« Civilization | トップページ | Butterfly time »

2009/07/30

池上高志がいない間に

財団法人 幼少年教育研究所
新幼児教育講座にて、
お話させていただく。

ホテルグランドヒル市ヶ谷にて。

新宿駅から、特急「あずさ」で
茅野へ。

茅野市民会館で行われた、
平成21年度 茅野市・
原村青少年健全育成推進大会に講演。

今井書店の高村志保さんや、
茅野市長 柳平千代一さん、
原村村長の清水澄さん
と懇談する。

柳平千代一市長、清水澄村長
ともに、ユニークで
楽しい方だった。

お世話になりました。ありがとう
ございました。

茅野には、さまざまな縁がある。

数年前、白洲信哉から「御柱祭」に
誘われたけれども、スケジュールの都合で
果たせなかった。

私が敬愛する小津安二郎監督が、
野田高悟さんと蓼科にこもって
映画の脚本を書いていた時代の
別荘「無藝荘」がある。

子どもの頃、絵画教室のスケッチ
旅行で、何度か茅野を訪れた。

そんなことをいろいろと
考えていると、茅野という地が、
自分と浅からぬ縁があるように
思えてくる。

講演を終えた後、事務局の方が
「この方が訪ねていらしています」
と持ってきた名刺を見ると、
「理学博士 池上英雄」とある。

「この方の奥様で、何でも、息子さんが
いつもお世話になっていると・・・」
と聞いて、「あっ!」と思って、
急いで控え室に行った。

「どうも、わざわざおいでくださり、
ありがとうございます。いつも高志
さんとは仲良くさせていただいて
います。」

なんと、畏友池上高志のお母さんだった。

何とはなしに、目元のあたりの
印象が似ている。

「高志は、時々諏訪出身と書かれて
いたりしますが、諏訪は産院が
あったところで、本当はここ、茅野
で生まれたのです。」

「近いのですか?」

「ええ、歩いていけますから。御柱祭も、
子どもの頃から何度も来ています。」

「なんと。」

「来年もくるんじゃないかしら。案外、
しばしば来ているんですよ。」

「何だか、研究室の合宿で来たことも
あったとか。」
「まあ、いろいろなことをお話している
んですね。3度ばかり来たかしら。」

池上高志のお父さまのこと、カウアイ島、
英語のことなど、さまざまな
ことを話した。

池上高志がいない間に、本人のことを
いろいろ話すのは、何だかくすぐったい
気がした。

池上高志のお母さんをお見送りし、
歩き始めた茅野の夜の闇は、
さっきまでよりも何だかしっとり
しているような感じがあった。

茅野にて、思わず池上高志の
消息に触れる。


池上高志氏

7月 30, 2009 at 07:28 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池上高志がいない間に:

» 「楽観的」で行こう!! トラックバック 須磨寺ものがたり
脳科学者・茂木健一郎さんが、 産経新聞の「話の肖像画」で、 「楽観的行こう!!」というタイトルで、 3日間連載されているのを、読む。 [続きを読む]

受信: 2009/07/30 10:43:10

コメント

こんにちは

NHK、爆笑問題の日本の教養で、池上高志さんの、ライフゲームの場面を観て、面白そうだと思っていたら、ウキペディアにも、ライフゲームの項目が載っており、ライフゲームは、万能チューニングマシーンだと書いていました。

人間のニューロンネットワークも、ライフゲームのような万能チューニングマシーンではないかと考えました。

でも、よくよく考えると、経験的に、脳は、万能チューニングマシンだと言えると言えますね。(^^)

投稿: | 2009/07/31 4:25:59

池上高志先生のお母様と
お話が弾んで、良かったですね。
大切なご友人のお話をなさって、楽しく記憶と近況を
共有なされるご家族と、くすぐったいながらも、きっと
嬉しいひとときをお過ごしだったことが、伝わってきました。

投稿: | 2009/07/31 1:14:56

茂木健一郎さま

今晩の半井小絵さんの素敵なお洋服の色合いと雰囲気に恰好よいと

千葉県は鴨川の弁天島
今年の年明けに磯つり師の方の死亡事故については北海道スキーから帰京後に知りました、鴨川で磯つり師の方がお亡くなりと聞きましたら、弁天島では、と、事実。


