« 写真 | トップページ | 柿右衛門窯 »

2009/08/08

Dragon

Dragon

8th August 2009

The Qualia Journal

http://qualiajournal.blogspot.com/

8月 8, 2009 at 07:59 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dragon:

コメント

ドラゴン

私は、佐賀の会議場所への途中の、
車の中にいた。
私たちは、古い佐賀城址にちょうど
行ってきたところである。
私たちが佐賀城本丸歴史館を離れたとき、
私は、空に黒い雲が次第に増している
という事に気付いた。
とても暑い午後だった。
翌朝の“佐賀新聞”紙上で、
気温がセ氏37.8度に達したと、
史上2番目の高さだと、伝えていた。

車の中で、私たちは、遠方でゴロゴロと
鳴っているのを聞いた。
激しい雷雨がやって来た。
私は、最初の雷電(雷鳴と稲光)が
空をジグザグに走ったのを目撃した。
私は不意に竜を思い浮かべた。

人間の脳は、時々このようなおもしろい
いたずらをする。
それが何だったか私には判らない。
もしかしたら、博物館で集中的な時間
歴史に没頭したからかもしれない。
ことによると暑気の影響を受けたから
かもしれない。
私は、要素の結合が導いた幻覚
かなあと思う、
しかしちょうどその瞬間に、
私には、雷電で、
想像上の(人の想像の中にしか存在しない)
生き物の堂々とした存在を連想することは、
とても自然なことに思われた。

その瞬間は過ぎた、
かなり急激にそれは来た。
私たちは公会堂に着いた、
そして私はまた、
日程がぎっしり詰まった会議に出席する
現実的な世界にいた。

竜は姿を消してしまった。


おかしな訳で、失礼になったらすみません。
暗い夜空に走り昇る
白光する青緑色のジグザグの閃光が、
突然光り昇る竜の姿に変身するイメージ
が浮かびました。
とても幻想的ですね。
最後のところでなんともいえない寂しさを
感じました。

幻だったとしても、その瞬間
とてもリアルに感じられた、存在。
先生の竜は、またその豊かな魂とともに
現れてくれるものと思います。

なんと37.8℃!!
体温の発熱時の状態のような
厳しい暑さだったのですね。
暑気がすごかったと思います。
お身体が心配です。お疲れも重なって
おられるのではないでしょうか。
どうぞお大事になさってください。

投稿: | 2009/08/08 22:17:09

茂木健一郎様
脳科学者の権威でいらっしゃいます
茂木さんの脳の千億もの神経細胞が結びつきが
見せた龍には瞳がありましたか
どのようなを瞳を見られたのでしょう
日本の龍は往々にしてわるいものはいないようです。
ご心配なさいませんようにと祈ります。

投稿: Yoshiko.T | 2009/08/08 15:19:49

竜(dragon)ということで・・・。


人は誰でも、魂の奥底に一匹の竜を飼っている。

何かに感じると、猛り狂う竜を。

普段はおとなしく、人の意思でうまく操縦されているが、一度荒れだすと、コントロールが利かなくなる時がある。

あるときは、芸術にうち震え、

またあるときは、喜怒哀楽の感情に吠えるが如く躍動し、

またあるときは愛の喪失に嘆く。

今このときも、自分の中の竜が、猛る時を静かに、静かに待っている。

竜は薄汚れた世の中にもまれつつも、清いものを持ち続けよと、我が内部から吠え続ける。

我らは、心の奥底にすむ、一匹の竜を死なせてはなるまい。

投稿: | 2009/08/08 14:33:35

茂木先生 こんにちわ

The yesterday's sudden rain was really intense.
I had a feeling that a dragon flew about it between clouds
so that a professor Mogi said.

A bed (unit No. 2) for the cats of the house
arrived by home delivery in such a rain
which it was pouring.

We watched the sky such as the storm together all together.

投稿: | 2009/08/08 13:50:37

わたしもそうした、まるで炎天下の野球の
トレーニングのような状況でのユニークな
トリックに、初めは驚きました。
仲間うちでそれは「アララッ」と笑いのタネです。
でもどこかで、その状況に至らないうちは
物足りなく、だからやめられないと感じたりもします。
アスリートに栄冠を!
未知のvisionに祝福を!
(*´ェ`*)

投稿: | 2009/08/08 13:37:11

佐賀の雷。私の家は、佐賀白いから半径ニキロ以内のとこです。雷は、いつも突然ですが、昨日も腰が引け気味でした。でも、ドラゴンにみえたら、楽しそうですね。

投稿: | 2009/08/08 12:44:25

天地に感じられるエネルギーの流れを古代人は四神、青龍朱雀白虎玄武、に表現したのでしょうね。
私は麒麟が見てみたいです。優れた政治が行われる地に現れるという神獣。
人の心が神も魔物も呼んでしまう。

投稿: | 2009/08/08 8:48:38

稲光りが竜に見えたんですね♪
本当に竜がいたんだと思います♪

投稿: | 2009/08/08 8:06:39

コメントを書く