« Erdos number | トップページ | Criticism in action »

2009/07/19

ハートが熱いモンスター

東京芸術大学にて、
三木成夫記念シンポジウム。

布施英利さんが、「美術解剖学の学生たちの
作品を見てください!」
と言う。

豚の脂肪からなる、人間の
手が目を惹いた。

布施研究室修士2年の
岩城諒子さんの作品。


布施英利さん


岩城諒子さん 『脂肪』(豚の脂肪・糸)


山の上ホテルへ。

集英社主催
「開高健ノンフィクション賞」
の審査会。

佐野眞一さん、崔洋一さん、田中優子さん、
重松清さんと、候補作について議論し、
受賞作を決定する。

佐野眞一さんは、
『甘粕正彦 乱心の曠野』
第31回 講談社ノンフィクション賞の受賞が
きまったばかり。おめでとうございました。

「普通、審査員は受賞者のところには
行かないんだけどさ」と重松清さん。

「今回は佐野さんだったから、挨拶にだけ
いったら、佐野さんと一緒にいる担当編集者が、
みんな泣いてるの。」

佐野さんの目が、なんともいえない表情に
なった。


崔洋一さんは、映画
『カムイ外伝』
が完成し、公開間近。
「やっと完成しましたね。」と佐野さん。

「ここ三年ばかり、カムイの話をずっと
聞いていたから。」

神保町の「人魚の嘆き」で二次会。

重松清さんが文学論を吹いた。

元気な人。圧倒的にハートが
熱いモンスター。

重松さんといると、ぼくも
うわあと叫びたくなる。

叫ぶかわりに、佐野眞一さんが
カラオケを歌っている店にいった。


「人魚の嘆き」のママ、松本彩子さんが
みんなを連れていってくださった。

『十五の夜』を、「とにかくもう、
学校や集英社にはかえりたくない」
と替え歌でうたった。

夜の道に出る。

人魚の嘆きが、どこか遠くで聞こえた。


「人魚の嘆き」


崔洋一さんと佐野眞一さん



佐藤絵璃さん、岸尾昌子さん、鯉沼広行さんと


岸尾昌子さん、重松清さんと


松本彩子さんが連れていってくれた。


佐野眞一さんが歌った。


重松清さんが歌った。

7月 19, 2009 at 06:56 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハートが熱いモンスター:

» 涙の理由 トラックバック POPO
涙を流すのは心が泣くからです 記憶が泣くからです その日のまえに 割り切れない艱 [続きを読む]

受信: 2009/07/19 10:03:06

» ボクらの時代 フジコ・ヘミング×假屋崎省吾×河原亜矢子 トラックバック 須磨寺ものがたり
今日の鼎談は、華道家・假屋崎省吾邸で、 自ら行けた花に囲まれての、 華麗な語らいとなる。 [続きを読む]

受信: 2009/07/19 11:46:58

コメント

茂木健一郎様
十五の夜の詩を知りました。
なんて力のある詩。
茂木さんは自分の存在の意味について
わかられた現在
どうかどうか諦めないで
生きてくださいませね。
DANCEのように。

投稿: Yoshiko.T | 2009/07/22 15:07:06

素敵な店名のお店ですね。
皆様の替え歌に興じらたり、お話に花が咲いたり、
楽しいお時間も笑顔も温かいお時間が伝わってくるようです。

ピーター・フランクルさん、教育テレビでの
「マテマティカ」に出ていらしたとき、
解りやすくて、興味深くて、大好きでよく拝見
していました。
芸術的な大道芸もなさり、、数学オリンピックに出られても
活躍される位の難問もこなされるほどの数学者で
いらっしゃりながら、気さくな優しいお人柄が
親しみやすい方だなと思っていました。

楽しいお話が弾んだご様子が、文章からもお写真からも
伝わってきました。
ありがとうございました。

投稿: 発展途上人 | 2009/07/21 22:23:21

茂木さんおはようございます!!

