« Fishing lights | トップページ | Metacognition »

2009/07/12

クレイジーケン

函館の湯の川温泉の一角を
歩いていたら、公園が
あった。

遠くから、まず木立が見えて、
近づくと草原が広がっていた。

何気ない、こんな場所が
いちばんゆかしい。

名前がある必要はない。
多くの人が訪れることもない。

ただひっそりと、
たたずんでいればいい。

公園の横には、牛乳屋さんが
あった。


東京へ。

クレイジーケンバンドの
横山剣さんと対談する。

同じ「ケン」であり、また同じく
「クレイジー」であり、以前から
親近感を抱いていた横山剣さん。

御著書『マイ・スタンダード』
本当に面白い。

何よりも文章が読ませる。

小学校の時、ケンさんのクラスメートの
女の子がピアノがうまく、
しかし、ある時、歌の伴奏をつけてよ、
と言うと、譜面がないからできないと
言われたという。

それで、初めて、ケンさんは、
音楽というものは必ずしも感覚で
とらえるものではないんだ、という
ことを知る。

それくらい、ケンさんにとっては
音楽は感覚的に押し寄せてくるもの。

テープレコーダーに
伴奏を歌い込み、それに合わせて
歌声を合わせるというかたちで
ごく自然に「作曲」していたの
だという。

ケンさんにとっては、音楽の持つ
「感覚」(クオリア)が何よりも
大切である。

主役はあくまでも「楽曲」
であって、バンドや自分は、
その楽曲を実現するための手段である。

大ヒットした『タイガー&ドラゴン』や、
この度発売される新曲の
『ガールフレンド』は、メロディー
と歌詞が自然に無意識の中から
流れ出る、いわゆる
「一筆書き」の状態で生まれてきたのだという。

芸術家である。

同じ「ケン」として、
そして「クレイジー」として、
横山剣さんの活動に瞠目する。


横山剣さんと(朝倉千代子さん撮影)

7月 12, 2009 at 07:14 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クレイジーケン:

» 090712 Mr.BRAINとクオリア トラックバック へなChoこ
Mr.BRAINが昨日で終った。海老蔵はそのままで良いのか、続編か?等と思わせる終り方であったが、総じて良かった、面白かったと思う。 ドラマの中で木村拓哉が発する「人間の脳っていうのは」という言葉を聞くにつれ、何でも脳で片付けるなと言いたくなって来てたんだけど..... [続きを読む]

受信: 2009/07/12 10:47:48

» 森羅万象が輝き始める トラックバック 須磨寺ものがたり
久しぶりに内田樹さんのブログ「内田樹の研究室」を、 読むと相変わらず忙しさに忙殺されていることが書かれてあり、 その中で、茂木健一郎さんの話が書かれてあった。 [続きを読む]

受信: 2009/07/12 11:03:27

» etude105 トラックバック 御林守河村家を守る会
岩倉使節団は 横浜に帰港してしまいました。 [続きを読む]

受信: 2009/07/13 5:35:23

コメント

とても良い雰囲気の公園ですね。。
しろつめくさみたいなのが咲いていて。

なんとなく緑の広がりの空気を感じました。
空気がきれいなのがそのまま写っているのか、
北海道だとわかっているからでしょうか...

水色の遊具
小さい頃の、かたぬきされたプラスチックのボールを思い出しました。
星や三角とか四角の同じ形をそこから入れるんですが、
きちんと合わせないと入らないように、かなりぴったりの出来になっていて、
幼な心にじりじりと、よくできたおもちゃでした。

剣さんのボイスは素敵で貴重ですね。
心くん、なつかしく思いました。。


先生は英語のブログも途切れずにすごいですね。

what is this all about..
について考えると途方にくれてしまいます。
でもこの感覚は決していやなものではなくて...好きです。

ブルーベリーの、
ジャムにできるほどもちかえってはだめよ... というのにほのぼのしました。

家にまだ小さい木があっていくつか実をつけていましたが、
きょう母が取ってきたら、ここ2、3日の灼熱で、
木についたまま半分ドライになってしまっていて、驚きです。
小さいのだなあ...と思いました。

火焔土器の写真も美しいですね。

歯がたたない日もありますが、
前よりすこしわかるようになって読んでいます。


またまとめて書いてしまいました。
他にもあった気がしますが...
長くなりすみません。

先日の講演、後ろではっきりみえませんでしたが、お話とても楽しかったです。
ありがとうございました。
そして桑原賞おめでとうございます。

意外と風がありますが
きょうは脱水症状に注意の日らしいです。
よく水分をとって、どうぞおだいじに...


