« 数学 | トップページ | Perception of one's own action »

2009/07/31

朝日カルチャーセンター 浅井慎平さん

本日

対談 「ホンモノの条件」

写真家の浅井慎平さんと対談します。

2009年7月31日(金)18時30分〜20時30分

新宿 住友ホール

詳細

7月 31, 2009 at 07:18 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日カルチャーセンター 浅井慎平さん:

» 真の芸術家 トラックバック POPO
とある国の外国人は 「懐かしい」という日本語が好きだという その国にはそうした感 [続きを読む]

受信: 2009/07/31 21:25:15

コメント

浅井慎平さんとの対談に引き続き、本日の青山での日本のクオリアの講演(講演の正確テーマを忘れてしまいました。申し訳ありません~)とても素晴らしかったです。
二日連続でこんな良いものを聞かせて頂けるなんて、なんて贅沢なんでしょう。
ありがとうございました。

自分にとって、大切な物、愛する物、美しいと思う物、本物だと信じる物に、今までもそうでしたけど、これからもずっと寄り添って行きたいと思います。
私にとって価値のあるものが、他の人にとってはどう映っているのか、それは本当にはわかりませんけれども。。。

そうそう、今回、会場ではサイン会はなかったのですね~。
次回お会いできる時に、お願いする機会がありますことを。。。

投稿: 楠 | 2009/08/02 0:45:13

茂木健一郎さま

「脳とクオリア」

それを読みやすく

「茂木健一郎の脳科学講義」

対談形式で茂木健一郎さまに質問されで

それで分かりやすく

難しい表現に即座に質問され分かりやすく

助かります。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/08/01 8:35:50

↓続き

ロシアには独特のロシアピアニズムの系譜があり、人間愛といいますか、ピアニズムの中に「魂との邂逅」が確かにあると思います。
もしかしたら日本の音大教育は魂の表現よりはテクニック重視傾向にあるのかも知れません?
ただ茂木さんが仰った「国のせいではない。やる人はどこにいてもやる」という言葉にも、ドキっとなりました。

今日は私的に色々あって若干大変でしたが、本物の茂木さんと浅井さんの対談が聴けて元気を頂きました。
ありがとうございましたm(_ _)m

投稿: 眠り猫2 | 2009/08/01 0:35:44

茂木先生、おこんばんは(・ω・)/

今日は朝カル伺うことができました♪
とても楽しい対談でしたm(_ _)m
(仕事が急転直下!忙しくなって、状況が落ち着くまで余裕がなく講演会等に伺えない感じなのです…やられた(><;)今日のうちにって思いました)
本物の条件て何でしょう?
①narcistでないこと
②ピュアであること③偽りがないこと
④自分以上の何かに見せかけようとしないこと
⑤無駄な自己主張がないこと
⑥筋が通っていること
⑦倫理観があること⑧ヒューマニティ(人間愛)に貫かれていること
でしょうか?

そゆえば相田みつをさんも「トマトがメロンになろうとすると偽物だけど、トマトがトマトになりきるならばそれは本物」と仰っていました。同感であります。
芸術で言えば、やむにやまれない衝動に駆られて表現している人は本物だと思います♪
テクニックではなく、魂で表現されているものと言えばいいのでしょうか?
やむにやまれずに表現したい狂気がないと芸術たりえないかも知れません。

ロシアに留学されていた音楽の先生は、私仰りたいことがよく分かりました(多分)
日本の音大教育は個性より技術重視なんじゃないかしら?

投稿: 眠り猫2 | 2009/08/01 0:26:52

今回の対談、楽しみにしていました。が、私用が生憎入ってしまって、聞きに行かれなくなってしまいました。残念です。

きっと、素晴らしいものがいっぱい詰まった対談になったことかと思われます。

浅井さんのウェスト・コーストの風のような、爽やかさに触れてみたかったなぁ。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/07/31 21:44:15

茂木健一郎さま

本物の書籍です

単行本の姿をしていますが、内容が 脳とクオリア を分かり易く


脳科学講義


金額が、この金額で良いんですか?内容が凄いのに

680円

226ページの
モーツァルトについて
下地、積み重ねがあるからこその、それですね、まさに、ピアノを弾けないのに脱抑制!と言われても、なんだかなぁー、です、まさに

脳科学講義

拝読の中頃で拝読を止めていました私、久しぶりに拝読の続きを

それでです、びックリ

230ページ

脳の情動のシステムの重要な役割はバランスをとること・・・

お魚釣りで過日、磯屋さんのホームページ内、女将さんのブログに私がメジナの30センチなど四匹を釣り上げたこと、その時、釣り場所での行動、空いていたことで
釣り座を移動に移動し
それは、この釣り座からで釣れるのかな?
時間は渡船の帰りの制約がある、粘りも大切だけど、お魚がいないかな、と感じたら即、釣り座の移動
それで、ここかな!
それで釣り上げた訳です
もし仮に、本当にお魚がいない場所から、まき餌を撒いてでも、お魚がお留守の所では努力が実を結ばない
ただし、今回、お魚が釣れた釣り座で次回、釣れるかは別ですし、今回、お魚が留守でした釣り座が釣れるやも

私なりの考えですが
状況の全体をみて釣り座を決め、波など風も見てオモリの重さを決めウキの浮力を決める

私、お魚釣りの時、いろいろ自分なりに考えてます、楽しいです。

ピカソの絵
全体的に精巧な作品と、ピカソのクローズアップした作品、クオリアが精巧に描かれた作品が上とは限らず、ピカソの作品の方が、クオリティーの高いクオリアを描き出されている、ことも

小説の文学にも通ずるクオリア

茂木健一郎さま


脳科学講義

カバーの後ろの記述

人間存在の謎の核心にいざなう贅沢な一冊。

まさに!です。

拝読を途中で止めて、しばらくしての拝読をさせて頂きまして、とても
私は助かりました。

本物の一冊、の一冊

脳科学講義 です

茂木健一郎さまの書籍は他にも沢山、本物の一冊がありますので、拝読のペースは遅い私ですが
とても助かります心にです。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/07/31 15:19:59

本物ってなんだろう…?と時々考えます。
そのままで、これは本物なのか?と疑う余地がないものは本物のような気がします。
ひとつまえの日記に書かれていらっしゃった、数学的に純粋な答えのように…。
曖昧なもののなかにあるものは含みのある魅力があって、それもまたステキなものだと想います。でも、含みのある魅力がかたまったものは、魅力的ですけど本物ではないような気がしたり…アートの神様に通じる柱が太いかどうか、のような気がしたりしています。

投稿: 金魚の水槽 | 2009/07/31 11:26:03

深みと重さを感じるテーマでとても面白そうですね
参加できる方がうらやましい!

本質ってどのスタンスで見れるんだろう

投稿: ukulele mam | 2009/07/31 10:41:27

コメントを書く