今日は17:00過ぎた頃から六本木ヒルズアリーナ(野外)で葉加瀬太郎さんのライブがありますよぉ♫☆
J-WAVEの海の日のイベントです♩
お散歩の寄り道としては最高に贅沢です♫
お天気は大丈夫ですよね。。♫!

今日も良い一日になります様に!(^^)!✿✾

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/07/20 8:47:58

茂木健一郎さま

今、テレビを見ていてです

みのもんたさまの

茅ヶ崎のお祭り中継

波が大きい!と、みのもんたさま

そうなんです半井小絵さんのお見立て通り天候が良くても海の波は高い場合、お魚釣りには

今日は茅ヶ崎の渡船はお祭りでお休みですし、波の関係で安全面での江ノ島も難しそうと昨日、判断し本日、自宅です

テレビからも茅ヶ崎の波、高いですね。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/07/20 8:23:26

茂木健一郎さま

重松 清さまとご対談形式の

書籍 涙の理由

48ページからの記述
禅問答との、禅問答みたいな謎かけはしたくない・・・

昨日、午前中は茅ヶ崎、そして平塚の釣具屋さんの、かめやさん、相模原の相模屋さんでお買い物の後は自宅に

NHKテレビさんを見てましたら、寄席形式の番組
昔、お寺さんでは禅問答をして修行僧の方が住職とされて、簡単には
道場破りの穏やかなイメージ、住職が禅問答に敗れた場合、修行僧と交代、住職が不在空席のお寺では即、その修行僧が住職に就任

住職に拾われた下働きの身の上の方は、住職が他界後、気ままなお寺住まいをエンジョイに修行僧が禅問答を挑みに、
住職を仕立て上げる妙案
こんにゃくで作るお店を経営の、ご高齢の方を住職に仕立て上げ難局を打開しよう!

何も言わず座っていれば良い!

修行僧が問いかけても無言、修行に修行を重ねた修行僧 これは荒行の無言の境地!修行僧も無言の境地で対抗
修行僧
手で、ハートを表現、お心を問いかけ

修行僧は驚き

指で心の中を今度は修行僧、問いかけて
そして、住職は目の下に指を、目の下のことよりも、もっと極めた心の持ち主であると、これは荒行を極めた住職と気がつき無言の境地の中で敗退
修行僧が出ていった後
こんにゃく屋さんは下働きの男に胸中を、自分が、こんにゃく屋と気づかれた

修行僧は手で、お前んところの こんにゃく玉は小さいのを売っているのか? そこで大きな、こんにゃく玉を売っていると、大きく輪を描き
今度は値踏みをしてきたから両手で値段を出し
そして、あっかんべーと指を

内容的の流れは、こういう流れのNHKテレビさんの番組を見て、寄席に似た形式の番組、楽しいですね

再度、 涙の理由を拝読させて頂きました昨晩、記述の中より禅問答で、ふと、お昼に見たテレビを思い出しでした、ふとです。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/07/20 8:14:31

限りあるもの    生命

              真・善・美   限りなきもの

   先ずは  歯科矯正に通ったり

             薄毛増毛 相談したり


       整形まではしなくても  エステの魔法に賭けてみる

 時も時・時代も時代 本日 海の日 「人魚の嘆き」とならぬよう

 強く 正しく 美しく   生き抜くための  常套手段

       一目瞭然の美徳     ご参考あれ

  それいゆ ワタクシ 55歳  心に体  脳の働き 今 在るもの

       年相応を心掛け  悔いなき一日といたします。


         其れなりに  クオリア ☆  宣言

投稿: 一光 | 2009/07/20 7:38:38

茂木健一郎さま

日曜日、半井小絵さんのお見立ての通り東京周辺、お天気はおおむね良好でしたが、町田市から茅ヶ崎に一人ドライブ、磯屋さんに到着、女将さん、そして磯屋さんの親方さん

高木さん、沖磯、早上がりで今、戻りでした!