投稿: | 2009/07/15 16:03:06

今はもう無くなってしまった、
子供の頃のクローバーが一杯生えてた
公園と雰囲気が似ていて、懐かしくなりました。
確か、珍しい手で押すと回る、錆びたコーヒーカップの
遊具と鉄棒くらいしかなかったような、
あとは草原が周りを囲んでいるだけの小さな公園でした。

このお写真のような公園は、そっとそのまま
そこにずっとあって欲しいですね。
気持ちが素になって、ほっとする気がします。

クレイジーケンバンドのケンさんも、茂木ケン先生も、
クレイジー♪と夢中になれる若く柔らかな情熱を、
いつまでも持ち続けられて、歌にも、お仕事にも、
表現なさり続けるお姿に、大いなる元気をいただきます。


投稿: | 2009/07/13 21:01:43

大好きな剣さんと健さんのツーショットに興奮です!!!どちらもセクスィ〜です(*^.^*)。

投稿: | 2009/07/13 16:27:37

おはようございます。茂木サンと クレイジーケンバンド の横山 サン との 2ショット 服装 も バッチリ 決まってますよ
新たな茂木ワールド へ広がって行きます オープン

投稿: | 2009/07/13 7:46:12

茂木さん、Hello♪(^-^)公園で遊んでいたら♪(笑)あっと言う間に朝に(~_~)そういう場所っていいですよね♪自由になれるし♪解放されますよね♪(^-^)уだけど芝生を整えたり♪ゴミを捨てたり♪公園管理人さん♪(笑)がきっと♪いるのですね♪何時もありがとうと♪私ここから言います♪(笑)ところで、茂木さん♪ピクニックの準備は出来ましたか?♪(笑)(^3^)それでは茂木さん、また今度です。

投稿: | 2009/07/13 7:13:51

茂木健一郎さま

神奈川県は茅ヶ崎の沖磯
烏帽子岩本島などから成り立つ島々と

スズキ島など比較的、茅ヶ崎の海岸からなる島々
2つの顔がある茅ヶ崎の沖磯
その時期、釣り上げたい業種により降り立つ島々が違うので上手に島々を選べば、事実、昨日のスズキ島、一番船は私を含め二名でした

磯屋さんから予約の私と、たつみさんからご予約の方、その後、磯変えという9時の島を移動できる便でも二名の方しか
つまりスズキ島は昨日、四名でした

お魚のメジナとシマダイなど楽しく釣り上げられた私、

磯屋さんの女将さん

あれ!高木さん
意外!期待してなかったのに、シマダイにメジナに、どうして?
内心
スズキ島には四名しか
どう考えても、お魚の数が人より多く、それで私も釣果が!

黙っていましたら
磯屋さんの女将さん

高木さんお魚釣り、上手いの?

私、え?

内心、そうしておいて

しかし口からは
初心者のような私でも茅ヶ崎の沖磯はこの釣果!
楽しくお魚釣りでした。
茅ヶ崎の沖磯釣り

お勧めです。

投稿: | 2009/07/13 7:03:27

茂木様
公園の景色本当にゆかしいですね、その景色に出会う為に人は 生きているのかもしれませんね。

投稿: | 2009/07/13 2:40:02

こんにちは

音楽は、不思議である。作曲者の頭の中の音楽を外の楽器で演奏して、聞き手の心に映す。その間は、単なる空気の振動、電気信号なのだから。(^^)

投稿: | 2009/07/13 0:24:58

茂木健一郎さま

ふと

茅ヶ崎の沖磯では集魚剤は使用禁止です

私が今回、使用の まき餌は、たつみ さんも同じです磯屋さんでも

沖アミエビに、サナギを入れ

ただし釣りをしているうちにエビとサナギのエキスが出てきて水分多くなり、まき餌を投げづらく
そこで肝と考え

たつみ さんも 磯屋さんも認めて販売

パン粉

釣り専用のパン粉

これを袋のまま釣り場に持参し水分が出てきた時にパン粉を注入し投げやすく

私、事実、投げやすくでした。

集魚剤と違うパン粉
これ意外によいと思いますし事実、釣り専用のパン粉、助かります。

投稿: | 2009/07/13 0:12:03

北海道の公園。芝生の緑が何とも涼しげ(^-^)
連れていって欲しいな☆

クレイジーケンバンドの横山さんとのお仕事♪もしかして『僕らの音楽』ですか?(≧▽≦)
だとしたら、放送楽しみです!

投稿: | 2009/07/12 22:14:35

茂木健一郎さま

半井小絵さんのお見立て通り 雨は降らず 茅ヶ崎の沖磯

スズキ島で釣り とても良かったです。

スキーも お魚釣りも クオリアと考えさせて頂きますと

明瞭に あ!!

