アート的で、不思議な印象を受けた。

舞台背後が、本棚になっていて、そこにマルクスの資本論の各国語訳本が多数、納められ、他に液晶TV、ポータブルのアナログプレイヤーなどが置かれていた。

観客と出演者とが、マルクスの資本論を読み合ったり、出演者の一部がそれを声を出して朗々と読んだり、自分の過去を回想して語ったりする演出に、斬新なものを感じた。

なるほど、神話や小説と違い、資本論などの学術的論文を舞台化すると、あのように演劇であってそうでないような、実に不思議で面白くなるのかと思わざるを得なかった。

19世紀から20世紀の終わりを経て、21世紀へとまたがる時代設定も、また年数が電光板で表示されるのも、何もかも新しいと思った。

ふと舞台を見ていて、これはヴァーグナー楽劇の第二次世界大戦以後の舞台演出に似ているな、と感じた。そういえば劇中では『指環』の話題も出てきていた。全体に何処か不条理性を帯びた“見えざるもや”がかかっていたように思う。

あれから2ヶ月も経つが、未だに強い印象として残っている。

心に強い印象を残す藝術たちに、また、出会っていきたいものだと思う。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/08/19 21:03:28

海老蔵さん、かっこいいですね

歌舞伎見たことないので見に行きたいです~(・ω・)/

と、今友達から電話があって中断(笑)
生存確認の電話でした~(笑)(^^ゞ

最近読書中毒で、陸の孤島で本だけを友達に生きているかのようです(←大げさな)

夏も終わりですね。朝夕の涼しさに、過ぎ行く夏を感じます。
晩夏っていい言葉ですね?晩春も晩秋も♪
では♪

投稿: | 2009/08/19 16:46:41

おはようございます 茂木サン 。

日本の文化も また素晴らしきかな !
ですね 。

投稿: | 2009/08/19 8:31:45

コメントを書く