磯屋さんの親方さんのお見立ては土曜日のお昼の段階で日曜日、沖磯へ渡船は、お勧めできない、申されていた通り

茂木健一郎さま、お魚釣りの釣り方の引き出しよりも実は安全面のこういう引き出し体験に私は感謝です
もし地磯でしたら私は日曜日、釣行でしたかと
あくまで磯屋さんの親方さんの判断に従ったことが地磯以上の沖磯は安全面でも、事実です

糸きりハサミを購入して帰ろとした私に
磯屋さんの親方さん

高木さんに缶コーヒーを!
女将さんから缶コーヒー、美味しく頂戴しました。
そういえば
茅ヶ崎の海岸からは少し離れている内藤釣具店さんの近くのコンビニでお買い物、ふと、海の香りがしました

あ! 相当、海からの風が強い!

ちなみに内藤釣具店さんに車を預けて釣行の柳島石積堤防の場合も風が強い場合、波が這い上がってきますので 無理は禁物です。

茂木健一郎さま

茅ヶ崎の沖磯で釣行、渡船の予約は私の場合
磯屋さんにお願いします
磯屋さんの親方さん

高木さんは町田市から来るから前日の段階で渡船は安全面でお勧めできない日は、きちんと、事前にでないと町田市から朝、早く出て渡船、ダメですよ、ではね、との

つまり、長い目で!
今日だけ渡船にではないのですからね、磯屋さんにお願いするのは今後も、です、お世話になります。
その後、
相模屋さんにも参り磯釣りエキスパート店員さんの谷内さんともお話、楽しくでした。


重松 清さまと連想は

茂木健一郎さまの書籍

涙の理由 です

ナカルカフェ

そして記述の中に
茂木健一郎さま
ご幼少の頃、笑いの英才教育をお受けにとの、寄席に

落語は聴くことで場面の想像、人物描写の想像
聴く人それぞれ自由なのが落語と感じます
その上で笑いがある訳ですから なかなか!

私、読書家ではないので
拝読のスピードは遅いですが

書籍 涙の理由

素晴らしい書籍と実感です。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/07/20 0:53:19

おはようございます 茂木サン 。
佐野眞一サンの受賞おめでとうございます
作家と 担当編集者 の二人三脚 で 本が出来る事を
茂木先生の あとがき にて 知りました。
喜びもひとしおですね。

私はこの書き込みにも
時間がかかり、 思った事を 文章にすることの難しさを感じています。
一冊の本にすることは、並々ならぬ ご苦労があるかと思います。

最近 フツフツ と考えていることがあります。 いつか
小さくていいので 私の 感じた 景色や人、物の映像と 自分なりの言葉を 添えて 本が 作れたらいいな と 思い始めました。 茂木サンの 本を 5冊程 読ませて頂き( 心を紡ぐ事の素晴らしさ。)を感じ かなり刺激を受けております。 まだまだ つたない文章では ありますが、いつも温かく 見守ってくれる 茂木サン ありがとうございます ∞→♪

投稿: サラリン | 2009/07/20 0:40:27

茂木先生、おこんばんは~
(・ω・)/
今日は帰りに本屋さんで何故だかグレースケリーの写真集を買ってしまいました♪(重かった~)
うーむむ。
世界一美しくないですか、グレースケリー???o(^-^)o
ビックリしました。
眼差しが清らかでいてクールで、なおかつ何か隙があるような…この虚な感じが自然でいいなぁ~(^o^;)
こんなに美しい人がいたんですね♪知らなかったです♪奇跡的です♪
そう、暑くなると私めは写真集とか画集見ているのが好きです(考えられなくなるため)
昔の女優さんはオーラがあって個性がありましたよね♪
日本の女優さんでは吉永小百合さんが好きです (^o^;)
吉永さんがでてくると、うっとりしちゃいます
脳のどこで美しいと感じてうっとりするんでしょうね?
不思議です。
男優さんでは(聴かれてませんが)ジャンギャバンが好きです!(≧▽≦)
きゃーっって、ジャンギャバン茂木さんご存知ですか??
ゴツゴツした顔の人です♪
いいなぁ~(←変わっているとよく言われます)
茂木さんもカラオケ歌われるんですね♪
尾崎豊ですか~ 聴いてみたいです(笑)
私めは音痴なので、ぼのぼのの歌みたいになります(笑) では

