« 至近距離でのテニスのラリー | トップページ | 『熱帯の夢』刊行記念サイン会 »

2009/08/27

Forerunner of logic

Forerunner of logic

The Qualia Journal

27th August 2009

http://qualiajournal.blogspot.com/

8月 27, 2009 at 09:08 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Forerunner of logic:

コメント

おはようございます 茂木サン 。
まさか 20歳代の 茂木サンを 拝見出来るとは・・。
爽やかですね

意欲的に 勉学や研究に 専念されていた頃でしょうか。

そして20年後の 本日の 講演会ご案内の 茂木先生の自信と人生を経験された柔軟なお顔になのですね。

どちらも 素敵ですね。

投稿: | 2009/08/29 1:15:24

おはようございます!!

茂木さんにとって、ペンローズ氏との出会い、ペンローズ氏の”Forerunner of logic”は衝撃的だったのですね。
そして、重要なことだと確信なさっておられるのですね。
すごい出会いだと思います。
大切にするべきことであるのですね。

わたしも、そんな重要なことを、自覚していたいです。

また自分にとっての原点や、大切なものを生生と思いおこせる様忘れずに居る、という事はなかなかできていないと思いました。
情熱を持ち続けるに、大切な要素だと思います。
呼び起こせるなんらかのモノ、記録も大切だと感じました。

投稿: | 2009/08/28 1:09:54

ロジャーペンローズさんと茂木先生は、お知り合いだったのですね♪

「皇帝の新しい心」いつか読んでみたいと思います♪

ホーキングさんも、もっと知りたいです♪

脳と量子と宇宙の関係性は興味深いですね

一人一人の脳の中に銀河系が存在していたら素敵です♪

私は私で他人は他人と区別している境界線はいつから生まれたのでしょうか。

この日本語で、私はいつから世界を認識するようになったんでしょう。

そう、不思議だったのが先日ピアソラのライブCDを聴いていたら(今ピアソラさんに、はまっております笑)

最初ピアソラさんが舞台挨拶をするんですね?
その言語は何話されてるかわからないんですけど、その後始まった音楽はズシンといきなり分かるんです。
日本人の私が遠い国のアルゼンチンタンゴのクオリアを良いと感じるのは是如何?
当たり前のようだけど不思議です~

言語は左脳で解析して音楽は右脳で解析しているのかしら?
最近脳の仕組みも気になります♪
言語の派生も?

私は左利きなんですけど、だから論理や計算や言語に弱いのでしょうか?
(´・ω・`)
本当~~~にバカなんです~(分かりますよね笑)では、お休みなさい

投稿: | 2009/08/27 23:49:07

論理の前触れ


内容から思ったことを書きますが、
ずれていて失礼になったら、申し訳ありません。

茂木先生のクオリア日記、The Qualia Journalを
拝読したときに、自分の中でイメージが膨らんで、
自分の中の感覚とイメージの世界が繋がってくる。

全く未見の未知の世界だとお写真がない場合は、
言葉のみで想像を独自に膨らませます。
だからずれていることも多いかもしれません。
テレビなどで拝見したことがあることだったり、
御著書で拝読したことがあることだったり、
日常の中で似たような記憶があったり、
いろいろな場合があるけれど、読みながら
自然と想像して浸り始める。

世界が膨らんでくると、急に開けて繋がる感覚に
なることがある。
はっ!この感覚は何?と理由を探す間もなく、
もしかして?こういうことかなと気がついていくよりも前に、
なんだか次第に繋がっていくような不思議な感覚がする
ことがある。
なぜだか解らないけれど、
急に視界が広がっていくような感覚。

私の場合は、たぶん自分の感覚だけの世界で、
正確には微妙にずれていると思うのですが、
気付きのような感覚が先に来て、文章に書くうちに
あとから論理的に繋がっていくのかな。
(全然論理的でなくて、すみません。)

懐かしいようなこれだったんだ!という思いがするとき。
夢で見たのか、どこかで見たような不思議な感覚がするとき。

皆さまのコメントを拝読して想像するときも、
言葉から風景や情景が浮かんできれいだなあと
その世界に浸ったり、思いの熱さに読み耽ったり、
未体験の事柄に感心したり感動したり。
感覚が先に動いている気がします。

感覚が論理の前触れという、
今日のブログの文章は、凄い発見で、
不思議な興味深いことですね。

ケンブリッジ大学にいらしたときの茂木先生。
眩しいですね。
このお姿で思考しながら歩き回っていらしたのですね。
想像しました。ケム川や大学都市を物思いに耽りながら
散策なさったり、美しい庭に感動されたり。
惹きこまれた論文を書かれたロジャー・ペンローズ氏と
一緒のお写真、感動で輝かれていたのですね。
氏のケンブリッジ訪問を、随筆に書かれて、
その時の思いは今も、ずっと残っておられるのですね。
感動的です。

貴重なお話しとお写真を、ありがとうございました。

投稿: | 2009/08/27 17:29:08

茂木健一郎様
まさに訪問するにあたいするタイミングが
無意識と自意識と一致したときにいらしたのでしょうか。
茂木さんのとっても明るい表情が語られているようです。

投稿: Yoshiko.T | 2009/08/27 15:09:43

茂木さん、おはようございます!

茂木さんが若々しくてどきどきします!
チェゴヤ!!☆

投稿: | 2009/08/27 12:25:53

コメントを書く