本日、茅ヶ崎の沖磯へ 

相模原の釣具屋さんの相模屋さんの谷内さんからのアドバイスで

あ!! オモリの概念

私なりの感覚的概念 ハリを含めウキまでの水面下の部分がオモリ

一般的には ハリがあり、ハリス オモリ スイベル 道糸

それがいわゆる水面下の部分 これがトータル的にオモリ

あくまで私の漠然なイメージ 重さの分散をバランス良くすれば
無理がない訳かとハリからウキまでの水面下

重さのバランスが取れていたら 潮の流れがある場合
その流れに自然ではないのかな、と 谷内さんとお話をして
オモリの段打ちの概念

本日 お魚を釣る! ではなくイメージはあくまで
ハリを含めウキまでの水面下の部分がオモリ

そうしましたら 仕掛けが斜めに流れに少し自然かな 
理論的には良いのかな と考えていると ウキが斜め下に
アワセましたらシマダイとかメジナとか

お魚を釣りたい!!の気持ちは横に置いて それが不思議と逆に良く

仕掛けの入り方 ほんの少し これかな! 感じました

楽しい茅ヶ崎の沖磯 スズキ島でした。

投稿: TOKYO / HIDEKI | 2009/07/12 20:33:40

そうですね、ただひっそりとあればいいですね。あるだけでいいのに、ですね。

投稿: | 2009/07/12 18:49:26

>音楽の持つ「感覚」(クオリア)が・・・

 それって、クオリアという事にして良いのでしょうか?

投稿: 大栗 勝 | 2009/07/12 9:19:16

2人の“クレイジーケン”の勇姿。う~ん、チャーミングでカッコイイ!

実は私も『クレイジーケンバンド』の曲は結構好きです。

昔、ある無名シンガーソングライターのライヴに、毎回のように聴きに行っていた時期があった。

ある曲はたゆたうように、またある曲はキッチュに響き、一人の中からさまざまな色の音楽が入れ替わり、立ち代わり流れ出してくる様に、耳と目とを奪われていた。

彼にとってもケンさんの場合のように、脳から鳴り出す音楽が、クオリアとして毎日、押し寄せてきているのかもしれないと、きょうの日記を読んで思う。

音楽家が、脳から鳴り出す響きのクオリアを五線譜に定着させて、みんなの前で楽器を鳴らしたり、歌ったりする。

その時、それを聴いているみんなの頭も、共鳴箱のついた音叉のように鳴り響き合う。

それはそのまま、生命の根っこをゆする共鳴となって、歌うものと聴くものとが、互いに歓びを持ち合う。

そこにミュージック・ライヴのよさがあるのかもしれない。

『マイ・スタンダード』、書店で見かけたら、入手して読んで見ようかしらん。

函館の公園のお写真、□○△の穴が開いたコンクリの遊具が、まるで緑の中に佇む遺跡のようだ。

そういえば、うちの近所にも、こういう穴あきの遊具が建っている公園がよくあった。さいきんはとんと、みかけなくなった。

投稿: 銀鏡反応 | 2009/07/12 8:46:17

クレイジーケン茂木ぃ先生、おはよーございます(・ω・)/
選挙って今日で間違いないですよね?!(笑)
昨日は同僚にいたずらされました(笑)
茂木先生の本日のお写真は……妙にお似合いですイェイ♪
クレイジーケンさん優しそう♪

昨日帰りに早速「日本のクオリア」ゲットしました♪イェイ♪ 一瞬左脳で「コラコラ、まだ読んでない本積んであるでしょ~たまには我慢しなさい」とゆー声と、右脳で「でも今読まなきゃ何があるかわからないのよ?!」とゆー声が聴こえたのですが、2秒で決まりました♪
拝読するの凄く楽しみです♪ 考えてみたら私は子どもの頃から流行を追ったことがなく(本当なんです)服もほとんど買ったりしないので (やたら保つんですよね~笑) 本はいいよね♪って自分に許しています
本と言えば、今日茂木ぃ先生東京ビッグサイトのイベントで講演されるご予定では?
今日は仕事で行けないんですけど(残念!)本のテーマのお話ききたかったです♪
では今日も良き日を!

投稿: | 2009/07/12 8:31:40

茂木健一郎様
茂木さんの対談を読むこと聴くことも
大好きです。
音楽の分野で『クレイジーバンド』の
横山さんとまだだったのは意外!
出逢うべきことは引き寄せ合うとのこと
ああ、この対談を読ませていただけるの
とっても楽しみにしています。

投稿: Yoshiko.T | 2009/07/12 8:05:53

コメントを書く