投稿: 眠り猫2 | 2009/07/19 22:03:00

佐野さん、授賞おめでとうございます!

審査員が受賞者の方のもとに行くことは稀な事なんですね。

佐野さん担当の編集者さん。審査員の人が来たときは、嬉しかったでしょうね(*^_^*)

人生で嬉し泣き出来るのって、どんな時かなって考えました。私は、結婚式の時かなぁって(o^∀^o)

投稿: 奏。 | 2009/07/19 21:11:54

カラオケで尾崎を歌われたのですか! いいですよね、私も大Fanです~☆

投稿: yuuki | 2009/07/19 16:45:26

こんにちわ

重松清さんと言えば矢沢永吉さんの大ファンでしたが、やはり矢沢永吉曲を唄いましたか?

投稿: 加瀬重穂 | 2009/07/19 12:23:44

いいな 楽しそう。

楽しそうな空気をおすそ分けして下さって茂木さんありがとうございます。

投稿: 湖陵 | 2009/07/19 10:48:06

茂木健一郎様
茂木さんが感じられた重松清氏
「胸のうちにモンスターを一匹飼っている......」
「重松さんがモンスターとして生身なのだから
私もいろいろなものを脱いでいく.....」
充実されたことを祈ります。
『涙の理由』への日々を祈っています。

投稿: Yoshiko.T | 2009/07/19 8:58:40

茂木健一郎さま

茅ヶ崎からです

礒屋さんに、先ほど

礒屋さんの親方のお見立て通り昨日のお昼の段階でのお見立て

本日、先ほど渡船、戻ってきた!とのことです

茂木健一郎さま
もし、地磯でしたら本日、私は釣行にでした!
ですから沖磯の安全性は地磯よりも環境的には安全です
なにせ、渡船の予約の磯屋さんの親方さんは昨日のお昼の段階で正しいご判断をされていました

茂木健一郎さま
こういう面からも渡船は安全に釣行の事実です。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/07/19 8:08:11

茂木さん、Hello♪(^-^)茂木さんは何を歌ったのですか?♪やっぱりこぶしきかせちゃったのですか?♪(笑)茂木さんと一緒にカラオケ行けるなんていいですね♪ところで、茂木さん♪昨日コメント送らないでごめんなさいm(__)m気付くと朝で(^.^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: 水饅頭 | 2009/07/19 7:35:28

世の中、“ハートが冷めたアンドロイド”のような人達ばかりが闊歩しているように見えるけれど、茂木さんの周りには、いつも“燃えるように熱いハートの元気いっぱいなモンスター”のごとき人々がいる、という感じを受ける。

情熱のほむらを抱えている人の周りには、同じように熱い思いを抱えて元気いっぱいに飛び回っている人が寄ってくる。すばらしいことだ。

小学生時代、カムイ伝の原作を読んだことがある。荒々しいタッチに子供心が惹きつけられた…!

白土三平の作品はアニメ化された「サスケ」や「カムイ外伝」などでよく覚えている。

「人魚の嘆き」…なかなかに素敵な店名。遠い海の底から、人魚のすすり泣く声を思わずイメージしてしまった。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/07/19 7:26:43

おはようございます~☀

みなさんお元気ぃですねぇ!!!
若者も負けていられません(笑)♫!!!

投稿: 光嶋夏輝 | 2009/07/19 7:12:30

コメントを書く