インターネットで、その後、幾度か調べましたが
弁天島で釣り禁止と出てこなく、茂木健一郎さま、インターネットが全ての情報を網羅と過信は禁物の真実も真なり。

弟が、フジテレビさまの、めざましテレビさまを拝見していたから、こそ
鴨川で釣り禁止と、弟は即座に弁天島では!と

昔、
弟も鴨川の、おばあちやんのウチに泊まりの時、弁天島の怖さは私、同様にでしたので、男子は自然にお魚釣り、おばあちやんのウチに泊まりの時は自然にで、弁天島は昔から釣り人の死亡事故が多い、おばあちやんしないから幾度も、ほんとう、念押しではなく、普通に話ていた、おばあちやん、逆に、印象的にでしたし弁天島で釣りの方々は、覚悟の上と小学生の頃に私は、悟ってましたし、それが核心かと

ただ、もし、そういう話を聞いてないで簡単に橋で渡れる弁天島、昨年など幾度か弁天島に参りお魚釣りを致しましたが
幼い頃の、おばあちやん、からの話を聞いていなかったら?でも、弁天島の遊歩道の、波の威力で曲がった金属の手すりなど見て、ハッと、おばあちやんの言葉、弁天島は怖い、と、即座に思い起こしながら
釣り座は高い位置と波が這い上がって来た場合の逃げる背後の位置関係も私なりに見て、
そんな私よりも釣り座が低い張り出しの釣り座

横からの波なので釣りに集中していたら潮位が上がってきた時にです、本来は危険かと思いますが、お魚が釣れなどして戻るタイミング、つまり納竿のタイミングを遅れたりのことで釣り座は高い位置の波が横から来た場合でも背後に避難の場所も 勇気がないので私は腰が引けていました

それでも、ドスンと引きの強烈なお魚をかけましたが、ハリスが、まるで、ヤスリで切られたような、ささくれ立ったハリス切れ、今でも鮮明に覚えますし、今年も弁天島にと考えてましたので

鴨川市役所さまの観光課の方に電話で確認
弁天島でお魚釣りが可能でしようか?

フジテレビさまの場合は主旨の説明も、きちんとフジテレビさまが鴨川市役所さまに出向かれ主旨説明、鴨川市役所さまはテロップで弁天島で釣りは禁止の徹底周知の条件提示、フジテレビさまは、その上で安全管理下の中で立ち入り禁止の弁天島でお魚釣り、特別許可の撮影でした、と、鴨川市役所さまの観光課の方より詳しく教えて頂きまして

立ち入り禁止の弁天島でお魚釣りは私は致しません。

それで9月の連休
四国は徳島に

茂木健一郎さま
過日、低気圧の中で江ノ島の磯でお魚釣り、あの時、天候がよければ鴨川の弁天島にでしたので

今、振り返りますと
低気圧が日曜日にで
あれは偶然の幸運でした
晴天でしたら弁天島でしたので

フジテレビさま
ありがとうございます
めざましテレビさまで的確な放送で感謝です私は拝見はしてませんでしたが、見ていた弟より聞き
あれ?弟がテレビを見ていたことも偶然の幸運かと
そして9月の遠征は弁天島はダメですので徳島に
日本航空さまルートでトヨタレンタカーさま、宿泊は旧徳島プリンスホテルさんの徳島グランヴイリオホテルさまに

日本航空さまでの公式搭乗氏名にて旅においての安全保護も万全です

茂木健一郎さま

その時は、なんで低気圧が、でしたけど今、ラッキーだったです
低気圧が原因で鴨川遠征は中止に
弁天島に行けなく江ノ島でしたので。

投稿: | 2009/07/30 23:58:43

池上さんがいない間に、お母様が茂木さんを訪ねたんですね(o^∀^o)
お母様から聞く池上さんのお話は、なんだかくすぐったい感じで(^_-)
楽しげですね。

素敵な夜になりましたね☆

投稿: | 2009/07/30 23:11:53

池上高志さんのお母様とご遭遇されたのですね。

“あずさ”という特急は、自分も20代の頃、当時の仲間たちとスケッチ旅行に出かけた時に乗っていった特急と同じ名前と記憶している。

そして、出かけた先も、今回の茂木さんの行き先と同じ、茅野市だった…!不思議な一致に(うわー!というほどではないけれど)ちょっと仰天しているところです。(といいつつも、恐縮している…)

小津安二郎監督ゆかりの土地でもあったのですね。初めて知りました。

あの頃は、秋だったので、紅葉・黄葉が目立ち、そこはかとない秋ならではの寂しさが漂っていたように記憶している。

それに、トテモ空気が澄んでいたことも…。光学精密機械の会社が確か茅野市にあったのを記憶している。

カメラや顕微鏡のレンズや時計の精密な機械は、澄んだ空気の中でしか良品を生み出せないと聞いている。

そんな空気の中で、小津さんも名作の脚本を次々と、書き上げる事が出来たのかもしれない。

夏の茅野は、今ごろは緑が濃くて、明るい木漏れ日のさしこむ世界で、生き物たちの息吹きが、跳ね躍っていることだろう。

明日は全国的に雨になりそうです。夏風邪をひくことがないよう、体調にはくれぐれも、気をつけたいものです。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/07/30 22:17:41

茂木健一郎様

お人の心を躍らせるエネルギーと愛に満ちた
講演会をされいらっしゃったことでしょうね。
お疲れ様でございます。

>私が敬愛する小津安二郎監督が、
野田高悟さんと蓼科にこもって
映画の脚本を書いていた時代の
別荘「無藝荘」がある。

小津安二郎監督、野田高悟さんの映画の魅力は、
真の芸術家は、芸術上の真理を掴もうとして
努力することで、芸術の頂きにあがることと
研鑽されていたことでした。
事実は経験するもの、真実は直感するもの
無茶な無軌道であると芸術は最低の段階に
引きおろされると。
ああ、小津安二郎監督、野田高悟さんの
映画が見たくなりました。

先日は、野澤さんの御父様、今回は池上さんの
御母様、皆様の想いは同じことでしょう。
茂木さん、ご多幸、ご活躍をお祈りしております。

投稿: Yoshiko.T | 2009/07/30 17:11:20

こんにちは 茂木サン
本日も晴天なり。 ただここ連日は 午後に ゲリラ豪雨があり、 出掛ける時は 気をつけないと ずぶ濡れになります。 暑さは そんなに変わらないようです。
諏訪地方は 茂木サンにとって ご友人二人からの 繋がりといい やはりご縁が あるのですね。
会場まで 池上サンのお母様が 来てくださるのは まさしく 双方のいい関係ができているから
私も自分の回りの人達を もっと大切に 感謝します
毎朝の茂木サンブログ ありがとうございます

投稿: | 2009/07/30 13:30:45

池上博士は茅野ご出身でしたか~
茅野はいい所ですよね♪
茂木先生とゆかりのある場所なんですね♪
さて、今朝は不思議な夢を見ました。
(・ω・)/
私めが高層マンションの(そんな所には住んでおりませぬが)ベランダの窓を開け放って寝ていると(夕焼けで街は金色なのです)バサバサって鳥の羽の音がして、気付くと黒っぽい中くらいの鷹が目の前にいるのです。
ヒィー鷹だ鷹!とびっくりして起きたら、鷹が金色の眼でじーっと私めを見ているのです。
触れるかな?と思って手を出したら、その手をまたじーっと見ているのです。
そこで目が覚めましたが…
不思議な夢でしたっ(・ω・)/
てつまらない話して申し訳ありませぬ
m(_ _)m
夢って不思議ですよねぇ…
鷹だからきっといい夢だと思うことにします(笑)
それでは、今日も良き日を…

投稿: | 2009/07/30 10:34:56

茂木さんおはようございます!
いない間に話せる関係(話相手やその対象との関係)っていいですよね❤
そのつながりを大切に思う気持ちがあるからだと思います(✿^^✿)
話した方も話された方も嬉しいですね♫✧☄

茂木さんの『脳の中の小さな神々』を友達がくれました!!
(いい奴でしょ!彼女はホントに素敵な女の子✧☄☄)
今日から読み始めます♫~♩❁⋆
サインお願いします!!(予約。)

(♯^^♯)~♫⋆

投稿: | 2009/07/30 8:13:47

茂木健一郎さま

私、スキーを初めては

茅野のビラタスロープウェイスキー場さんででした。

初心者では無理

ロープウェイに乗り滑ってくることは、で

憧れでしたビラタスロープウェイに乗ってスキーが当時

初めてビラタスロープウェイに乗りの時は、今でも覚えてます、これこれ!初心者の時に乗りたく!

懐かしく思います。

投稿: | 2009/07/30 8:08:32

コメントを書く